【競馬】2022年のマイルチャンピオンシップを過去のデータとサインから予想してみる!って話

先週のエリザベス女王杯、GⅠでは珍しい2・3着が同着。
まぁ、それは良いとしても⑫人気のライラックが突っ込んでくるとは・・・。
⑪人気のアカイイト(4着)は押さえていただけに、何とも残念な結果だった。
まっ、競馬は毎週のように開催してるし、気を取り直して今週も検討してみようか。
今週は秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップが阪神競馬場で開催。
いつものように過去10年の好走・凡走データと怪しげなサイン馬券であれこれ考えてみる。

って事で、今回は2022年のマイルチャンピオンシップを過去データサイン馬券で検討してみた話。
(記事中の伏せ字部分、モザイク部分は記事の後半)

 

 

予想のスタイルはいつもと同じ、過去10年の好走・凡走データと怪しげなサイン馬券的な見地からあれこれ検討。
まずは過去データから見ていく事にしようか。
拠り所とするのは日本文芸社の「重賞競走データBOOK」に記載されてるものと、JRAの公式サイトに掲載されてるもの。
最初に見ていくのは「重賞競走データBOOK」に記載されているもの。

 

人気と配当
過去10年の①人気馬の成績は【2-2-2-4】で馬券圏内率は6割をキープするものの、わずかに2勝で勝ちきれないことが多い。①人気馬の単勝オッズも7回が3倍以上なので人気が割れるケースが目立ってる。
連対率で①人気をリードするのは②人気の【1-4-0-5】と③人気の【2-4-0-4】
①~③人気のトータルで見ると【5-10-2-13】で、2着馬は全て①~③人気の馬(今年もそうなるとは限らないけどww)
過去10年の連対馬20頭中19頭が①~⑤人気の馬となってる。
これ、当てに行くなら・・・

①~⑤人気のボックスww

まぁ、今年がどうなるかは分からないけど、ちょっと頭にいれておきたい傾向。
馬連の平均配当は1,924円で固めの決着が多い。
ちなみに過去10年では二桁人気の馬は馬券(3着まで)に絡んでいない。

二桁人気は切り捨て!?

でも良さそうな気がしてきた。
今年がどうなるかは知らんけど(くどいww)

 

ステップをみてみる
出走頭数が多いのは富士S組【2-3-2-43】、スワンS組【0-4-2-32】、毎日王冠組【2-1-2-18】だけど、どれも複勝率は地味な数字。
これら3レースの3着以内合計18頭は全て単勝オッズ20倍未満だった馬(って事は20倍以上の馬は切り捨てで良いかも)。
前走GⅠの馬をみると、安田記念組が【1-1-0-4】、天皇賞(秋)組が【2-1-2-7】で力を発揮してる印象。
スプリンターズS組は【2-0-0-6】でピンかパーか極端な成績。今年の該当馬はシュネルマイスター

 

GⅠ組
まずは前走が天皇賞(秋)だった馬だけど、これは前走で1秒0以上離されて負けた馬はオール着外。
着差が0秒9以内だった馬は①③③②①着。この組は前走の着差で取捨選択できそう。
ちなみに天皇賞(秋)の1着馬が参戦したケースは創設以来3回あるけど、その全てが1着だった。
次に安田記念組だけど、前走1着の15年モーリスが1着、前走3着の20年インディチャンプが2着。着外に負けてる馬は前走でも着外だった馬。
また、スプリンターズS組からの1着馬2頭は、どちらもマイル戦のGⅠ勝ちの実績がある馬。今年の該当馬はシュネルマイスター

 

年齢
最多勝利は4歳馬の【4-5-4-24】で複勝率35%。
このうちGⅠ勝ちの実績のあった馬に絞ると【3-3-3-9】で複勝率は50%に上昇。
5歳馬は【3-3-4-52】で複勝率16%、3歳馬は【2-1-2-30】で複勝率14%しかない。
4歳馬の成績の突出ぶりが目立つけど、6歳以上になると【1-1-0-39】で複勝率は5%止まり。

6歳以上を切り捨て!?ww

でも良さそうな気もするけど、14年⑧人気1着ダノンシャークの例もあるので、う~ん、悩む・・・。

 

ダービーの経験
3歳時にダービー出走の経験のあった馬は【4-4-4-33】で無視できない数字。
14年⑨人気3着グランデッツァ、18年⑤人気1着ステルヴィオ、19年⑥人気3着ペルシアンナイト等の人気薄での激走もあるので要警戒。
今年の該当馬はウインカーネリアンサリオスピースオブエイトマテンロウオリオン

 

買いづらい馬
過去10年の牝馬の成績をみると【2-0-1-26】
昨年は単勝オッズ1倍台のグランアレグリアが連覇を達成したけど、他は連対馬が居ない。
春の安田記念と比べても明らかに牝馬が苦戦してる。
18年②人気アエロリットが12着、20年④人気レシステンシアが8着と上位人気のGⅠ実績馬も負けてる。
また、前走で0秒9差以上で負けていた馬は【0-0-0-38】で全滅。
当然、切り捨て候補だけど、今年の該当馬はハッピーアワーベステンダンクホウオウアマゾン
ちなみに前走6着以下の馬も【2-0-0-68】でかなりの苦戦。
該当馬はシュネルマイスターハッピーアワーベステンダンクホウオウアマゾンマテンロウオリオンロータスランド
上位人気確実なシュネルマイスターも前走は9着・・・。

取捨に迷う!ww

 

「重賞競走データBOOK」と睨めっこするのはこれぐらいにして、ここからはJRAの公式サイトに掲載されてる過去データを見ていこうか。

 

 

JRAの公式サイトに掲載されてる過去データにもいくつか気になるものが・・・。
それらをピックアップしてみる。

単勝人気
過去10年、3着以内馬延べ30頭中25頭が5番人気以内の馬10番人気以下の馬が馬券に絡んだことはなく、⑥人気以下で連対したのは14年1着のダノンシャークのみ。

ここは当然、⑩人気以下の馬は切り捨てで検討。

また、前走の単勝人気別成績も調べてみると、過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭が前走で5番人気以内だった馬。3着以内馬のうちマイルCSでの単勝人気が6番人気以下だった5頭も、前走では5番人気以内に推されていた。

ここは前走で⑥人気以下だった馬を切り捨てる方向で検討しようか。
該当するのはエアロロノアハッピーアワーピースオブエイトベステンダンク

 

GⅠでの好走
過去10年、3着以内馬延べ30頭中25頭は、GⅠで3着以内に入ったことがある馬
なかでも同年の安田記念で3着以内に入っていた馬は【4-3-1-9】(複勝率47.1%)と半数近くが好走(こちらの該当馬はシュネルマイスターサリオス
また、前年のマイルチャンピオンシップで3着以内だった馬も【2-4-1-14】(複勝率33.3%)で、2年連続で3着以内に入った馬が延べ7頭もいる(該当馬はシュネルマイスター

GⅠで3着以内の経験がある馬はサリオスシュネルマイスターセリフォスソダシダノンザキッドダノンスコーピオンマテンロウオリオンロータスランド

 

上半期の勝利
15年以降の優勝馬延べ7頭は、いずれも同年の「上半期」に重賞を勝っていた馬
さらに同年の7月から9月に出走していなかった点も共通。
ここは上半期に重賞を勝って、夏場を休養に充てていた馬に要注意。

今年の該当馬は〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
何気に人気の無さそうな馬も該当してるけど、今年もこの中から優勝馬が出るのか、かなり注目してる。

 

その他、過去10年の優勝馬に共通するものを挙げておくと、

過去10年の優勝馬のうち、全てに該当するのは

  • 上り3F◇◇ or 〇〇秒〇以内での勝利経験
  • 1年以内に〇〇で勝利
  • 前走までに〇〇で◇◇以内の実績
  • 前走は▲▲▲
  • 鞍上は※※※の実績

過去10年の優勝馬のうち、9頭に該当するのは

  • 前走〇〇〇
  • 5歳以下

過去10年の優勝馬のうち、8頭に該当するのは

  • 3歳春までに〇〇〇で△△△の経験
  • 〇〇〇で勝利経験
  • 鞍上は関西所属騎手

過去10年の優勝馬のうち、8頭に該当するのは

  • 前走で〇〇〇

今年もこれらの傾向が続くのか、これまでの流れを変えるような馬が激走するのか注目してる。

ここまで過去データをあれこれ見てきたけど、軸になりそうな馬が絞れてきたような、こないような・・・。
ここからは怪しげなサイン馬券的な見地から2022年のマイルチャンピオンシップを検討。

 

 

サインと言えばJRAのCMやポスター、ヘッドライン、その他、世の中で騒がれてるニュースから出ることが多い。
もちろん毎回サインが出るわけもなく、いつ出るかも謎だけどww

まずはCMから見ていこうか。
今年のマイルCSのCMは、こちら・・・。

「HERO IS COMING.」ーマイルチャンピオンシップ篇ー30秒 | JRA公式

先週のエリザベス女王杯からの使い回し。
ナレーションも同じものだけど、ラストのゴールシーンだけは変えてる(いつものパターンww)
今回のゴールシーンは15年の※※※が使われてる。
先週も書いたけど、CMで使われてる過去レースが何気に馬券を示唆してる事もあるので、今回もちょっと調べてみた。
今回のCMで使われてる過去レースの映像は01年の〇〇〇、09年の〇〇〇、10年の〇〇〇、18年の○○〇、ラストは15年のの〇〇〇
これらのレース結果をCMの中に順に並べてみると・・・

何気に◇◇◇の馬の□□□が連動してるような・・・。
今回のマイルCSでも続くと考えるなら、■■■の馬が馬券に絡むような気もするけど、さて、どんな結果になるんだろう。

青い地球をバックにしたCM、なかなか雄大な雰囲気を醸し出してるけど、やたらと大写しになってるのがヨーロッパ。

大写しにするなら日本でも良さそうなものを何でヨーロッパ・・・。
画面の中には地中海とエーゲ海。
こんなもんストレートにこじつければ〇〇〇(馬名の意味は※※※※※※)が浮上しそう。
イタリアとドイツの辺りも写ってるし、〇〇〇〇〇〇も気になって来る。
青い海から〇〇〇〇(馬名の意味は※※※※※)も気になる1頭(気にはなるけど買うかどうかは未定ww)

 

レースごとのCMは使い回しの多用で手抜き感丸出しだけど、近頃のJRAは他の動画には力を入れてる。
マイルCSではこんな動画が公開されてた。

「ウマのそら。」 ―マイルチャンピオンシップ編― | JRA公式

今回も2本立てでボディビルと夫婦喧嘩の動画ww
CMの中で言及されてるのは07年の勝ち馬ダイワメジャー
ストレートに考えればダイワメジャー産駒のセリフォスマテンロウオリオン
またダイワメジャーは06,07年とマイルCSを連覇してるけど、どちらも①人気での勝利。普通に①人気の馬を示唆してるのかも・・・。

 

いよいよサッカーのワールドカップがカタールで開幕するけど、これも何かサインになるかも・・・。
日本代表チームの愛称はSAMURAI BLUEだけど、W杯開催期間はとりあえず4枠に注目かもww
てか、ワールドカップと言えば、こんなニュースも・・・。

W杯初の女性審判に選ばれた日本人 男子の試合でも「難しさはない」

W杯カタール大会で初めて選出された女性審判6人のうちの1人に日本人の女性が選ばれたというもの。
ここからは当たり前だけど牝馬の激走を頭の片隅にでも置いておきたいかな。

 

今年のマイルCSのポスターを見てみようか。
こちら・・・。

©JRA

このポスターを見て気が付くのは、構図が秋華賞、菊花賞のポスターと同じく「走ってない」去年の優勝馬の姿って事。

©JRA

普通に考えると秋華賞・菊花賞では①人気の馬は勝てなかった事が思い浮かぶし、どちらも〇〇〇〇が馬券に絡んでる事も思い出される。
ただ、マイルCSのポスターでは騎手が右手を上げてるのが目につく・・・。
秋華賞・菊花賞と違う結果を示唆するなら〇〇〇の馬の優勝。
もう一つ、今回のポスターは輝くような背景を使ってる(写真用語で玉ボケも写し込んでるし)
ここから連想されるのは〇〇〇(馬名/※※※の意味)、〇〇〇(馬名/※※※の意味)あたり。

 

 

このマイルチャンピオンシップ、13年からは連続して〇〇〇の◆◆ or ■■が馬券になってる(〇〇〇ってのは「※※※※※※」って意味)
ちなみに〇〇〇〇の事を「◇◇◇◇◇」と言ったりするけど、これらは別のスポーツなんかでよく使われる言葉。

今年もこの流れが続くと考えるなら、〇〇〇〇の馬からは目が離せないww

 

16年から続いてるものもあって、※※で〇〇〇だった馬の◆◆が連続で連対中。

今年の出走馬で該当するのは〇〇の1頭のみ。
2022年も馬券を示唆するのかどうか、楽しみにしてる部分ww

 

他にも気になるものがある。
13年からは同年の〇〇〇〇と連動中。
毎年、1頭以上の◆◆◆◆がマイルCSでも馬券になってる。

今年の〇〇〇〇△△△で決着してるので、これまでの流れが続くならマイルCSでは◆◆◆のいずれかが馬券になる(さすがにそろそろ途切れるかもだけどww)

 

連動といえば、こういうものも・・・。
関西で開催される芝〇〇〇のGⅠ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇の4レース。
これらの〇〇〇を見ると・・・

〇〇の▲▲▲が綺麗に連動してる(21年◇◇◇も▲▲▲は◆◆◆だった)
また※※※の◇◇◇も連動中。
そろそろ途切れるかもだけど、これが続くと考えるなら今回のマイルCSは〇〇〇〇■■■の馬に注意だけど、さて、どうなるんだろうか・・・。

 

サイン騎手についても少し触れておこうか。
いくつかのGⅠレースでサイン騎手となってる〇〇
マイルCSでも17年から馬券を示唆していて、〇〇 or 〇〇の△△が連続で馬券に絡んでる。

今年も馬券を示唆するのかどうか、ちょっと注目してる部分(そろそろ外れるかもだけどww)

 

また、14年からから続いてるもので、〇〇に関するものも・・・
〇〇の◆◆◆ or ◇◇◇が※※※の馬が連続で馬券に絡んでる。

今年の出走予定馬で該当するのは〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇だけど、今年も馬券に絡むのかどうか気になってる。

 

何度も書いてるけど、今年のGⅠのキーワードは「〇〇〇〇の※※※」
フェブラリーSから始まった2022年のGⅠ、先週のエリ女までで17回行われてるけど、そのうち12回が「〇〇〇〇の※※※」が馬券に絡んでる。また、3回が「〇〇〇の◇◇◇」が馬券になっていて、馬券に絡まなかったのは17回中3回だけ。

とりあえず今年のマイルCSも〇〇〇の※※※に注意しておこうかな。

 

気になるものをもう一つ・・・。
今年のGⅠは〇〇〇の◆◆◆が長い間連動してた。
スプリンターズS→秋華賞では途切れてしまったけど、菊花賞からはまた連動中。
今回はどんな◆◆◆が3着までに走るのか気になってる。

この連動が今回も続くと考えると、狙い目は※※※の馬。
はたしてどんな結果になるんだろうか・・・。

 

って事で、ここまで過去データと睨めっこしたり、あれこれサイン馬券を検討してきたけれど、ここからは記事中の伏せ字部分やモザイク部分の詳細を備忘録も兼ねて書いていこうか。メーリングリストのご案内も・・・。
(ここからは有料記事となります)

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません