映画

interests

【映画】このラストに救いは有るのか!?ゲイとノンケの揺れる感情を描く『窮鼠はチーズの夢を見る』

LGBTの人の間で話題になってる映画『窮鼠はチーズの夢を見る』を観てきた。セックス描写過多とも言えるほどの映画だけど、なかなか考えさせられる内容。ノンケを想い続けるゲイ、最初は拒否しつつも惹かれていくノンケ。LGBTの人の心に響く映画...。
interests

【映画】重厚さも何もない『ダ・ヴィンチ・コード』を観た!って話

原作は読んでいたけど映画は観てなかった『ダ・ヴィンチ・コード』。文庫本3冊を1本の映画にまとめるのは至難の技だし、まぁ、観る前から期待はしてなかったんだけど...。プライム・ビデオで配信されてたので観たけど、ホントに面白くなかったな。
interests

【映画】風化させてはいけない歴史。『あゝひめゆりの塔』を観て日本の8月を感じる!って話

日本の八月は海だ山だとレジャーに賑わうのも良いけど、忘れちゃいけない歴史もあると思ってる。って事で吉永小百合主演『あゝひめゆりの塔』を観た。主人公が綺麗すぎるのがアレだけど、概ね史実に基づいた描写は日本人なら観ておいて損はない映画だと思うぞ。
interests

【ドラマ】凝り過ぎた演出で期待ハズレ。『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』の感想を書く!

マシュー・マコノヒーとウディ・ハレルソンが共演してる『TRUE DETECTIVE』の評判が良い。週刊誌の記事で激賞されてたので遅ればせながら全8話を観てみた。なるほど、凝った演出してるし、こういうのが好きな人には面白いかも。で、オレには?
interests

荻原浩の『誘拐ラプソディー』・・・本と映画の感想、まとめて書いてみる!って話

荻原浩の『誘拐ラプソディー』を読んだ。これ読み終わるまでに1ヶ月もかかった。主人公がオレの嫌いなタイプなんで感情移入できず、おのずとページをめくる手も止まりがち。読み終わった後で映画も観てみたけど、これもなんて言うか・・・。本と映画の感想!
interests

【読書】壮大などんでん返し!SF『2300年未来への旅』を一気読み!って話

SF映画『2001年宇宙の旅』と言えば映画史上に燦然と輝くSF映画の金字塔。それに似たタイトルで『2300年未来への旅』という映画がある。今回はその原作を読んでみた。原題は『ローガンの逃亡』...。あっちこっち探し回って買ってきた古本だ。
interests

【映画】これは惜しい!原作の良さを出しきれていない『旅猫リポート』の話

これまでの生涯でもベスト10に入る号泣小説、有川浩の『旅猫リポート』だけど、オレが知らない間に、なんと映画化されてた。大好きな小説が映画化されてるんで、そりゃ観るでしょ。もちろん期待して観たわけだけど...。やっぱり原作を超える事は至難の業。
interests

自粛中は映画と読書!アンソニー・ホプキンスの『ブレイン・ゲーム』は息抜きにピッタリの佳作だぞ!って話

緊急事態宣言が出たせいで自宅に引きこもってるけど、こういう時こそ読書三昧、映画三昧。Amazonプライム・ビデオで面白い映画を観たので書いてみようか。タイトルは『ブレイン・ゲーム』、アンソニー・ホプキンス主演の映画だけどラストは衝撃だった。
interests

【映画】期待してたけど拍子抜け!『幸せなひとりぼっち』を観ての素直な感想を書いてみる

Amazonプライム・ビデオのレビューで高評価が並んでると、どんな映画なのか気になる。今回の『幸せなひとりぼっち』も高評価が並んでたので期待して観たんだけど...。これはオレには合わない。あっちこっちに「嘘っぽさ」を感じてしまう映画だった。
interests

【映画】日本人である事につくづく感謝。『かぞくのくに』は超がつく重い映画だった!って話

北朝鮮の「帰国事業」をバックボーンに日本と北朝鮮の二国に引き裂かれた家族を描いた秀作、それが『かぞくのくに』。いろいろ考えさせられる場面、何かを示唆するような場面、帰国事業の暗部...いろいろなモノが見えてくる映画だった。重いけど観るべき映画。
interests

【映画】これぞ最強男子!韓国映画『シークレット・ミッション』のイ・ヒョヌにメロメロになった!って話

Amazonプライム・ビデオでお薦めしてた『シークレット・ミッション』を観た。これは掘り出し物!一つの映画に家族愛、友情、忠誠心、アクション・・・いろいろ詰め込まれていて最後には泣かせ所も。この映画で初めて知った俳優だけどイ・ヒョヌは最強だろ。
interests

【映画】ラストの歌唱シーンで涙がポロリ・・・『ジュディ 虹の彼方に』を観てきた!って話

『ジュディ 虹の彼方に』を封切りと同時に観てきた。前評判通りラストでは圧巻の歌唱、さすがのオレも涙がジワリと流れた。うん、ラストは良かった!じゃぁ、映画全体のデキはどうかと言うと、ちょっとオレの好みとは違ってた。何かまとまりに欠ける印象なのだ。
スポンサーリンク