【無印良品】アルミ丸軸万年筆を買ってみた!スタイリッシュなデザインと書き味がお気に入り!って話

自慢じゃないけど、これまで万年筆を買った事も無ければ使った事もなかった。
そりゃ仕事用でパーカーとかウォーターマンのお高めのボールペンは持ってるけど、万年筆だけは使おうとは思わなかったからな。
理由は簡単・・・

面倒くさそう!ww

インクの入れ替えとか手間がかかりそうだし、なによりもお値段が高いだろ。
モンブランのマイスターシュテックだっけ、あのシリーズなんか1本で10万円前後のお値段のやつもあるし、ペリカンのスーベレーンだって5万円とか7万円・・・。
万年筆にそんな金を出すぐらいなら、ウォーターマンとかラミーで3万円ぐらいのボールペンを使う方が良いと思ってたわけ。
そんなオレがこの歳になって初めて万年筆デビューしてみた。
デビューって言ってもマイスターシュテックとかスーベレーンじゃないぞ。
買ってきたのは無印良品のアルミ丸軸万年筆

って事で、今回は無印の万年筆について想うところを書いてみようか。

 

 

いきなり万年筆を使ってみたくなったのは理由があって、それは一冊の本・・・。
この本を読んで俄然万年筆を使ってみたくなった。

【読書】まさかの恋愛小説!?雫井脩介の『クローズド・ノート』は消化不良!って話

これね、内容的には大したことない恋愛小説なんだけど、やたらめったら万年筆の話が出てくる。
なにしろ主人公の女子大学生のアルバイト先が文具屋の万年筆売り場ww
その売り場で出会った男性に想いを寄せるって話なんだけど、まぁ、ストーリーとは別の部分で万年筆のウンチクが多い。
それだけならオレだって万年筆を使ってみようとは思わないけど、主人公のこんな台詞がオレに刺さった。

万年筆で書くと・・・

字が上手く見えるんですよ!

これは刺さったなww
なにしろオレは自他共に認める悪筆
万年筆で書くだけで字が上手く見えるなら試してみたい・・・。

よし、買ってみよう!

と、そんな流れで万年筆を買ってみる事にしたわけ。

 

ただ、買うと言ってもいきなりモンブランだのペリカンだのの高級品を買うのは躊躇するだろ。
万が一、字が上手に見えなかったら、それこそ大損ww
お手頃価格で何か良さそうなものはないか、ネットでいろいろ調べてみたぞ。
で、見つけたのが無印の万年筆。
千円ちょいのお値段でかなり評判が良い。欧州規格で作られてるそうでペリカンのコンバーター等を使えば各社のインクを入れ替える事も出来るとか・・・。
さっそく自宅から徒歩10分の無印良品へ行ってみた。
筆記具の並べられてるコーナーで目的の万年筆を発見。
買ってみた・・・。

無印良品 アルミ丸軸万年筆

さすがに税込み千円ちょいのお値段だと箱には入れられてないww
まっ、問題なのは書き味字が上手く見えるかどうか・・・。

取り出してみたぞ。

アルミの質感がスタイリッシュだな。
蓋というのかキャップ、これも本体にピッタリとフィットしてて千円の万年筆とは思えない仕上がり。

ペン先を確認してみると・・・

お洒落!ww

このお値段なのでさすがに金のペン先ってわけにいかないけど、これはこれで魅力的(チープ感はないしww)
聞いた話だと、このペン先は有名なメーカーのものを使ってるらしい(どこのメーカーか忘れたww)

手に持ってみた・・・。

うん、持ちやすい。
これは良いかもしれない・・・。
何か試し書きしてみたいけど、その前にインクの準備・・・。

 

万年筆のインクの入れ方はカートリッジ式だとかコンバーター式だとかいくつか有るそうで、この万年筆はカートリッジ式
パッケージの裏側に丁寧に説明がされてた。

これまで万年筆を使った事がないので、この説明書きを熟読ww
3回ほど繰り返し読んで付属のカートリッジを確認。

本体に挿し込んでみた。

よし、出来たはず。
なんだかドキドキしてきたww

あとはホントに字が上手く見えるのかどうか試し書き。
オレが万年筆を使う気になった例の本には万年筆を使う時のコツとして、万年筆は筆圧をかけない寝かせ気味に書くって書かれてたけど、う~ん、どんな具合で書けば良いのか分からんww
とりあえず書いてみるしかないな。
無印で買ってきたノートにテキトーに試し書きをしてみた。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

字は変わらん!(涙)

万年筆で書くと字が上手く見えるんですよ!って言葉を本気にして買ってみたけど、いつもボールペンで書いてる字と変わらない気がするww
ただ、ちょっと驚いたのは・・・

書き味!

普段からゴリゴリに筆圧をかけてボールペンで書いてるオレには、この万年筆の書き味は超新鮮ww
筆圧どころか紙の上でペン先を滑らせるだけでインクがスラスラ出てくるじゃないか。
これには真剣に驚いたww
さすがに複写式の紙には万年筆は使えないけど、ちょっとした書類とか備忘録にはかなり良さそう。
スタイリッシュなデザイン、スラスラの書き味、これで千円ならコスパ高いな。
今回は良い買い物をしたと満足してるぞ。

 

世の中にはカメラのレンズ沼とかキャンプ道具沼とか、まぁ、様々なが有るんだけど、今回、万年筆の事を調べてて知ったのが万年筆にもが有るということ。
youtubeには万年筆をコレクションしてる人の動画も多いし、各メーカー、各シリーズで書き味が違うそうだ。
万年筆沼だけじゃなくて、この世界にはインク沼ってのもあるそうだ。
各社のインクを使い分けたり、いろいろな色を組み合わせて自分だけのお気に入りの色を作ったり、なかなか奥が深い。
Pilotiroshizuku-色彩雫(いろしずく)シリーズなんて24種ものカラーが出ていて、ボトルもまるで香水でも入ってるようなお洒落感(お値段もそれなりにするけどww)

©Pilot

字が上手だったら、オレも万年筆をコレクションしたりインク沼にハマッてみたいけど、にハマる前にまずは字の練習からだな・・・。
とはいえ、筆圧をかけずにスラスラかける万年筆、初めて使ってみたけど大いに気に入った。
今回は千円で無印良品の万年筆を買ったけど、少し字が上達したら今度は5千円ぐらいの万年筆にステップアップしようかと思案中。

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

相変わらず字が汚いww

マサト
マサト

うっさいな・・・

バイト君
バイト君

けど、ボールペンで書いた時より上手く見えますよ

マサト
マサト

マジ!?

バイト君
バイト君

ほとんど気のせいレベルですけど、万年筆で書いてる方が筆圧をかけてない分、上手く見えるのかも

マサト
マサト

気のせいでもボールペンより上手く見えるなら嬉しいわww

バイト君
バイト君

まぁ、凄い底辺の争いなんですけど
どっちも小学生レベルの字だしww

マサト
マサト

・・・・・・

 

小学生レベルで悪かったな!ww
まぁ、万年筆で書いた方が綺麗に見えるような気はしてきた(気がするだけww)
5千円の万年筆を買う前に、無印のアルミ丸軸万年筆をカスタムしてみよっと。
とりあえずペリカンのコンバーターを買ってPilot色彩雫を入れてみようか・・・

 

【HOME COORDY】歯ブラシ用のスタンドをペン立てに代用。何気にお洒落で使いやすい!って話
イオンで目に止まったHOME COORDYの歯ブラシスタンド。これをペン立てに代用してみたら大正解だった。デザイン、質感、使い勝手等々、大満足してる。陶器で作られた歯ブラシスタンドにあれこれペンを立てて仕事場の机の上に並べると能率もアップ。
【オレのこだわり】客にサインさせる時には、それなりのペンを使って欲しい!って話(オススメのボールペン編)
いい歳をした営業マンが客にサインをもらう時に差し出したボールペンが100均のボールペンだったら・・・これ、オレだったら嫌だな。一気に購買意欲が失せる。客相手には、それなりのモノを使って欲しいってのが、オレの基本的な考えだ。って事で、先日、車を買うためにディーラーに行った時の話を書いてみた。その流れで、オレのオススメするボールペンのブランドもいくつか紹介してみたぞ。車を買ったら、一番最初に誰を乗せる?オレが山口に住んでた頃の「迷信」も紹介してみた。今時、こんな「迷信」を信じてる人が居るのかどうか知らんけどww って訳で、今回の話はボールペンやら「迷信」の話。
【無印良品】手帳暦30年のオジサンが初めて無印の手帳を買ってみた!って話
手帳といえば高橋の手帳が有名。オレも30年使い続けてるけど、来年の手帳は初めて無印良品のものを使う事にした。紙の質、中身の構成、どれも老舗の高橋の手帳に負けてない。さっそくあれこれと予定を書き込んでみた。手帳が変わると何だか新しい自分だな。
ビジネスマナーの話。それと字が上手だと得をする?って話
オジサンの考えるビジネスマナー。まぁ、考えが古いって言われそうだけどなw 100均の名刺入れはアカンだろ、って思うのだ。それと、字が上手だと得をする!?って話。
無印良品の小銭・カードケースは安いけどコスパ最強かも。イタリア産ヌメ革で使い勝手も良い!って話
youtubeで観て以来気になってた無印良品の小銭・カードケースを買ってみた。気軽に尻ポケットに入れて歩き回れる財布をいろいろ探してたんだけど、これは値段のわりに良い作り。イタリア産のヌメ革でエイジングも楽しめそうだ。何気にコスパ最強かも!
【無印良品】あまりの旨さに驚いた!無印の「牛ばら肉の大盛りカレー」の話
最近は無印良品の食品もいろいろ充実してて、ぬか床まで売ってる。今回はネットでも評判の無印のレトルトカレーを食べてみた。無印のレトルトカレーと言っても種類が豊富なんだけど、今回食べたのは「牛ばら肉の大盛りカレー」。これが洋食屋顔負けの味!
【無印良品】季節限定の栗のプチケーキ/ふんわりなのにしっとり!って話
近所の無印で季節限定の商品「栗のプチケーキ」を買った。甘栗のペーストを練り込んだ一口サイズのケーキで、ふんわりしてるのに口の中に入れるとしっとり。後から追いかけてくる栗の風味。これは季節限定と言わず通年で売って欲しいw 軽く食レポしてみた。
【読書】まさかの恋愛小説!?雫井脩介の『クローズド・ノート』は消化不良!って話
何の予備知識もなく読み始めた雫井脩介の『クローズド・ノート』。文庫本の背表紙の紹介文で勝手にミステリーかホラー系だと早合点してたんだけど、まさかの恋愛小説だった。なんだかラノベを読んだような気分だった。読了後は余韻どころか解放感を味わった。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain