映画

interests

【映画】日本人を見下してるように感じる『沈黙-サイレンス-』の話

何年か前に評判になった『沈黙-サイレンス-』を観た。オレの個人的な感想だけど、未開の日本人に西洋の進んだキリスト教を広めよう、って宣教師の匂いがする。まぁ、オレがひねくれた受け取り方をしてるんだけど、この映画は好みじゃないな。
interests

【映画】ブラックな結末『帰ってきたヒトラー』は笑えない風刺映画・・・って話

原作は読んでないけど映画『帰ってきたヒトラー』を観た。原作を読んでないから、頭の中を真っ白にして、予備知識なしで観ることが出来たんだけど、この映画、面白い!コメディとして捉える人も居るようだけど、なかなかどうして、いろいろ深い映画だな。ヒトラーをわりと肯定的に描いてるんだけど、それに対比して描かれてるのが大衆の愚かさ。いやぁ、良い映画を観た。って事で、今回は映画『帰ってきたヒトラー』が面白かった!って話。
interests

【映画】最後のセリフが凄すぎる!『シャッター アイランド』の話

最近は難解と言われてる映画ばかり観てる。こういう映画を観ると、脳ミソにかなりの負担を強いるんだけど、全ての謎を理解した時には、その分だけの衝撃やら驚きを存分に味わえるからハマッてるのだ。で、今回観たのはレオナルド・ディカプリオ主演の『シャッター アイランド』。なるほど、見応えのある映画だった。ラストのセリフは胸に爪痕を残すセリフだ。いやぁ、2時間堪能したぞ。まぁ、様々な検証のために二度見、三度実してたら2時間じゃ終わらないけど(涙)
interests

【映画】難解だけど面白い!『インセプション』は見どころ満載!って話

難解だと言われてる映画『インセプション』を観た。なるほど、二重三重に階層化された夢の中での出来事を描いてるだけに、ボサ~ッと観てると訳が分からなくなりそうな映画だった。だけど、映像美はなかなかのモノだったな。なにしろ夢の中の出来事なんで、街が折れ曲がろうが、機関車が地面を切り裂きながら街中を突進してこようが何でもアリ!ディカプリオと渡辺謙の共演もあって、見どころ満載の映画だった、これはBGVとして流してもカッコイイかもな・・・。って事で、今回の話は映画『インセプション』の話。
interests

時間軸を逆転する映画『メメント』は集中力を試される映画だった

評判作の『メメント』を観た。現在から過去へ時間軸を遡る描写の映画だけど、これが上手い具合に描けていて、想像以上によく出来ている映画だった。妻殺しの犯人を追う主人公、彼に絡んでいく謎の男やら女・・・。ラストは予想もしない結末だし、見事に冒頭のシーンに繋がっている。すごく上手い映画だけど、これ、ボサ~ッと観てると、いろいろと大事な部分を見落としてしまうな。って事で、今回は『メメント』の話を書いてみたけど、集中力を持って観ないと、いろいろ楽しみが半減しそうな映画だ、って話。
スポンサーリンク