音楽

interests

第3世代のEcho Dotを買ったので、お気に入りのスキルを一つだけ紹介する!って話

AmazonのEcho Dotが、いつのまにか第3世代まで進化してた。オレが子供の頃には想像も出来なかったような事が現実になってるけど、まさにEcho Dotもその一つ。オレの感覚だとSFだぞww そのEcho Dotを999円で買った話。
interests

【映画】劇場公開日に『イエスタデイ』を観てきた。かわぐちかいじ氏のあの漫画とは別物!って話

映画『イエスタデイ』を劇場公開日に観てきた。かわぐちかいじ氏の『僕はビートルズ』のパクリなんていう声も聞こえてたし、実際はどうなんだろうと興味が有ったので公開と同時に観たんだけど...これは別物と言っても良いだろ。設定は似てるけどテーマは異なる。
interests

【英語のお勉強】むちゃくちゃ懐かしい映画『ベンジー』、大ヒットした主題歌が印象深い!って話

1974年のアメリカ映画『ベンジー』の主題歌、I Feel Loveを久々に聴いたけど、やっぱり良い曲だな。映画もヒットしたけど主題歌もかなり売れたはず。詩の内容は中学生でも解る程度の簡単なもの。今回は歌詞を見ながら軽く英語のお勉強をする。
interests

【英語のお勉強】中学生レベルの英語で全米10週連続1位~『恋するデビー』

英語学習の第一歩は英語に慣れる事だと思ってるんだけど、お手軽簡単に慣れるためには映画を観たり洋楽を聴く事。今回は超スローな曲で詩の内容も中学生レベルで書かれてる「恋するデビー」の話。中学生レベルの詩でも全米で10週連続1位の大ヒット曲だぞ。
theme

太田裕美が乳がんを公表・・・今ではがんは治る病気!応援するぞ!って話

ニュースを見て驚いたんだけど太田裕美が乳がんを公表。7月に手術を受けて8月から抗がん剤治療に入ってるそうだ。オレにとって『木綿のハンカチーフ』は永遠の名曲。オレの中では理想の母親像、理想の妻像が太田裕美。治療しながら歌うという姿勢に感服だ。
lifestyle

【音楽】オジサンが真面目にギターを再勉強しようと決意!?音楽は楽しむ事が一番だろ!って話

ギターのコードぐらいは押さえられるけどエレキギターでリードを取るなんて事は出来ない。そんなオレがyoutubeで刺激を受けてしまった。楽しそうにギターを弾いてる動画なんだけど、もう一度ギターを再勉強する気になった。目指すのはベンチャーズか!?
interests

【音楽】聴いて損はない名盤中の名盤。コルトレーンの『バラード』に酔う!って話

ジャズで何かお薦めの一枚を訊かれたので、思案の末に出した答えがコルトレーンの『バラード』。名盤中の名盤だと思ってるんだけど、サックスを吹いてるんじゃなくて、サックスで唄ってる!情感たっぷりのコルトレーンのサックスはジャズ初心者にお薦めって話。
interests

【カラオケ】箱の中でカラオケを唄う!?ハコカラを見て驚いた!って話

何年か前に一人で唄うカラオケ「ヒトカラ」ってのが流行ったけど、先日目撃したのはその進化版。電話ボックスのような箱に入って唄う「ハコカラ」。イオンの映画館に設置してたけど、あんなものに入って唄うのが楽しいのだろうか...。世代のギャップだろうな。
interests

【音楽】バブル世代のオジサンがサザンの音楽について想う事~愛はスローにちょっとずつ

サザンの新曲がリリースされたけど、考えてみるとオレの世代ってサザンがデビューしてからずっと見てきてる。デビュー時はコミックバンド扱いだったのが、今や国民的バンド。そんなサザンの音楽について想うところを少しだけ書いてみる。存在が大きすぎて書ききれない。
theme

【音楽】ギルバート・オサリバンの『アローン・アゲイン』は自殺予告ソング!って話

ギルバート・オサリバンの名曲『Alone Again』だけど、耳に心地よいメロディとは裏腹に詩の内容は重い。何といっても、これは自殺予告ソングだ。子供が鼻歌で唄ってたんで、歌詞の内容を知ってるのか訊いてみたところ、ほとんど知らなないそうで・・・。
theme

【音楽】サザンオールスターズは語り継がれるバンドだと思ってる!って話

Yahooニュースにサザンオールスターズの事が書かれてた。オレの歳だと、もちろんデビュー当時からサザンを聴いてるんだけど、ちょっとだけ思い出話を書いてみた。最初は一発屋と言われてた彼らも、今じゃ国民的バンドだ。いやぁ、世の中、わからないな。
interests

土曜日の夜に演歌を聴く・・・って話

せっかくの土曜日の夜に演歌を聴いてる。休日前はオシャレなジャズか何か聞きたいところだけど、何故か流れてるのは演歌・・・それも自宅で!ww なかなかの場末感だけど、演歌を聴くと、いろいろ思い出す事も多い。今回は、金田たつえの『花街の母』を聴くたびに想い出す事を書いてみた。
スポンサーリンク