読書

interests

【読書】村上春樹のエッセイはブログを書く人間にとって一つの教科書かもしれない!って話

村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ 2』を読んだ。小説と同じく独特の空気感が有って面白く読んだけど、ふと思ったのは、村上春樹のエッセイは雑記ブログの文章の手本になるんじゃないか?って事。何かに特化してる訳でもないブログには、こんな文章が似合う。
interests

【読書】ゲイにお薦めの小説『聖なる黒夜』は・・・いろいろと凄い!って話

ゲイにお薦めの小説を一つ紹介してみる。そこらに転がってるエロ全開のエロ小説じゃなくて、ちゃんとした小説だww もちろん人間が描かれてる。比留間久夫の『YES・YES・YES』や三島由紀夫の『仮面の告白』にならぶ傑作だと思ってる。『聖なる黒夜』だ。
interests

【読書】今こそ読みたい村上龍『希望の国のエクソダス』~彼らはユートピアを創ったのか!?

村上龍の『希望の国のエクソダス』を20年ぶりに再読。2002年を描いた世界は刊行当時は近未来の小説だったけど、2019年の今、この小説は「日本の来た道」を振り返る小説とも言える。再読して改めて感じるのは、日本の閉塞感を打破する方策はあるのか?
interests

【読書】ゲイ視点で読む村上春樹~『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

久しぶりに村上春樹を読んだ。「色彩を~」だけど、いやぁ、驚いたな。何が驚いたって、ゲイ小説のような描写が...。まぁ、ここら辺は物語の本質には直接関係してこないんだけど。この小説のテーマは「生きるとはどういう事か?」を問いかけてるんじゃないか。
interests

【読書】折原一の技が冴えまくる『ポストカプセル』~15年前の手紙が届いたら~

15年前に出された手紙が届いたら・・・今回はそんなポストカプセルを題材にした折原一の傑作について書いてみた。15年も経てば手紙を出した方も「手紙を出した事」を忘れてるし、受け取った方も何が何だか分からず困惑。そんな騒動を描いた折原マジック。
interests

【読書】ネタバレなし。年間ミステリ3冠受賞作、米澤穂信の『満願』はさすがの読みごたえ!

本の帯に書かれてる出版社の宣伝文句には何度も騙されてるんで、今度も期待せずに読み始めたけど、この米澤穂信の『満願』、帯に書かれてる通りの内容で大満足。6編からなる短編集だけど、どれも捻りの効いたミステリーで面白い。表題作は人間を描いてるぞ!
interests

本を聴く!AmazonのAudible(オーディブル)を登録してみたので感想をまとめる

AmazonのAudibleに登録してみた。無料体験で3冊まで読めるそうだし、さっそく以前から読んでみたかった本をダウンロード。今回は本を読むんじゃなくて「聴く」んだけど、はたして「聴く」という行為で普通の読書のように頭に残るかどうか・・・。
interests

【読書】人はわかりやすいストーリーを聞いて安心する~貫井徳郎『微笑む人』

これは好き嫌いが分かれそうな小説。ミステリーだけど、結末を迎えても何一つ謎が解明されない。エリート銀行員の犯した殺人の動機を探るホワイダニットだけど、謎が謎のままで終わる小説だ。ただ、別にテーマも暗示されてるし、さすが貫井徳郎、一気読みしたぞ。
interests

【読書】貫井徳郎『我が心の底の光』を一気読み。やっぱり貫井徳郎にハズレ無し!って話

貫井徳郎の小説はたいてい一気読みしてる。それだけ夢中にさせる推進力がある小説が多いんだけど、今回の『我が心の底の光』も一気読みさせられた。悲惨な少年期を過ごした主人公の14~29歳を描いたミステリーだけど、衝撃のホワイダニットには絶句。 ~
gourmet

【マサト食堂】大人のカレー!市販のルウで激ウマのカレーを作る!って話

ブート・ジョロキアを100%使用してるカレールウを見つけたので、大人の味にこだわったカレーを作ってみた。リンゴ、はちみつ、板チョコ、コーヒー・・・いろいろと使って大人に味に仕上げてみた。市販のルウでも充分に美味しいカレーの出来上がりだ。
interests

【読書】未来への小さな希望を描く荻原浩の短編集『海の見える理髪店』

荻原浩の直木賞受賞作『海の見える理髪店』を読んだ。六編からなる短編集だけど、これは良い!どの話も「過去との決別」、「未来への希望」を描いた作品。性別を問わず様々な年代を主人公に、それぞれが未来へと一歩踏み出す姿を描写していて胸が熱くなる。
interests

【映画】歪んだ愛情は禁忌をも犯す。浅野忠信の怪演が光る『私の男』

桜庭一樹の直木賞受賞作『私の男』を読んだ時は、あまりの気味の悪さにぶっ飛んだけど映画の方も原作に負けず劣らずの気味の悪さ。扱ってる題材は歪んだ愛情を持つ男女の近親相姦。人を殺してまでも父娘一緒に居る事を選ばせる狂った激情。いやぁ、凄い映画。
スポンサーリンク