センター試験(2019年)が終わった。2021年からは新テスト!って話

学習塾なんてのをやってると一年に何度か胃が痛くなる時期がある。
毎年、高校入試の前日なんかは一睡もできない。
同じように胃が痛くなるのがセンター試験
子供にとっては、まさに真剣勝負の日だろ。
俺がいくら

センターの問題なんか基礎レベル!

って言っても、まぁ、当人たちにとってはドキドキするだろうし、そのドキドキ感がオレにも伝染してしまうのだ。
昨日、2019年のセンター試験が終わった。
各自、自己採点して悲喜こもごもだろうけど、まだ終わったわけじゃない。二次試験に向けて最後の追い込みは続く。
って事で、今回はセンター試験の話と2021年から実施予定の新テストについて書いてみようか。



例年のことだけど、話題に上がるのが「今年のセンター試験は易化したか難化したか」って事。
いつも言ってるけど、易化しようが難化しようが、しょせんセンターレベル。
センター試験自体、基礎力を問う問題が多いんだし、易しいことは間違いない。
子供にも言ってるけど、センター試験なんか・・・

満点を狙え!

たかだかマークシートの問題、満点を狙っていくのは当たり前だと思ってるぞ。
数学なんかは計算しないとだけど、あれだからね・・・

数学が一番満点を取りやすい!

いつもそう言ってるのに、8割得点したい、とか、せめて7割は欲しい、なんて言う子が居る。オレの感覚だと論外だぞ。最初から7割、8割の得点しか狙って行かなかなかったら、本番では5割、6割だ。最高に出来ても8割・・・。
センター試験なんか満点を狙わなくてどうする。
もちろん満点を狙うには、それなりの準備努力が必要なのは言うまでもないけど。
普段、何の努力もしてない、成績も良くない子が「満点を狙う」って言っても、それはギャグにしか聞こえないしww

 

センター試験と言えば、毎年、問題の重箱の隅をつつくような事が話題に取り上げられるんだけど、去年(2018年)だと地理で出題されたムーミンの問題。
これについては、去年の所感で書いてるけど、あんなので騒ぐのは恥の上塗りでしかない。

今年も『センター試験』が終わった。2018年の感想を書いてみる!って話
今年(2018年)のセンター試験が終わったな。今年もいろいろとニュースを提供してくれたセンター試験、某タレントの青学受験とか・・・。そういえば地理の問題でムーミンが出題されてプチ炎上したりww あれは、普通に「常識の範囲内」で解ける問題だと思ってるんだけどな。学習塾のオーナーが、今年のセンター試験について、思うところを...

本当に優秀な子なら、あの程度の問題に一喜一憂しないし、そもそも解いて当たり前の問題。「常識の範囲内」として解いて当たり前の問題だろ。
それを難問だのどうのこうの言うのは、自分の知識の無さを宣伝してるようなもんだ。

去年の入試で言えば、もう一つ話題になった事があった。
アホみたいな芸人が青学を受験するとか・・・。
あんなもんを合格させたら、それこそ青学も売名行為をするただの大学に成り下がると思ってたんだけど、さすがに青学も良識を示して合格はさせなかったけどww

 

で、今年のセンター試験、今年も何か話題になりそうな問題は出題されるのかと注目してたんだけど、最後の最後になって出題された。
英語のヒアリングのテストで出されたイラスト・・・。
こういうイラストがTwitterで騒がれてたww

ニンジンやらキュウリのイラストだけど、これが可愛いって事らしい。
まぁ、去年のムーミンみたいに問題の内容に触れる騒動じゃなかったんで、その辺は好感だけどww

 

このセンター試験、2021年からは「大学入学共通テスト」ってのに変わる。
思考力や判断力、表現力を問う問題が出題されるようになるんだけど、今年の生物ではそれを意識したような問題もあった。
森林で採取した土に水をやりながら放置すると、どのような植物が生えるのかを実験して、結果から推測される現象を問う四択の問題。
生物なんてのは暗記科目と言っても良いけど、こういう思考力や判断力を問う問題が増えるのは良い事だと思ってる。
じゃぁ、この「大学入学共通テスト」を手放しで歓迎するかと言うと・・・

No!

だな・・・。

 

この新テスト、予定通りにいけば今の高校1年生が受験する時から実施されるんだけど、センター試験との違いを軽く押さえてみる。
何といっても一番の目玉は・・・

記述式問題が出てくる!

全科目に出題されるわけじゃなくて、国語数学で3問ずつ程度の出題。それにともなって国語は20分程度、数学は10分程度、試験時間が延長される。
これには大いに疑問を感じてるぞ。
国語と数学にしても、膨大な数の解答用紙になるだろうけど、これを採点するとなると、それこそどれだけの人員が必要になるんだ?
採点者の質も気になる。誰がどういう形で採点するのか知らないけど、国語なんか、採点者の裁量で点数が大きく左右さるだろ。
オレが気になるのは、字の上手・下手で採点が左右される危険。
いつかも書いたけど、オレだって、下手くそな字で書かれてる答案は見る気がしない。
それが膨大な数の答案を採点するとなると、字が汚いってだけでハネられる危険もありそうで怖いな。

ビジネスマナーの話。それと字が上手だと得をする?って話
オジサンの考えるビジネスマナー。まぁ、考えが古いって言われそうだけどなw 100均の名刺入れはアカンだろ、って思うのだ。それと、字が上手だと得をする!?って話。

どんなに立派な答案を書いていても字が汚いと、それだけで印象が悪い。
これからは受験勉強の他にも、字の練習をしないといけなくなるかもな・・・。

 

気になる事はまだある。
英語に関しては、「民間の資格・検定試験」が用意されるって事だ。
読む・聞く・話す・書くの「4技能」を評価するため、大学入試として活用できる資格・検定試験を国が認定するんだけど、今のところこの資格・検定試験にはTOEFLやらTOEIC英検(1~3級)等の7団体24資格が認定されてる。
高校3年生の4~12月の間に2回までに受験した資格・検定試験の結果が大学入試センターへ送られて、さらに各大学へ送付されるって事だけどね。

これにも大いに疑問を感じる。
そもそも各資格・検定だけど・・・

その検定・資格の難易度の差はどうやって調整するんだ?

7団体24資格だろ、それぞれに難易度に差が有る事は誰が見ても明らか。
何がしかの手順で調整するんだけど、それだけで一律に公平な評価が出来るのか甚だ疑問だ。
23年度までは従来の試験も実施して民間の認定試験と併用するんだけど、ここで感じるのは・・・

不公平感!

高校3年生の時に2回まで民間の資格・検定試験を受験できるって事だけど、これだってタダじゃないだろ。
受験料がかかるわけだ。
最近は親の経済力で学力が決まるって騒がれてるけど、それに拍車をかけるような気がする。もっといえば都会と地方の格差も影響しそうだな。
簡単に民間の資格・検定試験なんて言っても、地方に住んでる子にとっては、受験地に行くのだって交通費やら何だかんだで負担増だ。

 

記述問題を取り入れるのは大いに賛成だけど、それは各大学が、

二次試験でやるべき!

だと思ってる。
学生を集めるために(金儲けのためにと言い換えても良い)、センター試験だけの結果で合否を決める大学もあるし、それこそ「大学入学共通テスト」の主旨に反するだろ。
思考力や判断力、表現力は、各大学が二次試験で問えば良い。
安易な学生集めに奔走すると、ますます大学間の格差は広がるだろうな。

オレは「共通一次試験」の世代だけど、加熱する受験競争を緩和して大学間の序列を無くすために実施されたんじゃなかったのか?
それがセンター試験を経て、今度は大学入学共通テスト・・・。
ますます序列化、というか学力の二極化が進むと思ってる。

 

国語にしても数学、英語にしても民間に採点作業が委託された場合、公平な採点が担保されてるのか不安すぎる。
また、記述問題なんてのは自己採点が難しい。
1点、2点を争う受験で自己採点が出来ないんじゃ、願書を提出する時に受験生を困らせる事に繋がるだろ。
そもそも、採点する人間(業者というか団体というか会社)は信用できるのか?
いろいろ不安な(というか不安しかない大学入学共通テストだな。




いつものバイト君の下書きチェック

今の高1は大変ww

マサト
マサト

ったく、役人どもはロクな事をしない・・・

文科省の有識者会議で
民間の検定を導入するように主張したのは・・・

マサト
マサト

あの会長だ!

楽天のあの会長ねww

マサト
マサト

何の思惑が有るのか知らんけど、
ロクな事を言わないな

・・・・・・

マサト
マサト

受験生の事を金の成る木とでも思ってるんじゃないか!?

・・・・・・

 

オレが受験生の頃と比べて、今の受験生の数は半分程度。
そのくせ大学の数は減ってない。
どこだって優秀な学生の奪い合いだ。
これからは、ますます大学の序列化は進むだろうな。
てか・・・

大学が多すぎる!

役人は試験の在り方を細々と変えるよりも、大学の数を減らす事を考えるべき。

そうそう、英語の民間試験の受験結果を認めないって表明してる大学もある。
現在のところ東大、東北大、名古屋大の三校。
大学の良識を示したと思ってるぞ。

 

親の年収格差は学力格差につながるのか!?ならば、乗り越えろ!って話
格差社会なんて言われはじめて久しいけど、ちょっと考えてみたのが、親の年収格差で子の学力に差が出るのかどうか...。綺麗事を言っても仕方ないし、思った通り書くけど、親の年収格差で子供の学力に差はできやすい、と思ってる。だからと言って、全部が全部、当てはまる訳じゃない。それを乗り越えてる子もたくさん居る。今回はオレが思って...
親が子供に行かせたい大学・・・を見て考えた事
「親が子供に行かせたい大学」ってのがランキング形式で発表されてたので少し古いランキングだけど見てみた。なるほどね、上位には旧帝大やら有名私大が並んでる。で、親の心情を表してるのが2位の「その他国公立大学」ってところだな。実家から通える国公立なら、経済的負担も少ないし、うん、正直な気持ちだろうな。とは言え3位に慶応ww ...
林 修さんの『受験必要論』は読むべき名著!って話
学習塾なんてのをやってると、子供やら保護者に読んでほしい本もあるわけで...。今回は、ウチに来てる親子には必ず勧めてる本の紹介だ。林 修さんの『受験必要論』だ。目的意識の希薄な子も多いけど、この本に書かれてる通り「受験は特権的なこと」って意識を忘れずにいて欲しい。その特権を与えられてることは、幸せなことなのだ。勉強への...
【英語のお勉強】アル・パチーノの大演説が珠玉すぎる『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』を観て学ぶ!って話
アル・パチーノがアカデミー主演男優賞を獲った『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』は評価も高い名画。何といってもラストの名演説が凄い。盲目の退役軍人を演じてるんだけど、瞳さえも動かさない演技は圧巻。この演説、中学生レベルでも解る英語なんでね、ちょこっとだけ引用して意味を書いてみた。この内容は、英語の勉強以前に人生の指針となるような内容なんで、大好きなのだ。って事で、今回は映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』と英語の勉強の話。
【英語のお勉強】名曲『幸せの黄色いリボン』の話。英語学習は聴きやすい歌を唄うことから!って話
ビールのCMでもお馴染みの『幸せの黄色いリボン』について、ほんの少しだけ軽く書いてみた。ストーリー性のある歌詞とポップなメロディーは、日本人にも馴染みやすい。って事で、今回の話は1973年の大ヒット曲の話。ついでに、いかがわしい英語教材についても書いてみたぞ。
2020年度大学入試改革! 新テストのすべてがわかる本
伯井美徳(前大学入試センター理事)/大杉住子(大学入試センター審議役)
¥ 2,160(2019/01/21 07:59時点)



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain