沖縄の旧海軍司令部壕を思い出したので書いてみる!って話

今日は8月15日か・・・。
「終戦記念日」だな。
連合国による「ポツダム宣言」を受諾して、玉音放送によって日本の降伏が国民に公表された日だ。この日を一般的に「終戦記念日」なんて言ってるけどな。
いつかも書いたけど、日本とアメリカが戦争してた事を知らない大学生も居ることに驚きだ。
三重大学で一番の難関、医学部に通う子に、

日本とアメリカって戦争してたんですか!?

って言われた時には卒倒しそうになったぞww
戦争をしてた事も知らないんでね、真珠湾の奇襲攻撃の事も知るわけがない。

真珠湾?
それ、何県にあるんですか?

って具合だ。
そんな事も知らないんで、ABCD包囲網なんて言ってもチンプンカンプン

包囲網?
何でそんな包囲するんですか?

まぁ、こんなのと話してても疲れるだけなんで、相手にしないけどな。

昔、オレが子供の頃なんて、しょっちゅう戦争のドラマなんかやってたし、お昼の帯ドラマでも「ひめゆり隊」の連続ドラマなんかをやってた記憶がある。祖父母の家に行くと、たいてい戦争中の苦労話を聞かされたもんだ。オレぐらいの年代の人間なら、誰だって身近な人から戦争の話を聞いてると思うぞ。
今は、戦争を体験してる人がどんどん減ってるし、そうやって戦争中の話を子や孫に伝えることも無くなってるだろうし、歴史に無知な大学生だけを責めることも可哀そうな気もするけどな。
って事で、今回は沖縄に居た頃の思い出を少し書いてみようか。

 

学校を卒業してサラリーマンになったけど、半年の研修期間を終えて最初の赴任地が決まった。

沖縄・・・

うん、沖縄で地上戦が行われた事は常識として知っていたし、もちとん「ひめゆり隊」のドラマなんかも何度も観てるんで、沖縄についての知識は他の県に関する知識よりも深いぐらいだ。
だけど、沖縄って・・・。
あの頃は、バブル最高潮の時代だ。
世の中は、何もかもが右肩上がりのイケイケドンドン
あの頃の沖縄っていうと、仕事に行くところじゃなくて・・・

遊びに行く所!

って意識だ。
テレビのCMでも盛んに沖縄の青い海を写して、観光客を呼び込んでたな。
まぁ、会社に「行け!」と言われれば、行かないわけにはいかない。
当時、「美人スチュワーデスが多い」と評判だったJASの飛行機で那覇空港に降りたわけだ。

で、ここからが今回の本題。
迎えに来ていた上司に連れられて、まずはオレの部屋へ荷物を置きに行った。
会社が用意してくれたアパートは空港から車で15分の市内の外れにあった。

じゃ、軽く沖縄の案内するわ^^

荷物を置いた後、再び車に乗せられたオレ・・・。
これ、期待するでしょ。

どこに連れてってくれるのかなぁ?
もしかして綺麗な海?

なんと言っても、テレビでバンバン宣伝しまくってる沖縄だ。
各航空会社がこぞって推してる大リゾート地。
車に乗って5分で到着したぞ。

えっ!?
もう着いた?

うん、到着してた。
連れてこられたのは、旧海軍の司令部壕・・・。

f:id:masa10t:20180815185416j:plain

てっきり綺麗な海か美味しい沖縄料理の店でも行くのかと思ってたら、よりによって戦争時代の遺物・・・。
正直なところ、ガッカリしたのは確かだww
だけど、この海軍司令部壕、一歩中へ入ると衝撃だった。
綺麗な海も美味しい沖縄料理も、頭の中からぶっ飛んだぞ。
ちょっと、旧海軍司令部壕について説明すると、

沖縄戦において大日本帝国海軍の司令部として使用された防空壕である。戦後は旧海軍司令部壕としてその一部が一般に公開され、周辺は海軍壕公園として整備されている。沖縄県豊見城市と那覇市の市境に位置する。~wiki~

上陸してきたアメリカ軍と戦うために、海軍が設営した防空壕なんだけど、450mの坑道の中に、作戦室幕僚室司令官室暗号室兵員室発電室なんかがあるわけ。
こんな感じだ・・・。

~司令官室~

f:id:masa10t:20180815191541j:plain

~幕僚室(左側)~

f:id:masa10t:20180815191237j:plain

~下士官室~

f:id:masa10t:20180815191745j:plain

~作戦室~

f:id:masa10t:20180815191926j:plain

祖父母から戦争の話は何度も聞いてるし、テレビで放送されるドラマやらドキュメンタリーも観てるけど、うん、それまでは、「どこか遠くの物語」だった。
それが、この時は、戦争の遺跡が目の前に有るんだからな、そりゃ衝撃だろ。
それも勝ち戦じゃなくて、負け戦・・・
この司令部壕の中でも何人も自決してるし、そんな場所を歩いてるんだからな。
嫌でも戦争当時の事を考えてしまう。
実際に幕僚室の壁には、幕僚が手榴弾で自決した痕跡が残ってるし、戦闘が激化した時には、この壕内に4千人を超える兵隊が集まって、立ったまま寝てたそうだ・・・。
この司令部壕には大田司令官が居たんだけど、有名な電報を打ってる。
「沖縄県民斯ク戦ヘリ」で有名な電報だけど、この電報を打った後、大田司令官は司令官室で拳銃で自決・・・。
各部屋(部屋というより横穴)には、こまかな説明が書かれてるんだけど、食い入るように読んだぞ。
世の中はイケイケの時代で、何もかも浮かれてた時代だけど、こんな場所を見たおかげで、その後に案内された玉泉洞だとか残波岬なんてのはな~んも頭に入らなかった(涙)
たしか玉泉洞「ハブとマングースの決闘」ってのも見たけど、

気持ち悪いだけだった!

6月末には、沖縄における組織的な戦闘は終了してるんで、沖縄の「終戦記念日」は8月15日じゃないって話も聞くけど、平成最後の「8月15日」だったんでね、ふと沖縄の事を思い出したので書いてみた。

 

オレが沖縄に居る間、友達やら祖父母やらが沖縄に遊びに来たけど、この海軍司令部壕には必ず案内したな。
祖父母が来た時、いつものように案内したんだけど・・・

祖母が号泣!ww

もうね、身体を震わせながら、

苦しかったじゃろ・・・
可哀そうに・・・
うぅぅぅっ・・・

って具合で嗚咽を漏らしてた・・・。
そんな事を思い出した8月15日だ。

f:id:masa10t:20180815203337j:plain

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain