【競馬】2021年の菊花賞を過去のデータとサインから予想してみる!って話

GⅠレースに限って競馬の検討記事をブログで公開してるけど、今週はクラシック三冠の最後を飾る菊花賞が阪神競馬場で開催される。
例年、京都で開催されてる菊花賞も今年は京都競馬場の改修のため阪神での開催。
これまでのレース傾向に何か変化があるのかないのか、その辺も含めて過去10年のデータを基に軸になりそうな馬と穴馬を絞り込んでみようか(もちろんサイン馬券もww)
今年の菊花賞は皐月賞馬もダービー馬も出走しないので、メンバー的になんだか小粒感が否めないところだけど、まぁ、GⅠには変わりないんだし、クラシック最後の一冠をどの馬が獲るのかは注目してる。

菊花賞を検討する前に先週の秋華賞の振り返りを少し・・・。
ブログではサイン馬券的な見地からアカイトリノムスメが怪しいって書いたわけだけど見事に優勝。三連単・三連複を同じフォーメーションで買ってたわけだけど、三連複で引っかけて黒字。

三連単の方も的中したかったけど、う~ん、サイン馬券的に福永祐一騎手の方を重視してしまって三連単は並び違いでハズレww
まぁ、秋のGⅠはまだまだ入口、楽しみなレースは続く。

って事で、今回は2021年の菊花賞を過去データサイン馬券で検討してみた話を書いてみよう。

 

 

予想のスタイルはいつも通り。
過去データサイン馬券の二本立て。
日本文芸社発行の「重賞競走データBOOK」に記載のものとJRAの公式サイトに掲載されてるものを過去データの拠り所とする。
サイン馬券の方はJRAのポスター、CM、世の中の出来事、話題のニュースからサインになりそうなものを思案。
さっそく過去10年のデータをみていくことにしようか。
今年は阪神開催なので何か変化があるかも・・・。
まずは「重賞競走データBOOK」に記載されてる過去データをみていこう。

 

人気と配当。
過去10年、1番人気の馬の成績は【6-0-2-2】で複勝率8割、なんと半数以上が1着というハイアベレージ。
これは今年の想定1番人気ステラヴェローチェには嬉しいデータ。
皐月賞馬エフフォーリア、ダービー馬シャフリヤールが出走して来ないのは寂しいかぎりだけど、人気が割れそうで穴党には楽しみなレースになるかもww
2番人気をみてみると【0-3-0-7】でわずかに2着が3回あるのみ。
これなら3番人気の【2-0-2-6】の方がマシww
何気に好走してるのが5番人気で【1-2-1-6】、連対率で3番人気の馬を上回ってる。
二桁人気の馬を見てみると、3着以内に10番人気が2頭、13番人気が1頭入ってるので、まるっきりの本命サイドとも言えなさそう。
過去10年、毎年1~3番人気のいずれかが連対しているせいで、馬連の平均配当は3,089円(万馬券はキセキが勝った17年の1回のみ)
馬連が三桁配当の年も4回あるので、極端な穴狙いは危険かも(今年は阪神なのでどうなるか知らんけどww)
三連単をみると平均配当は88,641円だけど、これは17年の50万円馬券が押し上げてるもの。3万円以下が5回あるので、荒れない事も頭の片隅に入れておきたいところ。

 

ステップをみてみる。
主力は神戸新聞杯組の【8-5-4-49】で、過去10年の連対馬20頭中13頭がこのステップ。
今年のメンバーで神戸新聞杯を使ってるのはステラヴェローチェセファーラジエルモンテディオレッドジェネシス
今年もこの中から連対馬が出るか注目しておきたいところ。
もう一つの主力ステップがセントライト記念組の【1-3-2-46】
神戸新聞杯組に比べると物足りない印象だけど、セントライト記念で3着以下に負けてた馬は本番では【0-1-0-36】なのに対して、1・2着馬なら【1-2-2-10】と成績は跳ね上がる。
ここはセントライト記念の1・2着馬に注意しておこうかな。該当するのはアサマノイタズラ(1着)。
2着だったソーヴァリアントは本番には出てこないので、う~ん、セントライト記念3着のオーソクレースまで入れておくかww
少数精鋭なのが【1-0-0-0】のラジオNIKKEI賞組。18年にフィエールマンが7番人気で菊花賞を勝ってるけど、今年もラジオNIKKEI賞から1頭だけ出走予定になってる。ヴァイスメテオールが出てきたら注意しておきたいところ。
侮れないのが2勝クラス組の【0-1-4-36】で、過去10年に5頭も3着以内に入ってる(昨年もアリストテレスが2着)。
今年のメンバーで2勝クラスから出走してくるのはアリーヴォエアサージュディヴァインラブ、ノースザワールドマカオンドールロードトゥフェイムヴェローチェオロ

 

神戸新聞杯組を掘り下げてみる。
過去10年、神戸新聞杯の1着馬は本番で【5-0-1-1】の好成績(出てくればほとんど馬券になってる)
これは今年の該当馬ステラヴェローチェには心強い数字。
2着馬をみると【1-4-1-4】で、馬券圏内率6割となっていて、こちらも好成績。今年の2着馬レッドジェネシスにも嬉しい数字となってる。
3着馬も【2-1-0-6】とまずまずの数字で、該当馬モンテディオにも期待できそう。
ただし神戸新聞杯で4・5着は【0-0-2-13】で本番での連対が無い。
6着以下になると【0-0-0-28】で全滅。
ここは素直に神戸新聞杯組の1~3着馬を買う方が良さそうな気配(今年は阪神開催だからどうなるか謎だけどww)

 

2勝クラス組を掘り下げてみる。
明暗を分けてるのが前走の距離。
前走が2000m以下は【0-0-0-18】で全滅、それに対して2200m以上だった馬は【0-1-4-18】
中でも2200mだった馬は【0-1-2-2】でハイアベレージ。これに当てはまるのはマカオンドールヴェローチェオロ

 

産駒成績をみてみる。
過去10年の連対馬20頭中18頭をSS系が占めていて、中でもディープインパクト産駒は【4-3-3-26】の好成績。
特に過去5年に絞ると【4-1-2-10】でかなりの成績。
17年13番人気3着ポポカテペトル、18年7番人気1着フィエールマン、19年8番人気2着サトノルークスと人気の有無に関係なく走ってるので注意かも。
今年のメンバーでディープ産駒なのはディープモンスターノースザワールドレッドジェネシス
不本意な成績なのがハーツクライ産駒の【0-1-0-12】
11年2番人気2着のウインバリアシオンを最後に馬券圏内に入った馬は居ない。
他にも3頭の1~3番人気馬が居たけど、掲示板にも入っていない。
ここはハーツクライ産駒はちょっと評価を下げてみたい気がする(今年は阪神開催なので、どうなるかは判らないけどww)
該当するのはグラティアスヴィクティファルス

 

気になる騎手。
過去10年で目立つ成績を残してるのは福永祐一騎手の【2-3-0-5】とルメール騎手の【2-1-1-2】
ともに連対率5割なので今年の騎乗予定馬ディヴァインラブオーソクレースにはちょっと注意を向けておこうかな。
とはいえ今年は阪神開催なのでどうなるか分からないけど(くどいww)

 

さっ、ここからはJRAのサイトに掲載されてる過去データを見ていこうか。
いくつか気になるものをピックアップしてみた。

通算勝利数。
過去10年の菊花賞の出走馬の通算勝利数を調べてみると、5勝以上を挙げていた馬が3頭いて全て優勝、4勝馬は13頭中3頭が優勝している。出走馬の大半を占めている3勝馬と2勝馬は優勝こそ計4回と少ないものの、2着が計9回、3着も計9回となっている。その2・3勝馬の中で注目したいのが、前走がJRA重賞で、そこで2着か3着となっていた馬。これに該当する馬は【4-7-3-20】で複勝率41.2%となっており好走率も高い。注意したいのは、前走で重賞を勝っていた2・3勝馬で、該当した4頭が全て6着以下に敗れている。なお、1勝馬は2着が1回あるだけで苦戦する可能性が高そうだ。

出走予定馬の通算成績をまとめてみようか。

  • 5勝以上~無し
  • 4勝~無し
  • 3勝アリーヴォエアサージュステラヴェローチェディープモンスターレッドジェネシスロードトゥフェイムヴァイスメテオールヴェローチェオロ
  • 2勝アサマノイタズラオーソクレースグラティアスセファーラジエルタイトルホルダー、テーオーロヤルディヴァインラブノースザワールドハギノピリナマカオンドールモンテディオワイドエンペラーワールドリバイバルヴィクティファルス
  • 1勝トーホウバロン

となってる、
この2・3勝馬の中で「前走がJRAの重賞で2着 or 3着」になっていたのはオーソクレースモンテディオレッドジェネシスの3頭のみ。
過去10年の流れが続くなら、「前走重賞を勝っていた2・3勝馬」は今年も苦戦しそうだけど、これに該当するのはアサマノイタズラステラヴェローチェヴァイスメテオール
想定1番人気のステラヴェローチェが該当するけど、う~ん、この馬が飛んでくれれば高配当になりそう。

なんだか楽しみ!ww

今年もこの過去データが続いて欲しいけど、さて、どうなるか・・・。

 

トライアル組。
過去10年は前走が重賞だった馬しか優勝していない。前走条件クラス組はあっても2着か3着で、好走率も低いので馬券の軸には据えづらい。有力なのは前走GⅡ組で、なかでも神戸新聞杯を使われていた馬が【8-5-4-49】と、3着以内馬の半数以上を占めている。ちなみに、2010年以降は神戸新聞杯組が毎年連対中。

ここは流れを重視して前走重賞組から優勝馬が出ると予想(今年はハズレるかもだけどww)
中でも3着以内馬の半数以上を占める神戸新聞杯組を重視。
これに該当するのはステラヴェローチェセファーラジエルモンテディオレッドジェネシス

 

神戸新聞杯組。
最も活躍しているのは神戸新聞杯の最先着馬。表にあるように、過去10年の神戸新聞杯最先着馬の菊花賞成績は【6-1-2-1】で3着内率90.0%。

なるほど確かに錚々たる名馬が並んでるな。
今年の神戸新聞杯最先着馬はステラヴェローチェ
ここで問題になるのが最初の過去データにある「前走で重賞を勝っていた2・3勝馬は本番で全て6着以下」というもの。
ステラヴェローチェはここまで3勝の馬。
この馬は激走するのか、それとも凡走か・・・

気になり過ぎる!ww

この馬の取捨が馬券を組み立てる上でのポイントになるかもしれない。

 

連勝経験。
過去10年の優勝馬のうち菊花賞までに6着以下に敗れた経験があったのは3頭だけで、うち2頭はその経験が1回だけしかなかった。特にここ5年は6着以下に敗れた経験のない馬が連勝中。また、過去10年の優勝馬のうち9頭には連勝経験があった。連勝経験がなかったのは19年のワールドプレミアだけど、同馬はデビューから一度も4着以下に敗れたことがなかった。ここまでの傾向を踏まえると、大敗経験がなく連勝経験のある馬が1着候補になるかも・・・。

まずは6着以下の経験が有る馬の評価を少し下げてみたい。
該当するのはアサマノイタズラアリーヴォグラティアスセファーラジエルタイトルホルダーテーオーロイヤルディヴァインラブディープモンスタートーホウバロンノースザワールドハギノピリナマカオンドールモンテディオレッドジェネシスロードトゥフェイムワイドエンペラーワールドリバイバルヴィクティファルスヴェローチェオロ

多いな!ww

何気に6着以下に敗けた経験のある馬が多くて驚き。
これをクリアしてるのは、わずかにエアサージュオーソクレースステラヴェローチェヴァイスメテオールの4頭のみ。
次に連勝経験の有無を見てみると、経験があるのはアリーヴォエアサージュオーソクレースグラティアスステラヴェローチェディヴァインラブディープモンスター、ハギノピリナレッドジェネシスロードトゥフェイム

過去データとあれこれ睨めっこしてみたけど、軸になりそうな馬、穴馬だけど激走するかもしれない馬が絞れてきたような、来ないような・・・。
ここからは怪しげなサイン馬券的な見地からあれこれ考えていく事にしようか。

 

 

さっ、ここからは怪しげなサイン馬券であれこれ検討してみる。
JRAのポスターやCM、話題になってる世の中のニュースからサインを探ってみたい。
まぁ、サインなんてのは毎回出るとも限らないし、いつ出るかも謎・・・。
まずは2021年の菊花賞のポスターを確認してみる。
これ・・・。

©JRA

このポスターだけど、

黄色一色!ww

この手のポスターの時にはその色の枠とか関係する馬名の馬が激走するのでちょっと気にかけておきたい。
例えば2019年の桜花賞。この時はピンク一色のデザインだったけど、8枠(ピンク枠)に入った7番人気シゲル「ピンク」ダイヤが2着に激走。
詳細は、こちらの記事・・・

【競馬】枠順確定~桜花賞(2019)を過去のデータとサインから予想してみる!

今回もこのパターンが出るとなると5枠(黄色)が気になる。
てか、このパターンのポスター、去年の菊花賞とかなり似てる。
去年のポスターは、こちら・・・。

©JRA

今年と同じく黄色全開でモデルも高畑充希さん・・・。
去年の菊花賞では5枠(黄色)の2頭、アリストテレスが2着、サトノフラッグが3着に入線。

今年も5枠か!?ww

黄色に関係しそうな馬名を探してみたけど、う~ん、出走予定馬の中には見当たらないな・・・。
今年も5枠が走るのかどうか、ちょっと気になるww

で、今年のポスターに書かれてる言葉に注目してみると、

花は、

強さの、

もとに咲く。

花って書かれてるから花に関係しそうな馬名はというとあの馬だけど、これはサインとしてはちょっと弱い気がする。
それよりも「強さ」って言葉から浮かんでくるあの馬の方が上位に突っ込んできそう。「もとに咲く」って言葉を深読みすると、その馬よりも「同枠の馬」の激走かもしれないし、これは当日のお楽しみにしておこう(考えても分からないしww)

 

次はJRAのCMを確認してみる。
舞台背景はスプリンターズS、秋華賞と同じだけど中身は別物。
今回のCMは「#62 夏超えて」と名付けられてる。

出演者の会話を抜き出してみると・・・

空が高いね~

秋だね~

天高く馬肥ゆる秋って・・・

秋になってガラッと変わってる馬いるよね

秋って・・・
どんな夏を過ごしたかによるよね

あ~、たしかに・・・

私、何かと大変な夏でした

夏競馬で鍛えて来た馬・・・

私はゆっくりしてたなぁ

しっかり休んだ馬・・・

どっちもあるよね

夏は私をどう変えたのか

始まるよ~

何話してたの?

秋の話・・・

俺たちも・・・

お馴染みの4人がレース前にそれぞれの想いを喋ってる。
このCMでちょっと気になるのは、会話の途中で挿入されるテロップ。
葵わかなさんのセリフ「天高く馬肥ゆる秋って・・・」に被さるように表示されるのが・・・

CMの途中でこんなテロップが挿入されるのは珍しい。
何かしらサイン的なものが有るかも・・・。
まぁ、「天」って文字が含まれてるんで、来週の天皇賞(秋)のサインかもしれないけど、う~ん、ちょっと気になる。
「高く」って言葉が若干引っかかるんだけど、これがサインなら浮上するのは馬名の意味からあの馬。人気にはなりにくそうだし、激走すれば波乱は確実なので穴党には嬉しいけどww
CMの最後に表示されるテロップは、

夏を超えて、強くなる。

ストレートに考えれば春の実績馬よりも夏の上がり馬を暗示してるような。
となるとラジオNIKKEI賞とか2勝クラスから参戦してくる馬が浮上か・・・。
このCMで多用されてる言葉に注目すると「夏」「秋」
何度も夏、秋って言ってるけど、こういう時もちょっと注意。スプリンターズSの時は「1分」って言葉をやたら言ってたけど、1枠1番の10番人気シヴァージが3着に入線、福永祐「一」騎乗のピクシーナイトが優勝。
「夏」「秋」から連想されそうな馬は見当たらないし、う~ん、調教師にも居ないな・・・。
まさかとは思うけど昨年の天皇賞(秋)から何か繋がりがあるかもしれない。そうすると、やっぱりあの馬が浮上してくるんだけど、どうだろうか・・・。

 

その他、世の中のニュースからあれこれサインになりそうなものを考えてみた。
菊花賞当日、何が騒がれてるかを今の段階で予想するのは難しいけど、確実にニュースになってそうなのは衆議院選挙。
今回の選挙で話題になってるのが戦後最短って言葉。

解散から投開票まで17日 戦後最短の衆議院選挙

最短って事は、解散から投開票日までが早いって事だけど、そこら辺を気にかけるならあの馬が浮上(なにしろ馬名に「速い」が入ってるし)。
まぁ、選挙関連がサインになるのは投開票日に開催の天皇賞(秋)の方が可能性はありそう・・・。

 

今年の菊花賞は阪神競馬場で行われる事は書いたけど、82回目を迎える菊花賞、これまでにも阪神競馬場で開催された事が一度だけあった。前回は第40回(1979年)だけど、約40年ぶりに阪神での開催、何か関連したドラマが有るかもしれない。
この時の優勝賞馬はハシハーミット(鞍上は河内洋)。
この勝利が河内洋のGⅠ2勝目(同年のオークスが初勝利)。
この辺りを勘案すると、今年の菊花賞もGⅠ初勝利とか2勝目の若手騎手が激走するかもww
それよりも気になるのは、この第40回の時は優勝馬ハシハーミットと2着馬ハシクランツの馬主・調教師は共に同一で、珍しいケースとなった点。
今年も同じような馬が・・・。どちらも同じ馬主で同じ調教師(つまり2頭出し)

2頭マルチで買おうかなww

まっ、この2頭を含めて出走馬がどんなレースをするのか楽しみではある。
どの馬も無事に3000mを走り切って欲しいと思ってるぞ。

 

って事で、結論・・・。
過去のデータと睨めっこしたり、怪しげなサイン馬券をあれこれ考えてみたけど、2021年の菊花賞、どんな結果になるんだろうか・・・。
今回の菊花賞、競馬の神様がどんな演出をするのか興味深い。
個人的にはあの馬の激走も見てみたいし、穴党でもあるので大波乱を見てみたい気もするww
サイン馬券なんてのはオカルト丸出しで、真面目に競馬を研究してる人から見れば胡散臭さの極致だろうけど、うん、オレにとって競馬なんてのは頭の体操でしかないからな。

ちょっと面倒くさいクイズ!

みたいなもんww
2021年、菊花賞はこんな印を打ってみた。

過去データからピックアップした馬を3頭、サイン馬券的な見地から気になる馬を2頭。
馬券の組み立てはオッズと相談して決定。
てか、訊かれた事があるんだけど、オレは毎回馬券を買ってるわけじゃない。
オッズを見て美味しくなさそうな時、考えすぎて頭が混乱した時は買わない(頭の体操で遊んでるのに、毎週々々、馬券を買ってたら頭の体操じゃなくなる)。
今回の印も黒塗りだらけだけど、ブログで事前に印を公開する事は中止。
以前はTwitterで印を公開してたけど、不特定多数に公開する事は止めてしまった(メーリングリストでは公開中)
オレは頭の体操過去データと睨めっこしたり、サイン馬券を考えてるだけ。
オレの印を見て本気にされても困るww
2~3年前なんか、ハズれるとネチネチと文句を言う人も居たからな(そのくせ当たった時には誰一人、何も言って来ないww
そういうのをいちいち相手にしてられない。
もう、メーリングリストだけで充分だろww
オレは馬券師でもないし、予想を売りまくって儲けようなんて事も思ってない(そもそも予想を人様に売るほど自信が有るなら、自分で馬券を買えば良いと思ってる)。
オレにとって競馬ってのは・・・

ただの頭の体操!

いつも書いてるけど、オレにとって競馬はただの頭の体操でしかない。
人生を賭けてます、って雰囲気丸出しで競馬場・競艇場・競輪場で馬券・舟券・車券を握りしめてる人も居るけど・・・

他人が走るものに自分の人生を賭けてどうする!?

って思ってるww

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

今年は皐月賞馬もダービー馬も出ないんですか?

マサト
マサト

いろいろ事情が有るんだろ

バイト君
バイト君

盛り上がりますかね?

マサト
マサト

GⅠだからな、それなりに盛り上がるだろうけど

バイト君
バイト君

けど?

マサト
マサト

スターホース不在だとJRAも売り上げがどうなるかww

バイト君
バイト君

JRAの売り上げの心配より、馬券を当てる事を考えましょうよww

マサト
マサト

・・・・・・

 

たしかにオレがJRAの売り上げを心配しても仕方ないww
そりゃアーモンドアイみたいなスターホースが誕生すれば売り上げも伸びるだろうけど、オレとしてはそんな事よりも自分の馬券が大事。
毎年の目標にしてる「年間収支でプラス」、有馬記念まで過去データサイン馬券頭の体操を続けようか・・・。

 

【競馬】win5を当てたいので、何通り買えば効率的か考えて愕然とした!って話
毎週のように買ってる競馬だけど、この前win5で過去最高の払戻金を更新。なんと4億7千万円の払い戻し。100円が4億円超に化けるとは、なんとも魅力的な世界ではある。このwin5を効率よく買うには、何通りの買い方をすれば良いのかを考えてみた。
【競馬】2021年のダービーを過去のデータとサインから予想してみる!って話
今週はいよいよ競馬の祭典ダービー。昨年に続いて無敗のダービー馬が誕生するかどうかが注目だけど、過去10年の好走・凡走データと怪しげなサイン馬券で軸になりそうな馬を絞り込んでみる。人気馬に死角は有るのか無いのか、人気薄で激走しそうな馬を検討。
【競馬】2021年の皐月賞を過去のデータとサインから予想してみる!って話
過去10年で1番人気の馬は馬券圏内率が6割。10回に4回は3着にも入ってない計算。今年の皐月賞は混戦模様だけどはたして1番人気の馬が勝つのか穴馬の激走があるのか。過去のデータと怪しげなサイン馬券であれこれ考えてみた。恒例の頭の体操...。
【競馬】2021年のスプリンターズSを過去のデータとサインから予想してみる!って話
今週のスプリンターズSから秋のGⅠが開幕。今年はコロナ禍、緊急事態宣言、東京オリンピックとサイン馬券になりそうなものが山盛り。いつものように過去10年のデータと怪しげなサイン馬券的な思考で2021年のスプリンターズSを検討。浮上する馬は!?
【競馬】日本ダービー(2018)をサイン馬券で考えてみる!って話
競馬の祭典、日本ダービーをサイン馬券で考えてみた。競馬は専門家でもないし、メインで遊んでるのは競艇の方だけど、やっぱりダービーは特別だからな。オレも予想してみた。オレが血統やら何だかんだと解るわけもないし、出来る事はサインを読むことぐらいww って訳で予想してみたけど、当たる自信?そんなもん有るわけない!ww まぁ、競...
【競馬】春のGⅠシーズン・・・win5を当てたいぞ!って話
春のGⅠシーズン真っ盛りだけど、オレもチマチマと馬券を買ってる。たまにしか当たらないし、ここらで一撃必殺で逆転したいところ・・・。で、買い始めたのがwin5だ。JRAが指定する5レースの1着馬を当てるものだ。これ、簡単に当たるんじゃないかと思ってたけど、これが大間違いだった。全然、当たらないww てか、カスリもしない(...

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain