【読書】久しぶりに本格ミステリ―/有栖川有栖の『孤島パズル』を堪能!って話

推理小説が好きな人にとっては常識だろうけど、一口に推理小説(ミステリー)と言ってもそこには様々なジャンルがある。
本格ミステリ―新本格社会派倒叙ハードボイルド叙述法廷ミステリ―警察小説等々・・・。犯人当てや舞台設定にしてもオーソドックスなフーダニットものからアリバイ崩しハウダニットホワイダニットクローズド・サークル等々、凄い数のミステリ―が書かれてる(もちろん玉石混交だけどww)
普段は叙述とか社会派イヤミスを好んで読んでるオレだけど、久しぶりに本格ミステリ―を読んだ。

って事で、今回は有栖川有栖の『孤島パズル』を読んでの感想を簡単に書いてみようか。

 

 

オレの勝手なイメージだけど、有栖川有栖とか綾辻行人は「通好み」のミステリ―作家(あくまでもオレの勝手なイメージ)
本屋に行けばミステリ―のコーナーに東野圭吾とか宮部みゆきとか、まぁ、売れ筋の作家が平積みされてるけど、そういう作家とはちょっと違うww
純粋にミステリーに軸足を置いた作品をたくさん書いてるし、マニアックな謎解きも新本格ならでは(綾辻さんの「館シリーズ」等)
で、オレが初めて有栖川有栖を読んだのは今から8年前。
デビュー作の『月光ゲーム』を読んでえらく気に入ったわけだけど、その時の感想をブクログに残してた。

初の有栖川作品。どれから読もうかと迷った末に選んだのは、デビュー作の本書。
いやぁ、なかなか読ませるじゃないか!気に入りました。追いかけてみたい作家リストに入れました。
本書はいわゆる「クローズド・サークル」物なのだが、大仕掛けなトリックも無く自分好み。小さな事実を一つ一つ積み重ねてラストで論理的に説明している。そのラストも砂を噛むような味気ないものでなく、切ない余韻が残るもので好感。
クローズド・サークル物の傑作と言っても良いんじゃないかな。

ベタ褒めしてるww
追いかけてみたい作家リストに入れたって書いてるけど、追いかけるんだから当然のように有栖川有栖の他の本も買ってきたわけ。
それが今回の『孤島パズル』

デビュー作の『月光ゲーム』を読了後、すぐに買ってきてたんだけどあれから8年も経過してしまったww
その間、どこに在ったのかというと・・・

積読の山の中!ww

ミステリ―に限らずいろいろな本を読むし、読書以外にもやる事(やらなきゃいけない事)も多い。
読もう、読もうと思ってるうちに8年も経ってしまった。
今になって読んだ理由は簡単・・・

積読の消化!

あまりに溜まりまくった積読のせいで同じ本を2冊買って来たり、どの本を在庫に抱えてるのか自分でも訳わからなくなったから。
本を買うスピードに読書量が追いついてない。
そんな訳で最近はせっせと積読を消化してる。

 

オレもミステリーは好きだし、叙述トリック社会派を中心に読んでるけど、いやぁ、本格モノは久々・・・。
今回の『孤島パズル』は有栖川有栖のデビュー2作目の小説。
文庫本にして400頁に迫る量だけど、一晩で読了。
先に感想を簡単に書いておくと、

これぞ正統派!

堪能しました!ww

まさに推理小説の正統派、王道を行くミステリ―。
デビュー作の『月光ゲーム』も面白かったけど、こちらも文句なしに面白い。
どんなストーリーなのか文庫本の背表紙に書かれてる紹介文から引用しておくと、

南の海に浮かぶ嘉敷島に十三名の男女が集まった。英都大学推理研の江神部長とアリス、そしてマリアも島での夏休みに期待を膨らませる。折悪しく台風が接近し全員が待機していた夜、風雨に紛れるように事件は起こった。
滞在客の二人がライフルで撃たれ、無残にこときれていたのだ。無線機が破壊され連絡船もあと三日間は来ない絶海の孤島で、新たな犠牲者が・・・。
犯人はこの中に!?

この紹介文からもわかるように、この小説はクローズド・サークル物
クローズド・サークル物ってのは、「なんらかの事情で外界とは隔絶された状況下で事件が起こるストーリー。『嵐の孤島もの』『吹雪の山荘もの』とも呼ばれる」推理小説の中の一形態。
警察の介入や科学的捜査を排し、また容疑者の幅を作中の登場人物に限定できることから、より純粋に「犯人当て」を楽しめるのが特徴。
これだけでも面白要素充分なのに、この小説では「密室殺人」も加わるんだから、面白くないわけがない。
外部から侵入できない密室内での殺人が発生し、犯人がどうやって外へ出たのかを考えるのがミステリ―の王道中の王道だろww
クローズド・サークルの代表作といえばアガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』が有名だけど、こちらも孤島を舞台にしたもの。

 

舞台は見渡す限りの海に囲まれた孤島。
そこで殺人事件が起これば、誰が考えても犯人は登場人物の中に居る。
オレも考えながら読んでたぞ。

こいつが怪しいけど・・・

推理小説なんだから

意外な人間が犯人だろうな

とか、まぁ、あれこれ考えながら読み進めたわけ。
で、何も解らずww
この小説に登場する小道具もいろいろ洒落ててジグソーパズルとか自転車とか、なんともお洒落な使い方をしてる。
オレが特に秀逸だと思ったのはジグソーパズルを使ったダイイング・メッセージ。読んで字のごとく「死亡した人物が死の間際に残したメッセージ」の事をダイイング・メッセージと言うんだけど、この使い方はちょっとした盲点だった。
ありがちなダイイング・メッセージ「自分の流れる血で犯人の名前を書き残す」ってのがパターンだけど、この小説のダイイング・メッセージは目立たないけど作者の工夫が感じられて好感。
そうそう、推理小説にはアリバイ崩しってジャンルも有るけど、この小説はアリバイ崩しの要素にも触れてる。
三つの移動手段(徒歩、自転車、ボート)での考察は少々頭を使ったけど、これはこれで本格推理の楽しみ方の一つ。
クローズド・サークル密室トリックダイイング・メッセージアリバイ崩し・・・ミステリーのいろいろな要素を一つに詰め込んだ作品と言えるかもな。

有栖川有栖は新本格の作家に分類される作家だけど、新本格だからと言ってこの小説がガチガチに硬派な謎解き一辺倒かというと否。
高度な謎解きを提示しながらも、そこはとなく「学園もの」っぽい匂いもする(つまり読みやすい)
主人公が大学生って事が寄与してるんだろうな。
これが警察をクビになった酔いどれの私立探偵なんかだったら、この心地よい雰囲気は出ない(当たり前ww)
舞台設定も絶海の孤島という抜群のロケーション。
謎解きとは別に所々で書かれてる島の風景描写もちょっとしたアクセントになってて好感。
第五章と第六章の間には、エラリー・クイーンのように「読者への挑戦」も用意されてる(まぁ、オレは即降参だったけどww)
有栖川有栖のデビュー第二作にして、江神二郎シリーズの第二作となる『孤島パズル』、久々の本格ミステリ―だったけど大いに堪能した。
次はシリーズ中の最高傑作とも言われてる第三作『双頭の悪魔』を読んでみよう。

今度は8年も間を空けない!ww

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

積読って何冊ぐらい有るんです?

マサト
マサト

う~ん、60冊ぐらいか・・・

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

・・・・・・

バイト君
バイト君

kindleにすれば良いじゃないですか
場所も取らないし

マサト
マサト

あれはオレには合わん

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

本は紙で読みたい^^

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

そりゃ、オレだってkindleは持ってるし読む本によっては使ってる。
ハウツー物とか月刊誌だけどww
だけど小説は紙の本で読む方が頭に入ると思ってる。
特に推理小説なんて、あれこれ考えることも多いしww
まぁ、kindleの方が頭に入るって人も居るだろうけど、オレには無理だな。

基本的にネタバレしないで感想を書くのがオレのスタイルだけど、この記事でちょっとでも有栖川有栖に興味を持ったらデビュー作『月光ゲーム』、第二作『孤島パズル』を読んでみることをオススメ。
この2冊はミステリー初心者の人も新本格推理の醍醐味を堪能できると思ってる。

 

~ブクログ~マサトの本棚

マサトの本棚 since 2011/10/14~ (マサト) - ブクログ
マサトさんの本棚:2011年10月14日にブクログを始めました。 雑多な感じですが、だんだんと充実させていきたいです。

 

~関連記事~

【読書】松本清張の描く復讐劇は凄い!社会派推理『霧の旗』を読んでの感想を書いてみる!って話
社会派推理といえば松本清張、数年ぶりに読んでみた。積読の中から掘り出してきたのは『霧の旗』。無実の罪で獄死した兄のために弁護士に復讐する妹...。昭和30年代の小説だけど、現代にも通用する物語の構築はさすが清張。久々の社会派推理を堪能した。
【読書】救いのない物語『イノセント・デイズ』を読んで胸くそが悪くなった!って話
少し前にネットで話題になってた小説『イノセント・デイズ』を読んだ。日本推理作家協会賞を受賞してるしWOWOWでもドラマ化されてるので期待してたんだけど...。いやぁ、胸くその悪い小説だった。登場人物もクソだし、主人公にも感情移入できなかった。
【読書】人はわかりやすいストーリーを聞いて安心する~貫井徳郎『微笑む人』
これは好き嫌いが分かれそうな小説。ミステリーだけど、結末を迎えても何一つ謎が解明されない。エリート銀行員の犯した殺人の動機を探るホワイダニットだけど、謎が謎のままで終わる小説だ。ただ、別にテーマも暗示されてるし、さすが貫井徳郎、一気読みしたぞ。
【読書】折原一の技が冴えまくる『ポストカプセル』~15年前の手紙が届いたら~
15年前に出された手紙が届いたら・・・今回はそんなポストカプセルを題材にした折原一の傑作について書いてみた。15年も経てば手紙を出した方も「手紙を出した事」を忘れてるし、受け取った方も何が何だか分からず困惑。そんな騒動を描いた折原マジック。
あまり知られてないけど面白いミステリーを紹介してみる!って話
あまり有名じゃないけど、なかなか面白いミステリ―をいくつか紹介してみる。定番の「十角館の殺人」やら「葉桜の季節に君を想うということ」以外にも、面白いミステリーはたくさん有るって話。
積読を処理する方法を考えてみた!って話 それとマジック動画。
12月なんでね、部屋の整理をしたんだけど積読がかなり出てきた。この積読、これから全部読むのは気が重い。かと言って放置してても邪魔になる。捨てるのは忍びない・・・。積読の処理について考えてみたって話。それとマジック動画。今回は「ホテル・トリック」を演ってみた。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain