【大学入学共通テスト】第1回目はどんな問題が出るのか簡単にまとめてみた!って話

今年からセンター試験に代わって大学入学共通テストが実施されるわけだけど、いやはや、何て言うか・・・

今年の高校3年生は大変!

このブログでも何度か書いたけど、受験を金儲けの道具としか考えない一部の大人の思惑に振り回された感が強い。
英語民間試験だとか記述式問題の導入なんて、金を儲けたい大人の都合に合わせた改悪でしかないだろ。結局、見送りになったわけだけど、あのドタバタで一喜一憂させられた受験生は気の毒。そんなところへ新型コロナウイルスの大騒動。学校は休校になるし、塾・予備校だってオンラインでの講義に切り替えるところも・・・。対面じゃないと伝わらないような勉強もあるのにな。
これまでのドタバタぶりについてはこちらの記事・・・。

英語民間試験なんて見直すべき!大人の思惑に振り回されるのは受験生!って話

【大学入学共通テスト】記述式問題なんてのは、各大学の二次試験でやれば良いだろ!って話

首都圏には緊急事態宣言が再発出されたというのに、大学入学共通テストは当初の予定通り行われるとの事。
これまでにセンター試験と出題は変わるのかどうか・・・今回は簡単にまとめてみた話を書いてみようか。

 

 

学習塾(中学受験・高校受験メイン)なんてのをやってると、今の時期に多いのがこんな質問。

どんな問題が出ますか?

まぁ、そこは商売の範囲なんで過去の傾向から答えることは出来るけど、今年になって増えてるのが、

大学入学共通テストの傾向!

そんなもんオレが知るわけないないだろww
そもそもウチは中学・高校受験専門、大学入学共通テストなんて範囲外もいいとこだけど、保護者らしき人間から電話がきたりするから困惑してしまう。傾向もなにも今回(2021年)が初めてなんだし、ここは傾向というよりも予測しかできない。「過去問」がないのに傾向なんかわかるわけないじゃないか。
って言うか、年も明けたこの時期にそんな事を問い合わせて来るのもどうかと思うけどww

そんな事を考えてたら今朝の新聞にタイムリーな記事が掲載されてた。
これ・・・。

2021年1月7日、読売新聞朝刊の紙面だけど、国・英・数の主要3教科について予備校の専門家に展望を訊いた記事。
なかなか興味深い内容なのでかいつまんでまとめてみよう。

 

まずは英語。
大学入試センターが公表してる問題作成方針によると、発音、アクセントなどを単独で問う問題は出題しないと予告。
じゃぁ、難易度は下がるのかと言うと否で、「英文を読む量が増える」と予想されてるそうだ。過去の試行調査では2020年のセンター試験と比べて単語数が2割増えてるので、本番でも同程度の単語数は出ると予想。
で、何が重要かというと「試験時間は従来と変わらないのに単語数が増えると、語彙力・速読力を上げなければいけない」って事。
英語民間試験の活用なんていうくだらない方式は見送られたけど、内容的には従来よりも難化すると思って臨んだ方がよさそう。発音やアクセントの問題は単独では出ないけど、広く文法の知識が問われるような英語の総合力が必要になる。
まぁ、年も明けたこの時期に総合力もなにも、今までやってきた事を出しきるだけだけどww

 

続いては国語。
記述式問題が見送りとなって一安心なんだけど、こちらも従来のセンター試験とは少し変化してきそうな気配。
試行調査では「複数の資料を読んで解答を選ぶ問題」が出てたけど、こういう問題で必要なのは読むスピード、必要なものを選び出す力。全部の資料を丁寧に見てたら試験時間80分じゃ足りない。
去年のセンター試験の漢文でも漢文を読んで四つの絵の中から正しいものを選ばせる問題が出題されてるけど、漢文の知識を問いながら読解力も見ている問題。
今年の試験でも図を使った問題が出る可能性はあるそうだ。

 

最後は数学。
こちらも記述式問題は見送られて一安心といきたいところだけど、どうも安心はできなさそうな按配ww
なにしろ試験時間が70分となってセンター試験よりも10分長くなってる。
試験時間が長くなるって事は「それだけ難問を出す」という警告とも受け取れるんだけど・・・。まぁ、難問とはいっても大学入学共通テストなんで基礎力をしっかり身につけてれば恐れる事はないと思うけど。
試行調査では「会話形式の問題文」が出て話題になったけど、こういう問題が出ると長い文章を読み込めない(読解力のない)子は点数を落としやすいから注意。
公式の丸暗記だけで解けるような問題は減ると予想されるので、これまでよりも差はつきやすくなりそう。

って感じで、いろいろと予想されてたんだけど、恐れる事は何もない。
記述式問題も見送られたのでバカな学生アルバイトに採点される危険は無いんだし、普段から真面目に取り組んでる子なら何てことないだろ。
いつも言ってるけど受験の基本は国語力。
子供の頃から本を読んで読解力を身につける事が合格への一番の近道。高校生になって慌てて本を読み始めても、よほど能力のある子じゃないと読解力なんて深くは根付かない。
よく言われることだけど、国語の成績を見れば地頭の良し悪しが測れる。

大学入学共通テスト、予測としては英語は文章量が増える国語は複数の資料を扱った問題が出ると言われてるけど、共通テスト元年、どんな問題がでるのか注目してる。

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

いよいよ第1回目の共通テストですか

マサト
マサト

今年の受験生は踏んだり蹴ったりだな

バイト君
バイト君

英語民間試験とか記述式問題の導入でドタバタでしたからね

マサト
マサト

まったく、大人の都合に振り回されて気の毒だ

バイト君
バイト君

まぁ、自分の力を出しきる事を期待ww

マサト
マサト

当たり前!
みんな同じ条件なんだから、コロナとか緊急事態宣言を言い訳にしちゃアカン!

バイト君
バイト君

興奮し過ぎww

マサト
マサト

・・・・・・

受験なんてのは林先生の本にも書かれてるけど「平等な競争」だからな。
裏口入学ならともかく、普通に受験するならみんなが同じ条件。
少しでもリードしようと思ったら、それだけの努力も必要。もちろん少ない努力で志望校に合格するのに越した事はないけど、現状の能力が足りないならたくさん努力するしかない。そうすれば自ずと自信も湧いてくるだろ。
いつも言ってるけど、試験会場で自信満々の顔で座る事も大事!ww

空気に飲まれない事だ!ww

 

林 修さんの『受験必要論』は読むべき名著!って話
学習塾なんてのをやってると、子供やら保護者に読んでほしい本もあるわけで...。今回は、ウチに来てる親子には必ず勧めてる本の紹介だ。林 修さんの『受験必要論』だ。目的意識の希薄な子も多いけど、この本に書かれてる通り「受験は特権的なこと」って意識を忘れずにいて欲しい。その特権を与えられてることは、幸せなことなのだ。勉強への...
親が子供に行かせたい大学・・・を見て考えた事
「親が子供に行かせたい大学」ってのがランキング形式で発表されてたので少し古いランキングだけど見てみた。なるほどね、上位には旧帝大やら有名私大が並んでる。で、親の心情を表してるのが2位の「その他国公立大学」ってところだな。実家から通える国公立なら、経済的負担も少ないし、うん、正直な気持ちだろうな。とは言え3位に慶応ww ...
【テレビ】受験は甘くない。ジャガー横田の「スッキリ」受験密着シリーズで思った事
ジャガー横田の息子の中学受験に密着してたテレビ番組「スッキリ」だけど、いよいよ合格発表の回が放送された。予想通りというか予定通りというか、不合格だった。この番組を観て思うのは、受験を甘く見過ぎ。どんな甘い考えで受験を捉えてるのかって事だ。
学習塾のオーナーが志望校合格への勉強方法と取り組み方を簡単に書いてみる!って話
親の経済力の差が子供の学力格差に繋がるって話を聞くけど、オレに言わせれば、親の経済力の前に「地域による学力格差」が有る事が問題。都会と田舎の学力を比べてみると、受験をする時には都会の子の方が有利なのは間違いないだろ。そんな話を書いてみた。
親の年収格差は学力格差につながるのか!?ならば、乗り越えろ!って話
格差社会なんて言われはじめて久しいけど、ちょっと考えてみたのが、親の年収格差で子の学力に差が出るのかどうか...。綺麗事を言っても仕方ないし、思った通り書くけど、親の年収格差で子供の学力に差はできやすい、と思ってる。だからと言って、全部が全部、当てはまる訳じゃない。それを乗り越えてる子もたくさん居る。今回はオレが思って...
英語民間試験の見送り決定!格差があるのは仕方ないけど、それを埋めるのが国だろ!?って話
制度的にいろいろな問題が指摘されてた英語民間試験、文科相の「身の丈」発言もあってとうとう見送りになった。英語民間試験を全面的に否定する訳じゃないけど、さすがに今回の制度では穴が多すぎる。まぁ、一番嫌なのは、これを政争の具にしようとする野党!

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain