【TAILLEVENT】大人のデートにはバーが似合う!最強男子と二人、語らう夜・・・って話

普段は酒を飲まないオレだけど、デートの時は別。
相手が酒飲みだとオレも飲むようにしてる(オレだけ飲まないと、相手が気を遣うだろww)
街のレストランや居酒屋、小料理屋、ファミレス、まぁ、デートではいろんな場所で食事するんだけど、相手が何か飲むとオレも飲むって感じだ。若い頃は食事が終わればそのままホテルに直行ってスタイルが多かったけど、近頃のブームは食事が終わった後での飲みなおし・・・。
どこで飲みなおすかというと・・・

お洒落なバー!

この前もお洒落なバーに行ってきたので、今回はそのバーの話を簡単に書いてみようか。

 

 

今回の目的地はTAILLEVENTというバー。
うちに通ってるバイトの話だと落ち着いた雰囲気で酒の種類も豊富、バーテンダーの腕も確かとの事・・・。
TAILLEVENTと書いてタイユヴァンと読むらしいけど、う~ん、意味は謎だな(汗)
フランスのパリだっけか、同じ名前の有名レストランが有るらしいけど、もちろんその店とは無関係なはずww

 

TAILLEVENTが入ってるのはビジネスホテルの4F。
食事を済ませてホテルに向かうぞ・・・。
雑居ビル然としたホテルの入り口に到着。

 

エレベーターで4Fに上がるとホテルのフロント。
そのフロントの向かいに有るのが今夜の目的地TAILLEVENT
入口には酒のボトルが置いてあって、なかなかお洒落な雰囲気。
期待できそう・・・。

 

扉を押して中へ入ってみる・・・。

むっちゃお洒落!

カウンターの奥に並ぶ色とりどりのボトル、落ち着いた雰囲気の内装・・・押しつけがましくないセンスの良さが光ってる。
そして何よりもオレの心に響いたのがBGM
入ってすぐに分かったんだけど、ジョン・コルトレーン『Say it』が流されてる。

それもリピートで!

この曲、大好きなので以前にもブログで書いた事はあるけど、このバラードをリピートで流してるなんて・・・

センスが良すぎる!(涙)

【音楽】聴いて損はない名盤中の名盤。コルトレーンの『バラード』に酔う!って話

 

 

こういうバーではもちろんカウンターに座る。
最強男子と二人並んでカクテルをオーダー。
オレはもちろんソルティ・ドッグ
勉強不足のバーテンダーだとソルティ・ドッグを作れない・知らないって人もたまに居るけど、ここTAILLEVENTのバーテンダーは余裕。
最強男子はモスコミュールをオーダー(けっこうカクテルの勉強してるww)

 

好きなカクテルを飲みながら、最強男子と語らう。
かなり幸せな時間・・・。

生きてて良かった!

と実感ww

グラスを傾けながら、地元の話題や仕事のこと、最近の出来事なんかを話してる。
なんだか最強男子のペースがいつもより速い・・・。
二杯目のオーダーはボイラーメーカー
どこで覚えたのかボイラーメーカーとは・・・

大丈夫か!?

オレの心配をよそにグビグビと飲む最強男子・・・。
オレもやっと1杯目を空けて2杯目のソルティ・ドッグをオーダー。
それと同時に最強男子は3杯目のカミカゼ
またもウォッカベースのカクテルを注文するとは・・・。
うん、オレの不安は当たった。
カミカゼを半分ぐらい空けたあたりで最強男子の言動が怪しくなったぞ(泣)
話があっちこっちに飛びまくりだ。それも何の脈絡もなくww
で、最強男子・・・

もう一杯、良い?^^

ダメと言えば良かったんだけど、あの笑顔に負けてOKを出したオレが悪かった。
4杯目のオーダーはシーブリーズ・・・。
またもウォッカベース。グラスの中のピンク色が綺麗だけど、最強男子の目には入ってなさそう。
訳のわからん事をブツブツ言ってみたり、オレに抱きついて来たり・・・
しまいにはチュウしてきたりww
いや、オレは全然OKだけど・・・

人の目があるからな!(泣)

最初は二人で大人の夜を堪能してたハズなんだけど、いつのまにか場末の居酒屋のノリになってしまったな。
ああいう店は雰囲気を楽しむ事も大切だと思ってるけど、う~ん、ちょっと雰囲気を壊してしまったかもしれない。
てか・・・

酒は酔うために飲むんじゃない!

酔うためだけに飲む酒ってつまらない、と思ってる。
学生のノリで騒ぐのも楽しいし、そういう飲み方を否定はしないけど、ちょっとオレには合わないww

まっ、二人で語らったある夜の様子(最初の1時間だけww)

 

 

~TAILLEVENT~

三重県津市 栄町3丁目222 ソシアビル 4F
時間:
月曜日~土曜 19:00~03:00
日曜日 定休日

電話: 059-229-5510

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

酔っ払い!

マサト
マサト

オレは酔ってないだろ~が!

バイト君
バイト君

そもそもカクテルを続けざまに3杯も4杯も飲むとか・・・

マサト
マサト

オレは2杯だけ!

バイト君
バイト君

まぁ、無事で何よりww

マサト
マサト

当たり前だろ

バイト君
バイト君

昔、酔って警察に捨てられた事があるらしいからww

マサト
マサト

・・・・・・

 

そりゃ学生時代はハメを外しすぎて泥酔、警察の前に捨てられた事も有ったけど・・・。
まぁ、そういう経験をして自分の酒の許容量を覚えていくもんだ。
とりあえず最強男子には酒禁止令でも出そうか・・・

真剣に思案中!ww

 

 

【Jo's Bar】お洒落なバーで大人のデートを楽しむ!って話
大人数でワイワイ騒ぐような居酒屋も良いけど、デートで行くなら大人の雰囲気のバーも楽しい。カウンターに座ってカクテルを傾けながら静かに語らう...。って事で、大人の雰囲気が漂う素敵なバーの話。メニューに載ってないカクテルも余裕で作れるマスター。
【音楽】聴いて損はない名盤中の名盤。コルトレーンの『バラード』に酔う!って話
ジャズで何かお薦めの一枚を訊かれたので、思案の末に出した答えがコルトレーンの『バラード』。名盤中の名盤だと思ってるんだけど、サックスを吹いてるんじゃなくて、サックスで唄ってる!情感たっぷりのコルトレーンのサックスはジャズ初心者にお薦めって話。
秋の夜長は「中国行きのスロウ・ボート」で!(ジャズの名曲だぞ)
村上春樹の短編集に「中国行きのスロウ・ボート」ってのが有るんだけど、このタイトルはジャズの名曲から取られたもの。秋の夜長は、村上春樹の本を読みながら「中国行きのスロウ・ボート」を聴こうか、って話。
眠れない夜はサム・テイラーを聴くとお洒落!って話
夜、お洒落な音楽を聴きたい時にはサム・テイラーをお薦め。本格的なジャズは肩が凝りそうだし、かといって有りふれた音楽じゃ物足りない、って時にはサム・テイラーが良いと思うのだ。オレが好きなのは「音楽」であって「音学」じゃないって話。
エルトン・ジョンの『Your Song』は最高のラブ・ソングだろ!って話
エルトン・ジョンの『Your Song』は最高のラブ・ソングだと思ってる。公にゲイである事を公表してるエルトン・ジョンだけど、オレだってバイセクシャルだし...オレが唄っても良いだろw 惚れた腫れたと直截的に唄ってない歌詞が素敵だと思うぞ、って話。
カルピスが再ブレークしてるらしい。カルピスの味は郷愁を誘う!って話
この前、「ガイアの夜明け」を観たんだけどカルピスを取り上げてた。カルピスが再ブレークしてるそうで、販売量も10年前の1.5倍、売り上げも過去最高を更新中だとか。オレぐらいの歳の人だとカルピスに郷愁を感じる人も居ると思う。今回はカルピスの思い出。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain