【マサト食堂】オジサンが鶏むね肉でピカタを作ってみた!おまけで鶏皮ポン酢!

マサト家の暗黙のルールだけど・・・

休みの日はオレがメシを作る!

これ、いつから決まったのか定かじゃないけど、気がついた時には暗黙のルールとして存在してた。
オレが作るって言うより「作らされてる」って言い方の方が近いような気もするけどな(泣)
そんなわけで毎週々々、メシを作ってると何だかんだでレパートリーは増えた。
で、今週は何を作ろうかと思案してたところ、いつものように同居人がワガママを言いだした。

同居人
同居人

ね、ね^^

マサト
マサト

ぁんだよ!?

同居人
同居人

今日はピカタが食べたいのだわ^^

マサト
マサト

ピカタ
何だよ、それ・・・

同居人
同居人

アンタ、ピカタも知らんの?

マサト
マサト

・・・・・・

うん、ピカタなんて聞いた事もないぞ。
同居人が愛読してるオレンジページを持ってきた。

同居人
同居人

これだわ!
アンタ、作って!^^

マサト
マサト

・・・・・・

オレンジページってのは毎月2回発行されてる料理本。
うちの同居人、このオレンジページを・・・

見るだけ!ww

毎号買ってるくせに、自分じゃ作らない(涙)
で、同居人のリクエストのピカタって料理だけど、どんなモノかと言うと・・・

ピカタ(イタリア語: piccata ピッカータ)は、イタリア料理に由来する西洋料理のひとつ。バター焼きした子牛肉のレモン汁かけ。
日本では豚肉に食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、粉チーズを混ぜた溶き卵をたっぷりとからませてソテーしたものが「ポークピカタ」として知られている。
アメリカなどではバターやパセリ、ケッパーを使ったレモンソースにレモンスライスを乗せたチキンピカタがよく知られている。 ~wiki~

ってモノらしい。
オレンジページをパラパラと読んでみたけど、これは簡単に出来そう。
使う食材は牛でも豚でも良さそうだし、幸い冷蔵庫には鶏胸肉が有った。

って事で、今回は鶏胸肉のピカタを作ってみた話でも書いてみようか。おまけで鶏皮ポン酢もサクッと作ってみたぞ。



まずは使用する食材の確認。
冷蔵庫から鶏胸肉を取り出してグラムの確認だ。
よし、二人分で350gも有れば大丈夫だろ・・・。

さっそく作業開始だ。
今回はピカタ鶏皮ポン酢を同時進行で作って行こう。
何事も手早く進めるのがマサト式だww

 

最初に皮を剥がすぞ。
最初にこの皮を使って、同居人の酒のつまみに鶏皮ポン酢を作る。

鍋にお湯を沸かしたら、その中へ鶏皮を投入。
5分ほどグツグツと煮込む・・・。

煮込んでる間にボサ~ッとしてる訳にいかない。
なにしろ手早く作るのがマサト式、この間に鶏胸肉を一口大にカットだ。
そこへ塩、コショウを振り振り・・・。

そうこうしてるうちに鶏皮を煮込んで5分経過。
鶏皮を氷水の中へ入れて、きれいに洗おう。
洗ったらしばらく氷水に浸けておくぞ。

鶏胸肉に戻って作業続行だ。
ジップロックに薄力粉を大匙2杯ほど入れたら、そこへ鶏胸肉を入れる。
まんべんなく混ざるように優しく揉み揉みだ。

完全に混ざったところで、冷蔵庫へ入れてしばらく休ませる。
すぐに作るよりも、少し休ませた方が肉が柔らかくなるからな。

 

さっ、鶏皮ポン酢を完成させてしまおうか。
氷水から取り出したら、キッチンペーパーで丁寧に水分を拭きとるぞ。

後は千切りにして小皿に載せたら、刻みネギを振りかけて七味を少々・・・。
そこへポン酢をかければ完成。
正味10分でおつまみの完成だ。

 

~マサト食堂~鶏皮ポン酢~

 

先ほどからビールをグビグビ飲んでる同居人の前に鶏皮ポン酢を置いてやる。
一口、食べた同居人・・・

同居人
同居人

美味しいのだわ!^^

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

これ、居酒屋みたいなのだわ^^

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

居酒屋マサト!

マサト
マサト

・・・・・・

訳の分からん事を言いだした(泣)
まぁ、気に入ってくれたみたいで良かった・・・。
鶏皮ポン酢をつまみに、ビールをゴクゴクプハ~ッと飲んでる同居人の相手をしてるわけにいかない。
ピカタを作らないと・・・。




さっ、作業再開だ。
ジップロックから鶏胸肉を取り出したら、溶き卵を絡めていくぞ。
オレも腹が減ってきたし、チャッチャと作ってメシを食べたいのだ。

あとは簡単だ。
フライパンに油を薄くひいたら並べて焼くだけww
両面がしっかり焼けるように中火で時間をかけて焼き焼き。

きれいに焼き色が付いたところで皿に盛り付けだ。
レモンを絞っても旨そうだけど、今回はケチャップを使ってみたぞ。
って事で、鶏胸肉のピカタの完成だ。

 

~マサト食堂~鶏胸肉のピカタ~

 

さっそく同居人と並んで実食だ。
まずは一切れ、口に入れてみる・・・。

うん、旨いっ!

これ、鶏胸肉が柔らかい。
もしかしてパサパサになるかも、って心配したけど、やっぱり少し休ませたのが正解だった。
塩コショウも絶妙に利いてる。
口に入れた時に、ほんの微かに鼻に抜ける黒コショウの香りが何とも言えない(自画自賛w)

同居人はと言うと、例によって凄い速さで箸を動かしてる(泣)
一口食べてはビールをグビグビ、また一口食べてはビールをグビグビの繰り返し。
なんか思ったんだけど・・・

恐竜みたい!(涙)

オレが3切れ食べる間に残りを全部食べてくれたし・・・。
皿の上に残ってるのはブロッコリーが2切れ(泣)




同居人の下書きチェック

同居人
同居人

これ、気に入ったわ^^

マサト
マサト

まぁ、気に入ってくれて、ありがと・・・

同居人
同居人

鶏肉はヘルシーやから良いのだわ^^

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

今度はレモンをかけて食べてみたいのだわ^^

マサト
マサト

いくらヘルシーでも、お前、食いすぎだろ(泣)
食ってる姿は恐竜みたいやんか・・・

同居人
同居人

恐竜じゃない!(怒)

マサト
マサト

じゃぁ、ジャバ・ザ・ハットか!?

同居人
同居人

・・・・・・

 

~ジャバ・ザ・ハットの参考画像w~

 

今回はレシピ本を見てチャッチャと作ってみたけど、ピカタ鶏皮ポン酢も簡単に出来るし、オレのレパートリーに加える事にしたぞ。
そう言えば牛肉やら豚肉を使うピカタってのも有るらしいんで、今度はそっちを作ってみようか・・・。

オジサンが「ピーマンの肉詰め」を作ってみた!(マサトのレシピ付きww)
無性に「ピーマンの肉詰め」が食べたくなった。なので作ってみたぞ。レシピ本を見ながら作ってみたけど、まぁ、細かい分量はテキトー!ww 男の料理なんでね、細かい事は良いのだ。自分のカンを信じるだけだww で、出来上がったモノを食べてみたんだけど、これが美味い!いやぁ、満足したぞ。って事で、今回は「ピーマンの肉詰め」を作って...
【マサト食堂】懐かしい味!昭和の喫茶店のナポリタンを作ってみた!って話
たまに食べたくなるのがナポリタン。それも懐かしい昭和の喫茶店の味のナポリタンだ。って事で、ソースをいろいろ工夫して作ってみた。あの頃の喫茶店のナポリタンって、ギトギトしてて、食べると口の周りがケチャップだらけになったもんだけど、懐かしい味を再現するべく作ってみた。って事で、今回は昔懐かしい昭和の喫茶店のナポリタンを作ってみた、って話。
【マサト食堂】超簡単ローストビーフ!鍋を使って手軽に作ったぞ!って話
同居人のリクエストに応えてローストビーフを作ってみた。今回は簡単・お手軽に出来る方法で「鍋を使った」ローストビーフ。ダッチオーブンを使わなくても、激ウマのローストビーフが完成した。和風のタレと合わせてローストビーフ丼にしても激ウマ!って話。
【マサト食堂】とろ~りチーズ!激ウマのチーズタッカルビを作ってみた!って話
何年か前に流行ったチーズタッカルビを久々に作ってみた。コチュジャンと唐辛子、そこにとろ~り溶けるチーズを合わせれば激ウマのチーズタッカルビが出来上がる。鶏肉にキャベツ、にんじん、玉ねぎを炒めて、激ウマのタッカルビの完成だ。これから寒い季節、身体が温まる料理!って事で、今回はチーズタッカルビを作ってみた、って話。
さだまさしの『関白宣言』はオレの理想の妻像!って話
買い物に出かけた時に店のBGMで流れてきたのは、さだまさしの「関白宣言」。久々に聴いたけど、やっぱり良いな。さだまさしの曲には「物語」があるからな。この「関白宣言」、よく聴いてみると、オレの理想の妻像じゃないか!ww って事で、今回はさだまさしの「関白宣言」の詩に触れながら、オレの所感を書いてみよう。もちろん、オレの理...

 



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain