【競馬】2022年のダービーを過去のデータとサインから予想してみる!って話

~レース後に追記~

先ほど2022年の日本ダービーが終わったところだけど、記事の中で過去データサイン馬券で挙げておいた武豊騎手を軸にして的中。
三連単も買っていたけど、そちらは2枠3番アスクビクターモアを2着固定にしたせいで、惜しくもハズレww
まぁ、三連複でも貴重な的中(損しない事が大事ww)

この調子で毎年の目標「年間収支でプラス」に突き進みたいところ(ここまで追記部分)

 

~ここから事前に公開した部分~

いやぁ、先週のオークスはスタート前にサウンドビバーチェが放馬して競走除外になるわ、スタート時間が遅れたせいでフジテレビの競馬中継はレース中にプッツリと切れるわ、なかなか騒がしいレースだった。
競争除外にするまでのJRAの手際の悪さもいろいろ言われてるけど、とりあえずサイン馬券で指名したスタニングローズが2着に入って一安心ww

で、今週は競馬の祭典、日本ダービーが東京競馬場で開催。
王道の東京2400mで3歳馬の頂点を決めるレース、普段は馬券を買わない人でもダービーと年末の有馬記念だけは買うって人も居るし、春のGⅠもいよいよダービーで最高潮。
今年の3歳GⅠは桜花賞・皐月賞・NHKマイル・オークスと終わってるけど、これまで①人気の馬は10着、3着、4着、12着と全敗。
3歳GⅠに限らずとも、フェブラリーSから始まった今年のGⅠは①人気の馬は1頭も勝てていない。
まぁ、穴党には嬉しい傾向だけど、ここまで①人気が勝てないと逆に気になって来るのが・・・

いつになったら勝つんだ!?

って事ww
今年のダービーではどうだろうか・・・。

って事で、今回は過去10年の好走・凡走データと怪しげなサイン馬券的な見地から2022年の日本ダービーを検討してみるって話(記事中の伏せ字部分は後半)

 

 

サイン馬券であれこれ考える前に、まずは過去データに目を通しておこうか。
拠り所とするのは日本文芸社の「重賞競走データBOOK」に記載されてるものと、JRAの公式サイトに掲載されているもの。
最初に「重賞競走データBOOK」に記載されてるものから見ていこうか。

 

人気と配当
過去10年で①人気の馬の成績は【3-2-2-3】、連対率5割、複勝率にすると7割。
これは①人気としては合格点といえそう。①人気が予想されるイクイノックスジオグリフあたりには嬉しい数字。
以下、②人気は【1-1-1-6】、③人気は【3-3-1-3】、④人気は【1-1-0-8】、⑤人気は【1-2-0-7】となっていて、過去10年の連対馬20頭中19頭が①~⑤人気。
迷ったら①~⑤人気のボックスでも良さそう(安いけどww)
ちなみに①~⑤人気の馬連ボックスだと10通りの組み合わせ(馬単だと20通り)
馬連の平均配当は3,223円で、これは①人気がブッ飛んだ時に配当を押し上げてる結果。

 

ステップをみてみる
最多出走数は皐月賞組の【7-8-5-66】
連対率17%、複勝率23%は威張れる数字じゃないけど、他のステップレースよりは上位。
過去10年、皐月賞組が連対しなかった年はない(今年がどうなるかは知らんけどww)
今年のメンバーで皐月賞を使ってるのはイクイノックスジオグリフダノンベルーガドウデュースキラーアビリティアスクビクターモアオニャンコポンデシエルトジャスティンパレスジャスティンロックビーアストニッシドマテンロウレオラーグルフ

さすがに多い!ww

次に多いのが京都新聞杯組の【2-1-1-19】と青葉賞組の【0-1-3-19】
有名な話だけど、青葉賞の創設以来、このレースからは日本ダービー優勝馬が出ていない(2着が最高)
また、過去10年、1番人気にすらなったことがない。これは今年の青葉賞の勝ち馬プラダリアには嫌な数字(今年あたりアッサリ勝つかもしれないけど)
ちょっと警戒しておきたのは昨年の優勝馬シャフリヤールを出した毎日杯の【1-0-0-5】
今年の該当馬はピースオブエイトコマンドライン

 

皐月賞組
過去10年の皐月賞勝ち馬のダービーでの成績は【2-3-1-4】で連対率50%。
連対するかどうかは半々の成績で、これだと丁半博打ww
今年の皐月賞馬ジオグリフには何とも微妙な数字・・・。
ただし、馬券圏外の4頭も⑤⑤⑤④着で掲示板は確保してる。
では、皐月賞で①人気に支持されていた馬のダービーでの成績をみると【2-1-1-4】で勝率25%ながら単勝・複勝共に回収率100%超。
狙うならこちらの方が良いかも・・・。
今年の皐月賞の①人気はドウデュース(皐月賞3着)

 

馬番
これも有名な話だけど、日本ダービーでの1番枠の強さは驚異的な【2-2-1-5】
半分は1番枠が馬券に絡んでるんだけど、19年⑫人気1着のロジャーバローズも1番枠だった。
他では10番枠が2勝。
またこの⑩~⑭晩枠に【4-4-4-38】と好走馬が固まってる。

 

前走二桁着順
過去10年、前走で二桁着順だった馬は【0-0-0-32】で全滅。
よほどの事が無い限り激走は無さそうな気配。
今年のメンバーで前走が二桁着順なのはキラーアビリティデシエルトビーアストニッシドアサヒマテンロウレオ
また、デアリングタクトで牝馬三冠ジョッキーになった松山騎手もダービーには6回参戦して⑱⑮⑭⑤⑫⑧着と馬券になった事がない。同じように田辺騎手も7回参戦して⑦⑰⑩⑯⑨⑰⑥着で掲示板も未経験(今年あたり一発があるかもしれないけど)

 

キャリア〇戦の皐月賞組
前走・皐月賞組のキャリアをみると、キャリア〇戦馬が【3-4-1-9】で連対率41%。
それに対しキャリア●戦馬は【3-3-2-20】で連対率21%、ダブルスコアの差で〇戦馬が優勢。
過去3年に絞ると〇戦馬【1-3-0-3】●戦馬【0-0-2-10】で大きな差がついてる。
また、過去10年〇~〇人気に絞ると【3-4-1-2】で連対率は70%。逆に〇人気以下の5頭は馬券に絡んでない。

今年のメンバーで前走が皐月賞かつキャリア〇戦なのは〇〇
この馬の当日人気に注目しておきたいところ(こちらは記事の後半で詳細)

 

「重賞競走データBOOK」と睨めっこするのはこれぐらいにして、ここからはJRAの公式サイトに掲載されてる過去データを見て行こうか。

JRAの公式サイトにもいくつか気になるものが掲載されてるので、それらをピックアップしてみようか。

上位人気馬
過去10年の連対馬20頭のうち19頭が⑤人気以内に支持されていた馬。世代限定のレースで、対戦経験がある馬が多く集まるので、基本的には上位人気に推された実力上位の馬が結果を出しやすいと言えそう。

当てに行くなら①~⑤人気の馬の馬連ボックス(10点買い)だけど、これだと面白くない。
てか、当ててもトリガミになりそうww

 

内枠
過去10年、やや内枠優勢の傾向。13年から17年にかけては5年連続で1・2枠の馬が連対。特に1枠に入った馬は、13年優勝のキズナ、14年優勝のワンアンドオンリー、そして12番人気で優勝した19年のロジャーバローズと3勝を挙げている。

とりあえず今年も1・2枠の馬には少し注意しておこうか。

 

4勝以上馬
過去10年、4勝以上を挙げていた馬の好走率が高く、そこから3勝、2勝、と通算勝利数が下がるにつれて好走率も下がっていき、1勝馬になると3着以内に入った馬がゼロ。

今年の出走馬で既に4勝してる馬は居ない。
1勝しかしていないのはアサヒヴェローナシチー
出てきても消しの評価で良さそう。

 

皐月賞の経験
過去10年、皐月賞9着以下から巻き返して3着以内に入った馬はいない。皐月賞組以外で3着以内に入った馬がいるレースは、京都新聞杯、毎日杯、青葉賞、プリンシパルSの4レースだけ。これらのレースから臨み日本ダービーで3着以内に入った10頭中9頭は前走の着順が2着以内だった。
かつてはキングカメハメハなどの好走例もあったが、直近10年ではNHKマイルCからの転戦馬は1頭も3着以内に入っていない。

まずは皐月賞で9着以下だった馬を消しの候補にしてみる。
該当するのはキラーアビリティジャスティンパレスデシエルトビーアストニッシドマテンロウレオ
また、前走スプリングSのアサヒ過去データから消しの対象。
NHKマイルカップを③人気2着のマテンロウオリオン過去データからは消し(今年がどうなるかは知らんけどww)

 

種牡馬リーディング
ダービーではとにかくディープインパクト産駒が強く、過去10年で7勝。昨年まで4連勝中となっている。また、ディープインパクト産駒以外が勝った年は、前年の種牡馬リーディング5位以内の種牡馬の産駒が優勝している。今年も2021年のリーディングサイヤーランキング5位以内の種牡馬(ディープインパクトロードカナロアハーツクライキズナキングカメハメハ)の産駒に注目。

今年の出走馬でディープインパクト産駒なのはアスクビクターモアキラーアビリティコマンドラインジャスティンパレスプラダリアロードレゼル
その他、キズナ産駒はアスクワイルドモアハーツクライ産駒はダノンベルーガドウデュースマテンロウレオ
ただし、今年のクラシック(ここまで桜花賞・皐月賞・オークスが開催済み)は、ディープインパクトの仔は全敗。皐月賞でかろうじて1頭だけ掲示板を確保。
逆に目立つのがシルバーステートドレフォンミッキーアイル等の比較的新し目の種牡馬の仔。
王道の東京2400mコース、今年はどうなるか・・・。
ちなみに競馬にはこんな格言があって・・・

ダービー馬はダービー馬から

意味は、ダービー勝ち馬の子供からダービー馬が生まれるって意味。
たしかにディープインパクトキズナもダービーの勝ち馬(ハーツクライは2着)だけど、今年はもう1頭のダービー馬〇〇〇の産駒もダービーに出走予定。

穴ならこれかも!?ww

 

過去10年のダービーの優勝馬に的を絞ってまとめると・・・

過去10年の優勝馬10頭、すべてに該当するのは

  • 〇歳〇月の時期までにデビュー
  • 前走が重賞で〇人気以内
  • 鞍上が〇〇のジョッキー
  • 〇〇経験のある騎手とのコンビ
  • 日本ダービー〇〇馬の産駒
  • 年明け〇戦目以内
  • 前走が〇〇〇以外

過去10年の優勝馬10頭中、9頭に該当するのが

  • 〇〇m以上の重賞を勝っている
  • 馬体重が〇〇〇kg未満

過去10年の優勝馬10頭中、8頭に該当するのが

  • 前走の上がり3Fタイムが〇〇以内

となってる。
こちらの詳細は記事の後半で書くとして、過去データからは何となく軸になりそうな馬が絞れてきたような・・・。
ここからは、頭の体操サイン馬券的な見地から今年のダービーを検討してみようか。

 

 

さっ、ここからはサイン馬券的な見地から2022年のダービーをあれこれ検討。
サインと言えばJRAのポスターやCM、ヘッドライン、その他世の中のニュース。
まずは今年の日本ダービーのポスターを確認。
こちら・・・。

このポスター、何か既視感があるような気がしてたんだけど、あれこれ探してみると、15年のポスターとかなり似てる!ww
並べてみると・・・

©JRA

もちろん今年から使われ始めたHERO IS COMING.の文字は15年のポスターには無いけど、色の使い方、馬の向き等々、似てる部分が目につく。
どちらのポスターも前年の優勝馬が中央に写ってるんだけど、15年のポスターには前年の優勝馬ワンアンドオンリー(鞍上は横山典弘騎手)
今年も横山騎手はマテンロウオリオンで騎乗予定なので若干の注意は必要かもだけど、このポスターは15年のポスターって事を考慮すると、15年の結果が何かを示唆しないとも限らない。
15年の優勝馬ドゥラメンテ(①人気・デムーロ)、2着サトノラーゼン(⑤人気・岩田康誠)、3着サトノクラウン(③人気・ルメール)から、すぐに分るのは全てノーザンファームの生産馬。この年は1~3着を独占してるので今年も独占があるかもしれない。
また15年はサトミホースカンパニーの馬が2・3着だけど、今年のダービーで2頭出しの馬主は登録段階では廣崎利洋HD株式会社の〇〇〇〇、他に〇〇〇〇〇〇〇〇
これ等が馬券に絡むと波乱になりそうだけど、う~ん、どれか1頭は激走するかも。

 

もう一つ、今年のダービーのポスターはこういうものも・・・。

©JRA

競馬の祭典ダービーなのに、パッと見た感じは・・・

地味!ww

去年のものと並べると、地味さ加減が一目瞭然。

©JRA

昨年はポスターに書かれてる「夢の舞台へ、いざ。」からワンダフルタウンの枠が怪しいと書いたけど、同枠の⑨人気ステラヴェローチェが3着。

【競馬】2021年のダービーを過去のデータとサインから予想してみる!って話

今年のポスターに書かれてる文字はHERO IS COMING.
フェブラリーSから使われてる言葉だし、う~ん、ここからは特に何も思いつかないww
文字からは思いつかないけど、デザインの一部にはちょっと気になる部分も・・・。
ここ・・・。

わざわざシンメトリー(対称。左右のつり合いが取れている)にしてるけど、この辺りからはあの馬〇〇が気になる。

 

2022年のダービーのCMを確認してみる。
こちら・・・。

このCMの中では過去のダービー馬のレース映像が流されてるけど、使われてるのは94年ナリタブライアン、01年ジャングルポケット、05年ディープインパクト、13年キズナ
これらの馬に共通するのは・・・

①人気で勝ってる!

安直に考えれば今回のダービーでも①人気の馬が馬券になる事を暗示してるような・・・。
というか気になるのは、このCMで使われてる4頭のうち半数の2頭は武豊騎乗(ディープインパクトキズナ
JRAは武豊推しなのか、youtubeの公式チャンネルでもこんな特別企画の動画を公開してる。

【レジェンド武豊に聞く!】あなたにとってダービーとは? | JRA公式

動画の中でわざわざダービーでの武豊の成績を紹介してるけど、なるほど確かにダービー優勝5回、2着3回、3着2回は凄い成績。
何よりも驚くのが3着内率31.30%という数字。ほぼほぼ3回に1回は馬券に絡んでる計算。

動画の中で表を持ち出して紹介してるけど、ここまで武豊を絶餡してると、う~ん、今年のダービーでは武豊の馬は外せないかもww
もう一つ、補足しておくと・・・今年はアメリカのケンタッキー「ダービー」に日本馬のクラウンプライドが参戦(結果は13着)したけど、ダービー繋がりで考えると、クラウンプライドの父父はスペシャルウィーク。もちろん武豊が初めて日本ダービーを勝った馬。

 

以前はyoutubeJRAの公式チャンネルはレース映像とGⅠのCMぐらいだったのが、今年はいろいろな動画を公開してる。
今回のダービーでは、こんなものも・・・。
なんと歌舞伎とコラボしてる。

尾上松也 さん、尾上右近 さん出演のオリジナルゲームや動画を大々的に公開してる。
ちゃっかり即PATの宣伝してるところが商売熱心ww
まぁ、それは良いとして・・・

何で歌舞伎とコラボ?

って思ってしまう。
で、動画の中では尾上松也 さん、尾上右近 さんが扮する優駿太郎と駿馬次郎、2人の兄弟が登場するんだけど(実際は尾上松也 さん、尾上右近 さんは血縁関係もなく兄弟ではない)、わざわざ兄弟役で登場してるところが胡散臭いww
キーワードを「兄弟」だと考えると嫌でも思い浮かぶのは横山和生騎手と横山武史騎手の兄弟。この記事を書いてる時点では兄弟でダービーに騎乗するかどうか定かではないけど、とりあえず軽く警戒。
もう一組、藤岡佑介騎手と藤岡康太騎手の兄弟も乗ってきたらチェックしておこうかな。
てか、〇〇〇〇に騎乗予定のあの騎手にも兄弟が居る。
穴ならこの馬じゃないかと思ってるんだけど、う~ん、どうだろうか・・・。

 

動画関連からもう一つ・・・。
今年になってJRAはyoutubeで様々な動画を公開してるけど、「ウマのそら。」シリーズもその一つ。
今回はこんな動画が公開されてた。

「ウマのそら。」 ―日本ダービー編― | JRA公式
どこかの会社のサイトがシステムダウンした危機をキーボードをパチパチ打ってシステムを復旧させるシーンが使われてる。
こんなもん、誰が見てもあの馬が思い浮かぶ。

コマンドライン!ww

馬名の意味はキーボードだけで操作する画面上の入力行(IT用語)
まぁ、ストレートすぎる示唆なので逆に怪しいけど、2歳GⅠホープフルSでは①人気に支持された馬だし(結果は12着)、とりあえず警戒しておこうかな。
と、書いたところでこの馬は抽選を突破できずに出走しない事に決定ww

もう一つ、気になるのは、将棋の対局シーン。
ダービー当日は将棋の名人戦第5局(2日目)が岡山県倉敷市で開催される。ここで渡辺名人が勝てば名人を防衛。
サインになるならこちらの方かも・・・。

 

 

木曜日にダービーのヘッドラインが発表されたけど、今年のダービーのヘッドラインは・・・

世代最強を誇れ、夢の頂点が伝説になる。

NHKマイルカップの時はヘッドラインからマテンロウオリオンが怪しいって書いたけど、今回も何かキーになる言葉が有るかも。
で、いろいろ見てたところ、先週5/22にヘッドラインに関係しそうな馬が出走してた。
これがそのままサインになるなら〇枠〇番あの馬〇〇〇が怪しいって事になるけど、う~ん、どうだろうか・・・。

【競馬】2022年のNHKマイルカップを過去のデータとサインから予想してみる!!って話

 

ダービーと言えば国歌独唱。
何気にサインになる事もあるし、毎年、誰が国歌を唄うのか注目してるけど、今年は石川さゆりさんが唄う事が発表されてた。

石川さゆりさんが日本ダービー当日に国歌独唱

石川さゆりさんと言えば、今年がデビュー50周年。
今月の18日にはデビュー50周年記念アルバム第1弾「X -Cross Ⅳ-(クロス フォー)」が発売されたばかり。
サインになるならこの辺りか・・・。
「X -Cross Ⅳ-(クロス フォー)」Xはローマ数字で「10」を意味するんだけど、馬番10なんかは注意が必要かも。
もちろんから4枠・4番も警戒。

 

フェブラリーSから始まった今年のGI、3着までに入線した馬の〇〇を見ると妙な傾向が有る事に気づく。
どんな傾向・流れ化と言うと、直前のGⅠレースで〇〇〇になった馬の△△△が次のGⅠレースで1頭以上連動してる。

フェブラリーSで〇〇の馬が馬券圏内になると、続く高松宮記念でも〇〇の馬が馬券に絡んでる。
高松宮記念で〇〇馬が3着以内になると、続く大阪杯でも〇〇の馬が馬券圏内。
大阪杯で〇〇の馬が馬券になると、続く桜花賞でも〇〇の馬が馬券圏内を確保。
こんな調子で先週のオークスまで続いてる。
これが今回も続くと考えるなら、今年のダービーでは〇〇の馬が3着以内に入る事になるんだけど、う~ん、けっこう気になってる部分ww

 

今年の3歳GⅠ、桜花賞、皐月賞、NHKマイルカップ、オークスが終わったところだけど、ここまで連対馬にちょっとした法則性のようなものが・・・。
連対馬の1頭には〇〇〇〇〇、そして1着馬と2着馬には△△△△△△の関係性があるような・・・。

  • 桜花賞・・・
    スターズオンアースの馬名は〇〇〇〇
    2着馬ウォーターナビレラとは△△△△
  • 皐月賞・・・
    イクイノックスには〇〇〇〇
    1着馬ジオグリフとは△△△△
  • NHKマイル・・・
    ダノンスコーピオンには〇〇〇〇
    マテンロウオリオンには〇〇〇〇
    両馬は△△△△
  • オークス・・・
    スターズオンアースの馬名は〇〇〇〇
    スタニングローズとは△△△△

ダービーでもこの関係性が続くようなら、連対馬の組み合わせもけっこう的が絞れるかも・・・。

 

過去10年の皐月賞の①人気の馬(ダービー不出走の場合は②人気の馬)のダービーでの成績を見るとこれまで〇〇〇〇〇 or ▲▲▲▲が馬券になってる。

今年の皐月賞の①人気はドウデュースだけど、この傾向が続くのかどうかも注目してる。

 

伏せ字部分や過去10年の優勝馬に共通する点、その他、気になるサイン馬券や出目馬券的なものもいくつか備忘録として書いておこうか。
(ここからは有料記事となります)

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません