御朱印じゃなくて御書印!人と本屋さんを結ぶ印「御書印」をもらってみた!って話

何年か前に御朱印ブームがあった。
寺社仏閣を巡っては参拝の印に御朱印をいただくというもので、ブーム真っ最中の時には御朱印をいただくための御朱印帳も様々なものが売り出されたのは記憶に新しい。数千円もするような伝統美を感じさせるもの、ポップなデザインで若者ウケを狙ったようなもの等々、どれを選べば良いのか迷うぐらいww
あのブームの時にオレも初めて御朱印というものの存在を知ったわけだけど、おかげで今ではそこそこの数の御朱印をいただいてる。わざわざ御朱印をいただくために遠出したり、けっこう熱を入れて集めたりしてるわけ。

で、今回の話は御朱印じゃなくて御書印の話。
こんなものが有るとは全然知らなかったんだけど、面白そうなプロジェクトなのでさっそく貰ってみたぞ。
って事で、今回は面白そうな御書印プロジェクトについて簡単に書いてみようか。

 

 

普段から本はよく読んでる。
なので時間がある時には市内のあっちこっちの本屋を覗いてる(面白そうな本を見つける楽しみがあるからな)
で、先日のことだけど、駅ビルの本屋に行った時のこと・・・。
店の目立たない場所にこんなポスターが貼りだされてた。

当店は

御書印参加店です!

うん、最初は何の事か解らなかったww
御朱印は集めてるけど御書印って言葉は聞いた事もないし、参加店ってどういう事なんだろ・・・まぁ、そんな疑問が頭の中に浮かんできた。
ポスターの下の方には、

御書印代 200円

御書印スタート記念として、

先着にて「御書印帖」無料進呈中!

って書かれてる。
う~ん、何となくイメージが浮かんできた。
もしかして・・・

御朱印みたいなものか!?

まぁ、考えてみても答えは出ない。
さっそくポスターの前で検索をかけて調べてみたぞ。検索ワードはもちろん「御書印」だ。

 

 

検索結果だけど、最初に出て来たのは御書印プロジェクトのサイト。
立派なサイトがあってちょっとビックリ。
その名もズバリ御書印プロジェクト(公式)ってサイト。
そもそも御書印ってのは何なのか、さっと読んでみた。
サイトのトップページに記載されている説明から引用すると・・・

御書印は人と書店を結ぶ印(しるし)です。参加書店=御書印店を巡って、書店員が選んだ本のタイトルや一節とオリジナルの書印を入手しましょう。

なるほどな、寺社仏閣を巡って御朱印をいただくのと同じような感じだ。言葉の響きも御朱印御書印って似てるし、これを考えた人はけっこうなアイデアマン。
現在の御書印参加店数は211店(2020/11/9現在)だそうで、御書印の輪はどんどん広がってるところらしい。
御朱印と同じくオリジナルの御書印を貰えるのも嬉しいし、書店員のオススメの本やお気に入りの一節も書いてもらえるなら何気に楽しいかもしれない。

おし!

もらってみよう!

オレの行動は早いのだ。思い立ったら即行動ww
ここで問題発生。
ポスターに書かれてたんだけど・・・

お求めの方は店員にお声かけください

受付時間:14:00~16:00

オレがポスターを見たのは18時・・・。

完璧に時間外!(泣)

仕方なく出直す事にした。

 

 

翌日、午後3時、目的の本屋に来た。
さっそくレジのお姉ちゃんに声をかえるぞ。

すいませ~ん^^

御書印ってのを欲しいんですけど~^^

このお姉ちゃん、最初はオレの言ってる意味が通じなかったのか5秒ほど「?」な顔をしてたけど、無事にオレの意図を理解してくれたww
これまで御書印を貰った事がない事、したがって御書印帖も持ってない事を伝えると、用意するからちょっと待っててくださいとの返事。
その辺で立ち読みでもしながら待つ事にしよう・・・。

お待たせしました~^^

の声に呼ばれてレジへ行って御書印帖を受け取り、その場で御書印代の200円を支払い。
これ・・・。

なかなか立派な御書印帖だ。
スタート記念って事で御書印帖は無料なので、負担するのは店員さんに御書印を押してもらったり何か書いてもらう手間賃の200円だけ(書店によって代金は違うらしい)
さっ、中にどんな御書印が押されて何が書かれてるのか・・・
軽くドキドキしながら開いてみたぞ。
これ・・・

一期一会!ww

いや、一期一会って言葉も深いし、もちろん全否定するわけじゃないけど・・・う~ん、ちょっと予想外の言葉だったんで軽くウケてしまった(汗)
もちろん寺社仏閣でいただくような達筆な字で書かれてるわけでもない。だけど、わざわざ御書印を貰いに来た客のために懸命に書いたというか、真面目さが伝わって来るような字だろ。
参拝客がワンサカ来て、半ば流れ作業的に書かれてる寺社仏閣の御朱印よりも、ごく稀にしか来ない(もしかしたら、この本屋ではオレが初かもしれない)客のために懸命に書いてくれる御書印の方がオレは好きかもしれないぞ。

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

こんなのが有るんですね~

マサト
マサト

これを考えた人はアイデアマンだな

バイト君
バイト君

けど、全国に211店ってのは少ないんじゃ?

マサト
マサト

これから輪が広がると良いな^^
活字離れの時代だし、本屋を盛り上げなアカンわ

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

お前も本を読め!

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

とりあえず御書印を貰ってこい!ww

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

2020年3月1日から始まった御書印プロジェクト、様々な特典もあるようで50店を巡った人には巡了印を押してくれるサービスもあるとか・・・。
オレの住んでる県内に現在どれだけの参加店があるのかあるのか調べてみたところ、今はまだ4店舗だった(泣)
御朱印の次は御書印のブームが来る事を祈ってる。

最近は街から本屋さんが減ってるし、少しでも本屋さんを盛り上げて活字離れを食い止めたいぞ。

 

オレが涙を流した本を5冊だけ紹介してみる!って話
本を読んで涙が出ることがある。感動したり、主人公に感情移入しすぎたり、まぁ、涙が出る理由はいろいろだけど、今回は、オレが涙を流した本を紹介してみようか。青春小説、ノンフィクション、ちょっとしたタイムスリップ物・・・。どれも涙なしでは読めない傑作ぞろいだ。って事で、今回はオレのオススメ、「泣ける本」を5冊だけ紹介、って話。
あまり知られてないけど面白いミステリーを紹介してみる!って話
あまり有名じゃないけど、なかなか面白いミステリ―をいくつか紹介してみる。定番の「十角館の殺人」やら「葉桜の季節に君を想うということ」以外にも、面白いミステリーはたくさん有るって話。
【読書】これぞ読書の醍醐味!浅田次郎の『蒼穹の昴』全四巻を読んで大満足!って話
浅田次郎の長編小説『蒼穹の昴』全四巻を読了。面白いとは聞いていたけど、いやぁ、ホントに面白かった!清朝末期の激動の時代、架空人物を軸にしてスケール感たっぷりに描いてる。極悪非道のイメージがある西太后やその取り巻きの人物描写も実に人間臭い。
【御朱印】国宝の高田本山 専修寺で御朱印をいただいてきた!って話
スタンプラリーじゃないけど、オレも御朱印を集めてみようかと思ってしまった。だって、世間じゃ御朱印ガールなんてのが流行ってるんだろ。それなら御朱印オジサンってのが居ても良いじゃないか!w って訳で、初めての御朱印は三重県津市にある国宝、真宗高田本山 専修寺に行ってみた。連休中ということもあって、観光客の姿もチラホラ・・・...
【御朱印】聖徳太子ゆかりのお寺、塔世山 四天王寺で癒されてきた!って話
三重県津市に塔世山 四天王寺が有るんだけど、聖徳太子が建立したと言われてる由緒あるお寺。今から1000年以上も前に建立されたお寺だけど、市内の中心部にある穴場的なお寺だ。今回は、このお寺で癒されてきた話を書いてみた。座禅体験もやってみたい。

 

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain