【映画】交換殺人を迫る恐怖のストーカー/ヒッチコック『見知らぬ乗客』の気持ち悪さが凄い!って話

サスペンス映画、スリラー映画と言えばヒッチコックの名前を挙げる人も多いはず。
オレが子供の頃はテレビの洋画劇場で彼の作品がいくつも放映されてたし、レンタルビデオが隆盛を誇ってた時代にはヒッチコックのコーナーも作られていた。
ハラハラドキドキしたい、って気分の時にはヒッチコックの作品を観れば間違いないって言うほどのサスペンス映画の巨匠。
当時はヒッチコックの映画にハマッてて、手あたり次第にレンタルしては観ていたけど、最近はamazonプライム・ビデオでもお手軽にヒッチコックの映画を観ることが出来るようになった。プライム・ビデオで配信されてるヒッチコック作品、どれもハラハラドキドキさせてくれる名品ぞろいだけど、傑作との声も多い『見知らぬ乗客』を30年ぶりに観た。

って事で、今回はヒッチコックの『見知らぬ乗客』の話を書いてみようか。

この映画を初めて見たのはオレがまだ新人サラリーマンの時代。
レンタルビデオ屋で借りてきて観たわけだけど、ジリジリするような展開、犯人の気持ち悪さに寒気を覚えた。
で、30年ぶりに観た感想なんだけど・・・

やっぱり気持ち悪い!

これ、誉め言葉だぞ。
今から70年前、1951年公開の映画だけど、あの時代にこんな気持ち悪さを表現できるなんて、やっぱりヒッチコックは巨匠(天才と言っても良いかも)
何が気持ち悪いのかと言うと犯人のストーカーぶり・・・。
この映画の撮影当時、アメリカにストーカーって言葉が有ったのかどうか知らないけど、ここに描かれてるのは正真正銘のストーカー。
オレが初めて観たのは1980年代だけど、あの頃の日本にはストーカーって言葉もないし、ただただ気持ち悪かったのを憶えてる。
その気持ち悪さは30年後の今日も変わらなかった(褒めてるんだからな!)

 

ヒッチコックと言う名前は聞いた事があっても『見知らぬ乗客』の事は知らない人が居るかもなので、wikiから軽くストーリーを引用しておくと・・・

アマチュアのテニス選手ガイ・ヘインズは、浮気を繰り返す妻ミリアムと離婚したがっていた。そうすれば上院議員の娘であるアンと再婚できる。ある日、ガイは列車の中でブルーノという男性に出会う。ブルーノはガイがミリアムと別れたがっていることをなぜか知っており、彼の父親を殺してくれるなら自分がミリアムを殺そうと交換殺人を持ちかける。そうすればお互いに動機がないので、捕まる心配もないという訳だ。ガイはブルーノが冗談を言っていると思い、取り合わなかった。しかし、ブルーノは勝手にミリアムを殺してしまう。

交換殺人を題材にした映画なんだけど、ガイの悪妻がブルーノに殺されるのは映画の前半部分。その後に描かれるのは執拗にガイに交換殺人を迫るブルーノの偏執ぶり。早く父親を殺すようにガイに迫るブルーノ、妻殺しの容疑をかけられて苦悩するガイ、恋人の様子にたたならぬものを感じて怯えるアン(ガイの恋人)・・・ジリジリする展開はさすがヒッチコック。
しつこくガイに付きまとうブルーノなんて、まさにストーカー丸出しで気持ち悪い。
小道具の使い方やカメラワークも秀逸。
例えばガイの悪妻が殺されるシーン。直接、殺害シーンを映すんじゃなくて、メガネを使って間接的に映しながら怖さを演出してる。こういう演出は『サイコ』でも使われていたけどヒッチコックの得意とするところ。『サイコ』といえば、この映画でもブルーノと母親の歪な関係が垣間見える(これも気持ち悪いww)
ライターも小道具として登場するけど、これの使い方も秀逸。映画の後半、下水溝にライターを落としたブルーノの狂気の表情(やっぱり気持ち悪いww)
って具合に、いろいろと見どころの多い映画。

ブルーノの異常性、これをよく表してるのが遊園地で子供の持ってる風船を割るシーン。ボサ~ッと観てると何て事の無いシーンだけど、ここはドキッとする人も居るかも。
まぁ、異常性を一番表してるのはラストのメリーゴランドの場面か。
高速で回るメリーゴランドでのシーンだけど、メリーゴランドの下敷きになったブルーノが瀕死の状態で口にする言葉に鳥肌が立つ(泣)
なるべくネタバレしないように書くのがオレの方針なので詳しくは書かないけど、この言葉を聞いた時は反吐が出るぐらいの胸くその悪さ。
っていうか・・・

気持ち悪い!

30年ぶりに観た今回も、やっぱり気持ち悪かったな(誉め言葉だぞ!
今回の記事(感想文)を書くにあたって、他の人のレビューも読んでみたけど、このブルーノのストーカーぶりに「ゲイ的素養」を指摘する声が少なからずあった。
ふ~ん、そういう見方も出来るかもしれないな・・・。
だけど、バイセクシャルのオレの感想は違う。ブルーノは偏執的なストーカーだけど、これはゲイ云々以前の話だと思ってる。
彼にゲイの素養が有る無しは別にして、普通に映画を観ればブルーノなんて・・・

ただのキ〇ガイ!

ゲイ的素養だとか何とか、娯楽作品の映画をそこまで深読みする必要はないってのがオレの考え。
とはいえパトリシア・ハイスミスの原作には同性愛を匂わせる描写もあるし・・・。まぁ、ヒッチコックがあえて同性愛的な匂いを消して映画を作ったとも考えられる。
そうそう、パトリシア・ハイスミスの小説はいろいろ映画化されてる。有名どころだと『太陽がいっぱい』とか『リプリー』。今じゃ原作小説よりも映画の方が有名になってしまった(昔は本屋に行けばたくさん原作小説が並んでたけどな)

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

最近、ヒッチコックに凝ってますね

マサト
マサト

プライム・ビデオでかなり配信されてるからな
懐かしいのだわ^^

バイト君
バイト君

けど、白黒の映画も多いでしょ

マサト
マサト

白黒でも面白いものは面白い!

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

派手な演出でギャーギャー騒ぐだけの今風の映画よりもよっぽど良いわ^^

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

ブルーノを演じたロバート・ウォーカーだけど、この人、ジャニファー・ジョーンズの最初の旦那さん。
香港を舞台にした大恋愛映画『慕情』のヒロインを演じた人で、他には『タワーリング・インフェルノ』なんかにも出演してる女優。オレも大好きな女優だけど、あの『慕情』のヒロインがこんなキ〇ガイと結婚してたなんて信じられない(信じたくない)
ってか、ロバート・ウォーカーがキ〇ガイって訳じゃなく、そういう役を演じてたってだけなんだけどww

って事で、今回は『慕情』の主題歌Love Is a Many-Splendored Thingを聴きながらこの記事を書いてみた(有名な曲なので聴いた事ある人も多いはず)

 

【映画】ハラハラドキドキしたいなら、これ!ヒッチコックの『サイコ』は映画史に残る傑作!って話
amazonプライム・ビデオでヒッチコックの名作が配信されてた。サスペンス映画の金字塔『サイコ』。これはテレビで何度も放送されてるし、もちろん結末は知ってるけど何度観ても色褪せない。有名なシャワー室のシーンをはじめ、久々に映画を堪能した気分。
映画「ソイレント・グリーン」の描く未来社会は怖いって話
映画「ソイレント・グリーン」の話。何度もテレビで放送されてるし、結末を知ってる人も多いだろうけど、この映画は隠れた名作と言っても良いだろう。
【映画】歴史に残るサスペンスの大傑作『死刑台のエレベーター』は観るべき映画!って話
サスペンス映画、スリラー映画と言えばヒッチコックを思い浮かべる人も多いだろうけど、彼の作品も色褪せて見えるほどの傑作がルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』。1958年製作の映画だけど、この映画のハラハラドキドキ感は令和の時代も色褪せない。
【映画】胸が悪くなるほどの怪演!『エスター』はいろいろと凄かった!って話
凄い、凄いって噂は聞いてたけど、まだ観てなかった『エスター』を観た。なるほど、たしかに凄い映画だった。こんなに胸クソの悪くなる映画も珍しい。これ、誉め言葉だぞ!。登場人物が嫌な奴なんだけど、役者の演技が上手すぎて、観ててホントに嫌悪してしまうぐらいの怪演。ホラーというかサスペンスと言うか、ラストまで観てる者を牽引する力のある映画だった。記憶に残る映画なのは確かだと思う、って話。
【映画】最後のセリフが凄すぎる!『シャッター アイランド』の話
最近は難解と言われてる映画ばかり観てる。こういう映画を観ると、脳ミソにかなりの負担を強いるんだけど、全ての謎を理解した時には、その分だけの衝撃やら驚きを存分に味わえるからハマッてるのだ。で、今回観たのはレオナルド・ディカプリオ主演の『シャッター アイランド』。なるほど、見応えのある映画だった。ラストのセリフは胸に爪痕を残すセリフだ。いやぁ、2時間堪能したぞ。まぁ、様々な検証のために二度見、三度実してたら2時間じゃ終わらないけど(涙)
映画「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」の衝撃
映画「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」の話。これ、衝撃的なラストだったな。ネタバレはしないけど、どんでん返しの好きな人は観て損はない映画だ。主演は「ユージュアル・サスペクツ」のケヴィン・スペイシー。

 

サイコ [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
¥2,075(2021/06/13 22:26時点)

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain