【映画】このラストに救いは有るのか!?ゲイとノンケの揺れる感情を描く『窮鼠はチーズの夢を見る』

よほどの話題作、好きな俳優が出ていない限り滅多に映画館に足を運ぶ事はないんだけど、今回は半年ぶりに映画館で映画を観てきた。
LGBT、特にゲイの間で話題になってる『窮鼠はチーズの夢を見る』だ。
オレもバイセクシャルなんで、この映画には興味があるし仕事の隙間時間に出かけたってわけ。
この映画の何がLGBTの人の間で話題になってるかというと・・・

ゲイとノンケの心理描写!

ゲイがノンケの人に恋心を抱くと、まぁ、普通はストレートに告白も出来ないし悶々とした日々を過ごすことになる。
この映画の中では、恋心を抱き続けるゲイ、最初は拒否しながらもいつのまにか相手の事を大切に思うようになるノンケ、でも世間の常識に沿う生き方をしようと拒否してみたり・・・。
その辺りの揺れ動く心理描写がかなり良いって噂を聞いていたから気になっていた映画。

って事で、今回は映画『窮鼠はチーズの夢を見る』を観ての感想をバイセクシャルのオレが簡単に書いてみようか。

 

 

この映画を知らない人も居るかもなので、まずは公式サイトで紹介されてるストーリーを軽く引用しておくと・・・

学生時代から「自分を好きになってくれる女性」ばかりと受け身の恋愛を繰り返してきた、大伴恭一。ある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。「昔からずっと好きだった」と突然想いを告げられる。戸惑いを隠せない恭一だったが、今ヶ瀬のペースに乗せられ、ふたりは一緒に暮らすことに。ただひたすらにまっすぐな想いに、恭一も少しずつ心を開いていき・・・。しかし、恭一の昔の恋人・夏生が現れ、ふたりの関係が変わりはじめてゆく。

この紹介文だけだと、一途に想いを寄せるピュアなゲイとノンケの恋物語、青春映画かと思うかもしれないけど、実際はかなり違う。
なにしろR-15指定映画・・・。
男同士のディープキスはもちろんだけど、フ〇ラしてる場面、ア〇ルセックスしてる場面が複数回出てくる。
こういうのに慣れてない人は・・・

セックス描写過多!

だと思うかもしれないなww
一般公開されてる映画なんで、さすがにゲイビデオみたいな過激な描写はないけど、そういうのを見慣れてるオレでもこの映画は少々興奮させられる描写だった。

 

 

で、いつものように先に結論から書くけど、この映画・・・

救いは有るのか!?(泣)

自分がバイセクシャルなんで、この映画の主人公・渉の気持ちはよくわかるつもりなんだけど、ノンケの人を好きになるとツライんだよなぁ。
映画の冒頭、ある事がキッカケで恭一の秘密を知る渉だけど、秘密をバラさないで欲しいという恭一に渉が出した条件は・・・

キスさせて!

半ば脅しのようなキスだけど、もうね、この辺りから渉の気持ちを想うと痛々しい。
二度目に会った時、キスだけの約束なのに恭一のズボンに手をかける渉。驚いた表情で、

キスだけの約束だろ!

と言う恭一に向かって渉は、

どこにキスしても一緒だろ・・・

諦めたような表情の恭一、下半身にむしゃぶりつく渉。
まぁ、エロ映画じゃないんでね、そのものズバリの描写じゃないんだけどww

 

 

恭一と渉の間は接近するんだけど、そこへ現れるのがふたりの女性。
一人は大学時代の恭一の彼女、もう一人は会社の部下。
この女性の出現によって恭一の心は揺れ動くわけ。そりゃ、どうだよな・・・

元々はノンケなんだから!

渉の気持ちも痛いほどわかるし、恭一の気持ちだってわかる気がする。
ラストの描写、記事タイトルに「救いは有るのか!?」って書いたけど、カフェで一人残される恭一の部下、見知らぬ男に抱かれながら号泣する渉、部屋で一人、渉の置いて行った灰皿を洗う恭一・・・。

三人ともバラバラ!

観終わった後、なんだかドンヨリした気分になったぞ。
これ、けなしてるんじゃない。
良い意味でドンヨリしたって事。
つまり・・・

いろいろ考えさせられた!(涙)

 

オレぐらいの歳になると、これまでの実生活でもいろいろ見たり聞いたりしてるけど、まぁ、ゲイの人がノンケに告白してもあまり良い結末にならない事が多い(この辺りの経験談は別ブログにも書いてるけどww)。
その辺りを一方に偏る事なく繊細な描写で描いてるのは評価に値するな。

役者も良かった。
特に渉を演じた成田凌の演技は胸に沁みる。大学時代から8年間も想いを寄せてる表情、観てるオレの方が胸を締め付けられるような感覚になったぞ。
誕生日に恭一からワインを渡されるシーン、あそこの表情なんか目に焼き付いてしまった(涙)
『窮鼠はチーズの夢を見る』は・・・

ドンヨリするけど良い映画!

 

 

この映画は映画館で観てきたことは書いた通り。
早めの時間に行って鑑賞券を握りしめて、ワクワクしながら待ってたんだけどね・・・

いざ館内に入ってちょっとビックリしたぞ。

まわりは女性客ばっかり!

男性客(しかもオレのようなオジサン)は一人も居ないww
まっ、恭一を演じてる大倉忠義クンの濡れ場を観に来てると予想(なんと言ってもジャニーズだし)。
映画館なんて映画が始まってしまえば真っ暗になるんだし、男一人でも恥ずかしくも何ともないけど、始まるまでの時間が少々苦痛だったww

 

 

褒めてばかりもアレなんで、ちょっとだけ気に入らないところ(気になるところ)も書いておこうか。
傷心の恭一がゲイバーだかゲイの集まるクラブに行くシーン。

何でオネエしか出てこない!?ww

そりゃ、ノンケの人にはオネエってのが「分かりやすいゲイの姿」なのかも知れないけど、オレみたいなLGBTど真ん中の人間にしてみたら、逆に違和感だ。
今の世の中、普通にサラリーマンやりながらノンケを装ってるゲイも多いし、映画に出てきたようなオープンな人間ばかりじゃない。
その点は妻夫木クンがゲイを演じた『怒り』の描写は秀逸だった。

LGBTの人にはいろいろ考える機会を与えてくれる映画かもしれないな。

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

仕事に遅れて来たかと思えば映画観てたんですか!

マサト
マサト

おう!
前から気になってたからな^^

バイト君
バイト君

そんなの土日に行けば良いじゃないですか!

マサト
マサト

土日は混んでるだろ

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

今日のオレは映画の余韻に浸ってるのだ
あまり話しかけてくるな^^

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

この映画の原作は小学館の女性向けコミック誌に掲載された漫画作品。
映画のデキがこれだけ良いと原作の方も気になる。
さっそく買って読んでみたいと思ってる。

 

 

その他のゲイ関連映画&記事

映画「怒り」の見どころはゲイシーン以外にもたくさん有った!
映画「怒り」を観た。例の市橋達也の事件をモデルにした吉田修一の原作の映画化作品だ。妻夫木君のゲイシーンが目当てだったんだけど、これ、思いのほか良い映画だったな。見どころが多い!
【映画】LGBTのオジサンが『劇場版 おっさんずラブ』を観て想う事・・・って話
劇場版の『おっさんずラブ』を観てきた。公開されたら何が何でも映画館で観ようと決めてたので、満を持しての鑑賞。うん、突っ込みどころ満載の映画だな。だけど、それで良いと思ってる。これはそういう映画なんだし、登場人物たちのピュアさを楽しむ映画だ。
【ドラマ】『おっさんずラブ』はLGBTのハートを掴む!って話
今さらだけど話題になってた『おっさんずラブ』を観た。いやぁ、これ面白い!ノンケに恋する男性と、男性に告白されて困惑するノンケの心情がよく描かれてる。ラストシーンも泣かせる!全七話、一気に観た感想を書いてみた。うん、☆5個のドラマだ・・・。
【映画】ゲイなら観ておきたい!ボブ・ディランの名曲に魂を揺さぶられる『チョコレートドーナツ』
超絶バッドエンドな映画を観た。『チョコレートドーナツ』なんてタイトルからは想像も出来ないバッドエンドだったけど、映画の内容はすこぶる優秀。吹き替え無しでボブ・ディランの名曲を唄いきってるアラン・カミングの熱唱は必見。ゲイなら観ておきたい映画。
バイセクシャルが『ブロークバック・マウンテン』を観た!って話
映画『ブロークバック・マウンテン』を観た。号泣したとか、涙が止まらなかったとか、いろいろ高評価の映画なので、期待して観たんだけどね.1963年から20年に及ぶ「男同士の愛」を描いたものだけど、うん、悪くはない。悪くはないけど、好みじゃないんだよなぁ。いろいろ細部にこだわった演出もされてるし、玄人ウケもしそうなんだけど、...
バイセクシャルの視点で『マイ・プライベート・アイダホ』を観た!って話
今なお人気のあるリヴァー・フェニックスの映画『マイ・プライベート・アイダホ』を観た。バイセクシャルの視点から観たんだけど、う~ん、この映画の良さがイマイチ解らないんだよなぁ...。扱ってるテーマは重いんだけど、描写が好みじゃない。セックス・シーンでの動きを止めた「静止画」っぽい演出とかね。でも、リヴァー・フェニックスの...
【映画】アカデミー賞受賞作『ムーンライト』を観た。人種、性...様々なものを超えて訴えるものとは?って話
全編、黒人しか出てこない映画『ムーンライト』を観た。れっきとしたアカデミー作品賞の受賞作。ロクでもない母親の元、ロクでもない街にくらす黒人少年が大人になるまでを三章構成で描いてる。ここで問われるのはゲイとかLGBTを超えた人間としての問い。
ゲイ映画?『メゾン・ド・ヒミコ』は、ちょっと残念な映画!って話
映画『メゾン・ド・ヒミコ』を観た。世間では高評価が多いみたいだけど、オレの中では中の下だな...。扱ってる題材も面白いし、舞台設定も良いと思うんだけど、ゲイの集まる老人ホームに入所してるゲイが、どうして「オネエ」ばっかりなんだ?これは観てて面白くない、。世の中のゲイに対するステレオタイプを、そのまま映像にしてるだろ。ゲ...
ゲイ視点で『昼のセント酒』を観てる!って話
Amazonプライム・ビデオで配信されている『昼のセント酒』、これ、シーズン1を通して観たけど、いやぁ面白い!イケメン俳優のケツを見放題なのだww これ、ゲイとかバイの人にとってはたまらないだろ。いわゆるグルメ番組とでもいうのか、都内に実際にある銭湯と食堂なんかを巡って、風呂上りに料理をつまみながらビールを飲むってだけの番組。毎回、同じパターンの繰り返しなんだけど、同じパターンの繰り返しだからこその「安定感」。って事で、今回はゲイの視点で『昼のセント酒』を観てる!って話。
【映画】ゲイ視点で観る『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
第二次大戦中に使われたドイツの暗号機エニグマ。その暗号を解いた天才数学者、チューリングを描いた映画を観た。41歳で自殺を遂げるまでの生涯を描いてるんだけど、驚いたのは彼がゲイだったって事。サスペンスあり、人間ドラマありの一筋縄でいかない映画。
ノンケを口説き落とす!オレ式の口説き方をまとめてみた。
これまで何人もノンケを口説き落としたけど、オレ式の口説き方の心構えをまとめてみた。要は誠実に向き合う事が一番だ。あとは、少しの駆け引きww
ちょっと本気でノンケ君を口説いてみる!って話
ゲイやバイセクシャルの人って、ノンケの人を好きになったらどうしてるんだろ?ハッキリと告白?それとも一人で悶々としてる? 仕事の打ち合わせで県庁に行った時、担当者が超イケメンだった^^ まぁ、ノンケなんだろうけど、なんとか口説き落としたい!って話。

 

おっさんずラブ DVD-BOX
TCエンタテインメント
¥18,810(2020/06/03 22:44時点)

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain