今年も箱根駅伝を観た!2019年の感想をチャッチャと書いてみる!

年末年始、毎年、必ずやってる事がある。
まぁ、初詣に行くとか雑煮を食べるとか、お年玉を配るとか・・・いろいろとやる事(やらなきゃいけない事)はあるんだけど、オレにとってはそんな事よりももっと重要な行事・・・。

母校の応援!

この時期、母校の応援って言えばアレしかないだろ・・・。

箱根駅伝!

これは学校を卒業してから毎年欠かさずやってる。
なにしろオレは母校愛が強いww
応援って言ってもテレビの前で応援するだけなんだけど、これをやらないと正月を迎えた気分にならない。
さいわいな事に毎年のように箱根には出場してるし(優勝経験もある!)、後輩たちの頑張ってる姿を見ると、おし、オレも頑張ろう!って気分になるのだ。

まぁ、今年の箱根駅伝の注目は何といっても、青学が史上3校目の5連覇を達成するかどうか・・・。
いつかの記事でも書いたけど、青学の選手は「楽しそうに走ってる」のが良いんだよな。
はたして今年も青学が楽しそうに走って5連覇を達成するのか、それと我が母校の順位はどれぐらいになるのか・・・
二日間、テレビの前にかじりついて応援した感想を書いてみようか。



まずは往路・・・。
気になるのはゴーゴー大作戦の青学と我が母校の順位。
正直なところ、他の学校はどうでもいいww

1区・・・。
青学は3位でタスキを渡した。
うん、まだ始まったばかりだし、1位とは10秒も離されてない。これは幸先の良いスタートだろ。
そして我が母校は・・・

4位で通過!

これは超嬉しい。

よし、このまま踏ん張れ!

テレビの前に正座して応援だ。
同居人も正座して応援してる。箱根駅伝だけは正座して応援する事を強制してるからなww

 

2区・・・。
青学は8位に後退・・・。
なんか雲行きが怪しくなったぞ。
てか、オレの母校・・・

18位・・・

何やってんだよ・・・
テレビの前でブツブツと独り言が増える(泣)
4位でタスキを繋いでたのに、何で18位まで落ちるんだ・・・。
このままだとシード権も獲れんじゃないか。

 

3区・・・。
青学の森田君が怒涛の区間新記録で1位に躍り出た。
さすが主将、意地の7人抜き・・・。
この選手、去年の11月、全日本大学駅伝でオレの目の前を走る姿を見てからファンになったんだけど、やっぱ凄いな・・・。

今年も全日本大学駅伝(2018)を応援してきた!って話
学生三大駅伝の一つ、全日本大学駅伝を沿道から応援してきた。自宅の目の前の国道が駅伝のコースなんでね、応援しないわけにはいかない。なにしろ母校も出てるし!って訳で、小雨の中、応援してきたんだけど、さすが青学...余裕の優勝だったな。これで史上初の「二度目の三冠」も視野に入ってきたわけか...。雨の中、多くの人が応援に来てたけど、駅伝人気って根強いな。って事で、毎年恒例、今年も全日本大学駅伝を応援してきた!って話。

てか、青学の応援してる場合じゃない。
我が母校はというと・・・

17位・・・

・・・・・・

・・・・・・

とにかく頑張れ!(涙)

 

4区・・・。
いつのまにか青学は3位に転落。
トップから3分30秒の遅れでタスキを渡した。
これ、もしかして、今年は予想外に混戦なのか?
母校にも頑張って欲しいけど、青学にも頑張って欲しい。
できれば5連覇を達成して欲しいと思ってるし、青学の選手が抜かれると「チクショー・・・」って独り言が自然と出てくる。
で、母校はどうかというと・・・

14位・・・

とにかく一つずつでも順位を上げていけ!

祈るような気持ちでテレビにかじりついてた。

 

往路の最終区間、山登りの5区・・・。
青学の竹石君、ジリジリと後退・・・。
う~ん、調子が悪いんかなぁ、抜かれても追いすがる事が出来ない(区間15位)。下りの所で数人追い抜いたけど、トップとは5分30秒差の6位。
復路で5分30秒を逆転できるのか、これは微妙なところだろ(泣)

なんとかドラマを見せて欲しい・・・。

で、母校の方はどうかと言うと・・・

15位・・・

しっかりせんか!(涙)
せめてシード権は獲ってくれ・・・。

 

う~ん、往路の間、テレビの前で正座してたんだけど、さすがに足が痺れた。
復路でドラマが生まれるのか、それともこのまま東洋大学が逃げ切って終わるのか・・・。

そうそう、往路が終わった時点で、いろいろな記事がネットに出てた。
例えばこんなの・・・

「過去最高」軍団の青学大出遅れ 箱根未経験者の起用が裏目に? - ライブドアニュース
2日の箱根駅伝の往路で、総合5連覇を目指す青学大は6位と出遅れた。原晋監督が4区に起用した箱根初出場の岩見秀哉が低体温症を発症して失速。自信を持って送り出した5区の竹石尚人も苦戦し、区間13位に沈んだ

ネット上では青学の大逆転の可能性に肯定的な声も多かったし、オレだってここはメイク・ドラマに期待だ。

駅伝の良い所は、走るのは個人だけど団体戦ってとこ。
自分一人だと走れないような距離、速さでも、仲間の支えとか応援が有るから走れるんだろ。
走ってるのは選手一人だけど、その選手の背中には母校の名誉とか仲間の想いとか、オレには解らないものをいろいろ背負ってるはず。
いろんなものを背負って走る選手は、やっぱりカッコイイのだ。

そりゃ、一番に応援するのは我が母校だけど、どこの学校の選手だって・・・

カッコイイ!




 

さっ、復路のスタートだ。

まずは山下りの6区・・・。
もちろん今日も正座して応援だ。
5分30秒遅れでスタートした青学の小野田君、区間新のペースで差を詰めていく。

おし、一人抜いた!

怒涛の追い上げ、メイク・ドラマに期待感が高まるぞ。

で、オレの愛する母校はというと・・・

12位!

よし、シード権は見えてきた。

このまま頑張れ!

祈るような気持ちで応援だ(泣)

 

7区・・・。
走り始めて早々に青学の選手が一人抜いて4位浮上。
トップとはまだまだ差が有るけど、これは凄い・・・。
意地の激走と言ってもいいだろ。
10km手前でさらに一人抜いていよいよ3位浮上。
アナウンサーも興奮してきてるww
ここまで来たら、5連覇という大記録を見たい・・・。

てか、12位あたりを走ってる母校はというと、なかなかテレビに映してもらえない(涙)

8区・・・。
なんか知らんけど、トップの東洋大に2位の東海大の選手がピッタリくっついて走ってる。
同居人曰く・・・

ストーカーみたい!

まぁ、選手にも作戦とか都合が有るだろうし、ここは二人のつばぜり合いを注視だ。
青学の選手も頑張ってるんだけど、差が縮まらないんだよなぁ。
オレの母校は相変わらず12位のあたりを走ってる・・・。

意地を見せろ!(泣)

 

9区・・・。
花の2区の裏コース。
いよいよ大詰め。3位の青学はトップから4分遅れてる・・・。
さすがにこの辺りまでくると青学の5連覇が厳しいってのはオレでも分かる。
こうなったら、せめて「復路優勝」を勝ち取ってほしい。

で、問題は母校のシード権争いだ。
この時点で12位だけど、10位の大学との差はわずかだ。
最終10区にもつれこみそうでドキドキしてきたぞ(泣)

 

いよいよ最終区間の10区・・・。

おおお!
青学が2位に浮上!

凄いな・・・。
これぞ意地の大激走
選手に声が届くはずもないけど、頑張れ、頑張れってテレビの前で呟くww

母校はというと・・・

11位集団を形成!

この時点で10位の大学との差は52秒
充分にシード権を獲れる位置まで挽回してきたぞ。

神様なんか信じてないけど、この時ばかりはオレも神様にお願いした。

お願いやからシード権を獲らせてやってくれ!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

うん、オレのお願いは神様には通じなかった(涙)

結局12位で終わってしまった・・・。
去年3位なのに・・・

落ちすぎ!(泣)

けど、一生懸命に走ったから良いのだ
来年は予選会からになるけど、それこそ意地の大逆襲を見せて欲しいと思ってるぞ。

青学もよく頑張ったな。
往路が終わった時には、ほとんど絶望的な位置だったけど、よく2位まで押し上げてきた。
なんと言っても復路優勝だからな。これは復路のタイムは青学が一番速かったって事だろ。区間賞連発で意地を見せた青学に拍手だ。

てか、今回の箱根駅伝、なかなか面白い結果になったな。

往路優勝・・・東洋大
復路優勝・・・青学
総合優勝・・・東海大

う~ん、これは・・・

駅伝戦国時代!ww

来年は母校の大逆襲に期待だ。

 




 

同居人の下書きチェック

同居人
同居人

駅伝で興奮しすぎなのだわ!

マサト
マサト

良いじゃね~か!
可愛い後輩が頑張ってるのだ^^

同居人
同居人

アンタの嫌いな「あの人」も同じ学校なのだわ^^

マサト
マサト

誰だよ?

同居人
同居人

ネット界で有名な・・・

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

イ〇〇〇氏だわww

マサト
マサト

・・・・・・

 

ったく、新年早々、大嫌いな名前を聞かされて気分が悪くなった。
オレが駅伝を好きなのは、自分のためだけじゃなく、チームのため、母校のため、その他いろいろなもののために懸命に走る姿が感動するからだ。

あんな奴とは似ても似つかんだろ~が!

そうそう、箱根駅伝に関する小説で超オススメを一冊だけ紹介しとこう。
三浦しをん『風が強く吹いている』だ。
駅伝好きなら涙腺崩壊は間違いない!

 

今年も箱根駅伝を観た!2018年の感想・・・
今年(2018年)の箱根駅伝が終わったな。青学は往路の36秒差をひっくり返しての見事な総合優勝。凄い記録だ。監督をはじめ選手もみな楽しそうなのが良い。息子が居たら、こんな監督に預けたいと思うわ・・・って話と、駅伝と言えば三浦しをんの「風が強く吹いている」だろ、って話。この小説は何度読んでも泣ける!
世界陸上(4x100mリレー)を見て泣いたぞ・・・って話
連日の徹夜で「世界陸上」を観てるけど、今日は日本のリレーチームが見事に銅メダル!いやぁ、ジワ~ッと泣いたぞ。初出場の多田君、笑顔が弾けてたなぁ。ファンになった・・・。この感動が有るから、スポーツ観戦はやめられない!
eスポーツはスポーツか?って話。老害だけど書きたい事を書いてみる。
連日、平昌オリンピックを観戦してるんだけど、いやぁ、オリンピックなんて大きなイベントをやってると、ブログの更新が滞りがちになってしまうな。書きたい事はイロイロ有るけど、こういう時はテレビ観戦優先。毎日、日本選手を応援してる。特に注目してるの
再読してみた。やっぱり名作だよね。
三浦しをんの『風が強く吹いている』の話。
「ゲーム依存は病気」・・・じゃぁ、eスポーツはどうなる?
新聞に掲載されてたんだけど、WHO(世界保健機構)がゲーム依存症は病気と認定したそうだ。まぁ、働きもしないで一日中ゲームと向かい合ってるのは普通じゃない。で、思ったんだけど、じゃぁ、昨今話題のeスポーツってのは、どうなるんだろ?オレの勝手なイメージだけど、ああいうのはゲーム依存症の延長線上に有るんじゃないかと思ってる。今回はそんな話。



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain