【読書】いろいろ強烈すぎた馳星周の『不夜城』・・・久々のハードボイルドにノックアウト!って話

先日、馳星周の直木賞受賞作『少年と犬』を読んだ。
もちろん馳星周の名前は知っていたけど彼の小説を手に取ったのは初めて。行きつけの店の子に勧められて読んだんだけど、これが予想外に良かった。
その辺りの話は以前の記事にも書いた通り・・・。

【読書】初めての馳星周。直木賞受賞作『少年と犬』を読んでみた!率直な感想を書いてみる!って話

直木賞を受賞するだけあって、なかなか読ませる内容に大満足したんだけど、こうなると他の作品も読んでみたくなるのが読書家の性(サガ)。
何を読もうかいろいろ思案、やっぱりあの小説を読んでみたい。

って事で、今回は馳星周のデビュー作を読んでの感想を簡単に書いてみようか。

 

 

馳星周といえば一番に思い浮かぶのは、やっぱりこの小説じゃないだろうか。
デビュー作にして吉川英治文学新人賞の受賞作であり、1996年の「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」で共に1位になった小説。
これ・・・

不夜城!

中学、高校の頃は大藪春彦なんかのハードボイルド小説を読み漁ってたけど、あれから数十年、かなり久しぶりのハードボイルド。
どんな内容の話なのかワクワクしながら本を開いてみた。

で、いつものように先に結論から書くと、この小説・・・

強烈!

暗黒小説(ノワール)ど真ん中、ハードボイルド一直線、ものすごい疾走感のある小説だった。
文庫本の背表紙に書かれてる紹介文から内容を引用すると、

アジア屈指の大歓楽街――新宿歌舞伎町。様々な民族が巣喰うこの街で、器用に生き抜いてきた故買屋・劉健一。だが、かつての相棒・呉富春が戻ってきたことから事態は一変した。富春は、上海マフィアのボス元成貴の片腕を殺し逃亡を続けていたのだ。健一は元に呼び戻され、三日以内に富春を連れてこいと脅される。同じ頃、謎の女が、健一に仕事を依頼してきた。彼女が売りたいと口にした意外なものとは――。生き残るために嘘と裏切りを重ねる人間たちを濃密な筆致で綴った危険な物語。

歌舞伎町を舞台に繰り広げられる様々な人間・組織の虚々実々の駆け引き、生きるために平気で人を売る人間、どこか頭のネジが抜け落ちてるような人間、簡単に人を殺す人間・・・この小説に登場するのはどいつもこいつもクソみたいな人間だ。一般常識が通じるようなまともな人間はほぼ出てこない。
中高生の頃に読んでいた大藪春彦よりも更に「人間臭さ」を描いてる。

 

 

人を裏切ったり殺したりするだけの小説じゃないぞ。
印象に残るシーンもいろいろ有る。
ハードボイルド、ノワールなのにゲイ的な描写もあったりして、これはなかなか興奮させられるww
もちろん小説としての推進力も備えていて、主人公に与えられた時間はわずかに三日、その三日の間に目的は達成されるのか、ハラハラドキドキの連続。
小さな謎が幾重にも折り重なってモザイク状になった中間部、最後のちょっとしたどんでん返し・・・。いやぁ、強烈だったな。
で、何が一番強烈だったかというと、この小説は・・・

愛の物語!

この本を薦めてくれた子は「これは愛の物語なんですよ~!」って言ってたけど、読み終わった今ならわかる。
たしかに愛の物語だった。
どんな愛かというと・・・

いびつな形の愛!

最後の最後、物語の土壇場で「いびつな愛」が結実するというか、強烈すぎる幕引き。
中国人マフィアの中で器用に生きようとする主人公(日本と台湾のハーフ)、否応なしに三日の期限を切られ必死にもがく姿が超ハードボイルド。
この小説はたった三日間の物語だけど、テンポ、謎解き、どんでん返し、どれもが高い水準で凝縮されてる。
大満足な一冊だった。

 

そうそう、この小説は金城武の主演で映画化もされてる。
こんなに面白い小説、どんな映画になってるのか気になったので読後すぐにAmazonプライム・ビデオで観てみた。
概ね原作に忠実に作られているけど、う~ん、印象としては・・・

香港映画を観てるような気分!ww

まぁ、大半が中国人の出演者だし、喋ってる言葉も中国語、監督も中華系となると香港映画の雰囲気になるのも仕方ないか。
映画のデキの方は・・・

普通に映画だったww

この映画、原作を読んでないと「?」な部分が目につくんじゃないだろうか。話を端折ってるし、展開に無理がある進行だからなぁ。
まぁ、こういう映画を観ようって人は原作を読んでる人が多いと思うけど、原作の良さを出しきれてるかというと、答えはNoだ。
原作を読んでればそれなりに楽しめる映画だけど、読んでない人にはちょっと辛いかもな・・・。

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

ハードボイルドですか・・・

マサト
マサト

ハードボイルドは数十年ぶりに読んだけど、これは強烈だったわ

バイト君
バイト君

人を殺す場面とか?

マサト
マサト

そういうのはサラ~ッとしてるんだけど、他の描写がハード

バイト君
バイト君

例えば?

マサト
マサト

子供時代の話とかクスリの話とか・・・

バイト君
バイト君

けっこうキツそうww

マサト
マサト

何気にゲイ要素もあって、そのシーンもなかなか興奮させられるぞ

バイト君
バイト君

そこはキツいシーンじゃなくて、好きなシーンなんでしょww

マサト
マサト

・・・・・・

 

ゲイ的要素のあるノワール小説っていうと柴田よしき『聖なる黒夜』が有名だけど、あれに勝るとも劣らない強烈さ。
今回、数十年ぶりにハードボイルドを読んだけど、またハードボイルド沼にハマりそうな予感。

って言うか、こういう小説を読むと主人公に感情移入しすぎて、読後、「自分が強くなったような気」になってしまうのがアカンなww

【読書】ゲイにお薦めの小説『聖なる黒夜』は・・・いろいろと凄い!って話
ゲイにお薦めの小説を一つ紹介してみる。そこらに転がってるエロ全開のエロ小説じゃなくて、ちゃんとした小説だww もちろん人間が描かれてる。比留間久夫の『YES・YES・YES』や三島由紀夫の『仮面の告白』にならぶ傑作だと思ってる。『聖なる黒夜』だ。
【読書】初めての馳星周。直木賞受賞作『少年と犬』を読んでみた!率直な感想を書いてみる!って話
初めて馳星周を読んだ。彼はハードボイルドのイメージだったので敬遠してたんだけど超オススメされたので手に取ってみた。読んだのは直木賞受賞作『少年と犬』。泣かせ所はあるし、それなりに推進力のある物語は面白い。ただ文体と内容がミスマッチな気がする。
荻原浩の『誘拐ラプソディー』・・・本と映画の感想、まとめて書いてみる!って話
荻原浩の『誘拐ラプソディー』を読んだ。これ読み終わるまでに1ヶ月もかかった。主人公がオレの嫌いなタイプなんで感情移入できず、おのずとページをめくる手も止まりがち。読み終わった後で映画も観てみたけど、これもなんて言うか・・・。本と映画の感想!
あまり知られてないけど面白いミステリーを紹介してみる!って話
あまり有名じゃないけど、なかなか面白いミステリ―をいくつか紹介してみる。定番の「十角館の殺人」やら「葉桜の季節に君を想うということ」以外にも、面白いミステリーはたくさん有るって話。
【読書】これぞ読書の醍醐味!浅田次郎の『蒼穹の昴』全四巻を読んで大満足!って話
浅田次郎の長編小説『蒼穹の昴』全四巻を読了。面白いとは聞いていたけど、いやぁ、ホントに面白かった!清朝末期の激動の時代、架空人物を軸にしてスケール感たっぷりに描いてる。極悪非道のイメージがある西太后やその取り巻きの人物描写も実に人間臭い。
宮本 輝の「泥の河」は、哀切な情景を描いた傑作!
宮本 輝の「泥の河」を読んだ。100頁にも満たない小説だけど、濃密で胸に迫るものがある。昭和30年の大阪、少年と貧しい姉弟の短い交流を哀切な情景の中に描き出して余韻の残る傑作。いやぁ、凄い小説を読んだな。まいりました!
オレが涙を流した本を5冊だけ紹介してみる!って話
本を読んで涙が出ることがある。感動したり、主人公に感情移入しすぎたり、まぁ、涙が出る理由はいろいろだけど、今回は、オレが涙を流した本を紹介してみようか。青春小説、ノンフィクション、ちょっとしたタイムスリップ物・・・。どれも涙なしでは読めない傑作ぞろいだ。って事で、今回はオレのオススメ、「泣ける本」を5冊だけ紹介、って話。

 

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain