ゲイ視点で『昼のセント酒』を観てる!って話

ここんとこAmazonプライム・ビデオにハマリ込んでる。
以前は時間がある時に映画を観るぐらいだったのが、『孤独のグルメ』を観てからは生活が一変。連日の徹夜は当然、ドラマの中に出てきた料理を作ってみたり・・・。
シーズン6まで観るのにけっこう時間がかかった。
で、先日、やっとシリーズを観終わったんだけど、

他に何か面白いドラマは無いか?

と探してみた。

有った!ww

『孤独のグルメ』と同じ原作者、製作スタッフによって手掛けられてる『昼のセント酒』だ。

このドラマ、最初は敬遠してたんだけどね。
タイトルに「酒」って文字が入ってるけど、オレは酒は飲まないし、

どうせ昼間っから酒を飲むドラマだろ!?

って勝手に想像してた。
うん、たしかに昼間から酒を飲むだけなら観ない。
でも、このドラマにはオレを惹きつけてやまない魅力が・・・。

男の裸!

いやぁ、面白い!ww

 

『昼のセント酒』って、どんなドラマかというと、『孤独のグルメ』と同じ原作者、製作スタッフで作られてるだけあって、とにかくゆるい
な~んも盛り上がるシーンは無いし、ハラハラドキドキする事もない。
話の内容はというと、毎回、同じパターンが繰り返される。

広告代理店の社員・内海孝之は成績最下位のダメ社員。上司や同僚からの冷たい視線にもめげず営業で外回りしてる。そんな彼が営業先の土地で見つけるのが銭湯
昼間から風呂に入る事に罪悪感を覚えながらも「今日は特別」と言いながら銭湯へ。で、風呂上りに冷たいビールを飲む・・・・。
毎回、繰り返されるパターンなんだけど、

繰り返される=安定感ww

これ、『孤独のグルメ』と同じなんだよな。
でね、何がオレを惹きつけるかと言うと、主人公の内海孝之を演じてる戸次重幸の裸が見れるって事だww
そりゃ、行く先々の銭湯に入るんだから裸になるのは当たり前なんだけど、これが、けっこうキワドイ所まで映してるのだww
初めて観た時はちょっとした衝撃だったからな。

ケツ丸出し!ww

そりゃ、ノーマルの男性からみれば、同性のケツなんか見ても何ともないだろうけど・・・
オレは・・・

バイセクシャル!

男も女もの対象ww
なにが楽しいって、毎回、ギリギリの描写戸次重幸さんの裸が楽しめる。
テレビ東京で作ってるドラマって事だけど、テレビでこんなの映して良いのか?って思ったからな。

この主人公が冴えないブサイクならオレだって観ないけど、主人公を演じてる戸次重幸さん、何気にイケメンだからな、そりゃ観るに決まってる。タダでイケメンのケツが観れるなら、ゲイとかバイの人は観るだろ!ww
オレもよくスーパー銭湯なんかへは行くけど、目的の半分は・・・

目の保養!ww

運が悪いとジジイしか居ない事もあるけど(涙)

『昼のセント酒』なら、必ずイケメンの裸が観れる^^

これ、ゲイ・バイの人にとってはたまらないww

f:id:masa10t:20180625195558j:plain

最初はね、戸次重幸って知らないし、

へ~、こんな役者も居るのかぁ
まだ30手前ぐらいかなぁ
いつもケツを出して、すごい頑張ってるなぁ・・・

って思ってたわけ。
で、毎回、彼の裸を観てると、やっぱり気になる。wikiさんで彼の事を調べてみたんだけど、1973年生まれ・・・。

今年45歳!

むっちゃ若く見える・・・。
いってても30代前半かと思ってたぞ。10歳は確実に若く見えるじゃないか。

ますます気に入った!ww

 

東京都内の銭湯を中心に、いろんな銭湯の紹介、その土地で食べる料理の紹介がメインなんだけど、ゲストも多彩でいろんなゲストが出演してる。例えばプロレスラーの永田裕二も出てるし、泉谷しげるも出演してる(これがまた、シブい時計屋の店主)。第一話では銭湯で出会うオジサンに温水洋一だ。
仕事をサボッて銭湯に入る主人公だけど、毎回、お約束のように言うセリフが、

申し訳ない~^^

湯船に浸かって、ホント、幸せそうに言うんだよなぁ。
湯船に浸かるシーンも有れば、銭湯の中をウロウロ歩くシーンも・・・。
これが実に上手いカメラワークで、大事な部分はギリギリで映さない(涙)
まぁ、映すわけないんだけど、もしかして映るかも!?って、目を皿のようにして画面を凝視してたぞ(泣)

お約束といえば、風呂上りに近くの居酒屋や食堂で料理をつまみながらビールを飲む。
これも実際にある店だから、作りモノじゃない「本物感」だ。
ただ・・・
ちょっとだけオレ的にマイナスなのが、ビールを飲む時の表情。
うん、普通に観てて、美味しそうに飲んでるんだけど、オレの感覚とはちょっと違うんだよなぁ。
風呂上りの最初の一杯を、主人公はいつも・・・

んがぁぁ~っ!

って感じで飲んでる。
喉が渇いてて、水分補給の最初のビール。渇望感は出てるんだけど・・・
そこまで美味しそうじゃないww
う~ん、オレの感覚では、風呂上りの最初の一杯は・・・

プハァァァ~ッ!

って感じじゃないとなぁ。
プハァァァ~ッ!って飲みっぷりなら、下戸のオレもビールを飲みたくなるんだけど、んがぁぁ~っ!って飲み方だと、オレはビールを飲みたくならないww
まぁ、ごくごく小さなマイナス点だ。
『昼のセント酒』のDVDも発売されてるようだし、この際、買ってしまおうか思案中だ。

早くシーズン2とか作って欲しいぞ!

この話を書いてたら無性に風呂に入りたくなった。
もちろん家風呂じゃないww
って事で、さっさと書き上げてサウナに行こうっと^^

もちろん、目の保養だ!

 

【ドラマ】『おっさんずラブ』はLGBTのハートを掴む!って話
今さらだけど話題になってた『おっさんずラブ』を観た。いやぁ、これ面白い!ノンケに恋する男性と、男性に告白されて困惑するノンケの心情がよく描かれてる。ラストシーンも泣かせる!全七話、一気に観た感想を書いてみた。うん、☆5個のドラマだ・・・。
【映画】LGBTのオジサンが『劇場版 おっさんずラブ』を観て想う事・・・って話
劇場版の『おっさんずラブ』を観てきた。公開されたら何が何でも映画館で観ようと決めてたので、満を持しての鑑賞。うん、突っ込みどころ満載の映画だな。だけど、それで良いと思ってる。これはそういう映画なんだし、登場人物たちのピュアさを楽しむ映画だ。
映画「怒り」の見どころはゲイシーン以外にもたくさん有った!
映画「怒り」を観た。例の市橋達也の事件をモデルにした吉田修一の原作の映画化作品だ。妻夫木君のゲイシーンが目当てだったんだけど、これ、思いのほか良い映画だったな。見どころが多い!
【映画】アカデミー賞受賞作『ムーンライト』を観た。人種、性...様々なものを超えて訴えるものとは?って話
全編、黒人しか出てこない映画『ムーンライト』を観た。れっきとしたアカデミー作品賞の受賞作。ロクでもない母親の元、ロクでもない街にくらす黒人少年が大人になるまでを三章構成で描いてる。ここで問われるのはゲイとかLGBTを超えた人間としての問い。

 

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain