【ご当地カレー】運送会社のまかない料理から誕生した「かわつらカレー」が美味しすぎる!って話

日本には3,000を超える種類のご当地カレー(レトルトカレー)が有るそうで、今ではレトルトカレーの専門店もあるとか・・・。
このブログではこれまでにも無印良品のレトルトカレーだとか、いくつかのご当地カレーを食べてみての感想を書いてるけど、この前、またまたちょっと珍しいカレーを頂いた。
なんでも「運送会社が作ったカレー」だとか・・・。

って事で、今回は秋田県湯沢市の「かわつらカレー」の話を軽く書いてみようか。

 

 

カレーは自分でも作るし、レトルトカレーをあれこれ食べ比べるのも好きだけど、こうしてブログに書いてるとたまに珍しいカレーを頂く事も増えてきた。
で、今回の「かわつらカレー」、贈ってくれた方の話によると「運送会社が作ったカレー」とのこと。
最初はよく意味が解らなかったぞww

運送会社?

なんで運送会社がカレー?

よくよく話を聞いてみると秋田県の川連運送という会社では「長距離ドラオバーのためにまかない料理を提供しているそうで、まかない料理の中でも人気のカレーをレトルトカレーにして売り出した」ものだとか・・・。
地元(秋田県湯沢)の食材をふんだんに使ってるそうで、その美味しさでかなりの人気らしい。
そんな話を聞くと食べたくなるのがオレ。
さっそく頂いた日に食べてみた。

 

まずはレトルトのパッケージを確認・・・。
ご当地カレーもいろいろ食べたけど、なるほど、他のご当地カレーとはちょっと趣の異なるデザイン。

何が目立つかって、パッケージに描かれたトラック
さすが運送会社、レトルトカレーのパッケージにトラックを描いてるのは珍しい(ここだけじゃないか?)
このトラックのおかげでこのレトルトカレー・・・

ワイルド感!

がっつり食べたい派のオレの食欲を大いに刺激してくれる。
上部には・・・

秋田県湯沢市産の駒形リンゴ

ネギを贅沢に使った

トラックドライバーの「まかない料理」から

生まれたカレーです。

と書かれてる。
これ、かなり期待できそうな気がする。
下部には・・・

生鮮品輸送の

プロフェッショナル

川連運送

の文字。
うん、パッケージは文句なしにカッコイイな。
味の方もカッコイイのかどうか、さっそく試食・・・。

 

普通にレトルトカレーなので、もちろん普通に湯煎。
熱湯の中で7~8分ほど湯煎したら、ご飯の上にドバドバと投下。
さすが200gの内容量、けっこうなボリューム感。

いつものように同居人と並んで実食。
まずは一口・・・

旨いっ!

これ、一口で旨さを実感。
おかしなレトルトカレーだと味に個性をだすためか妙にトゲトゲしたものも有るけど、こちらのカレーは実にマイルド。
何が良いかって・・・

マイルドなのに辛い!ww

しっかりとカレーの辛さを残しつつ、舌触りはマイルド。
これは駒形リンゴの効果かも(知らんけどww)
秋田県産の豚肉もしっかりと姿を見せてるし、これは好感だな。
ものによっては〇〇使用なんて書かれてるくせに、姿が見えないものも有るしww
まかない料理って事だったので、正直、最初はそんなに期待してなかったけど、この旨さは相当なもんだ。
これほどのカレーをまかない料理で出すとは・・・

川連運送、恐るべし!ww

 

このカレーの事は全然知らなかったんだけど、地元のメディアでは大きく取り上げられた事もあるようでレトルトカレー界ではけっこう知られてる存在らしい。
いつだったか1個3,000円もする某レトルトカレーを食べたけど、あれよりも遥かに旨い(あのカレーは相当なボッタクリだと思ってる)
ちなみに川連運送ではオンラインショップも開設していて、カレー以外にも「男のホルモン」だとか「山の恵み」等々、いろいろ注文できるようになってる(さっそく注文済みww)

 

 

同居人の下書きチェック

同居人
同居人

これ、1番好きかも^^

マサト
マサト

今までいろいろ食べたやろ
その中で1番?

同居人
同居人

好みなのだわ^^

マサト
マサト

無印のキーマカレーよりも、三田屋よりも五島軒よりも好みなのか?

同居人
同居人

迷うけど、このカレーは捨てがたいわ^^

マサト
マサト

例の3千円のカレーと比べるとどうだ?ww

同居人
同居人

あんなのと比べたら失礼なのだわ!

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

値段は3千円だけど、私なら200円でも買わないわ^^

マサト
マサト

・・・・・・

 

まぁ、レトルトカレーはいろいろ売られてるし、それぞれ個性があって面白いな。
これまでいろいろ食べてるけど、値段が高いから美味しいとは限らない、って事は常識。
今回の「かわつらカレー」、このお値段でこの味なら文句のつけようがないと思ってる。

 

懐かしい昭和のカレー/オリエンタルマースカレーを食べてみた!って話
子供の頃によく見かけてたマースカレーを数十年ぶりに食べてみた。レトルトとはいえ昭和のカレーを堪能。香り、色、味...すべてが昭和レトロを感じさせる優しいカレーだった。カレーというよりも、子供の頃の呼び方「ライスカレー」が似合う昭和の味が旨い。
旨すぎるレトルトカレー/三田屋総本家の黒毛和牛ビーフカレーに大満足!って話
兵庫県三田市のこだわりのお肉屋さん「三田屋総本家」のレトルトカレーの詰め合わせを頂いた。さっそく黒毛和牛のビーフカレーを食べてみた。これ、誰にでも合いそうな王道のカレー。万人ウケする王道のルウ、それを支える具材が旨い。大満足のギフトって話。
【ご当地カレー】函館 五島軒の『函館カレー』は優しい味!北の文明開化を食す!って話
全国に3,000種類もあるという「ご当地カレー」だけど、またまた美味しいカレーを見つけた。今回は函館の老舗レストラン五島軒が出してる『函館カレー』。明治12年創業の老舗中の老舗が自社工場で製造してるレトルトカレーの味は優しい味で郷愁を感じる。
レトルト食品が美味い!「三重大学カレー」の話
最近はレトルト食品でも、かなり美味しいモノが増えてきた。今回は、大学ブランドのレトルトカレーの話。三重大学カレーだ。出汁が効いてて和のテイストなのに、ちゃんとスパイシーで美味い。なかなかの味だな。他にも三重大学欧風ジビエカレーや純米大吟醸梅酒 三重大學の話。
【マサト食堂】大人のカレー!市販のルウで激ウマのカレーを作る!って話
ブート・ジョロキアを100%使用してるカレールウを見つけたので、大人の味にこだわったカレーを作ってみた。リンゴ、はちみつ、板チョコ、コーヒー・・・いろいろと使って大人に味に仕上げてみた。市販のルウでも充分に美味しいカレーの出来上がりだ。
3,000円のレトルトカレー、誰が買うんだろ!?・・・
日本で売られているレトルトカレーの種類は3,000種を超えるといわれているそうだ。 そのレトルトカレー、最近は…

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません