【ホテルグリーンパーク津】三重県で二番目に高いビルに泊まってみた!って話

新型コロナウイルスのせいで日本中がてんやわんやしてるけど、オレの住んでる三重県でも知事が「他県に行くな、他県から来させるな」なんて言ってピリピリムードが漂ってる。
そんな時に始まったのがGo To トラベルというキャンペーン。
ホテルにお得に泊まる事が出来るそうだし、どうせならデートで利用したい(いつも利用のラブホはGo To トラベルを使えないしww)
県外に行く事は雰囲気的に憚られるし、う~ん、県内でお茶を濁すことに・・・。
で、どこに泊まるかだけど、いろいろ思案の末、ホテルグリーンパーク津に泊まる事にした。
ここなら県内どころか・・・

市内!ww

って事で、今回は自宅があるのにわざわざ市内のホテルグリーンパーク津に泊まってみた話を書いてみようか。

 



 

このホテルグリーンパーク津だけど、三重県では二番目に高いビルだそう。
一番のノッポは四日市にあるポートビルで高さは100m。それに続くのが94.63mのホテルグリーンパーク津(アスト津)って訳だけど、駅から直通で交通の便は最高、雨にも濡れずにチェックインできるって事で人気のホテル。
普段はラブホ専門なのでこんなホテルには泊まらないけど、せっかくのGo To トラベル、この機会に予約を入れてみたぞ。
コロナの影響なのか予約サイトで空室状況をみるとけっこう空き部屋があった。

 

 

さっ、当日になった。
いつもオレだけが先にチェックインして夜まで時間をつぶしてるんだけど、この日も午後3時にホテルに到着。
あらためて下から仰ぎ見るww

 

この時点で何階の部屋なのかはわからないけど、まぁ、13F以上の階なのは確実(客室は13~18F)。
アスト津を抜けてフロントに行くか、ホテルの玄関からフロンに行くか・・・
せっかくなのでホテルの玄関からフロントへ行く事にしたぞ。こんな時じゃないと玄関なんか来ないしww

 

玄関を入ると広々としたロビー。
高い天井、落ち着いた雰囲気・・・なるほどな、このあたりの造りは近隣のビジネスホテルと一線を画す高級感。

 

さっ、チェックインも完了。
コロナのおかげで体調を訊かれたけど、体調は万全に決まってる。大事なデートの日に向けて体調を整えてきたんだからww
部屋は17Fだった。
エレベーターを降りると長い廊下・・・。

 

さっ、部屋に入ってみようか。
カードキーをかざして部屋のドアを開けて入室。

普通にビジネスホテル!ww

今回は海側のスタンダードダブルを予約したんだけど、部屋の広さは他のホテルと比べて広くもなければ狭くもない。
もちろん冷蔵庫、コーヒー等を淹れるための電気ケトル、空気清浄機も完備。
喫煙室を指定したんだけど、消臭剤も置かれていた。

 

で、問題の眺望。
入室時にはカーテンが閉じられていた・・・。

17Fからの眺めを堪能しようとカーテンを開けてみたぞ。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

なんか期待ハズレ!ww

と言うか、中途半端な眺望だな。

夜になったら夜景が綺麗かと思ったけど、う~ん、そうでもなかったし。
遠くに見えるのが愛知県、もしかしてセントレアも見えそうな感じなんだけど、だからと言って・・・

別にどうという事ない景色ww

デートの相手も言ってた・・・。

うちのマンションからの方が見晴らしがよくて綺麗!ww

近隣のホテルよりも高めの値段設定はこの「眺望料」も含まれてのものだと思うけど、これは期待ハズレだったな。
まぁ、街が街なんだし名古屋のマリオットなんかと比べるのも気の毒なんだけどww

 

とりあえずバスルームも確認。
普通にアメニティ類も完備してるし目立った汚れもないし、ごくごく普通のビジネスホテルのレベル。

全体的にみれば、ここまでは可もなし不可もなしって感じだけど、ここからはちょっと「?」な部分について書いてみようか。

 

 

「?」な部分というか、まぁ、オレ的にちょっと不満な点なんだけど、まずはこれ・・・。

ペラペラなスリッパが二足!ww

この前、別なホテルに泊まった時にはもうちょっと高級そうなスリッパだったし、中敷きも用意されてた。どうやって使うのか謎のクリーニングキットも置かれていたし、ペラペラのスリッパだけっていうのはちょっと不満点。
それとアラを捜して言うわけじゃないけど、身だたない所にホコリが溜まってた。
たとえば窓の桟とかテレビの上部・・・。
テレビなんてボディが黒いから上部に溜まってるホコリが目立つだろ。

掃除の手抜き!?ww

それと残念だったのが朝食。
このホテルのウリは朝食のバイキングなのだ。
朝から牛スジカレーを出していたり、種類の多さも有名なんだけど・・・。

©greenpark

オレが宿泊した日はコロナ対策のために「お膳での提供」に変更されてた。
まぁ、内容的にはその辺のホテルの朝食よりも手の込んだものが多かったけど・・・。
予約サイトで予約する時には「お膳での提供」なんて一言も書いてなくて(グリーンパーク津の公式サイトには記載されてた)、チェックインする時、朝食券を渡される段階で言われるんだもんな。
ちょっとガッカリしたぞ。

で、何が一番残念かというと・・・

向かい合って食事させてもらえなかった!ww

デート相手とテーブルで向かい合って食べてたら、係の人がやって来て言われた。

コロナ対策なのではす向かいに座っていただけますか!?^^

口調は丁寧だけど顔は笑ってないしww
デートの翌朝のけだるい朝、向かい合って朝食を食べようと思ったら、向き合って座ったらダメとか・・・。
仕方なくはす向かいに座って朝飯。
これが一番残念だった。
オレの予想では新型コロナウイルスがこの先感染者ゼロになる事は無さそうだし、そうするとこのホテルはず~っと客に向かい合って食事させないんだろうか・・・。

 

 

駅から直通という立地の良さ、13F以上という高層階、わりと手の込んだ朝食・・・という事もあって他のホテルよりもちょっとお値段がかさむけど、う~ん、やっぱりそれなりのホテルだったww
眺望もイマイチ感だし、目立たない所で手抜きしてるし(スリッパとか部屋の細部のホコリ)、朝食も向き合って座れないし・・・

もう泊まらないかもww

同じような料金を出すなら、近場でアメニティの充実したホテルはもっと有るからな。
例えばこういうホテル・・・。

【三交イン津駅前】久々にビジネスホテルに泊まったので感想を書いてみる!って話

まっ、三重県で二番目に高いビルに入ってるホテルって事で話のネタになりそうなので泊まってみたww

 



 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

また外泊したんですか!?

マサト
マサト

暇だからな^^

バイト君
バイト君

別に暇じゃないでしょ~が!

マサト
マサト

・・・・・・

バイト君
バイト君

仕事も溜まってるくせに・・・

マサト
マサト

せっかくGo To トラベルやってるんだから、外泊してもエエだろ
県外にも出てないし、市内だぞ市内!ww

バイト君
バイト君

ラブホ代わりに利用してるだけでしょ・・・

マサト
マサト

・・・・・・

 

市内に住んでるからってホテルに泊まってはダメって事はないだろ。
公式のサイトにも「県内在住者」向けの宿泊特典を出してるんだし・・・。
次はどこのホテルに泊まろうか、今から思案してるww

 

【三交イン津駅前】久々にビジネスホテルに泊まったので感想を書いてみる!って話
ビジネスホテルと言っても、ビジネス以外で利用したってかまわないだろ。数年ぶりにビジネスホテルに泊まってみた。目的はデートでの利用ww 駅前の三交インに泊まったんだけど、これが清潔感があってかなり良かった。ラブホも良いけどビジホの良さを再認識。
【ドラマ】古くてボロい宿の魅力を再発見!『日本ボロ宿紀行』の続編が待ち遠しい!って話
Amazonプライム・ビデオで偶然見つけた『日本ボロ宿紀行』ってドラマ、これが思いのほか面白かった。売れない歌手とマネージャーがドサ回りで各地のボロ宿に泊まるってものだけど、面白すぎて早くもシーズン2が待ち遠しい。それまでは原作を読もうか。
昭和の時代にタイムスリップ!昭和日常博物館で思いっきり郷愁に浸ってきた!って話
昭和日常博物館に行ってみた。いやぁ、行って良かった~!ここの展示物、昭和30~40年代を知ってる人にはドンピシャ。どれも懐かしいモノで溢れてる。おかげでドップリと郷愁に浸った。あの頃の事をいろいろ思い出して、ここに住みたいと思ったほどww
あまりに暑いので、昼間からラブホで休憩した話
クソ暑いので車で移動中、我慢ならずに昼間からラブホへ直行。冷たい水でシャワーして極楽気分だった話。ビジネスでのご利用OK!なんて書かれてる所は、男性同士でのご利用OK!って事だ。
死ぬまでにやりたい事。Bucket Listをまとめてみる!(随時更新)
ふと思い立って「死ぬまでにやりたい事」リスト、Bucket Listを書いてみた。はてな時代も書いた事はあるんだけど、はてなの記事が消えてしまったので、改めて書いてみた。下ネタも含めて書いてみたけど、この記事は随時更新する予定。
佐川急便は使えない!すごい運転手が居たもんだ・・・って話
【リライト記事】今回は久々にプッツンした話。いやぁ、世の中には、こんなに責任感の無いボンクラが居るのか、と呆れたって話だ。あれだよ、まだ頭がカッカしてるんでね、不穏当な表現が出るかもしれないけど、そういうのが嫌いな人はここでUターンね。ちゃ

 



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain