時間が余ったので真っ昼間のハッテン場でマンウォッチングしてみた!って話

今回は実にくだらない日記。
しかも軽く下ネタが入るかもなので、そういうのが嫌いな人はここでUターンねww

仕事の都合で今日は朝から市内をウロチョロ・・・。
学習塾の仕事の方はメインは夜だけど、もう一つの本業(保険代理店)の方で「動かせない予定」が入ってしまって仕方なく朝から出かけた。
朝の10時から出かけるなんて、オレにしては月に一度あるかないかだけど、このクソ暑い時期、なるべくなら外に出たくない。

さっさと用事を済ませて帰ろう・・・

うん、最初はそう思ってた。
で、仕事をチャッチャと終わらせたのが午後の2時。
最初は、まっすぐ帰って学習塾の始まる時間まで寝ようと思った。だから早足で車まで戻ってたんだけど、ふと気が付いてしまった・・・。

ここって、ハッテン場の超近くやんか!

ゲイやらバイやら、まぁ、そういうものに興味ない人にとってはハッテン場なんて聞いても「?」だろうけど、オレみたいな人間にとってはけっこう重要な場所だったりするww
まっ、ハッテン場ってのが何か解らない人はGoogleさんで検索すればすぐに出てくると思うので、このまま日記を書き進めよう。今回は「無料のハッテン場」の話だ。今の世の中、都会に行けば「有料のハッテン場」もあるけど、その話はまた別のブログに書くかな(過激すぎる内容はここじゃ書けないww)

で、仕事を終えたオレだけど、こんな事を思ったわけだ。

せっかくハッテン場の近くに居るんだし・・・

ちょっと寄ってみようか!

って事で、今回の話は真っ昼間のハッテン場で人間観察をしてきた話を書いてみよう。

 

 

ハッテン場なんて言葉を知ってる人は、まぁ、そういう性的嗜好のある人、もしくはそういうものに詳しい人だと思うのでこのまま書き進めるけど、やって来たのは市内有数のハッテン場、某〇〇公園。
地域別のゲイ向け掲示板なんかだと、この公園で待ち合わせしたりお相手を探してる人が無茶苦茶多い。
たとえばこういう掲示板だ・・・

三重ハッテン場掲示板

知らない人にとっては「?」だろうけど、誰専だとかガタイ専だとか「わかる人にはわかる言葉」が乱舞してる掲示板だww
で、この某〇〇公園だけど、市内でも超有名、掲示板では書き込みが途絶えることが無いというほどのハッテン場。
そういう人たちにとっては、ある意味・・・

聖地!ww

ここだけどね・・・。

市内の中心部に広大な敷地を持つ公園だ。
オレは「そういう目的」を持ってハッテン場に行く事は無いけど、ここの公園のベンチとかトイレ前がファーストコンタクトの場所らしい。
平日の午後2時過ぎ、さすがに人もまばらだな。
犬を散歩させてる老人とか、お喋りに夢中のご婦人方がチラホラ居るだけで市内の中心部とは思えない静かさ・・・。

面白くない!ww

深夜になると「その方面」の人たちで賑わうという公園も平日の昼間だとこんなもんなのか・・・。
とりあえずスマホを取り出して掲示板を確認だ。もしかして誰か書き込みしてるかもだしww

有った、有った!ww

暇を持て余してる人が何人か書き込みしてる。〇〇公園で△△△しませんか?だとか◇◇◇させてください、だとか・・・。
これは待ってたら「そういう人」がやって来るかも。
時間は余ってるし、しばらく様子を見てみる事にしたぞ。

 

 

そうと決まれば場所を決めないとアカン。
周りが見渡せる場所が良さそう、って事でおあつらえ向きのベンチを発見。しかもトイレも近い(このトイレが近いってのは、いろいろな意味で大事ww)
ここに座ってマンウォッチングする事にしよう・・・。

5分・・・

10分・・・

周りは犬の散歩の老人しか居ない・・・。
実に静かなもんだ。
てか・・・

退屈!ww

平日の真っ昼間に大の男がこんな所で座ってたらリストラされた冴えないオジサンと思われそう(泣)
帰ろうかと思いながらも「何か良いことが有るかも」の期待もあってなかなか腰が上がらないww
朝から仕事してるし、もう少し休憩していたい気分でもある。
カバンから読みかけの本を取り出して読書する事にしたぞ。

さだまさし!

昼間とはいえハッテン場でさだまさしを読むってのはお洒落だなww
ついでに音楽も聴こう。
スマホにイヤフォンを繋いで尾崎豊を聴く事にした。
本と音楽・・・

これで長期戦にも対応できる!ww

 

 

30分も経ってないと思うけど、何となく視線を感じたのでふと顔を上げてみると・・・
向かいのベンチに30歳ぐらいのサラリーマンが座ってる。外回り中の営業マンって感じだけど、なかなか清潔感のある顔立ちのようだ。これ、ハッキリ見えないんだよなぁ。なにしろ向こうのベンチとの距離は20mはあるww
この距離だと顔の詳しい造作がわからん(泣)
露骨にオレのことを凝視してるし、それぐらい見つめられたら思うでしょ・・・

こっちの人?

清潔感ありそうだし、お話ぐらいしてみたいけど・・・もしかして「こっちの人」じゃないと嫌だしなぁ。
20mの距離を空けてお互いにスマホをイジッたりしてチラチラ観察。

もっと、こっちに来い!

って念じてるのに相手は動く気配ない。
そりゃ、オレの方から近づけば良いんだろうけど、そんな勇気はないww

そうだ!
この子、掲示板に何か書いてるかも!

すぐに確認してみたけど、それらしきモノは見当たらず(涙)
この公園、「食われノンケ」もかなり来るらしいから、もしかしたらそうなのかも・・・。そうなるとお近づきになるのはまず無理だ。
こんな昼間っから「相手の性的嗜好」も解らないまま声をかけるほどオレは大胆じゃない(泣)
何だかんだで20mの距離を空けて15分ぐらい「見つめ合ってた」けど、何も起こらずww
相手の子はどこかへ行ってしまった・・・。

いまにして思うと、外回りの営業マンが休憩してただけかもしれないし、「食われノンケ」がお誘いを待ってたのかもしれないし、これは永遠の謎だww

 

 

掲示板をチェックしてみると、ちょっとの間にいろいろ書き込みが増えてる。
もちろんオレが居る公園に関してもいろいろ書かれてた。

昼間なのにお盛んだな!

と思いつつ、もう少し休憩していくことにしよう。
さっ、読書に戻るぞ。
でね、この小説だけど、なかなか面白くてけっこう集中して読んでたんだけど、急に危険な気配を感じたわけ。
そこには・・・。
(ここから以下は有料記事となります)

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません