【読書】粋な男になるための教科書。池波正太郎の『男の作法』は何度も読める名エッセイ!って話

幸若舞「敦盛」の一節だっけか「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」ってのが有るけど、それぐらいの歳まで生きてくるとさすがにいろいろ経験してる。それこそ酸いも甘いもわかるってやつだけど、最近、特に思うようになったのが、

日本はおかしくなってるんじゃないか!?

って事。
オレが子供の頃じゃ考えられないような事件なんかが日常の茶飯事でワイドショーを賑わせてるし、テレビや新聞で取り上げられなくても「?」と感じるような出来事はたくさんある。
何でこんな風になったんだろ?って考えるまでもないんだけど、答えは簡単。

昔と今じゃ人間が違う!ww

もちろん生物学的に人間が変わったって意味じゃない。中身が変わってきてるって事。中身というか価値観というか物の考え方だな。昔の考え方や行動が全て正しいとは言わないけど、全て間違ってるとも思ってない。

って事で、今回は池波正太郎の名エッセイ『男の作法』の話を簡単に書いてみようか。

 

 

世の中には名エッセイと呼ばれるものが有るけど、今回の『男の作法』もその中の一つ。團伊玖磨の『パイプのけむり』シリーズに匹敵するエッセイだと思ってる。
うちの仕事場では大学生のアルバイトを数人使ってるけど、彼らが大学を卒業する時には必ずこの本をプレゼントしてる。ここに描かれてるような粋な生き方をして欲しいと思って渡してるわけ。これまでにも何だかんだで30冊以上を買ってきてはプレゼントしてるんだけど、『男の作法』ってどういう本かというと・・・
これ・・・。

普通の文庫本!ww

200頁をちょっと超えるぐらいの本だけど、これがなかなか読ませる内容。
この単行本が出たのは昭和56年、文庫になったのが昭和59年なんだけど、奥付を見てみると・・・

令和2年の段階で101刷!

昭和に発表された本が平成の時代も読み継がれて101刷だぞ。すぐに忘れられる作品も多いのに、これだけ版を重ねるって事は人気の証。101刷なんて漱石とか太宰クラスだろww

 

で、この本を久しぶりに再読したんだけど、う~ん、やっぱり良いな。
どういう内容が書かれてるのか文庫本の背表紙から引用すると、

てんぷら屋に行くときは腹をすかして行って、親の敵にでも会ったように揚げるそばからかぶりつくように食べなきゃ・・・。勘定、人事、組織、勝負、結婚、ネクタイ、日記、贈り物、小遣い、家具、酒、月給袋など百般にわたって、豊富な人生経験を持つ著者が、時代を超えた“男の常識”を語り、さりげなく“男の生き方”を説く。本書を一読すれば、あなたはもう、どこに出ても恥ずかしくない!

まさに粋な男になるための教科書的なエッセイ。
中身もさることながら、文体もちょっと独特なのがこのエッセイ。
普通、エッセイというと何かの雑誌に連載した文章だとか、単行本のために書き下ろしたとか、まぁ、そういうものを指すと思うんだけど、このエッセイはちょっと違ってる。作者・池波正太郎が友人の佐藤隆介氏に語ったものを佐藤氏が筆記、その原稿に手を入れたものが本書。
書きおろしってのはよく有るけど、これは・・・

語りおろし!ww

なので文章は超口語体。普通に会話してるような文章だけど、語ってる内容が深いから退屈しない。読みやすい文章、読む者に何かを気づかせるような深い内容、まさに名エッセイと言っても良い出来ばえ(じゃなかったら、こんなに版を重ねないだろ)。

 

で、作者自身が前書きで書いてるんだけど、この本の中で私が語っていることは、かつては「男の常識」とされていたことばかりです。しかし、それは所詮、私の時代の常識であり、現代の男たちには恐らく実行不可能でありましょう。昭和56年の執筆当時、すでに「現代の男たちには実行不可能」と半ば諦めのような気持ちを吐露してるんだけど、昭和56年でそんな状況なんだから令和の時代、今の若い男たちがこの本を読んでどう感じるかは・・・。
まぁ、そんな事を嘆いても仕方ない。
ここに書かれてる作者の考え方、ライフスタイルは時代を超えてカッコイイと思ってる(オレはな!)
生まれた時から携帯電話やパソコンに囲まれて育ってきた若い人には時代遅れと思われるかもしれないけど、ここに描かれてるのは「本当にカッコイイ男」の生活スタイル。
別のブログでも書いたけど、今は「恥を恥とも感じない時代」だろ。バブル期を経て拝金主義みたいのが蔓延って、目先の欲、目先の損得で動く人間が増えたけど、時代を超えてカッコイイのはそういう人じゃない。
そんな事を思い出させてくれるのが『男の作法』

口語体で書かれた非情に読みやすい文章だし、それぞれのテーマも簡潔に述べられているのでいちいち内容の説明はしないけど、寿司屋での振る舞い(回らない寿司屋)から始まって食事のマナー、ネクタイの選び方、仕事や組織、親子、夫婦等々、いろいろな事に話が及んで飽きない一冊。
一気読みするのもよし、目次を見て気になるところから読むのもよし、傍に置いておけばちょっとカッコよくなった気分になれるかもww
この本の中で何度か出てくるんだけど「自分は、死ぬところに向かって生きているんだ・・・」という作者の哲学。じゃぁ、どうやってカッコよく生きようか、そんな事を考えるキッカケになるかもしれない。
もう一つ、印象に残るのが「人間とか人生とかの味わいというものは、理屈では決められない中間色にあるんだ。つまり白と黒の間の取りなしに。その最も肝心な部分をそっくり捨てちゃって、白か黒かだけですべてを決めてしまう時代だからね、いまは」という文章。
自分でも自覚してるけどオレも白か黒で決めたがる方だ。善い事、悪い事、いろいろするのが人間。簡単には白黒で決められないと自省の念に駆られるなww

 

 

同居人の下書きチェック

同居人
同居人

この本、面白い?^^

マサト
マサト

面白いけど、女が読むと面白くないかもな

同居人
同居人

なんで!?

マサト
マサト

男目線で書かれてるからだ
女が読むと、多少、不愉快に感じる部分もあるかもww

同居人
同居人

ちょっと興味あるのだわ!

マサト
マサト

止めとけ・・・
不愉快な気分になって八つ当たりされたら困るww

同居人
同居人

・・・・・・

 

 

タイトルが『男の作法』ってなってる通り、ところどころ男目線で書かれてる部分がある。神経過敏な女性ならギャースカ文句を言いそうな箇所も・・・。
まぁ、作者もそういう女性に読まれる事を期待してないだろうけどww
やっぱり男が求めるのは度量の大きい女性、京塚昌子のような肝っ玉母さんだろ。
考えてみたら今の時代、あんな女性はめっきり減ったな。減ったというか・・・

絶滅危惧種!ww

話が脱線したけど、このエッセイが時代を超えて読み継がれてる名著なのは間違いない。

 

【読書】これは目からうろこ!/映画監督 押井守の『仕事に必要なことはすべて映画で学べる』を一気読み!
本を読んでは古本屋に売ってるんだけど、久々に手元に残しておきたい本を読んだ。自己啓発本のようでもあり、映画紹介の本のようでもあり、一気読みさせる推進力のある本。映画を題材に仕事への取り組み方や男の生き様について書かれてる内容は大いに刺激的。
【読書】夏目漱石の『坊っちゃん』は歳を重ねて読むと景色が違って見える!って話
夏目漱石の『坊っちゃん』を再読。もう何度も読んでる小説だけど、これほど読むたびに読後感の違う小説も少ないんじゃないか。歳をとると共にいろいろ感じ方も変わって『坊っちゃん』の懐の深さに驚かされる。ただの勧善懲悪じゃない、理想と現実を描いた傑作。
教養の高さは会話の抽斗の多さで測れるんじゃないか!?と思ってる・・・って話
本屋で「教養と生きよう」って言う催しをやってた。出版6社が自社のオススメ本を持ち寄って紹介するものだけど、ふと考えたのは、教養って本から得るだけなのか?本を読んでも頭に入れっぱなしはただの「知識」じゃないのか?そもそも教養って何だ?って話。
その場所は近くて遠い・・・『読書する人だけがたどり着ける場所』を読んだ!って話
その場所はどこに有るのか、その場所に何があるのか、読書する人だけがたどり着ける場所がある。そんな事は考えたことは無かったけど、なるほど、たしかに本を読む人と読まない人では話してて何か違う気がする。斉藤孝先生の本を読んで思った事を書いてみる。
【読書】笑いと涙の中に突き抜けた感性が光る/歌人・穂村弘のエッセイ『世界音痴』にハマッた!って話
歌人・穂村弘さんのエッセイを読んだ。笑いと涙の自虐的エッセイだけど、所々にハッとさせられる突き抜けた感性が表れていて、さすが歌人と思わせる内容。同年代という事もあって、ウンウンと頷くところ、それは無いわとドン引きするところ等、楽しめた一冊。
マナーは覚えるもの、品性は身に付けるもの!って話だ
ビジネスマナーやらテーブルマナーなんてのは数日の講習でも行けば覚えるだろうけど、品性は長年の生活によって身につけるものだ、って話。
日本が劣化してる気がするって話(あくまで個人的見解w)
個人的な見解ね。
世の中には自己啓発本が溢れてるのに成功してる人が少ない!何故だろう!?って話
世の中には自己啓発本が溢れてる。毎年のベストセラーには必ず自己啓発本が何冊かはランクインしてるし、それだけ読んでる人が多いんだろうけど...何だか成功者って少なくないか?大人社会だってパワハラだセクハラだと嫌な事件が多いし。何故なんだ!?
【読書】村上春樹のエッセイはブログを書く人間にとって一つの教科書かもしれない!って話
村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ 2』を読んだ。小説と同じく独特の空気感が有って面白く読んだけど、ふと思ったのは、村上春樹のエッセイは雑記ブログの文章の手本になるんじゃないか?って事。何かに特化してる訳でもないブログには、こんな文章が似合う。
時間を守れない人間は信用しない!って話。
時間には厳しい。オレがどうして時間に厳しいのかを、簡単に書いてみた。例えば何かのテストの時に、遅刻すると入室させないってルールが有るけど、あれは当然だと思ってるぞ。一つを許すと、結局、全部を許す事になってしまう。そんな話だ。
教育を受けさせる義務、教育を受ける権利・・・ゆたぼん問題で考えてみた事
不登校を推奨するような動画が有るって事で観てみたんだけど、いやぁ、たまげたな。小学生にこんな動画を配信させるとか、オレの感覚じゃ理解不能(理解したくもない)。周りの子の事をロボットと言うのは勝手だけど、子に教育を受けさせるのは国民の義務だろ。

 

一人称単数
文藝春秋
¥1,650(2021/11/20 02:39時点)

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain