【読書】尊敬はするけど近くに居たら疲れそうな偉人/山岡荘八の『吉田松陰』を読んでみた!って話

子供の頃(小学校低学年)は親が買ってくれるポプラ社の伝記を読みあさってた。ナポレオンだとかヘレン・ケラー、湯川秀樹に野口英世等々、出版されてたものは手あたり次第だったような記憶がある。
子供の頃は親が買ってくるものをそのまま読むだけだったけど、小学校も高学年になると読む本の嗜好も変わるし、何より自分で読みたい本を選ぶようになる。
そんな訳で伝記は読まなくなった。

で、数十年ぶりに、というか、ほとんど半世紀ぶりぐらいに伝記を読んでみた。
さすがに子供向けに書かれたポプラ社のものじゃない。
読んでみたのは、これ・・・

吉田松陰!

書いてるのは『徳川家康』(全26巻)で有名な文豪、山岡荘八

って事で、今回は『吉田松陰』を読んでの感想を軽く書いてみようか。

 

 

読んでみたキッカケはすごく単純。
お気に入りのポッドキャストの番組「MOOK STUDY日本の歴史」で吉田松陰を取り上げてたからww

MOOK STUDY日本の歴史(ムックスタディー 日本の歴史)

この番組の吉田松陰の回を聴いて俄然興味が出た。
18歳まで山口県で生まれ育ったオレにとって吉田松陰といえば郷土の偉人。
萩にある松下村塾は何度も訪ねてるし、門下生の高杉晋作の墓がある東行庵は遠足のコース。
ただ、吉田松陰にしても松下村塾にしても詳しい事は知らなかった(受験科目だって世界史を選択したしww)
松下村塾を訪ねた時は、

なんだか粗末な家だな

と思ってたし、東行庵を訪れるたびに思ったのは、

退屈な場所だなww

そりゃ郷土の偉人なんだから、「幕末に活躍した人」ってのは知ってるけど、じゃぁ、具体的に何をしたのか?って訊かれても答えられない。
そんな紙のように薄い知識しかなかったけど、ポッドキャストを聴いたおかげで伝記を読んでみたくなったってわけ。

 

さっそく文庫本を買って来て読み始めたんだけど、上下二巻の本書、

苦労した!ww

何が苦労したって、読み終わるのに1ヶ月もかかった。
内容が難しいわけじゃないし、常識的な日本史を知っていれば頭に入って来る内容なんだけど、いかんせん文章に推進力が無い。
読み始めても数ページで眠くなる(特に上巻)
もちろん主人公(吉田松陰)の人物に魅力を感じれば、サクサク読めるんだろうけど、う~ん、この小説に描かれてる吉田松陰はどう考えてもオレの苦手なタイプww
どういう風に描かれてるかというと、良く言えば・・・

ピュア!

純真無垢!

って事になりそう。
ただ、オレの受け止め方は・・・

猪突猛進な男!

暑苦しい!

ってなってしまうww
主人公に魅力を感じない、というか嫌いなタイプなので、そりゃページをめくる手は止まりがちになる。

 

とは言え、この本を読んだおかげでいろいろと知らなかった事も知る事が出来たし、性格の好き嫌いは別にして吉田松陰の思想なり成そうとした事も少しは理解出来たような気がする。
なによりも一番驚いたのは、吉田松陰って30歳で死んでるんだな。
オレの勝手なイメージだけど、60歳ぐらいのお爺ちゃんかと思ってたww
ペリーの黒船に乗り込んで密航を企てたり、幕府の老中の暗殺を計画したり・・・
そんな事をやってたのも初耳(この辺りは高野長英と混同ww)
とにもかくにも吉田松陰が「意思の人」なのは充分にわかった。
獄に繋がれてる時も「自分の至誠が神意にかなわないのであれば、存在は無意味だから、自ら食を絶って死ぬのが当然」と断食してみたり、ピュア過ぎて恐ろしい。
昨今の運動家がやってるような我意を通そうとしてのハン・ストとは違う。

吉田松陰の松下村塾は3年弱しか活動してないけど、そこから久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文等々の幕末~明治維新にかけての英傑が多く輩出されたのは誰でも知ってるし、吉田松陰が明治維新の一つの起爆剤になった事はたしか(良い悪いは別にして)
ピュアで猪突猛進で魅力的だとは思うけど・・・

オレとは合いそうもない!ww

って言うか、オレ云々の前に「今の世の中」とは合いそうにないのが吉田松陰。
合いそうにないどころか、きっと今の世の中なら吉田松陰の行動じゃ受け入れられない面も多そう。
まぁ、何かを残す人は他人とは違った突き抜けた部分が必要なんだろうけど・・・。
上下二巻、やっと読み終えて郷土の偉人の事を少しだけ勉強した。

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

吉田松陰って幕末の活動家でしょ

マサト
マサト

活動家ww

バイト君
バイト君

違いましたっけ

マサト
マサト

まぁ、活動家というか教育者でもあるわ^^

バイト君
バイト君

暑苦しい人なんですか?

マサト
マサト

猪突猛進というか感激屋というか、思い込みが激しいというか

バイト君
バイト君

マサトさんとは合いそうにないww

マサト
マサト

だから読むのに1ヶ月もかかったわ

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

誤解される前に書いておくけど、合いそうにないからと言って、オレは吉田松陰を何もかも否定してるわけじゃないぞ。
勉強に打ち込む姿勢何事にも真剣に向き合う姿勢は大いに真似したいと思ってるし・・・。
まぁ、吉田松陰云々の前に、こういうピュアで生真面目な吉田松陰を育てた両親が一番偉いと思ってる。
幕末だろうと21世紀だろうと・・・

やっぱり教育が大事!

 

【詩集】思へば遠く来たもんだ・・・。中原中也の詩が心に刺さる!って話
普段は詩集を読む事は無いけど、数十年ぶりに詩集を読んだ。現代でも人気の中原中也を声を出して読んでみた。この歳だからなのか、心に刺さるい詩がいくつか有ってかなり満足度が高い。「頑是ない歌」はこの歳になって本当の良さが判ってきたような気がする。
【読書】数十年ぶりの芥川龍之介/再読して大満足!って話
小学生の時以来、数十年ぶりに芥川龍之介を読んだ。大人になって読むと、子供の時とは違った読後感で自分でも驚く。子供の時のピュアな気持ちで読むのと、酸いも甘いも嚙み分ける歳になって読むのでは見える景色も違って当然。再読して幸せな時間を過ごせた。
【読書】村上春樹の『中国行きのスロウ・ボート』を古本で再読!古本は一味違うぞ!って話
村上春樹の最初の短編集を古本屋で見つけた。昭和63年の四刷で110円。令和の時代に昭和時代の村上春樹の文庫本を見つけるとは...。ジャズの名曲をタイトルにしたこの本の中身は、うん、村上春樹らしい文章。好き嫌いは分かれるだろうけどオレは好き。
【読書】紙の本で読みたいエッセイ/穂村弘の『もうおうちへかえりましょう』に自分を重ねる!って話
穂村弘さんの第二弾エッセイを読んだ。前作同様、なかなかのダメっぷりだけど、キラリと光る感性は健在。さすが現代日本を代表する歌人。80年代のバブル期と「今」を比較したエッセイは、もはや文化論の趣き。それでいて肩の凝らない文章は読んでいて楽しい。
『カエルの楽園』を一気読み!これは現代日本への警鐘!って話
百田尚樹氏の『カエルの楽園』を読んでみた。作者の思想的立ち位置もわかってるつもりだし、話の内容は凡そ予想出来たんだけど、これ、予想を超えるデキだと思ったな。まず、明かにそれと解るモデルが出てくるんだけど、皮肉が効いていて読んでいて感心させられる。例のあの新聞やら、あの国やら・・・。能天気な日本人は読むべき一冊だと思うぞ...

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません