【将棋】予選通過がくじ引きで決まる!?もう、あのトーナメントは観ない・・・って話

今回は将棋の話。
将棋と言ってもオレの下手くそな将棋じゃない、れっきとしたプロ棋士の対局。
まぁ、プロ棋士の対局と言っても公式戦じゃないんだけど・・・。
記事のタイトルを見れば、将棋好きな人なら察しはつくと思うけど「あのトーナメント」の事。Abemaトーナメントって名称の棋戦でAbemaTVがABEMA・将棋チャンネルで配信してる、今年で第4回目を数える将棋の棋戦(非公式戦)。
プロの対局では珍しい団体戦、持ち時間5分のフィッシャールールという超早指し、かなりエンターテイメント性に振った内容は観てて飽きない構成で面白い。
オレもこの棋戦は去年から観てるけど、第4回目の今年は「?」な部分があったのでちょっと書いてみよう。

って事で、今回は将棋とクジ引きの話ww

今回のトーナメント、3人1組の15チームが参加。
ドラフト会議では誰が指名されるのか注目度も高かったし、もちろんオレもドラフト会議から視聴してる。
各チームは5つのリーグに分けられて総当たりのリーグ戦を戦い、上位2チームが本戦トーナメントに進出(予選リーグの対局ルールも前回とは若干変更されてる)。
毎週土曜日に配信されてるんだけど、オレが「?」と思ったのは6/5の予選Cリーグ。
3チーム総当たりの結果、全チームが同じ勝敗、同じ得失点で並んでしまった・・・。

これ、どうやって上位2チームを決めるんだろう?

って思ってたら、予想の斜め上をいく決定方法にぶったまげた。

くじ引き!ww

3人のリーダーがそれぞれ箱の中から封筒を引き抜いて、その中には1枚だけ当たりマークが入ってる。
で、そのマークが描かれてる紙を引くとどうなるのかっていうと、シード権を獲得。
番組の中でシード権シード権って何度も言うからどういう事なのかと思ったら、まずはシード権を引けなかった2人のリーダーが対局。その後、その対局の勝者とシード権を引き当てたリーダーが対局。
ここで番組MCが言ってたんだよな。

これで1位通過チームが決まります!

もうさ、シード権獲得のマークを引き当てた時点で2位通過は決定って事だろww
これには真剣にぶったまげた。
非公式戦とはいえ賞金1千万円って宣伝してる棋戦、番組の冒頭では毎回「この戦いは 将棋の未来を 変える」てデカデカとテロップを出してるのに・・・

くじ引きで予選通過が決定かよ!ww

いやぁ、オレには理解不能な決定方式だな。
夜の7時から視聴して、最後の最後にこれじゃ、拍子抜けもいいとこ。
拍子ぬけというか、呆れてしまった。
将棋ってゲームは頭脳を使うゲームだろ。プロ棋士が散々真面目に対局してきて、最後の予選通過は運任せのクジとか・・・

これまで観てきた4時間に及ぶ時間は何だったんだ!?

って気になる(オレだけかww)

 

チーム戦だし、当然、贔屓のチームもあるわけで、もしも贔屓のチームがこんな形で予選を通過できないとなったら、オレなら激怒するww
各リーグ戦の収録は1日にまとめて収録されているそうで、今回6/5配信のCリーグも1日でまとめて収録されたそうだ。棋士のスケジュールの都合もあるし、まぁ、その辺は仕方ないんだろうけど、3人のリーダーのプレーオフまで進んだ今回、収録が終わったのは午前4時過ぎらしい・・・。

もう朝じゃないか!

3チームの成績が並んだ場合の予選通過方法も視聴者には告知はなかったし(あったかもしれないけど、オレの目には入ってない)、肝心の決定方法もくじ引き
もう、観る気は失せたな。
プレーオフ1回戦で負けた豊島さん、シード権を引き当てたけど1位決定戦で負けた羽生さん(それでも2位通過できる)、う~ん、どういう心境なんだろ・・・。
今回のトーナメント、いろいろ気になったのでtwitterを覗いてみると、プロ棋士の姿には好意的なものが多いな。感動したとか、お疲れ様とか、そういう声がかなりあった。
ただ、予選通過の決定方法には「?」を投げかける呟きもある。
リーダー同士の勝敗できめるべきリーダーの得失点差で決めるべき連勝記録で決めるべき等々、いろいろな考えがあって面白い。
まっ、今回のくじ引きを良しとしないアンケート結果も出てたけど、う~ん、どういう方法が良いんだろうな・・・。
てか、

そんな事を考えるのは

運営側!

こんな運任せみたいな方法で予選通過チームを決めたって、テロップに出してるように「将棋の未来が変わる」とは思えないww

別に参加してるプロ棋士にどうこう言ってるんじゃないぞww
予選通過のプレーオフがおかしいって言ってるだけで、その責任は運営側にあるわけだし。
シード権を引き当てて1位決定戦で負けても2位通過した羽生さんも言ってるだろ。「幸運にも恵まれましたが、何とか前に進む事が出来て・・・」
こんなの羽生さんに言わせるなって思うけどな。
将棋なんだから運任せのクジで予選通過とか気分は良くないんじゃないか(と勝手に想像)。
シード権を引けずプレーオフ1回戦で負けた豊島さんだって気の毒。片方は予選通過、こっちは予選敗退・・・どちらもプレーオフでは木村九段に負けてるのに、シード権の有無で予選通過か敗退が決まるわけで・・・。
う~ん、オレが豊島さんの立場なら・・・

もう来年から出場しない!ww

朝方まで引っ張られた挙句、最後の最後にクジで決められたんじゃたまらん。
まぁ、こういうトーナメントは若手棋士が顔と名前を売り込むには格好の場だろうけど、豊島さんとか羽生さんクラスなら今さら売り込むまでもないだろ。
今回の予選Cリーグ、なかなかの激戦で内容は充実してたのに最後にケチがついたと思ってる。
1日でリーグ戦の収録を終えないといけない等、運営側にもいろいろ都合はあるだろうけど、そこをどうするかは運営側が考える事で、観てる側が考える事じゃない。
まっ、観たい人は観れば良いし、観たくない人は観なければ良いだけの話ww

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

もう観ないんですか?

マサト
マサト

観る気が失せた
観ないぞ

バイト君
バイト君

プレミアムの会員でしょ?

マサト
マサト

速攻で止めたわww
あんな不愉快な結末、金を払う気にならん

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

あそこで観なくてもテレビで将棋やってるだろ

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

NHK杯だ!^^

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

少なくともおかしなプレーオフとか無いだけ好感だ^^

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

繰り返すけど、オレは参加してるプロ棋士にどうこう思ってるわけじゃないぞ。
あくまで運営側のおかしなルールについてちょっと違和感って話。
まっ、予選通過決定後、負けて2位通過でも大喜びしてたチームの姿は観たくなかったけど・・・。
頭を使うスポーツ(マインドスポーツ)とも言われる将棋、そのゲーム性が運任せのくじ引きと相性が良いとは思わない。
今回の予選Cリーグ、サッカーのPK戦よりも後味が悪いと思ってる。

 

「ゲーム依存は病気」・・・じゃぁ、eスポーツはどうなる?
新聞に掲載されてたんだけど、WHO(世界保健機構)がゲーム依存症は病気と認定したそうだ。まぁ、働きもしないで一日中ゲームと向かい合ってるのは普通じゃない。で、思ったんだけど、じゃぁ、昨今話題のeスポーツってのは、どうなるんだろ?オレの勝手なイメージだけど、ああいうのはゲーム依存症の延長線上に有るんじゃないかと思ってる。今回はそんな話。
【呆れたニュース】新聞社がeスポーツ連盟を設立!?他にやるべきことはあるだろ!って話
eスポーツには否定的な立場だけど、毎日新聞に目を疑うような記事が掲載されてた。全国高校eスポーツ連盟を設立したってもの。それも毎日新聞が!理事長には元文科省の役人を引っ張り出してきて記者会見もさせてたけど、他にやるべき事はあるだろ!って話。
あの『Number』が将棋特集だと!?さっそく購入・熟読した!って話
最近の将棋界は藤井聡太二冠の活躍もあって凄い盛り上がり。ワイドショーでも藤井二冠の一挙手一投足が事細かく報じられてるし昼飯のメニューまで速報されてる。スポーツ誌の「Number」まで将棋特集を組んでる。将棋は頭のスポーツなんで異論はないけど。
eスポーツが学校の部活!?とてもじゃないけど応援する気になれない、って話
eスポーツを学校の部活に取り入れてると聞いて驚いた。オレなんかは違和感しか感じない。さらに驚いたのが高校生のeスポーツの全国大会なんてのも行われたそうだ。高校生のうちからコントローラーを握りしめてる姿は、スポーツとは呼べないものを感じる。
eスポーツはスポーツか?って話。老害だけど書きたい事を書いてみる。
連日、平昌オリンピックを観戦してるんだけど、いやぁ、オリンピックなんて大きなイベントをやってると、ブログの更新が滞りがちになってしまうな。書きたい事はイロイロ有るけど、こういう時はテレビ観戦優先。毎日、日本選手を応援してる。特に注目してるの
これは他人事じゃない!『スマホ脳』の著者インタビューを読んで怖くなった・・・って話
話題の書籍『スマホ脳』の著者へのインタビュー記事が新聞に掲載されてた。あいにく本の方は読んでないけど、著者のインタビューを読む事で『スマホ脳』にどんな事が書かれてるのか何となく解った。人間の脳がデジタル化に追いついてないという何とも怖い話。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain