近年、稀に見るド下手な吹替え・・・『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』』

洋画を観る時は字幕で観る「字幕派」と吹替えで観る「吹替え派」が居ると思うけど、オレの場合は基本的には字幕で観る事が多い。
演技してる俳優の声を楽しみたいし、外国語の表現方法なんかに慣れるのは字幕で観る方が圧倒的に身につくから。そんなオレでもごく稀に吹替えで外国映画を観る事もある。
疲れてる時なんかは何も考えずに気楽に観たい・・・まぁ、そういう時だ。
吹替えでも「すごく上手い日本語」で表現してる事もあるし、声優が「本家を凌ぐ声の演技」をしてる事もあるので(ごく稀だけど)、一概に吹替えを否定してるわけじゃない。

で、先日なんだけど夜中に映画を観たくなった。
疲れてるし、気楽に観れる映画が良い・・・。
いつものようにAmazonプライム・ビデオで物色したんだけど、あのシリーズ物が配信されてた。
あのシリーズ物ってのは、これなんだけどね・・・

トム・クルーズ主演の・・・
ミッション:インポッシブル/フォールアウト

2018年製作のシリーズ第6作。
去年公開の映画がもうAmazonで配信されてる事には驚いたけど、ちょうどこの最新作は観てなかった。
オレが子供の頃のテレビ番組で『スパイ大作戦』ってのが有ったけど、あの番組を映画用にリメイクしたのがミッション:インポッシブルのシリーズ。

第1作から観てきてるし、ちょうど良い。
今日はこの映画を観よう・・・

と、思ったわけ。
って事で、今回は『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』吹替え版について書いてみようか。



仕事で疲れてるし、こういう時はお気楽に吹替えで観るに限る。
さっそく再生しようとしたところ、この吹替え版に寄せられてるレビューがチラッと目に入ってしまった。
そこ(レビューのタイトル)には何やら気になる言葉がいろいろ書かれてる・・・。

  • 残念な吹き替え・・・
  • 広瀬アリスという耳汚し・・・
  • 吹き替え最悪・・・

なんか吹き替えに関してネガティブなレビューが列挙されてるww
その吹替え版をこれから観ようかって時に、そういうレビューが目に入ったら気になって仕方ない。
ちょっとレビューを熟読してみたんだけど、どうやら重要な役どころをDAIGO広瀬アリスが吹き替えてるんだけど、それが酷いデキらしい。
ここで葛藤・・・。

この映画は観てないし、今日のうちに観ておきたい・・・
だけど、これだけ酷評されてる吹替えで観ても大丈夫か?
とは言え、疲れてる頭で字幕を観るのは余計に疲れそう・・・

3分ぐらい思案したぞww
シリーズ最新作だし、出来る事なら今日のうちに観たいけど、字幕で観るほど頭はクリアじゃない。
ここは賭けだ・・・。
思い切って吹替え版で観よう。

これだけ酷評されてる吹替え、どれほど酷いものか確かめてやろうじゃないか、って気分だ。
再生ボタンをクリックして本編スタートだ。

 

 

うん、結論から書くと、オレは賭けに負けた。
この映画の吹替え・・・

オントにクソだった!ww

他の声優さんは良いんだよね。
さすがにプロだし、緊迫感の有る場面、静かに心境を語る場面、どこをとっても及第点の吹替え。
だけどなぁ、DAIGO広瀬アリスの吹替えは・・・

棒読みレベル!

これ、中学生の学芸会でももうちょっとマシな演技するだろ。
全国高等学校演劇大会ってのがあるけど、あそこに出場してくる高校生とは雲泥の差。
DAIGOなんて「ヘリコプターが落ちそうな場面」でも喋り方は平板、普通に会話してるシーンも格闘シーンも同じ喋り方だろ。
広瀬アリスも重要な役どころだけど、まるで場末の街角に立つ売春婦みたいな喋り方ww

こんな酷い吹替えは珍しい!ww

 

もちろん、途中で字幕版に変えようかと思ったぞ。
ただ、面倒くさかったのと、もしかしたらラストに向けて演技が良くなるかも、と思って最後まで吹替えで観てしまった。
最後まで棒読みレベルだったな。

そもそもDAIGOなんて、普通にテレビ番組を観てても思うけど・・・

何の芸があるんだ?

爺さんが元首相じゃなかったら、その辺に居るただのボンクラと変わらんのじゃないか・・・。
声優としての訓練も受けてないその経験もない普通に芸もない・・・よく重要な役の吹替えをさせたもんだ。
力量不足を承知の上で起用したのなら、日本語版製作者は視聴者をナメてる。
もしかして、こんな吹替えを「充分な力量」と思ってるなら、それこそ見る目が無い・・・。
どっちにしても日本語版製作者の責任は重いww

あの程度の吹替えなら、オレでも出来る!



いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

すごい酷評ww

マサト
マサト

事実だ!

バイト君
バイト君

吹替えをけなしてるだけで、映画の内容には触れてないしww

マサト
マサト

あ~、映画の方は・・・
今回は、字幕でも観ても微妙だったかもな

バイト君
バイト君

・・・・・・

マサト
マサト

まぁ、何も考えずにお気楽に観るには良い映画だww

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

ちょっと昔の事を思い出した。
子供の頃だけど、『サタデー・ナイト・フィーバー』がテレビで初めて放送された時、主人公を演じるジョン・トラボルタの声を吹き替えたのが郷ひろみww
この時もかなり批判が出た記憶がある。
視聴率欲しさで郷ひろみを起用したんだろうけど、吹替えのデキは惨憺たるものだったはず(興味ないから観てないけどww)

今回、つくづく思ったけど・・・

デキの悪い吹替えは作品への冒涜!ww

 

【映画】『セッション』は強烈な余韻を残す!って話
映画『セッション』を観た。最初は誤解してたんだけどね、単なる音楽映画だろ、って・・・。ところがどっこい、凄まじい映画だった。音楽にかける二人の男の物語だ。鬼教師と生徒、「才能」vs「狂気」。映画らしいサプライズも用意されていて、実に映画らしい映画。ラストの幕引きもスパッと終わっていて、強烈な余韻が残る。良い映画だった!...
大女優 キャサリン・ヘプバーンの話。映画「黄昏」を観た!
アメリカの大女優、キャサリン・ヘプバーンの「黄昏」を観た。老境の夫婦をヘンリー・フォンダと演じてるけど、良いなぁ・・・。こういう人を良妻賢母って言うんだろうな。憧れる!ヘンリー・フォンダと共にアカデミー賞を受賞。
映画「怒り」の見どころはゲイシーン以外にもたくさん有った!
映画「怒り」を観た。例の市橋達也の事件をモデルにした吉田修一の原作の映画化作品だ。妻夫木君のゲイシーンが目当てだったんだけど、これ、思いのほか良い映画だったな。見どころが多い!
【映画】久々に泣いた・・・林遣都&市原悦子の『しゃぼん玉』は極上の映画
林遣都と市原悦子が共演してる映画『しゃぼん玉』を観た。なんの予備知識もなく観たんだけど、涙があふれ出る極上の映画だった。日本人の持つ優しさを描いた映画だな。ハリウッドの大作映画も良いけど、こういう映画をもっと宣伝するべきだと思ってる・・・。
【映画】日本人を見下してるように感じる『沈黙-サイレンス-』の話
何年か前に評判になった『沈黙-サイレンス-』を観た。オレの個人的な感想だけど、未開の日本人に西洋の進んだキリスト教を広めよう、って宣教師の匂いがする。まぁ、オレがひねくれた受け取り方をしてるんだけど、この映画は好みじゃないな。

 



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain