【沖縄・石垣島旅行】5日目~石垣島鍾乳洞とユーグレナモール。最終日もギリギリまで満喫!って話

沖縄旅行もとうとう最終日。
帰りの飛行機は15時半の出発予定。という事は、14時半に空港に到着すれば間に合うはず(新石垣空港にはラウンジも無いし、早めに到着しても暇なのだ)。
最終日もギリギリまで沖縄を満喫する作戦だ。

って事で、今回は沖縄旅行の最終日の話を書いてみようか。

 

 

ホテルで朝食を食べた後は早めにチェックアウト。
チェックアウトはするけれど荷物はフロントに預けて目的地に向かう。まさかスーツケースをゴロゴロ引っ張りながらあっちこっち見て歩くわけにいかないからな。空港へ向かう途中にホテルに戻って荷物だけ受け取れば効率が良い。

石垣島には便利なバスのチケットがあって、1,000円で24時間乗り放題。バスに乗る時に運転手さんに言えばその場でチケットを渡してくれるし、なかなかお値打ちで便利なチケット。
さっ、ホテルの前のバス停から乗り込もう。
目的地は・・・

石垣島鍾乳洞!

石垣島っていうと海のイメージが強いし、観光っていうと川平湾とかマリンアクティビティを想像しがちだけど、日本最南端の鍾乳洞が石垣島鍾乳洞。この島に鍾乳洞があるとはオレも旅行直前まで知らなかったww
で、最寄りのバス停を降りて鍾乳洞へ向かうんだけど、これが何気にキツかった。最寄りとは言ってもバス停から鍾乳洞まで30分は歩いたぞ。
11月とはいっても南国・石垣島、むちゃくちゃ天気が良い日で鍾乳洞に到着した時には汗だくだった(泣)

地元では「マリアイザー」又は「マリヤイザー」(「マリア」又は「マリヤ」は所在地の地名。「イザー」は八重山方言で洞窟を意味)として以前から知られていたそうで、1973年(昭和48年)に愛媛大学学術探検部が行った調査によると全長は約3.2kmで、そのうち約660mが公開されているとの事。

鍾乳洞の入り口へ向かうとするか・・・。

超絶青空で南国感満載の風景が広がってる。
鍾乳洞の入り口は何かのアトラクションの入り口みたいでワクワクしてくる。
で、鍾乳洞を見学しての感想だけど・・・

ホントにアトラクションだった!ww

わずか660mと油断してたけど、これがアップダウンの連続(階段)でオレのような中年デブには何気にキツい。
ライトで照らされた鍾乳洞は綺麗だし、なんと言っても驚くのはその広さ。

 

東洋屈指の大鍾乳洞、山口県・秋吉台の秋芳洞も知ってるけど、あちらに匹敵するほどの自然美。
まさに・・・

地底王国!ww

シャコ貝の化石なんかもあって、大昔はここが海底だった事を物語ってる。
なかなかロマンのある場所だったな。

川平湾とかグラスボート、アリンアクティビティに押されて何となく影の薄い石垣島鍾乳洞だけど、一見の価値の場所なのは間違いないな。

 

 

鍾乳洞を出た後は市街地に出てお土産を買う事にしよう。
だけど、またバス停まで歩くのはシンドイ・・・。
そうは言っても駐車場には貸し切りタクシーが2台しか止まってない。お仲間のタクシーを電話で呼んであげるって事になったんだけど、う~ん、近くには居なかった(泣)
その運転手さんに頼み込んで目的地まで連れて行ってもらう事になった(タクシーと契約した客が鍾乳洞を見学してる間に運んでくれる)。
この運転手さん、なかなか商売熱心な人で、

幻の泡盛を3本持ってるんだけど・・・

お客さん、買わない?^^

今なら1本、5千円でいいよ^^

なんて言うww
もちろん丁重にお断りだ。
そりゃタクシーに乗せてもらった事は感謝してるけど、オレは酒飲みじゃないのだ。
旅行にきてるから毎日飲んでるけど、普段は飲まないのがオレだからな。
まっ、正規のタクシー料金は払うんだから問題ないだろww

 

 

目的地に到着した。
日本最南端のアーケード・・・

ユーグレナモール!

どこでお土産を買うのが良いかホテルで訊いたところ、このユーグレナモールを推薦してもらってたので来てみた。
食事、お土産、衣料品、食料品、化粧品・・・いろいろな店が並んでる。
オレの地元の商店街より賑やかじゃないかww
一番元気の良いお姉ちゃんが居たお土産屋に入ってみたぞ。
シーサーの置物星の砂ちんすこうパイナップルさとうきび紅芋タルト、ついでにかりゆしウェアを購入(最強男子は泡盛の飲み比べセットww)
帰りの荷物が増えるのは困るので宅急便で送ってもらうぞ。

さっ、石垣島での予定は終わった。
ホテルに戻ってスーツケースを受け取ったら石垣島での最後の食事にしようか。

 

 

バスに乗って20分、ホテルに到着。
荷物を受け取ったらホテルの前にある沖縄料理屋で昼飯(ここは石垣島の初日の夜に行きたかったけどクルーズの時間で行けなかった)。
やって来たのは、ここ・・・。

©いちばんざぁ

いちばんざぁ!

沖縄最後の日、もちろんオリオンビールと泡盛で乾杯(昼間から飲むww)

 

飲むだけじゃないぞ、ちゃんと沖縄最後の日を締めくくる飯も食べなきゃ・・・。
選んだのは沖縄そばのセット。

沖縄そばといえば豚肉。濃厚な味付けの大きな豚肉と沖縄そば特有の麺の食感が激ウマ(泣)
こちらも沖縄名物、ジューシーだってホォ~ッと声が出るぐらいの旨さだったな。
やっぱり土地のモノはその土地で食べるのが一番美味い。

さぁ、お腹も満腹、そろそろ空港に行く事にしよう。
沖縄旅行もとうとう終わりの時間・・・。

 

 

バスで空港へ行った後はチャッチャと搭乗手続き。
テキトーに土産物屋を覗いてから搭乗。
閉所恐怖症のオレは、今回ももちろん・・・

非常口の傍の席!ww

狭い座席に足を折り曲げて座り続けるのはオレには拷問だからな。
帰りの飛行機も足元ゆったりで快適。

離陸の時間。
ゴォ~ッと滑走した飛行機は石垣島を飛び立った。

もっと遊びたい!

って気持ちしかないww
なんだか寂しい・・・。

新石垣空港(南ぬ島石垣空港)からセントレアへ/ANA 737-700

青空と青い海、飛行機から眺める景色は沖縄最終日を締めくくるのにふさわしく綺麗だった。

 

 

18時過ぎ、無事にセントレアに到着。
どこか空港内で晩飯を食べたら高速船で伊勢湾を横切って地元に戻るとしよう。
ってか、晩飯を食べてる時に思い出したんだけど、一つ忘れものをしてしまった。

これ・・・

旅するスヌーピー!ww

全日空の機内サービスで出される紙コップだけど、スヌーピー大好き人間のオレはこれが欲しかった。最強男子は往路の飛行機で新品をゲットしてたけど、帰りに貰えば良いやと思ってそのまま忘れてた(涙)
飲み終わったカップは捨ててしまったし・・・

無念!ww

 

 

これで沖縄・石垣島旅行のシリーズはひとまず完了。
今回、20数年ぶりに沖縄を訪れたけど、昔と変わってるところ、変わってないところ、いろいろ楽しかった。
本島でのドライブ、美ら海水族館、民謡居酒屋、夜のクルージング、恐怖の体験ダイビング・・・

また行きたい!

てか・・・

来年、また行く!ww

今度はパラセーリングもやりたいぞ(切実ww)

 

【沖縄・石垣島旅行】1日目~数十年ぶりの沖縄へ出発。国際通りの風景が懐かしすぎたぞ!って話
4泊5日で沖縄・石垣島旅行に行ってきた。沖縄を訪れるのは実に20数年ぶり。若手サラリーマン時代に沖縄に赴任してたけど、それ以来の沖縄。まずは1日目。出発から本島到着、ホテル、食事までを書いてみた。昔と変わってない国際通りに超感激したって話。
【沖縄・石垣島旅行】2日目~本島ドライブで美ら海水族館へ。夜は民謡居酒屋で沖縄料理!って話
沖縄旅行2日目。レンタカーを借りて美ら海水族館へ行ってみた。さすが国内屈指の規模を誇るだけあって一日中でも遊べる水族館だった。途中、懐かしいA&Wでハンバーガーとルートビア、嘉手納基地を見晴らす展望台、東南植物園、締めは民謡居酒屋で超満足。
【沖縄・石垣島旅行】3日目~ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの非日常感に悶絶した!って話
沖縄旅行三日目は石垣島に飛んでまずは川平湾を観光。昔と変わらない青い海、青い空に感激。宿泊はANAインターコンチネンタル石垣リゾート。田舎者のオレは腰を抜かしそうになったほどの非日常感に包まれたホテルだった。沖縄旅行もいよいよ佳境に突入!!
【沖縄・石垣島旅行】4日目~恐怖の体験ダイビングと竹富島散歩。絶景に感激!って話
沖縄旅行の4日目は石垣島で体験ダイビングに挑戦。これが予想外に大変だった。もっと簡単なものかと思ってたけど実際にやってみると超大変。途中でリタイアしてしまったw 後半は竹富島でインスタ映えする西桟橋、コンドイビーチを散策。星の砂も探したぞw
ANAの機内サービスで出てくる激ウマなコンソメスープを自宅でも飲んでみる!って話
ANAの飛行機に乗る前から耳にしてたのが「機内サービスのコンソメスープが旨い」って話。実際に飲んでみるとたしかに美味しかったわけだけど、これがANAのお土産屋に売ってた。さっそく買って帰って自宅でも飲んでみた。何杯でも飲めそうなコンソメの話。
沖縄の旧海軍司令部壕を思い出したので書いてみる!って話
終戦記念日って事でいろいろ考えてたんだけど、ふと沖縄にある旧海軍司令部壕のことを思い出した。沖縄に居る時は何度も行ったけど、初めてこの壕を見た時は衝撃だった。狭い坑道の中に司令官室や幕僚室なんかが有るんだけど、手榴弾の爆発した痕跡なんかも残ってて、戦争の事を嫌でも考えさせられる場所だ。沖縄の組織的戦闘は6月には終結してたんで、8月15日は沖縄の終戦記念日じゃないって声も聞くけど、いろいろ思い出したんで少し書いてみた。
【マサト食堂】お手軽簡単!沖縄の郷土料理ヒラヤチーを作ってみた!って話
沖縄の郷土料理「ヒラヤチー」を作ってみた。材料はいたってシンプル、お手軽簡単に作れるヒラヤチーだけど、マサト食堂ならではの工夫も少し・・・。おやつにもなるし、ちょっと小腹が空いた時の食事にもなる。ビールにも合うヒラヤチは、なかなか優等生的な料理なのだ。って事で、今回は沖縄の郷土料理「ヒラヤチー」を作ってみた!って話。
【カメラ】三島由紀夫『潮騒』の舞台となった神島へ行って島内一周。疲れてクタクタになった!って話
三島由紀夫の『潮騒』は過去5回も映画化されてる純愛小説。その小説の舞台となってるのが伊勢湾に浮かぶ人口300人の神島。鳥羽から市営定期船に乗って40分、小説や映画に出てくる聖地巡礼をしてみた。なかなかハードな行程だったけど記憶に残る島内一周。

 

風水立ち シーサー 黄(金運アップ)
クラフトマンハウス(Craftmanhouse)
¥2,388(2020/12/10 13:27時点)

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain