【映画】社会の底辺であえぐ人間を描く・・・『そこのみにて光輝く』

いやぁ、これはクリスマスに観る映画じゃなかった。
オレの生活パターンは、平日だろうがクリスマスだろうが正月だろうが、ほぼ毎日徹夜。
夜の10時過ぎに自宅に戻ってから、何だかんだ自分の時間を楽しんでると徹夜になってしまうからな。
で、昨日のクリスマス・イヴももちろん徹夜。

何か面白そうな映画はないか?

って事で、例によってAmazonプライム・ビデオを漁ってたんだけど、ちょっと面白そうなタイトルを見つけた。

そこのみにて光輝く・・・

恋愛映画かな
なんか、良さそうかも・・・

って思ったんだけどね。
パッケージの写真だって、なんとなく恋愛映画っぽいし・・・。
タイトルや写真からオレが勝手に想像したのは、「病気か怪我で一線を退いた若者が恋愛をする事で立ち直っていく」・・・みたいな映画を想像してたわけ。
何の予備知識も無く観始めたんだけど・・・

見事に裏切られた!ww

もうね、クリスマス・イヴっていうのに、気分はどんより・・・。
いろいろと凄い映画だったな。
って事で、今回は映画『そこのみにて光輝く』を観た感想を書いてみようか。



なるべくネタバレしない方向で書くけど、この映画の感想は・・・

重すぎる!(泣)

もうね、こんな映画をクリスマスに観るんじゃなかったと後悔。
やっぱ、クリスマスってのは、ディズニーのアニメとか『ホーム・アローン』あたりを観る方が精神的にも健全だな。

この映画で描かれてるのは、

社会の底辺であえぐ人!

でね、この「社会の底辺」の書き方が凄すぎる(涙)
まぁ、今の日本、いろんな人が居る事は理解してるつもりだけど、ここまで徹底して描かれると・・・

うわぁ!
酷すぎるだろ!

って思ってしまう。
そのくせラストまで牽引する力が有る。
こんなもん、嫌悪感しか抱かせない映画なら、とっとと停止ボタンを押して再生を止めるけど、何だかんだと最後まで引っ張る力が有るから始末が悪いww

 

どういうストーリーなのかは、映画.com から軽く引用してみようか。

芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の唯一の長編小説を、綾野剛の主演で映画化。
「オカンの嫁入り」の呉美保監督がメガホンをとり、愛を捨てた男と愛を諦めた女の出会いを描く。

仕事を辞めブラブラと過ごしていた佐藤達夫は、粗暴だが人懐こい青年・大城拓児とパチンコ屋で知り合う。ついて来るよう案内された先には、取り残されたように存在する一軒のバラックで、寝たきりの父、その世話に追われる母、水商売で一家を支える千夏がいた。世間からさげすまれたその場所で、ひとり光輝く千夏に達夫はひかれていく。しかしそんな時、事件が起こり……。

って流れだ。
あいにくと原作を読んでないんだけど、まさか佐藤泰志が書いてる本が原作とは知らなかった。
原作とは細かな部分で違いが有るみたいだけど、作品の持ってる雰囲気、カラーなんかは概ね踏襲されてるようだ。

この映画、舞台は函館らしいけど、まずは冒頭から軽く衝撃を受ける。
パチンコ屋で知り合った青年に家に来るように言われ、ついて行った先には一軒のボロ屋。あばら家というかバラック小屋というか・・・。

こんな所に人が住んでるのか?

そりゃね、オレが幼稚園の頃なんかは、まだまだ、こういう場所が存在してたように記憶してるけど、今は平成だぞ・・・。その平成も来年で終わるんだぞ。
そんな時代に、この映画に出てくるようなバラック小屋・・・。
さすがのオレも衝撃だ。
下手な映画だと、この時代にあんなものを撮ると「ウソっぽく」見えるけど、この映画はウソに見せてない。

どこかに有りそうな風景

として見せてるのは凄い技術だな。
で、そのバラックに住んでるのは、いつも疲れた表情をしてる母親、脳梗塞で寝たきりの父親、家族のために売春で生計を立ててる姉・・・。
もうね、目を覆いたくなるような超底辺!

映画の流れは、この姉(池脇千鶴)と主人公の綾野剛が恋仲になっていく、って流れなんだけど、そこに姉の愛人なんかが絡んできて、一筋縄では済まないストーリーになってる。

 

弟の拓児( 菅田将暉)が愛人を襲うシーンの表情なんか鬼気迫るものだし、姉を演じてる池脇千鶴が父親の首を絞めるシーンは夢に出てきそうな超迫力。
菅田将暉の心理描写も見事だし、これは熱演を通り越して激演
激演ってのは、オレの中では最大級の誉め言葉だww

生活のために売春してる池脇千鶴も良い。
表情に「陰」が有るんだよなぁ。全編を通して「陰」を演じきってる。
これぞ・・・

ザ・女優!ww

って感じで、大激演だ。
この役を演じきれる女優はそうは居ないだろ。

綾野剛だって負けてない。
仕事を辞めて、毎日をダラダラ過ごす男を好演。
この人、『怒り』の時にも思ったんだけど、こういう「陰のある男」を演じれば最高に上手い。
この映画、綾野剛菅田将暉岩脇千鶴演技対決とも言える傑作。

 

うん、傑作なのは間違いないんだけど・・・
クリスマスに観るような映画じゃないな。
ここで描かれてるのは、社会の底辺であえぐ人たちの・・・

負の連鎖!

良い映画を観た、とは思ってるけど、ほんの少しだけ後悔もしてるぞ。

普通に平日に見れば良かった・・・




いつものバイト君の下書きチェック

バイト君:この映画、暗そう・・・

まぁ、明るくはないな。
観た後で気分はドンヨリするし・・・

バイト君:よく最後まで観ましたねぇ

綾野剛がカッコイイからな^^
菅田将暉もハジけてるし・・・

バイト君:さすが、男しか見てないww

・・・・・・

 

この映画の雰囲気、あれに似てるな。
この映画も衝撃だったんだけど、『東京難民』って映画。
この映画のキャッチコピーは、たしか・・・

底辺より怖い、底なし。
堕ちたら最後。

だっけな・・・。

世の中、オレの知らない衝撃の世界はまだまだ多い・・・。

 

https://masato-style.com/tokyo-nanmin180404/
映画「誰も知らない」はスゴイ迫力だった・・・。
今さらだけど、映画「誰も知らない」を観た。この映画、すごい迫力だな。胸に迫るパワーは並大抵のモノじゃない。良い映画を観た。ただ、気分はどんより・・・。…
映画「怒り」の見どころはゲイシーン以外にもたくさん有った!
映画「怒り」を観た。例の市橋達也の事件をモデルにした吉田修一の原作の映画化作品だ。妻夫木君のゲイシーンが目当てだったんだけど、これ、思いのほか良い映画だったな。見どころが多い!…
【映画】胸が悪くなるほどの怪演!『エスター』はいろいろと凄かった!って話
凄い、凄いって噂は聞いてたけど、まだ観てなかった『エスター』を観た。なるほど、たしかに凄い映画だった。こんなに胸クソの悪くなる映画も珍しい。これ、誉め言葉だぞ!。登場人物が嫌な奴なんだけど、役者の演技が上手すぎて、観ててホントに嫌悪してしまうぐらいの怪演。ホラーというかサスペンスと言うか、ラストまで観てる者を牽引する力のある映画だった。記憶に残る映画なのは確かだと思う、って話。
【秘境駅】名松線に乗ってみた!って話
名松線ってのが有るんだけど、鉄道マニアの間ではわりと知られた路線らしい。オレなんか三重県に住んでて名松線には乗った事は無いんだけど、この路線、北海道や九州からもわざわざ乗りに来る人が居るそうだ。そんな事を聞くと、オレも乗ってみたくなる。って事で今回の話は松阪駅から終点・伊勢奥津駅まで名松線に乗った話。帰りは比津駅まで歩いてみたり・・・。いやぁ、なかなか面白かった!って話。



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain