【映画】実話に基づくスパイ映画『ミュンヘン』/007には無い面白さ!って話

大監督だってのは認めるけど、オレはスピルバーグの映画はあまり好きじゃない。
アカデミー作品賞を獲った『シンドラーのリスト』だって、何がそこまで評価されてるのか頭の悪いオレにはよくわからなかった。まぁ、あの系統の映画(ホロコーストを扱った映画)自体、オレが好きじゃないってのもあるんだけど・・・。
ホロコーストを扱った映画って、なんだか「ユダヤ人って可哀そうだろ」「どうだ?泣けるだろ?」って押し売りされてるようで嫌。(戦後、イスラエルがパレスチナの人々に行った行為も五十歩百歩だと思ってるし)

で、先週の終末・・・。
暇潰しにamazonプライム・ビデオを物色してたらスピルバーグの『ミュンヘン』が配信されてた。
好きじゃない監督だけど、レビュー評価をみると概ね高評価が並んでる。
どんな映画なのか少しだけ興味でてきたので、暇つぶしも兼ねて観てみることにした。

って事で、今回は映画『ミュンヘン』を観ての感想を軽く書いてみようか。

 

 

オレが子供の頃、物心がつくかつかない頃に「ミュンヘンオリンピック事件」ってのが有った。
パレスチナの過激派組織「黒い九月」がオリンピックの選手村に侵入、イスラエル人選手を殺害したって事件。この事件の事はおぼろげに覚えてるような気もするし、後に大学で勉強したものと記憶がごちゃ混ぜになってるww
子供の頃にはもちろんイスラエルとパレスチナの対立の事なんかわからないし、ただ「オリンピックで人が殺された」ってぐらいの認識だったんだけど・・・。
で、この映画は何を描いてるかと言うと「イスラエルの報復作戦」を事実に沿う形で描いてる。
イスラエルの諜報機関(モサド)に5人の男が雇われるんだけど、作戦の目的はテロの首謀者11人の暗殺。
一人ずつ暗殺していくわけだけど、なるほどな、さすがスピルバーグ、たしかに面白い作り方をしてる。まぁ、面白いから「好きな監督」って事にはならないけど。

 

暗殺チームのリーダーに指名されたのは、ほとんど諜報活動とは無縁の生活をしてたアヴナー。ここに爆弾製造のロバート、自動車専門のスティーヴ、文書偽造のハンス、現場の清掃係のカールが加わって作戦を遂行。
この映画が妙にリアルに感じられるのは、この5人の素人感
暗殺現場の下見では落ち着きがないし、爆弾を仕掛ければ威力が小さ過ぎたり大きすぎたり・・・。何かコトを起こそうとするたびにアタフタして素人感丸出し。
この辺りは『007シリーズ』『ミッション:インポッシブルシリーズ』に出てくる超スーパーヒーロー的な主人公とは大違い。まぁ、それだけ現実味があるともいえる。
そういうチームも暗殺を重ねるごとに成長していくんだけど、ここに謎のフランス人の情報屋なんかが絡んで物語に厚みを増してる。

 

で、この映画が秀逸なのはパレスチナ人にもちゃんと主張の場面を与えてる点。
情報屋に手配されたアジトで主人公のチームがPLO(パレスチナ解放機構)のメンバーと鉢合わせした場面。民族組織のテロリストを装ってゴタゴタが起きないようにするんだけど、ここでパレスチナ人としての立場イスラエル勢力に母国を奪われてきた境遇を聞かされる。
PLOのメンバーが興奮気味にイスラエルの悪行を話すシーンは、この映画の隠れた名場面かもww
『シンドラーのリスト』ではあからさまに一方に肩入れしてるような感じだけど、この映画ではそれが無いのが好感。

 

アメリカのCIAが作戦の妨害をしたり、ソ連のKGBの諜報員を銃撃したり、アクシデントにも見舞われながら作戦を遂行していくチーム。
そうこうするうちに「黒い九月」も報復に出て、主人公のチームのメンバーが暗殺され・・・。
派手な演出は無いけど、ジリジリするようなサスペンス感は見応えある(なにしろ実話だし)
007のジェームズ・ボンドや『ミッション:インポッシブル』のイーサン・ハントのようなスーパーアクションは無いけど、こちらには「実話の持つ重さ」がある。
もちろん007やイーサン・ハントの映画も面白いけど、同じスパイ映画でも『ミュンヘン』には違った面白さがあるな。
ちなみに、この映画では6代目ジェームズ・ボンドを演じてるダニエル・クレイグがチームの一員として出演してる。まぁ、当たり前だけどこちらの役の方が人間臭いな。

 

パレスチナ問題の参考記事

イスラエル政府の人権侵害政策、アパルトヘイトと迫害の罪に該当

【国際人道支援】封鎖が続くパレスチナ・ガザ地区でただひたすらに支援を続ける日本人

「パレスチナで今起きていることは、世界の縮図です」 “人権野郎”が見たその現状とは

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

政治がらみの映画なんですか?

マサト
マサト

そんな訳ないだろ
普通に商業映画だわ

バイト君
バイト君

スパイ映画?

マサト
マサト

スパイ映画だけど、007とは全然違うぞ

バイト君
バイト君

面白かった?

マサト
マサト

まぁ、面白いわ
実話だし

バイト君
バイト君

ホントに?

マサト
マサト

・・・・・・

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

質問ばっかり!

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

自分で観てみろ!

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

スパイ映画、アクション映画もいろいろ観るけど、うん、この映画は普通に面白い。
007のような派手さはなくても、実話の持つ迫力はある。
まぁ、面白い映画だからといって、スピルバーグを好きになるわけじゃないけどww
てか、この映画のラストシーン、遠目に世界貿易センタービルが映されてる(撮影当時は破壊されて無かったはず)。
CG合成か何かで入れられてるんだろうけど、う~ん、ここに世界貿易センタービルを写し込む意図は何なんだろう・・・。

 

【映画】サスペンスとロマンスの『わが名はキケロ~ナチス最悪のスパイ』/思わぬ掘り出し物に満足!って話
実話を基にしたトルコ製作の映画『わが名はキケロ』をプライム・ビデオで観た。スパイ映画ならではのドキドキ感にロマンスを絡めた作りは秀逸。第二次世界大戦中の中立国トルコを舞台にイギリスとドイツのジリジリするような駆け引き。捻ったラストにも満足。
【映画】007はショーン・コネリーが一番似合う!『ロシアより愛をこめて』はシリーズ屈指の名作!って話
amazonプライム・ビデオで007シリーズの初期作品がズラリと配信されてた。子供の頃にテレビで何度も観た映画だけど、久々に第一作から通して観て思ったのは、やっぱり007はショーン・コネリーが似合う。『ロシアより愛をこめて』は屈指の名作。
【映画】これぞ最強男子!韓国映画『シークレット・ミッション』のイ・ヒョヌにメロメロになった!って話
Amazonプライム・ビデオでお薦めしてた『シークレット・ミッション』を観た。これは掘り出し物!一つの映画に家族愛、友情、忠誠心、アクション・・・いろいろ詰め込まれていて最後には泣かせ所も。この映画で初めて知った俳優だけどイ・ヒョヌは最強だろ。
古いけどお気に入りのSF映画を、一つ紹介してみる!
子供から大人まで楽しめるSF映画の紹介。1966年のアメリカ映画「ミクロの決死圏」だ。哲学的なSF映画も良いけど、たまには、こういう娯楽作品も方の血からが抜けて良いと思うのだ。あの当時としては斬新な発想だし、好きな映画だ。
【映画】派手なアクションもスリルもないのに妙に惹きこまれる『村の秘密』/閉鎖的な村社会のドロドロの人間関係!って話
オーストリア映画『村の秘密』を観た。派手なアクションもないサスペンス映画なのに妙に惹きこまれる映画だった。閉鎖的な村でおきた事件を追ううちに次々に明らかにされるドロドロの人間関係。これは一人の警官の成長物語としても観る事ができそうな佳作。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません