【映画】貫井徳郎原作の『愚行録』は期待を裏切らない!観て損はない映画!って話

貫井徳郎の小説を初めて読んだのはデビュー作の『慟哭』だった。ラストの大どんでん返し、その衝撃の大きさに腰を抜かして以来のファン。あれから20年近く経つけど、これほど「当たりハズレの少ない作家」は珍しいと思ってる。いくら贔屓にしてる作家でもいろいろと読めば一つや二つは気に入らないものが出てくるものだけど、貫井徳郎の場合はそのリスクは極めて少ない。どの作品も水準以上、充分に楽しめる作品ばかりだ。
今回の『愚行録』も先に小説を読んでいたんだけど、どういう訳か映画の方は観てなかった。観よう観ようと思ってるうちに映画館での上映は終わってたし(泣)
先日、amazonプライム・ビデオを物色してみると幸いなことに配信されていたのでさっそく観てみた。

って事で、今回は貫井徳郎原作の映画『愚行録』の話を書いてみようか。

いつかも書いた事はあるけど人気小説の映画化にはあまり期待しないようにしてる。
どうしても原作と比べてしまうし、オレのこれまでの経験上、原作を超えるような映画には滅多に出会った事がない。原作を超えるどころか、下手をすると原作とは似ても似つかないモノに成り下がってる映画も多いから。
そうは言っても貫井徳郎だろ、『愚行録』だろ、やっぱり期待はしてしまう。
原作を読んだ時の感想をブクログに残してたので引用しておくと、

冒頭に或る新聞記事・・・。
各章の間に挿入される女性のモノローグ・・・。
これらが、ラストの謎の解明で一気に収斂していく様は、さすが貫井ミステリ!!「慟哭」を読んだ時には、ラストでぶっ飛んだけど、こちらのラストは、ぶっ飛ぶ感じじゃなくて、「ほぉ、そうきましたか!」って驚いた。
冒頭の新聞記事が、すごく効いてる!
閑静な住宅地で起こった一家四人惨殺事件。
各章は被害者にゆかりの有る人物へのインタビュー形式で書かれてるが、この形式のために、読んでいて客観的に被害者像を想像しやすい。
ミステリーの謎解きとしてよりも、物語の落としどころに驚いた作品。
とにかく、冒頭の新聞記事の使い方が、ラストですごく効いてる。

かなりの高評価をしてる。
まぁ、読んだ時にそれだけ衝撃だったって事。
謎解きとしてのミステリーというよりも、構成の妙、結末の落としどころに驚いたわけで、辛口のオレにしては☆4個の高評価(限りなく☆5個に近い)
それだけ気に入ってる小説なんだから、期待しすぎは禁物だと思っていてもやっぱり期待してしまうww
ワクワクしながら視聴をスタートしたぞ。

 

で、いつものように先に結論を書くけど、この映画・・・

期待を裏切らない!

ストーリーの骨格は概ね小説と同じで、エリートサラリーマン家庭の田向一家惨殺事件から1年経ち、事件は犯人が見つからないまま迷宮入り。ある雑誌記者が、田向夫妻の同僚や学生時代の同級生、元恋人などに、夫妻との思い出や人柄についてインタビューしてまわる。すると、一見理想的な夫婦と思われた二人の本性が現れてくる・・・というもの。
事件の後、被害者に縁のある人を記者なり刑事が訪ねてまわるって小説・映画はたまに見かけるけど、『愚行録』が凄いのは訪ねる雑誌記者にもかなりキツい過去を背負わせていること。これがかなり強烈なやつで、最後の最後に明らかになった時には度肝を抜かれる(現実に有りそうな話だからリアル感が半端じゃない
エリートサラリーマンの円満な家庭が惨殺された事件、一年後に被害者の関係者を訪ねてまわる雑誌記者、そこで浮かび上がるのは被害者の醜い人間性。欲とか野心、嫉妬や妬み、人間の持つそういう醜い面が明らかになっていく。ただ、被害者だけの人間性が醜いのかというと否。雑誌記者に被害者との想い出を語る同級生や元恋人、彼らの人間性も明らかになっていくわけで、もう、どこに善人が居るのか、誰が正しいのか・・・観ていて頭が混乱しそうになるほど。被害者家族の人間性だけを描くんじゃなくて、被害者について語る証言者の人間性も暗に描く事で映画に厚みが出てる(もちろん原作もだけど)。ストレートに描くのは被害者の人間性、それとなく目立たないように描いてるのは証言者の人間性、コインの表と裏を巧みに表現してる。
もうそれだけで面白いのに、そこに雑誌記者個人の話が絡まって来るんだから面白さ倍増するのは当然ww

雑誌記者を演じる妻夫木聡、これが良いんだよな。
熱演と言っても良い。何か過去のありそうな記者をジワ~ッと演じてて、これは過剰演技の一歩手前ぐらいの好演(人によっては過剰って言うかもだけど、オレは好感だった)
2001年の映画『ウィーターボーイズ』で彼を初めて見た時は、まさかこういう演技の出来る俳優になるとは考えてもなかったww 『怒り』を観た時も思ったけど、ただ男前だけの俳優じゃないな。脇を固める俳優陣も好演だし、原作にはなかった小道具の使い方も上手い。この映画を単体で観るとどうなのか分からないけど、原作を読んでる人はいろいろ比べてみて面白さを実感できるんじゃないか。

被害者家族の周辺を訪ねてまわる事でだんだんと明らかになる本性、人間性。彼らの証言で明らかになるのは、まさに被害者の「愚行」と言っても良いものだけど、被害者について語る証言者たちの本性、人間性も顕わになり、こちらも「愚行」の数々と言っても良い。
この映画は、登場人物たちの「愚行」の数々を描写してるわけだけど、極めつけは主人公の雑誌記者の過去・・・。ネタバレになるから書かないけど、これはそ~と~なものだ(泣)
映画の中で、ある人物が言うんだけど、

日本は格差社会じゃないよ

階級社会なんだよ

この映画の中で言われると、ホントにそうなのかもって思ってしまう。そう思わせてしまうパワーがある映画。
高度成長期を経て「一億総中流社会」なんて言葉がもてはやされた事もあったけど、いやぁ、なんとも言えない気分になる映画だww
人間の醜さを描いた点では『何者』に似てるかもしれないな。まぁ、あちらよりも描写は強烈だけど、それだけにインパクトはある。『何者』が細かなジャブを打って来るような映画だとすれば、こちらはジャブ、ストレート、ワンツーと、いろいろなコンビネーションで観る者を惹き込む感じ。
もちろんこの映画はハッピーエンドじゃないし、昨今人気の「イヤミス」に分類されるものだけど、原作同様、見て損はない映画(先に原作を読む事をオススメ

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

結局、登場人物全員が愚行をおかしてるという映画?

マサト
マサト

被害者、証言者、取材者、みんなが愚行なのだ

バイト君
バイト君

誰も正しくないと?

マサト
マサト

正しいとか正しくないとかじゃなくて・・・

バイト君
バイト君

なくて?

マサト
マサト

問題なのは、誰も自分の行動を愚行だと思ってないことだな

バイト君
バイト君

へぇ、なんだか面白そうww

マサト
マサト

観ていても、誰が正しいのか解らなくなるし、何気にこの映画は深いな

バイト君
バイト君

て言うか・・・

マサト
マサト

ぁんだよ?

バイト君
バイト君

マサトさんの行動は誰が見ても愚行だらけww

マサト
マサト

・・・・・・

 

人間の考える事や行動なんて、自分では意識しなくても他人からみれば愚の骨頂って事もあるし、う~ん、なかなか難しい問題。
まっ、そういう話はキリストやお釈迦様じゃないと解決できないのかもなww

 

【映画】胸にズシンとくる衝撃・・・人間の持つ無自覚な闇を描く『何者』
朝井リョウ原作の『何者』を観た。原作は読んでいたんで、ラスト近くの例の衝撃は知ってたんだけど、なるほどね、映画の方も上手く作られてる。ボサ~ッと観てると見逃してしまいそうな程、自然に描いてるな。人間が無意識に持っている「心の闇」を描いた秀作。
映画「怒り」の見どころはゲイシーン以外にもたくさん有った!
映画「怒り」を観た。例の市橋達也の事件をモデルにした吉田修一の原作の映画化作品だ。妻夫木君のゲイシーンが目当てだったんだけど、これ、思いのほか良い映画だったな。見どころが多い!
やっぱり映画「砂の器」は泣ける!って話
松本清張原作の「砂の器」だ。ドラマ化もされてるし、もちろん映画化もされてるんだけど、やっぱり加藤 剛の映画版は良いな。ラストに至るまでの回想シーンは見るに堪えない(涙)あの子役の演技は凄い!目力も相当なもんだ。昔の日本には、あのように忌避され差別された人が居る事を汁意味でも観ておくべき映画。まずは原作を読んでからの方が...
【映画】社会の底辺であえぐ人間を描く・・・『そこのみにて光輝く』
衝撃作だった。映画『そこのみにて光輝く』だけど、うん、傑作なのは間違いない。だけどなぁ、これ、クリスマスなんかに観るんじゃなかった。気分はドンヨリと暗く落ち込んでしまったぞ。ここで描かれるのは社会の底辺であえぐ人たち。いやぁ、衝撃だった。
映画【東京難民】現代社会の暗部を描いた秀作だった!って話
映画『東京難民』を観た。いやぁ、ブッ飛んだな。この映画は凄い...。普通の大学生がホームレスにまで堕ちていく姿を描いてるんだけど、中身が濃い!てか、濃すぎるぐらいだ。ネットカフェ難民、ホスト、日雇い労働者、ホームレス...現代の日本が抱える裏の暗部に切り込んだストーリーと主演・中村蒼の演技に目は画面にくぎ付けだった。映...
【読書】救いのない物語『イノセント・デイズ』を読んで胸くそが悪くなった!って話
少し前にネットで話題になってた小説『イノセント・デイズ』を読んだ。日本推理作家協会賞を受賞してるしWOWOWでもドラマ化されてるので期待してたんだけど...。いやぁ、胸くその悪い小説だった。登場人物もクソだし、主人公にも感情移入できなかった。
「後悔と真実の色」は貫井徳郎の代表作になるかもしれない
貫井徳郎さんの「後悔と真実の色」は、代表作の一つになるんじゃないか?謎解きと人間描写を高い次元で両立した一冊だった。まさに徹夜本。
【読書】貫井徳郎『我が心の底の光』を一気読み。やっぱり貫井徳郎にハズレ無し!って話
貫井徳郎の小説はたいてい一気読みしてる。それだけ夢中にさせる推進力がある小説が多いんだけど、今回の『我が心の底の光』も一気読みさせられた。悲惨な少年期を過ごした主人公の14~29歳を描いたミステリーだけど、衝撃のホワイダニットには絶句。 ~

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain