子供時代の読書量が大人になってからの各種能力の高さにつながる!?って話

オレの仕事は子供が相手。
子供にはいつも口を酸っぱくして言ってる事があって・・・

本を読め!

経験上、感じてる事だけど、本を読む子と読まない子では明らかに違う。
何が違うって、学力はもちろん物事への取り組み方何かの課題に向き合った時の考え方も違う。当然、本を読む子の方が会話の抽斗も多い。
なので、時間がある時はくだらないゲームばかりやるんじゃなく、本の一冊でも読むように言ってるんだけど、それが出来る子ばかりじゃないのが悩みの種ww
まぁ、大人でも本を読まないって人は居るし、ひどいのになると10年以上も本を読んだことが無いって猛者も居る。
基本的に本を読まない人は嫌いなんで、そういう人とはなるべく関わらないようにしてるけどww
で、今朝の読売新聞の1面に「本を読む事の大切さ」を書いた記事が掲載されてた。

って事で、今回は子供時代の読書は大切って話を書いてみようか。

 

 

仕事柄、年がら年中だけど小学生やら中学生と向き合ってる。
十人十色とは良く言ったもので、それぞれに個性があるし、その個性を尊重しようとは思ってるけど、う~ん、やっぱり本を読む子の方が相対的に様々な能力が高いように思ってる。
オレの個人的な経験で言ってるだけで、必ずしも全員に当てはまるとは思わないけど・・・。
で、今朝の読売新聞にこんな記事が出てた。

「小中高で読書」能力高め

青少年機構調査 行動力や認知機能

どんな内容が書かれてるのか熟読してみたけど、うん、まさにオレが普段から感じてた事をグラフ付きでわかりやすく書いてたww
国立青少年教育振興機構が20~60歳代の男女5,000人を対象に調査した結果が出てるわけだけど、記事から引用すると「小中高校と継続して読書している人は各種能力が高いことが示された」そうだ。
各種能力って何なのか、新聞記事を読み進めてみる。

 

今回の調査は対象を4つのグループに分類して行われたそうで、読書量について

  1. 小中高を通して少ない
  2. 成長とともに徐々に減少
  3. 成長とともに徐々に増加
  4. 小中高を通して多い

の4グループ。
調査する項目は「客観的・論理的に考える力(批判的思考力)」「何事にも進んで取り組む姿勢や意欲(主体的行動力)」「自分を理解し肯定する力(自己理解力)」
その結果、読書量の多い4のグループは、1の少ないグループに比べて批判的思考力が2.42点、主体的行動力が2.22点、自己理解力が2.04点、いずれも高い結果を出したそうだ。
また、大学生97人の認知機能を測ったところ、平均点(最高30点)で最も高かったのは4のグループで25.56点、3のグループが22.25点、1と2のグループは20.14点という結果。
どういう方式の調査(テスト)なのか知らないけど、この結果はオレの肌感覚にピッタリと会うww

 

この記事には続きがあって、「読書好きを育てるにはどうすれば良いか」も書かれてた。
埼玉県三郷市や石川県白山市、高知県いの町等、地方自治体の取り組みも紹介されていてなかなか興味深い。やみくもに「本を読め!」と言っても、読まない子は読まないからな(経験済みww)
また、機構は同じく男女5,000人を対象に、紙の本を読む人の方が電子書籍より主体的行動力などが高い傾向にあるとの結果を公表してる。
これもオレの肌感覚にピッタリww
いつかの記事でも書いたけど、電子書籍で読むのは事典とか図鑑、漫画にして、小説だとかノンフィクション、エッセイは紙の本で読む方が頭に残ると思ってる。オレもkindleは持ってるけど、あれで読むのは漫画かハウツー物だけ。
まっ、いくら本を読みまくって頭に詰め込んでも、それをアウトプットするのはまた別な能力が必要・・・。
とは言っても、本を読まなきゃアウトプットする材料がスカスカになりそうで、やっぱり本を読む事おは大事。

 

 

同居人の下書きチェック

同居人
同居人

読書は大事だわ^^

マサト
マサト

お前が言うか・・・

同居人
同居人

・・・・・・

マサト
マサト

最後に読んだのは高校時代の太宰治だろ
何十年前なんだよ(泣)

同居人
同居人

週刊誌は読んでるわ!

マサト
マサト

あんなのは読書とは言わん

同居人
同居人

いちおう活字だわ^^

マサト
マサト

・・・・・・

 

活字といえば新聞を隅から隅まで読むと新書1冊分ぐらいの文字量になるらしい。
近頃は活字離れが進んで本どころか新聞も読まない人が増えてるそうだけど、う~ん、ますます日本が右肩下がりになる予感・・・。
まっ、新聞に書かれてる事が全て正しいわけじゃないけど・・・

読まないよりは・・・

読む方が良いに決まってる!ww

今朝の新聞記事を見て本を読む事の大切さを改めて実感。
で、目に入ったのは、部屋の片隅に積み上げられた積読・・・。
積読も溜まり過ぎると読書欲が萎えるなww
コツコツと消化していくことにしよ・・・。

 

【デジタル教科書】学習塾のオーナーだけど、デジタル教科書なんかうちの子供には使わせない!って話
また文科省の有識者会議がロクでもない中間まとめ案を出した。教科書のデジタル化だ。子供にどんな影響があるかも検証せずに令和6年を目途に本格導入を目指すとか...。先にいろいろ検証して全国に導入なら解かるけど、これじゃ導入ありきで順序が逆だろ。
本を聴く!AmazonのAudible(オーディブル)を登録してみたので感想をまとめる
AmazonのAudibleに登録してみた。無料体験で3冊まで読めるそうだし、さっそく以前から読んでみたかった本をダウンロード。今回は本を読むんじゃなくて「聴く」んだけど、はたして「聴く」という行為で普通の読書のように頭に残るかどうか・・・。
その場所は近くて遠い・・・『読書する人だけがたどり着ける場所』を読んだ!って話
その場所はどこに有るのか、その場所に何があるのか、読書する人だけがたどり着ける場所がある。そんな事は考えたことは無かったけど、なるほど、たしかに本を読む人と読まない人では話してて何か違う気がする。斉藤孝先生の本を読んで思った事を書いてみる。
【読書】紙の本で読みたいエッセイ/穂村弘の『もうおうちへかえりましょう』に自分を重ねる!って話
穂村弘さんの第二弾エッセイを読んだ。前作同様、なかなかのダメっぷりだけど、キラリと光る感性は健在。さすが現代日本を代表する歌人。80年代のバブル期と「今」を比較したエッセイは、もはや文化論の趣き。それでいて肩の凝らない文章は読んでいて楽しい。
積読を処理する方法を考えてみた!って話 それとマジック動画。
12月なんでね、部屋の整理をしたんだけど積読がかなり出てきた。この積読、これから全部読むのは気が重い。かと言って放置してても邪魔になる。捨てるのは忍びない・・・。積読の処理について考えてみたって話。それとマジック動画。今回は「ホテル・トリック」を演ってみた。
「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」って本の話
最近、話題になってる本「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」の話。これ、100パターン書かれてるそうだけど、全部が全部、文豪じゃないだろ。ミュージシャンやら有名ブロガー、はてはyoutuberまで載ってるそうだ。タイトルに偽りありだろ。金を出してまで模倣した文章を読みたいとは思わない、って話。
【英語のお勉強】名曲『幸せの黄色いリボン』の話。英語学習は聴きやすい歌を唄うことから!って話
ビールのCMでもお馴染みの『幸せの黄色いリボン』について、ほんの少しだけ軽く書いてみた。ストーリー性のある歌詞とポップなメロディーは、日本人にも馴染みやすい。って事で、今回の話は1973年の大ヒット曲の話。ついでに、いかがわしい英語教材についても書いてみたぞ。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain