gourmet

【マサト食堂】ありあわせの材料でサッと作る野菜炒め!オイスターソースで美味しさアップ!って話

新型コロナウイルスのせいで買い出しに行ってない。そうは言っても腹は減る。何かありあわせの物で美味しい料理を作りたい...って事で作ったのが野菜炒め。今回はオイスターソースを使って、ちょっと中華風な野菜炒めを作ってみた。味にコクがあって旨い!
opinion

郵便局の配達員の責任感の無さに驚愕!まともに仕事も出来ないなら転職しろ!って話

便利になったもので今は自分に届く荷物がどこに在るのか、追跡番号で簡単に追えるようになってる。予定通りに届けば何の問題もないけど、届くはずのものが届かなかったら不安になる。ましてや配達員に不正されてたとなると不安よりも怒りの炎だ。今回はそんな話。
競馬

【競馬】枠順確定~2020年の桜花賞を過去のデータとサインから予想してみる!って話

非常事態宣言が出されたというのに競馬は開催されるそうだ。開催には反対だけど、開催されるなら過去のデータとサイン馬券的な見地から予想してみよう。今週はクラシック第一弾、桜花賞。新型コロナウイルス関係のサインも出そうな気がするし、はたして結果は?
interests

これは他人事じゃない!高齢化社会の日本が抱える介護問題に鋭く迫る『ロスト・ケア』を読んでの感想

本屋で平積みされていた葉真中顕の『ロスト・ケア』を一気読みした。現代の日本が抱える介護問題に鋭く斬り込みながら、推理小説としても一定の水準を保ってる。誰もが向き合う介護という現実、そこに在る悲劇、苦痛を叙述トリックで描いた渾身のデビュー作。
interests

【カメラ】日本さくら名所100選~宮川堤の桜を観て昼寝してきた!って話

日本人が大好きな桜だけど「日本さくら名所100選」ってのが有る。各都道府県から最低1ヵ所は選ばれてるんだけど、三重県からは三多気の桜と宮川堤の桜が選定されてる。今回は新しく買ったカメラの試し撮りを兼ねて宮川堤の桜を観てきた話。芝生で爆睡したw
競馬

【競馬】枠順確定~2020年の大阪杯を過去のデータとサインから予想してみる!って話

日本中が新型コロナウイルスで大騒ぎしてるけど、今週は阪神競馬場で大阪杯が開催される。過去のデータとサイン馬券的な見地から軸になりそうな馬を検討してみた。コロナウイルスの他にも大きなニュースが有ったし、何かサイン馬券が出そうな気がしないでもないw
lifestyle

健康診断で引っかかったのでCT検査を受けて来た。いろいろ緊張した!って話

健康診断で注射2本分の血液を採られたんだけど、数日後、気になる事があるからCT検査を受けるようにとの連絡が来た。何か悪い病気でも有るのか?不安を抱いたまま総合病院でCT検査を受けて来た。幸い大した事はなくて一安心。ヒヤヒヤ、ドキドキした話。
theme

【モッピー】ポイ活を始めて2か月…ゲームで遊んでもポイントが貯まるモッピーの話

モッピーでポイ活を始めて2か月半が過ぎた。大きな案件だけじゃなくて、アンケートに答えるだけでもコツコツとポイントが貯まるけど、モッピーには様々なゲームも用意されてる。隙間時間に簡単なゲームで遊ぶだけでもけっこうなポイントになってたって話。
gourmet

ヘルシア緑茶で体重がどこまで落ちるのか?メタボなオジサンが実験を始めてみる!って話

オレは自他共に認めるメタボだけど、さすがにこの歳になると体力の衰えを自覚してしまう。健康の第一歩はまずはダイエット。かと言って運動は嫌い...。そこで今回はトクホで有名なヘルシアを三カ月ほど飲んでみる事にした。はたして結果はどうなるか期待。
競馬

【競馬】枠順確定~2020年の高松宮記念を過去のデータとサインから予想してみる!って話

去年の高松宮記念はイチロー馬券が炸裂して400万円超えの大波乱になったけど、今年の高松宮記念はどんな結果になるだろうか。いつものように過去のデータと怪しげなサイン馬券的な見地から軸になりそうな馬を考えてみた。どんなドラマが演出されるか楽しみ。
interests

【カメラ】今さらだけどソニーのRX100M3というコンデジを買ってみた!って話

以前から気になってたカメラを買った。ソニーのRX100M3。5年前のモデルだし最新の機種に比べると見劣りする部分も有るけど、4K動画だとか200mmの望遠なんてオレには必要ない。必要なモノだけが入っているカメラでオレには充分。それでも6万。
interests

【映画】期待してたけど拍子抜け!『幸せなひとりぼっち』を観ての素直な感想を書いてみる

Amazonプライム・ビデオのレビューで高評価が並んでると、どんな映画なのか気になる。今回の『幸せなひとりぼっち』も高評価が並んでたので期待して観たんだけど...。これはオレには合わない。あっちこっちに「嘘っぽさ」を感じてしまう映画だった。
スポンサーリンク