【競馬】2022年のジャパンカップを過去のデータとサインから予想してみる!って話

(11/27追記)
先ほど、2022年のジャパンカップが終わったところ。
で、気になる結果はというと・・・

普通に的中ww
過去データサイン馬券的な見地からシャフリヤールを軸にして正解。
今年の残りのGⅠもこの調子でプラス収支を維持していきたいところ・・・。

 

(以下、検討記事)
で、今週は東京競馬場でジャパンカップが開催。
誰かが言ってたけど、このレース、賞金だけは高い田舎レースww
まぁ、田舎レースだろうが何だろうがGⅠだけは検討記事をブログで公開してるので、今週もあれこれと考えてみた。
予想のスタイルは何年も前から変わらず、過去10年の好走・凡走データと怪しげなサイン馬券

って事で、今回は2022年のジャパンカップを検討してみた話。
(記事中の伏せ字部分・モザイク部分は記事の後半)

 

 

まずは過去のデータから見ていく事にしようか。
拠り所とするのは日本文芸社の「重賞競走データBOOK」に記載されてるものと、JRAの公式サイトに掲載されているもの。
最初に見ていくのは「重賞競走データBOOK」に記載されているもの。

 

人気と配当
過去10年の人気別成績をまとめると、①人気の馬は【5-1-2-2】で馬券圏内率8割、かなり優秀な成績となってる。
当日の単勝オッズが2.9倍未満だった時は【3-1-2-0】となって馬券圏内率100%。
また、過去10年の優勝馬は全て①~⑤人気から出ており、連対馬20頭中18頭も①~⑤人気の馬、3着まで広げても馬券に絡んだ30頭中25頭が①~⑤人気の馬

この流れが今年も続くなら・・・

①~⑤人気のボックスで当たる!ww

まぁ、そんな買い方だと当たってもトリガミになりそうだけど。
馬連の平均配当は1,662円、三連単の平均配当は45,110円
ちなみに過去10年で二桁人気の馬が馬券に絡んだのは、13年⑪人気3着のトーセンジョーダンのみなので、二桁人気馬は切り捨てる方向で良いかも(今年がどうなるかは知らんけどww)

 

ステップを見てみる
過去10年で優勝馬を出してるのは天皇賞(秋)、京都大賞典、秋華賞の三つのレース。
中でも天皇賞(秋)組の成績は顕著で、3着以内30頭中、半数の15頭が前走で天皇賞(秋)を走ってた馬
昨年の優勝馬コントレイルも天皇賞(秋)2着からの参戦。天皇賞(秋)組が1頭も馬券に絡まなかったのは16年の1回だけなので、ここは入れておいた方が良いかも・・・。
目を引くのは18~19年に連続で連対馬を出してる【2-1-1-3】の秋華賞組。
負担重量の有利さが表れているのか菊花賞組の【0-1-0-4】と比べても差は歴然。
ちなみに同舞台で行われるオークスの勝ち馬のジャパンカップでの成績をみると、⑫⑯①⑧⑦①③⑥着となっていて、三冠牝馬以外は全て掲示板外。どうもオークスの実績はアテにしづらい気がする。

 

年齢
秋華賞をステップにした3歳牝馬が2勝、他では4歳馬が5勝、5歳馬が3勝。
それ以上となると11~20年の過去データを見ても6歳馬【0-0-0-25】、7歳馬【0-0-2-11】、8歳馬【0-0-0-8】と大不振。
連対という観点からは6歳以上の馬は消しの対象にしてみたい(今年あたり大駆けがあるかもだけどww)

 

天皇賞の勝ち馬
人気薄で何気に好走してるのが実績馬。
11年⑭人気3着ジャガーメイルは前年の天皇賞(春)の勝ち馬。
また13年⑪人気3着のトーセンジョーダンは11年の天皇賞(秋)の勝ち馬。
前走の天皇賞(秋)を勝ってるのに⑥人気と低評価だったスピルバーグも3着に食い込んでる。
天皇賞の勝ち馬が出てきたら、とりあえず買い目に入れても良いかも。

 

関東所属の騎手
11~20年の成績をみると関東所属騎手の成績は【0-1-1-45】でほとんど壊滅状態。
昨年も関西所属騎手が1~3着を独占。
唯一の連対は19年カレンブーケドールの2着。
ちなみに関東所属騎手が勝ったのは98年の蛯名正義騎手(エルコンドルパサー)まで遡らないと無い。
ここは思い切って関東所属騎手の馬を切り捨てる手もあるかもww

 

 

ここからはJRAの公式サイトに掲載されてる過去データからいくつか気になるものをピックアップしてみようか。

日本馬
過去10年の3着以内馬延べ30頭は、いずれも日本馬。海外調教馬で3着以内に入ったのは、2006年3着のウィジャボードが最後。

この流れを重視するなら、今年も外国馬は自動的に切り捨て。
とは言うものの、そろそろ馬券に絡むような気もするし迷うww

 

東京・京都のGⅠ
過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、「東京・京都競馬場で出走頭数が17頭以上だったGⅠ」において3着以内に入った経験がある馬

今年のメンバーでこの経験があるのはシャフリヤールデアリングタクトユーバーレーベンヴェルトライゼンデ
迷ったらこの4頭のボックスでも良いかもww

 

近走の成績
過去10年の3着以内馬延べ30頭中29頭は、「同年4月以降に行われたJRAのGⅠ・GⅡ」において4着以内に入った経験がある馬。

この経験があるのはダノンベルーガテーオーロイヤルデアリングタクトハーツイストワールボッケリーニヴェラアズール

また、過去5年の3着以内馬延べ15頭中14頭は、「同年4月以降に行われた出走頭数が12頭以上のJRAのGⅠ・GⅡ」において3着以内に入った経験がある馬。

ここに該当するのはダノンベルーガテーオーロイヤルデアリングタクトハーツイストワールボッケリーニヴェラアズール

 

これまでの傾向
過去6年の優勝馬延べ6頭は、いずれも年齢が5歳以下、かつ「東京・京都競馬場で行われた出走頭数が17頭以上のGⅠ」における最高着順が2着以内「同年4月以降に行われた出走頭数が12頭以上のJRAのGⅠ・GⅡ」における最高着順が3着以内馬番が1番から5番だった馬。

今年のメンバーでこれらの条件(馬番以外)をクリアするのは〇〇〇〇だけだった。

 

その他、過去10年の優勝馬に共通するものを挙げておくと、

過去10年の優勝馬のうち、全てに該当するのは

  • 前走が同年秋の「〇〇〇で◆◆」or「△△△で□□」
  • 〇〇〇のGⅠに出走経験
  • 前年の〇〇〇 or ※※※で3着以内の実績
  • 前走で〇〇〇
  • 当日〇〇〇

過去10年の優勝馬のうち、9頭に該当するのは

  • JC出走時点で〇〇〇の馬

過去10年の優勝馬のうち、8頭に該当するのは

  • 父は◆◆◆の□□□
  • 〇〇〇で勝利経験
  • 複数の競馬場で〇〇〇を記録して◇◇◇
  • 前走の上がり3Fが33秒9以内 or 3位以内

となってる。

ここまで過去データをあれこれ見てきたけど、軸になりそうな馬が絞れてきたような、こないような・・・。
次はサイン馬券的な見地から2022年のジャパンカップを考えてみようか。

 

 

さっ、ここからは怪しげなサイン馬券的な見地から2022年のジャパンカップをあれこれ検討してみようか。

サインといえばJRAのポスターやCM、ヘッドライン、その他、世の中で騒がれてるニュースから出ることが多い。
もちろん毎回サインが出るわけもなく、いつ出るかも謎なんだけどww

まずは2022年のジャパンカップのCMを確認。
こちら・・・。

案の定というか予想通りというか、エリ女、マイルCSからの使い回し。
ナレーションも同じだし、途中で使われてるレース映像もラストを除いて同じものが使われてる。

遥か海を超え
まだ見ぬつわもの達がやって来る
迎え撃つのは
日本の精鋭たち
時に世界の強さに脱帽し
時に世界をねじ伏せる雄姿に
胸熱くする
未知なる闘いを
楽しもう
HERO IS COMING.
ジャパンカップ

毎回、同じナレーションなので、う~ん、ここでは特に閃かないな・・・。
で、今回のCMのラストで使われてるのは〇〇年の〇〇〇のゴールシーン。
で、CMで使われてる各レースをCMの中の順番通りに並べてみると・・・

◎◎◎の△△△のいずれかが綺麗に連動してる。
またCMラストのゴールシーン(◎◎年の〇〇〇)は1着が〇〇〇〇〇。もしかして◆◆◆が馬券に絡む事の示唆かも・・・。
ついでに書くと、この年は※※※が全て□□□だった。当然だけど□□□にもちょっと警戒しておこうかな。

 

CM以外の動画もチェックしておこうか。
すっかりお馴染みになった、あのシリーズが公開されてた。

「ウマのそら。」 ―ジャパンカップ編― | JRA公式

今回も二本立ての動画で、天気予報と日本語学校の動画。
目につくのは天気予報の動画で妙にを強調してるような・・・。

©JRA

画面には警戒 全国的に大雨のおそれ」って出てるけど、深読みすると「大雨=大荒れ」と勘繰りたくなるww
左上の時刻表示も何だか気になり過ぎる。8:15を示してるけど、これは枠番1-5-8、馬番1-5-8の示唆かも(さすがにあからさま過ぎるけどww)
動画の中でやたらと言ってるので、ちょっと調べてみた。
2000年以降、ジャパンカップが雨だったのは〇〇年〇〇年の2回。これに重馬場だった〇〇年を並べてみると・・・

何だか連動が有るような無いようなww
ここに動画の中で取り上げられてる14年のエピファネイアが優勝した時のJCを重ねると、やっぱり※※※は△△してるような・・・。
ちょっと気に留めておきたいかも。

 

ポスターを見てみようか。
2022年のジャパンカップのポスターは、こちら・・・。

©JRA

昨年の優勝馬が後ろ向きで写ってる。
後ろ向きの構図はJRAにしては珍しいけど、このパターン(後ろ向き)なのは今年は大阪杯、皐月賞に続いて3回目。

大阪杯と皐月賞、この二つのレース、何か共通するものは無いかと探してみた。
大阪杯は枠連4-7、⑧③⑦人気での決着、皐月賞は枠連7-8、⑤③①人気での決着で、特に気にするものは無いかと思ったんだけど、ちょっと見えてきたものも。
ある〇〇に注目すると・・・。

異様に〇〇の◇◇◇が馬券に絡んでる。
今年のGⅠはこれまでに18回開催されてるけど、〇〇のレースは△△△を除いて16回。
そのうち〇〇が馬券に絡んだのが4回なのに対して、〇〇〇の△△△が馬券に絡んだ回数は12回。
この傾向が続くと考えるなら、JCでも〇〇の△△にちょっと警戒しておこうかな。

 

サッカーのワールドカップがカタールで開催されてるけど、この記事を書いてる時点では日本代表の結果はまだ分からない。
で、ちょっと前に話題になってたのが・・・

日本から唯一選出されたのは? ペレ、マラドーナ、クライフ…W杯のレジェンド40人が集結したFIFAの超豪華“ポスター”が大反響!

このポスター画像にはそうとうな数の「いいね」が押されてるそうだけど、日本からは本田圭佑がセレクトされてる。
本田選手の背番号は2010年南アフリカ大会の時の18
馬番18,馬連1-8、枠連1-8あたりがちょっと気になるww
サッカーといえば戦術だとか戦略も重視されるスポーツ。
デアリングタクト(馬名=大胆な+Tactics(戦法)より。大胆な戦法)なんかも気にかかるし、日本代表のグループステージ突破を願ってユーバーレーベン(馬名=生き残る)なんかも浮上するかも(超コジツケww)

 

このジャパンカップと言うレース、創設当時は日本馬がなかなか勝てなかったけど、06年からは日本馬が連続で優勝してる(創設から21年までの優勝は外国招待馬14勝、日本馬27勝)
06年以降、日本馬が1~3着を独占し続けてるけど、案外と盲点なのが〇〇〇〇
2000年から見ても、〇〇〇〇が馬券に絡まなかった年は無い

この流れが続くと考えるなら、今年も〇〇〇には警戒した方が良いかも。
そろそろ◎◎◎◎の※※※※を見たいけど、今年はどうなるんだろう・・・。

 

 

ジャパンカップは王道の東京2400mで行われるレース。
この観点でJCを眺めると、近年は何だか気になる傾向がある。
20年のJCからの成績をみると・・・

〇〇の△△△と◆◆◆がここまで連続で連動中
これが続くと考えるなら、今年のJCは〇〇〇〇◆◆◆に注意だけど、さて、どうなるんだろう・・・。

 

また、20年のオークス以来、同じ東京の芝2400mのGⅠレース(オークス、ダービー)は同年の◆◆◆の枠連と連動が続いてる。

唯一、連対しなかった今年のオークスも◆◆◆の3着馬の枠がオークスで馬券になってる。
この流れが続くと考えるなら、今年のJCも〇〇〇の◆◆◆が気になるところ。

 

GⅠレースだと「サイン騎手」だとか「サイン馬」の存在も気になるところ。
JCにも怪しい騎手が居る。
16年以降、〇〇〇がJCに騎乗すると◇◇◇の馬が馬券に絡んでる。

〇〇〇は今年もJCに騎乗予定だけど、また◇◇◇を示唆するのかどうか、ちょっと気になってる部分。

 

ジャパンカップには〇〇〇を経験した馬も多く出走してくるけど、〇〇〇の◆◆◆自身 or ◇◇◇・□□□が6年連続で馬券に絡んでる。

※※※※※の年は、その年の〇〇〇の◆◆◆ or ◇◇◇が馬券になってる。
今年のJC出走予定馬で該当するのは〇〇〇〇〇〇〇〇
とりあえず自身も含めて◆◆◆と◇◇◇に注意しておこうかな(今年あたり途切れるかもだけどww)

 

また〇〇に関するものも・・・。
該当馬の居なかった18年を除いて16年からは、〇〇の※※※が△△△の馬自身 or ◇◇◇の馬が馬券になってる。

今年の出走予定馬で〇〇〇が△△△なのは〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
今年も馬券を示唆するのか注目してる。

 

このブログの読者の方はとっくにご存知だろうけど(何度も書いてるし)、今年のGⅠのキーワード「〇〇〇の※※※※」じゃないかと思ってる。

2022年のGⅠ、先週のマイルCSまでに18回開催されてるけど、そのうちの15回で「〇〇〇の※※※※」が馬券に絡んでる。先週のマイルCSでも〇〇〇の※※※※から2頭が馬券・・・。
この傾向が続くと考えるなら、今回のJCも〇〇〇の※※※※に警戒かな。

 

って事で、ここまで過去データと睨めっこしたり、あれこれサイン馬券を検討してみたけれど、ここからは記事中の伏せ字部分やモザイク部分の詳細を備忘録も兼ねて書いておこうか。メールマガジンのご案内も・・・。
(ここからは有料記事となります)

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません