【映画】デンゼル・ワシントンは正義の味方が似合う!『イコライザー』の話

気楽に映画を観るなら深いテーマを扱ったモノやお涙頂戴モノよりも、断然にオススメなのが・・・

勧善懲悪もの!

世の中にはびこる悪を正義の味方がバッタバタと倒す姿は、胸がスカ~ッとするし、あまり深く考える事もないんで、気楽に観るにはこの手の映画が一番。
最近は深夜にAmazonプライム・ビデオを観ることが多いんだけど、夜中に疲れた頭で観るには。重いテーマのモノよりも気楽に観ることの出来る映画の方を選んでしまう。

で、先日なんだけど、こんな映画を見つけてしまった。

デンゼル・ワシントン主演の『イコライザー』だ。
アメリカを代表する黒人俳優だけど、こんな映画を撮ってたのは知らなかった。
予備知識無しでさっそく視聴したんだけど、

面白い!

って事で、今回はデンゼル・ワシントン『イコライザ―』を観たって話。



映画の内容の前に、デンゼル・ワシントンについて軽く説明しておくと、アカデミー主演男優賞も受賞してる超有名俳優。
この人の映画はいくつか観た事が有るんだけど、真面目な軍人の役とかエリートとか、いわゆる「優等生」を演じる事が多いような気がする。
『クリムゾン・タイド』とか『戦火の勇気』なんかは、今でもたまにDVDで観るけど、体制とか上官に逆らってでも正義を貫こうとする演技が印象的だ。
黒人でアカデミー賞を受賞するなんて、過去にもなかなか例が無かったんだけど、2002年に『トレーニングデイ』でアフリカ系黒人としては、シドニー・ポワチエ(1963年)以来、二人目の受賞をしてる。40年近く黒人俳優にとって高い壁だったアカデミー主演男優賞を受賞してる事からも、彼がすごい演技力なのは明らかなのだ。

 

で、今回の『イコライザー』なんだけど、デンゼル・ワシントンが初めて登場するシーン・・・
彼の姿を見てちょっと驚いたぞ。

うわっ!
歳とってる!

まぁ、オレが好きな映画『クリムゾン・タイド』なんかは1995年の映画なんだけど、この『イコライザー』は2014年の映画なんでね、20年も経てば誰だって歳はとるんだろうけど・・・。
もっと驚いたのが、この映画で彼が演じてる役だけど、人を殺しまくり・・・。
そりゃ、勧善懲悪の映画なんで、彼が殺すのは悪い連中ばかりなんだけど、こんな役も演るのかぁ、って嬉しい誤算ww
映画の公式サイトから、ちょっとストーリーの流れを引用すると、

昼はホームセンターで真面目に働くマッコール(デンゼル・ワシントン)。元CIAのトップエージェントであったが、現在は静かに暮らしている。眠ることができない彼は深夜、近所のカフェで読書をするのを日課としていた。ある夜、そこで娼婦のテリー(クロエ・グレース・モレッツ)と出逢う。そして本に関する他愛のない会話を交わす内に、彼女がロシアン・マフィアに酷い仕打ちを受けていることを知る。人生に夢さえ抱けず、傷つけられるテリーを助けるため、夜、マッコールはもう一つの「仕事」を遂行する。それは人々を苦しめる悪人を葬り、どんなトラブルも完全抹消すること。しかし、この「仕事」がきっかけとなり、ロシアン・マフィアがマッコールを追い詰めて行くが……

って流れだ。
ロシアン・マフィアに瀕死の重傷を負わせられた娼婦のテリーを助けるために、マフィアの事務所に乗り込む主人公。
ここで、いきなり銃を撃ったりしないぞ。
マフィアに金を渡して、テリーから手を引くように言うんだけどね。まぁ、マフィアがそんな要望を聞き入れるハズも無く・・・。
この辺りの会話もカッコイイんだよな。
で、主人公はマフィアを全員倒すんだけど、ここから主人公とロシアン・マフィアとの戦いが始まるわけ。
正義の味方が悪を倒すって映画は、それこそ山のようにあるけど、例えば『ダイ・ハード』とか『レオン』、お子様向けなら『スーパーマン』とか・・・。『レオン』はちょっと違うかww
この映画の持つ雰囲気は、

スタイリッシュ!

お洒落でカッコイイ。
『ダイ・ハード』みたいに泥臭くないし、『レオン』のように悲壮感も感じない。
雰囲気的には『ダーティーハリー』のシリーズに似てるかも。

 

元CIAのエージェントで超人的な強さの主人公なんだけど、ヘミングゥエイ『老人と海』を読むような読書家。
映画の中にも印象に残るセリフがいろいろ出てくるけど、こういうのがあった。
「老人は老人で、魚は魚だ。誰も自分以外のものにはなれない」

カッコ良すぎるだろ!

こんなのも有った。
本当は歌手になりたいという娼婦のテリーに向かって、
「なれるよ、何にでも。君がそうなりたいと望むなら」

優しい!

こんな言葉も有った。
マーク・トウェインの言葉を画面に映し出すんだけど、

「人生で最も大切な日は、
生まれた日と、生まれた理由が解った日だ」

深い!ww

まぁ、こういう娯楽作で、こんな深い言葉は必要ないかもだけど、この映画に流れるスタイリッシュな雰囲気には妙に合う。

 

そう言えば、日本でもテレビドラマで似たような設定のドラマが有った。
えっと、『ハングマン』だっけな、たしか黒沢年雄が主演だったと思うけど、あのドラマみたいなバカらしさは感じない、正真正銘の胸がスカッとする娯楽映だった。

 

そうそう、黒人で初めてアカデミー主演男優賞を獲ったシドニー・ポワチエだけど、キャサリン・ヘプバーンと共演した『招かれざる客』は、一度は観ておきたい映画。
中学生の頃、テレビの洋画劇場で初めて観た時には、いろいろブッ飛んだな。
そして、いろいろ考えさせられた映画だ。




いつものバイト君の下書きチェック

バイト君:たまには早く寝たらどうなんですか!
いつも眠そうな顔してるし・・・

夜はオレの自由時間なのだ!
本を読んだり映画を観たり忙しいのだわ。
寝たらもったいない!

バイト君:だからって、仕事中に眠そうだし、自分の仕事もこっちに押し付けてくるし!(怒)

そのためにお前らを雇ってるんだろ!^^

バイト君:・・・・・・

 

『クリムゾン・タイド』でもそうだったけど、やっぱり、デンゼル・ワシントンは正義の味方がよく似合うな。

「誰かが許しがたい事を誰かにしている。赤の他人だが私なら何かしてやれる」

 

大女優 キャサリン・ヘプバーンの話。映画「黄昏」を観た!
アメリカの大女優、キャサリン・ヘプバーンの「黄昏」を観た。老境の夫婦をヘンリー・フォンダと演じてるけど、良いなぁ・・・。こういう人を良妻賢母って言うんだろうな。憧れる!ヘンリー・フォンダと共にアカデミー賞を受賞。…
懐かしの名画を紹介!「心の旅路」はメロ・ドラマの王道って話
懐かしの名画を一つ紹介。1942年の映画「心の旅路」だ。記憶を失った男と、記憶が戻る事を願いつつ耐える女。これ、恋愛映画の傑作じゃないかと思うのだ。そりゃ、現代の目から観れば、古臭い部分もあるけど、現代でも通用する部分もたくさん有るように思うぞ。小道具の遣い方なんて、かなり上手いと思ってる。「記憶喪失」を初めて厚かった...
映画【東京難民】現代社会の暗部を描いた秀作だった!って話
映画『東京難民』を観た。いやぁ、ブッ飛んだな。この映画は凄い…。普通の大学生がホームレスにまで堕ちていく姿を描いてるんだけど、中身が濃い!てか、濃すぎるぐらいだ。ネットカフェ難民、ホスト、日雇い労働者、ホームレス…現代の日本が抱える裏の暗部に切り込んだストーリーと主演・中村蒼の演技に目は画面にくぎ付けだった。映画はもち...
【映画】狙いは分かるけど・・・『21グラム』はちょっと残念な映画だった!って話
映画『21グラム』を観たんだけど、これ、映画の技巧をあれこれ使ってるんだな。特に時間軸のズレ・・・。なんか、この映画、技巧に凝り過ぎ!ここまで時間軸を前後に揺さぶられると、不愉快!観てても腰が落ち着かない。まぁ、そんな事を思った映画だけど、何気にAmazonのレビューなんかは高評価が多い。なんで?ww
【映画】最後のセリフが凄すぎる!『シャッター アイランド』の話
最近は難解と言われてる映画ばかり観てる。こういう映画を観ると、脳ミソにかなりの負担を強いるんだけど、全ての謎を理解した時には、その分だけの衝撃やら驚きを存分に味わえるからハマッてるのだ。で、今回観たのはレオナルド・ディカプリオ主演の『シャッター アイランド』。なるほど、見応えのある映画だった。ラストのセリフは胸に爪痕を残すセリフだ。いやぁ、2時間堪能したぞ。まぁ、様々な検証のために二度見、三度実してたら2時間じゃ終わらないけど(涙)


クリムゾン・タイド [Blu-ray]
デンゼル・ワシントン

招かれざる客 [Blu-ray]
スペンサー・トレイシー



コメント

  1. Pago より:

    『イコライザ―』…観ました。面白かったです。確かに殺人シーンが多く、それも残酷で、「ひぇ~」と身体に力が入りっぱなしでした。
    それなのにマッコール(デンゼル・ワシントン)のやさしさとカッコよさに、ラストまで魅せられていました。。。♪
    わたしは、デンゼル・ワシントンをこの映画で知ったので、他の映画も観てみようと思います。

    • masato masato より:

      >Pagoさん
      デンゼル・ワシントンは良い映画にたくさん出てるけど、オススメはアカデミー賞を獲った『トレーニングデイ』とか潜水艦の密室劇『クリムゾン・タイド』あたり。オレもマッコールみたいに超人的に強くなりたい(;_;

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain