【英語のお勉強】意味が解ればもっと楽しめる!鍵山優真選手のショート曲/When You’re Smiling

ソチオリンピックまではフィギュアスケートで歌入りの曲つまりボーカル曲は使っちゃいけないってルールだったと思うけど、ルールが変わって以降、最近は大きな大会でもちらほらとボーカルの入った曲を使う選手も出てきてる。
うちの同居人がフィギュアスケートの大ファンなので、何か大会があるたびにオレも無理やり見せられてるけど、今は北京オリンピックが絶賛開催中(まぁ、人権問題とかあるし絶賛かどうかは微妙だけど)
で、男子のショートプログラム、いやぁ、鍵山優真クンは圧巻の演技だったな。
最終的な順位はどうなるか判らないけど、ショートプログラム終了時点で2位ってのは凄い。あんな大舞台で堂々とした演技・・・

凄い18歳!

てか、今回は鍵山優真クンの話じゃなかった。
彼がショートプログラムで使った曲 When You’re Smiling について軽く書いてみようか。

 

 

今でも大半の選手がクラシックの曲を使うフィギュアスケート、オリンピックという舞台でボーカルの入った曲を使ってショートプログラム2位ってのは驚き。
特に目を引くのが選曲の良さ。
When You’re Smiling は1920年代に作られたアメリカのスタンダード。

今から100年前!

フランク・シナトラが唄ってるCDはたまに車で聴いてるけど、この曲は他にもビリー・ホリディディーン・マーチン等々のビッグネームが唄ってる。
で、鍵山クンが使ったのはMichael Bublé(マイケル・ブーブレ)版のWhen You’re Smiling。この人もカナダでは超有名スターで、たしか自国のオリンピック(バンクーバー大会)ではパフォーマンスを披露したはず(開会式か閉会式かは忘れたww)
でね、北京オリンピックでの鍵山クンの演技だけど・・・

見事に曲の世界観を表現!

何を唄ってるのか詩の意味が解れば、もっとフィギュアスケートが楽しめると思うので、ちょっと日本語訳を書いてみよう。
ムチャクチャ簡単なので拍子抜けするかもだけどww

 

~When You’re Smiling~

When you’re smiling
When you’re smiling
Oh, the whole world, it smiles with you
When you’re laughing
when you’re laughing
Well the sun comes shining through

君が笑顔でいたら
君が笑顔なら
世界中が笑顔になるよ
君が笑えば
君が笑ったら
太陽も輝き始めるんだ

But when you’re crying
You know you bring on the rain
Stop your sighing
Be happy again
Keep on smiling
Cause when you’re smiling
Oh, the whole world, it smiles with you

君が泣いていたら
わかるだろ、雨が降り始めるのさ
ため息なんか止めて
ハッピーでいようよ
笑顔でいようよ
君が笑顔なら
世界中が笑顔になるんだ

(instrumental break)

When you’re smiling(When you’re smiling)
When you’re smiling(Keep on smiling)
Oh, the whole world, it smiles with you
When you’re laughing(Keep on smiling now)
When you’re laughing(You’ll get through somehow)
Oh, the sun comes shining through(When I’m with you)
But when you’re crying
You know you bring on the rain
Stop your sighing
Be happy again

君が笑顔でいたら(君が笑っていたら)
君が笑顔なら(笑い続けようよ)
世界中が笑顔になるんだ
君が笑っていたら(さぁ、藁っていよう)
君が笑ったら(何でも乗り越えられるんだ)
太陽だって輝き始めるんだ(僕と君が一緒にいる時)
でも君が泣いちゃうと
わかるだろ、雨が降り始めちゃう
さぁ、ため息なんか止めて
ハッピーでいようよ

Keep smiling
When you’re smiling
The whole world, it smiles with you
The whole world, it smiles with you

笑っていようよ
君が笑顔でいたら
世界中が笑顔になるんだ
世界中が君と一緒に笑顔になるんだ

 

完璧に中学生レベルの英語歌詞だけど、う~ん、難しいところは特にないような・・・。
bring on(持ってくる、連れてくる)、shining through(輝く)なんかのイディオムは前後の文脈から容易に推測できるはず。
ポイントはsmilelaugh
辞書をひけばどちらも「笑う」って出てるけど、ニュアンスの違いを知っておかないと和訳の時に減点になるかも。

sumileは(声に出さず)ニコッと笑う、笑顔、微笑み
laughは声に出して笑う

例えば smile sweetly なら「愛らしい笑顔」「可愛らしい微笑み」laugh loudlyなら「大声で笑う」「バカ笑い」って感じ。

って事で、鍵山クンの演技に触発されて軽く英語歌詞を見てみたけど、歌詞が解ればもっと楽しめるようになるはず。彼の動きの一つ一つが意味のあるものに見えてくる。
てか、この曲はうちの学習塾の教材で使う事にしよww
人気種目のフィギュアスケート、鍵山クンの演技を観ながらこの曲が頭に残ってる子も居るだろうし・・・。
興味のありそうな所から勉強に取り組む事は成績アップの秘訣!

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

ちょっと簡単過ぎないですか?

マサト
マサト

そんな事言っても、これは有名なスタンダード曲だぞ

バイト君
バイト君

まぁ、英語の習い始めには良さそう

マサト
マサト

だろ!?
耳から覚えるのも大事なのだわ^^

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

歌を聴きながら英語の勉強!

バイト君
バイト君

聴くだけで終わらなきゃ良いですけどww

マサト
マサト

・・・・・・

 

フィギュアスケートの本番でボーカル入りの曲を使っても良いようにルール改正されたのはソチ五輪の後からだけど、エキシビションではもっと前から使われてる。
オレが一番印象に残ってるのはスコット・ハミルトンのエキシビション。
1984年のサラエボ五輪の男子シングルの金メダリストにして、世界選手権を4連覇した当時の絶対王者。
いつの大会だったか覚えてないけど、彼がエキシビションで演じた『ニューヨーク・ニューヨーク』を観た時は超感動した(涙)
彼の小さな体がフランク・シナトラの歌声にのって躍動する姿は真剣に感涙ものだった。
どこかに動画が公開されてないか探してみよっと・・・。

 

【英語のお勉強】むちゃくちゃ懐かしい映画『ベンジー』、大ヒットした主題歌が印象深い!って話
1974年のアメリカ映画『ベンジー』の主題歌、I Feel Loveを久々に聴いたけど、やっぱり良い曲だな。映画もヒットしたけど主題歌もかなり売れたはず。詩の内容は中学生でも解る程度の簡単なもの。今回は歌詞を見ながら軽く英語のお勉強をする。
【英語のお勉強】中学生レベルの英語で全米10週連続1位~『恋するデビー』
英語学習の第一歩は英語に慣れる事だと思ってるんだけど、お手軽簡単に慣れるためには映画を観たり洋楽を聴く事。今回は超スローな曲で詩の内容も中学生レベルで書かれてる「恋するデビー」の話。中学生レベルの詩でも全米で10週連続1位の大ヒット曲だぞ。
【英語のお勉強】アル・パチーノの大演説が珠玉すぎる『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』を観て学ぶ!って話
アル・パチーノがアカデミー主演男優賞を獲った『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』は評価も高い名画。何といってもラストの名演説が凄い。盲目の退役軍人を演じてるんだけど、瞳さえも動かさない演技は圧巻。この演説、中学生レベルでも解る英語なんでね、ちょこっとだけ引用して意味を書いてみた。この内容は、英語の勉強以前に人生の指針となるような内容なんで、大好きなのだ。って事で、今回は映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』と英語の勉強の話。
【英語のお勉強】名曲『幸せの黄色いリボン』の話。英語学習は聴きやすい歌を唄うことから!って話
ビールのCMでもお馴染みの『幸せの黄色いリボン』について、ほんの少しだけ軽く書いてみた。ストーリー性のある歌詞とポップなメロディーは、日本人にも馴染みやすい。って事で、今回の話は1973年の大ヒット曲の話。ついでに、いかがわしい英語教材についても書いてみたぞ。
【英語のお勉強】1975年の大ヒット曲『ビューティフル・サンデー』をドライブ中に熱唱!って話
テレビ番組から生まれた大ヒット曲『ビューティフル・サンデー』。1975年のヒットなので若い人は知らないかもだけど、当時を知ってる人には懐かしさがこみあげてくるだろう曲。使われてる言葉も簡単なので英語学習にはピッタリ。ちょっと和訳してみた。
【英語のお勉強】あなたの英語力は何年生レベルか?をやってみた!って話
英語の学習法はいろいろ有るけど、受験対策なのか、話す事を目的とするのかで勉強方法も変わって来ると思ってる。で、この前だけど雑誌「プレジデント」で面白い特集を組んでて、『たった一日、3語で話せる「英語」の学び方』って特集だけどね。その中で「あなたの英語力は何年生レベルか?」ってのが有ったのでやってみた。なかなか面白かった...

 

ラヴ
ワーナーミュージック・ジャパン
¥2,420(2022/02/09 19:19時点)
シナトラ、ザ・ベスト!
ワーナーミュージックジャパン
¥2,703(2022/02/09 19:19時点)

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません