【映画】戦時下を舞台にした良質なサスペンス『将軍たちの夜』/名優の競演に釘付け!って話

何年も気になってた映画をやっと観た。
子供の頃に一度だけテレビで放映されたのを観て以来、ず~っと気になってた映画だけど、幸運な事にその映画がamazonプライム・ビデオで配信されてた。
第二次大戦中のヨーロッパを舞台にした映画で、出てくるのはドイツ軍。
登場人物もほとんどがドイツの軍服を着た人間・・・。
って言うと、ゴリゴリの戦争映画を想像されるかもだけど、これは戦争映画じゃない。
じゃぁ、何かと言うと・・・

サスペンス!

それもかなり質の良いサスペンス映画。
2時間を超える映画だけどまったく退屈させない構成。

って事で、今回は1966年の映画『将軍たちの夜』の感想を軽く書いてみようか。

 

 

映画も2時間を超えるものだと途中でダレてくるものがあるけど、この映画はダレるどころかどんどん釘付けになった。
なにしろキャストが豪華。
ピーター・オトゥールオマー・シャリフ(この映画の4年前に『アラビアのロレンス』で共演)、『ドクトル・ジバゴ』トム・コートネイ『大脱走』『パワープレイ』ドナルド・プレザンス(そういえば『007は二度死ぬ』ではブロフェルドを演じてた)、たった一人でドイツ軍に抵抗する一市民を描いた『追想』の主演フィリップ・ノワレ『手紙は憶えている』で衝撃のラストに打ち砕かれるクリストファー・プラマー・・・。
これだけ個性派が集まってるのに、映画自体はうまくまとめられてる。
てか、こういう豪華キャストの競演はオレのような往年の映画ファンにはたまらないww

 

戦争中のヨーロッパが舞台で出てくるのはドイツ軍人がほとんど・・・。
なのに戦争映画じゃなくてサスペンス。
どういうストーリーなのかをwikiから抜粋すると、

舞台は1942年、ドイツ占領下のワルシャワ。既に劣勢になりつつあった東部戦線から、タンツ将軍が占領軍司令部に赴任して来る。ヒトラー総統の信任厚いタンツ将軍は、現地の治安強化に辣腕を振るう。
その夜、売春婦が数十か所を切られる猟奇殺人が発生。被害者が軍情報部の情報提供者だったこともあり、捜査は情報部のグラウ少佐が担当することになる。目撃者は「犯人は軍服でズボンに赤いラインが入っていた」と証言。それはドイツ将官の軍服だった。容疑者は3人。占領軍司令官ガプラー将軍、参謀長カーレンベルク将軍、赴任してきたタンツ将軍。グラウ少佐は3人が一堂に会するパーティー会場に乗り込み直接対面するが、「戦時下に殺人事件に血道を上げる変わり者」と見なされ、中佐への昇進と引き換えにパリに厄介払いされてしまう。

時は流れて1944年のパリ。ここでも猟奇殺人が起き、グラウ中佐はパリ警察のモラン警部に協力を要請。今回もタンツ将軍が赴任してきていたことを知る。グラウ中佐はタンツ将軍が犯人と確信するが、パリ軍政司令部では戦況悪化に危機感を募らせたカーレンベルク将軍らがヒトラー暗殺計画を正に実行に移そうとしていた。
カーレンベルク将軍は、親ヒトラー派で武装親衛隊大将となったタンツ将軍の目をくらませるべく無理やり休暇を取らせ、司令部から遠ざける事に成功する。タンツ将軍は従卒のハルトマン伍長を運転手にパリを観光するが、ハルトマンはタンツ将軍の異常な面を目撃してしまう。

まぁ、映画の流れはwikiに書かれてる通りなんだけど、う~ん、これだと映画の良さが書ききれてない。
ストーリーには直接関係ないけど、映画の前半部分、治安維持のためにタンツ将軍がワルシャワ市街地に出動するんだけど、このシーンなんか圧巻だぞ。連行されるレジスタンス、銃撃戦、戦車で建物を破壊・・・

まさに圧巻!

近頃のCGと違って本物の迫力がある(昨今のCGは迫力は有るけどウソ臭いww)
この市街地を破壊するシーン、それとなくタンツ将軍の異常性を描いてるから、観てる側は判るんだけどね。こいつが売春婦殺しの犯人だろ!?って。
ただ、情報部のグラウ少佐がどうやって真相に迫るのか、だんだんとドキドキしてくるww

そうこうするうちに舞台はドイツ占領下のパリ・・・。
ここでも第二の猟奇殺人が起きるんだけど、いやぁ、犯行の手口が狡猾だな。
まんまと罠に嵌められたハルトマン伍長は逃亡せざるをえない窮地に陥ってしまうわけだけど、この辺りの描写も秀逸。
単にサスペンス一辺倒じゃなく、ハルトマン伍長の恋愛事情も描かれていてストーリーに厚みを加えてる。
でね、厚みを加えてるといえば実際の事件(ヒトラー暗殺計画)をストーリーに絡めることで緊迫感がさらにアップしてる。
この暗殺計画は2008年のトム・クルーズ主演『ワルキューレ』で詳しく描かれてるんだけど、爆弾を持ち込むシーンや車で逃げるシーンなどはかなり酷似した描き方。もちろん計画が失敗に終わる事は知ってるわけで、興味は三人の将軍たちがどうなるか・・・。

 

この映画はカットバック方式で描かれてる映画なんだけど、ラストは戦後20年の現代が描かれてる。
ここでも第三の猟奇殺人が発生してるんだけど、捕まって尋問されてるのは街の不良変質者。

あれ?

タンツ将軍が犯人じゃないの?

と思ったところで、ちょっとしたサプライズ。
これ以上書くと映画のほとんどをネタバレしてしまうので書かないけど、なるほどな、娯楽作品らしく上手い具合にまとめてる。
豪華出演者、サスペンスに恋愛と実際のヒトラー暗殺計画を絡めたストーリー、今から50年以上も前(1966年)の娯楽映画としては申し分ない出来ばえ。
まぁ、現代の映画と比べても全然面白いんだけどなww
2時間以上も釘付けになった映画なので、もちろん☆5個

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

1966年って大昔の映画じゃないですか

マサト
マサト

そんな昔にこんな映画を作るのが凄いわ^^

バイト君
バイト君

かなり満足されたようでww

マサト
マサト

当たり前!
ピーター・オトゥールオマー・シャリフだぞ

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

007にも出てたチャールズ・グレイだぞ
ドナルド・プレザンスも出てるし!

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

何とか言えww

バイト君
バイト君

知らない人ばっかり!

マサト
マサト

・・・・・・

 

まぁ、今の若い子は知らないだろうな(泣)
まぁ、それは良いとして・・・
この映画で一つだけ気になった事も書いておこうか。
ピーター・オトゥールのメイク、あれはちょっとやり過ぎな気がしないでもないww
異常性を演出するためかもしれないけど、あそこまで行くとオレの好みじゃないんだよな。
『パワープレイ』のゼラー大佐のようなクールな役作りでも良かったと思ってる。

 

映画「パワープレイ」は、知る人ぞ知る傑作!
映画「パワープレイ」は知らない人も多いだろうけど、これは傑作だと思うのだ。まさにクーデター映画の金字塔。最後のどんでん返しには驚かされる・・・。
映画「ヒトラー~最期の12日間~」は骨太!見応え充分!って話。
映画「ヒトラー~最期の12日間~」を観た。公開当時にも観たけど、時間をおいて観てみると新しい発見もあったりする。今回は、日本の政治家の「問題発言」が有ったので、それに関連して書いてみたけど、どうしてヒトラーだけが悪の権化みたいに言われるんだろね。スターリンや毛沢東だって人殺しには間違いないだろ。ポル・ポトなんかひどいも...
【映画】歴史に残るサスペンスの大傑作『死刑台のエレベーター』は観るべき映画!って話
サスペンス映画、スリラー映画と言えばヒッチコックを思い浮かべる人も多いだろうけど、彼の作品も色褪せて見えるほどの傑作がルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』。1958年製作の映画だけど、この映画のハラハラドキドキ感は令和の時代も色褪せない。
【映画】第二次大戦下のエンスラポイド作戦を描いた秀作『ハイドリヒを撃て!』を観た!って話
第二次大戦中に実際に起こった暗殺事件を基にして作られた映画『ハイドリヒを撃て!』を観た。実話に基づいてるだけあって、下手なストーリーよりも重みがある良い映画だった。同じ事件を題材にしてる『暁の7人』と比べてしまうけど、こちらも及第点の映画だ。
【映画】ブラックな結末『帰ってきたヒトラー』は笑えない風刺映画・・・って話
原作は読んでないけど映画『帰ってきたヒトラー』を観た。原作を読んでないから、頭の中を真っ白にして、予備知識なしで観ることが出来たんだけど、この映画、面白い!コメディとして捉える人も居るようだけど、なかなかどうして、いろいろ深い映画だな。ヒトラーをわりと肯定的に描いてるんだけど、それに対比して描かれてるのが大衆の愚かさ。いやぁ、良い映画を観た。って事で、今回は映画『帰ってきたヒトラー』が面白かった!って話。
映画「縞模様のパジャマの少年」の話。これは逸品だ!
映画「縞模様のパジャマの少年」はホロコーストを扱った映画の中でも逸品だな。変にお涙頂戴モノに走ってないし、ドイツ人の少年の視点から描いてるところが新鮮だ。これは人に勧めたい映画だ。

 

将軍たちの夜 [DVD]
ハピネット ピーエム
¥3,200(2021/11/21 15:28時点)
ワルキューレ DVD
ポニーキャニオン
¥1,980(2021/09/29 16:17時点)

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain