theme

向日葵を見ると思い出す~映画『ひまわり』と道尾秀介の『向日葵の咲かない夏』

夏になるとinstagramで向日葵の写真をよく見るようになる。夏を感じさせる向日葵はインスタ映えするし、たしかにウキウキするような気分にもなる。ただ、オレの場合は向日葵を見ると思い出す映画が有って...。それがS・ローレンの「ひまわり」。
lifestyle

時間が余ったので真っ昼間のハッテン場でマンウォッチングしてみた!って話

ハッテン場という言葉、これは知らない人も多いかもしれないけど、仕事が早く終わったので昼間だと言うのにハッテン場に行ってみた。昼間はもちろん普通の公園だけど、いやぁ、予想に反して明るい時間から「それらしき人」の姿も...。人間観察してみたぞ。
interests

【カラオケ】箱の中でカラオケを唄う!?ハコカラを見て驚いた!って話

何年か前に一人で唄うカラオケ「ヒトカラ」ってのが流行ったけど、先日目撃したのはその進化版。電話ボックスのような箱に入って唄う「ハコカラ」。イオンの映画館に設置してたけど、あんなものに入って唄うのが楽しいのだろうか...。世代のギャップだろうな。
theme

電子たばこで死亡!?アメリカからのニュースでいろいろ考えてみたって話

止めた方が良い事は解っててもなかなか止められないのがタバコ。最近はタバコ代の節約や匂い対策で電子タバコを吸う人も増えてる。アメリカからのニュースで電子タバコで死者が出たそうだ。これは電子タバコ市場に影響があるかも...。思うところを書いてみた。
opinion

夏休み明けの子供の自殺・・・「子の悩みを受け止める」事が大事だろ!って話

夏休みが終わりに近づくと言われるのが「子供の自殺」。宿題が終わってないから学校に行きたくないってのは論外だけど、他にもイジメだとか人間関係で悩んでる子にとっては二学期が始まるって事は大変な問題。子供の自殺を防ぐには親子の会話が一番大事じゃないか。
gourmet

【マサト食堂】辛ラーメンの激辛に悶絶!ラーメン雑炊にしても無理だった!って話

最近は大手のスーパーでも見かけるようになった「辛ラーメン」。読んで字のごとく辛さをウリにしてるラーメンだけど、赤を基調にしたパッケージは唐辛子を連想させるもの。今回、初めて辛ラーメンを食べてみたので感想を書いてみた。ハッキリ言うけど美味しくない!
interests

【読書】ゲイにお薦めの小説『聖なる黒夜』は・・・いろいろと凄い!って話

ゲイにお薦めの小説を一つ紹介してみる。そこらに転がってるエロ全開のエロ小説じゃなくて、ちゃんとした小説だww もちろん人間が描かれてる。比留間久夫の『YES・YES・YES』や三島由紀夫の『仮面の告白』にならぶ傑作だと思ってる。『聖なる黒夜』だ。
gourmet

【イオンモール津南】ここは年寄りには優しくない~「花あかり」の話

最近は高齢者に優しくない風潮だと思ってる。バリアフリーだの何だの言っても、そういう「目に見える」部分じゃなくて、なんだかジワジワと高齢者を阻害する風潮だ。例えばファミレスなんかのタッチパネル。注文する時に便利だけど、全ての高齢者が使えるわけない。
interests

【読書】今こそ読みたい村上龍『希望の国のエクソダス』~彼らはユートピアを創ったのか!?

村上龍の『希望の国のエクソダス』を20年ぶりに再読。2002年を描いた世界は刊行当時は近未来の小説だったけど、2019年の今、この小説は「日本の来た道」を振り返る小説とも言える。再読して改めて感じるのは、日本の閉塞感を打破する方策はあるのか?
interests

【音楽】バブル世代のオジサンがサザンの音楽について想う事~愛はスローにちょっとずつ

サザンの新曲がリリースされたけど、考えてみるとオレの世代ってサザンがデビューしてからずっと見てきてる。デビュー時はコミックバンド扱いだったのが、今や国民的バンド。そんなサザンの音楽について想うところを少しだけ書いてみる。存在が大きすぎて書ききれない。
gourmet

【マサト食堂】プリプリの食感で美味しさ倍増!海老マヨのサンドウィッチ

日曜日の昼間、お手軽に、そして超時短でサンドウィッチを作った。海老マヨのサンドウィッチだけど、海老の食感がプリプリしてて激ウマ。アクセントで入れてるブロッコリーの歯応えともマッチして、とても15分で完成したものとは思えない。病みつきになる味。
interests

【読書】ゲイ視点で読む村上春樹~『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

久しぶりに村上春樹を読んだ。「色彩を~」だけど、いやぁ、驚いたな。何が驚いたって、ゲイ小説のような描写が...。まぁ、ここら辺は物語の本質には直接関係してこないんだけど。この小説のテーマは「生きるとはどういう事か?」を問いかけてるんじゃないか。
スポンサーリンク