【マサト食堂】大人のカレー!市販のルウで激ウマのカレーを作る!って話

他の人はどうだか知らないけど、オレの場合、時々・・・

無性にカレーが食べたくなる!ww

この症状、だいたい3ヶ月に1回ぐらいのペースで現れるんだけど、昨日は久しぶりに症状が現れた。昼ぐらいからカレーが食べたくて仕方なかった。
そりゃね、今の時代、カレーなんて食べ物はどこかの店に行けば簡単に食べる事は出来るし、それこそココイチに行けば様々な種類のカレーの中から選び放題。
スーパーに行けばレトルトのカレーも数多く売ってるし、カレーを食べるだけなら簡単な事だ。
だけど、今回の症状、オレが食べたいのはココイチのカレーでもないし、東洋軒のカレーでもない。ましてやレトルトのカレーでもない。
オレが食べたいのは・・・

自分で作ったカレー!ww

ココイチのカレーも旨いと思うし、もちろん東洋軒のブラックカレーも旨い、レトルトだって無印良品のカレーなんかは驚くほど旨い(特に牛ばら肉の大盛りカレー)。
でも、オレが食べたいのは・・・自分で作ったカレーだ。

って事で、久々にカレーを作った話を書いてみようか。



これまでもカレーを作った話、レトルトカレーで美味しかったものについては、ブログでも書いてるんだけどね。

【マサト食堂】牛すじカレーを作った!市販のルウでもトロトロの牛すじ肉は激ウマ!って話

【無印良品】あまりの旨さに驚いた!無印の「牛ばら肉の大盛りカレー」の話

今回は市販のルウで作るマサト式「大人の味のカレー」を紹介。
カレーを作るとなると、まずは買い出し。
どうせ断られるとは分かっていたけど、いちおう同居人に声をかけてみた。

マサト
マサト

なぁ、カレーを作ってやるから、お前、買い物に行って来てくれ^^

同居人
同居人

嫌!

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

暑いのだわ!
こんな日に外に出たら陽に焼ける!

マサト
マサト

・・・・・・

予想通り、一言で断られた(泣)
カレーを食べたいのはオレの方だし、ここは仕方ない。
近くのイオンまで自分で買い出し・・・。

で、いろいろと材料を見繕ってたんだけど、こんなカレーを見つけた。

バリ辛!

箱には【期間限定】って書かれてる。
期間限定なんて聞くと、今のうちに買っておかなきゃ!って思ってしまうww
しかもブート・ジョロキア100%使用って書かれてるし、これは食べてみたい。
ブート・ジョロキアってのは何かと言うと・・・

むっちゃ辛い唐辛子!

何年か前にハバネロを抜いて「世界一辛い唐辛子」として認定されたのがブート・ジョロキアだ(今は他の唐辛子に抜かれてるはず)。
料理の世界ではけっこう話題になったから名前だけは知ってたけど、そのブート・ジョロキアが100%って書かれてるとなると買うしかないww
辛いのは好きだし、これは期待できそうだ。

 

 

さっ、帰宅したらさっそく作業開始。
オレがカレーを作る事で炊事から解放された同居人は大の字になって昼寝・・・。
まぁ、隣で騒がれるよりも寝ててくれた方が作業が捗るww
せっかくの期間限定のゴールデンカレー、今回はいつも以上に美味しく作るぞ。

そうと決まれば、最初にやる事は食材のカット。

まずはニンニクの皮を剥いてスライス。
このニンニクを入れるかどうかで、微妙に風味が違ってくる。
ニンニク、丸ごと1個をスライスしていくぞ。

 

ジャガイモとニンジンをカット。
食べごたえが有るようにマサト食堂は大きめにカットだ。
こんなものチマチマと小さくカットしても食べた気になれないww
そうそう、ジャガイモはメークインを推奨(煮崩れしにくい)。

 

ニンジンだって大きくカット。
ジャガイモに負けない大きさにするぞww

 

玉ねぎも大きくカット。
マサト食堂は玉ねぎ3個使用だ。
大きくカットしても煮込む事で最終的にはほとんど形が無くなるので、ここは大胆にカットだ。

 

 

さぁ、とりあえず主要食材のカットは終わった。
後で使うものも有るけど、とりあえずはこれでOK。
さっそく火を入れて行こうか。
今回、使う肉はこれ・・・

アメリカ産豚肉カレー用の肉を2パック。
なんで豚肉にしたかって言うと・・・

安かったから!ww

まぁ、豚肉には豚肉の良さが有るのだ。

さて、ここからが本番・・・。
大き目の鍋に薄く油をひいたら、最初にニンニクのスライスを投入。
軽く炒めてやるとニンニク特有の旨そうな匂いがしてきた。
すかさず豚肉を鍋に投入だ。
ほんのりと焼き色が付くまで炒めよう。ここで、軽くコショウを少々・・・。

 

良い感じに焼き色が付いたら、豚肉が焦げる前に玉ねぎを投入。
ここも薄く焼き色が付く程度まで炒めてやるぞ。
炒めすぎると煮込んだ時に玉ねぎが溶けにくくなるし、焦げた玉ねぎが不味いんで薄く焼き色が付く程度でOK。

 

さぁ、ニンジンとジャガイモを鍋に入れたら、同時に水を鍋の中へドバドバww
ここからが鍋の中の水が沸騰するまで少しノンビリ・・・。

タバコを吸いながら沸騰するまで待機だ。

同居人の部屋を覗いてみると・・・

イビキをかいて爆睡中!

こっちは火の傍で汗を噴き出しながら作業してるってのに(泣)

 

 

そうこうするうちに沸騰した。
ここで、面倒くさい作業・・・アク取り
根気よく丁寧にアクを取っておかないと、食べる時に雑味が目立って美味しくない。
鍋の中からアクを取り終えたら、これの出番・・・。

ローレル!

これの葉っぱを3~4枚ほど鍋の中へ入れるぞ。
これで香りが際立つし、風味もワンランクアップだ。
ここではローレルって書いたけど(袋にローレルって表記されてるから)、商品によってはローリエって表記されてるものも有る。
なにか違うのかと言うと、どちらも同じもの。スペイン語かフランス語の発音の違いだけ。
これを入れる事で風味が違ってくるから、マサト食堂では欠かせないww

 

 

そろそろニンジン、ジャガイモにも火が入って柔らかくなる頃・・・。
ルウを入れる前に、もう少し作業を進めておこう。
使うのは、これ・・・。

リンゴ!

これを丸ごと1個、摺り下ろしておこう。
早めに摺り下ろしてしまうと、いざ使う時に色が変わってしまうので、なるべく直前に摺り下ろす。

それともう一つ・・・

はちみつ!

これを入れる事で、カレーにとろみが付くし隠し味的な役目もあるのでカレーの辛さが引き立つのだ。
はちみつを大匙3杯程度、鍋の中へ入れて混ぜ混ぜ。

さぁ、ルウを入れて行こう・・・。
ここでポイント!

火を止めておく!

意外かもしれないけど、火を止めておく方がルウが溶けやすい。
火が着いたままの高温の鍋にルウを入れると、ルウの中の小麦粉が余計な膜を作って溶けにくくなる。火を消してルウを入れる方がダマも出来にくい。

ルウを半分ほど入れたら、先ほどのリンゴの摺り下ろしを鍋に投入。
これでリンゴの甘味と爽やかな酸味がプラスされる。
リンゴが入ってるカレーと入ってないカレーでは、明らかに味が違う。
さっ、残りのルウも入れてしまうぞ。
ゆっくり混ぜrながら、全部のルウを溶かしてしまおうか。

 

 

完成は目前、もう少し作業を続けよう。
再び火をつけて30分ほど加熱してやるんだけど、まずは板チョコを半分投入。
マサト食堂はブラックタイプの板チョコを愛用ww
これで味にコクが出る。

仕上げにインスタントコーヒーを大匙で3杯投入。
これでカレーの香ばしさの上に、コーヒーの香ばしさと苦みもプラスされる。
あとは煮込んで行けば大人の味の完成。

 

 

って事で、作業時間2時間・・・。
やっと完成したぞ。

~マサト食堂~
大人の味のカレー

 

てか、いつもなら匂いに釣られて出てくるはずの同居人が出てこない。
カレーの匂いなんて、かなり強烈なのにあの食いしん坊が出てこないとは・・・。
さっき部屋を覗いた時には寝てたはずだけど、

まさか死んでるんじゃ?

急いで部屋へ行ってみると、ちょうど出てくるところだったww
いつもすぐに出てきてオレにからかわれるから、オレを心配させる作戦だったらしい(泣)
ったく、心配して損した・・・。




さっ、気を取り直して実食だ。
いつも通り同居人と並んで食べてみるぞ。
まずは一口、口に入れてみる・・・

 

 

ブホッ、ゲホッ!

 

おもわず超むせてしまった。
どうしてかって・・・

むっちゃ辛い!ww

ただの辛さじゃない、これは相当インパクトのある辛さ。
だけど辛さだけが突き抜けてるんじゃなくて、コクと香りと微かな甘み、鼻から抜ける苦みが混然一体となってる。
最初の一口目、二口目、三口目までは辛さにビビッたけど、四口目からはどんどん食べられる。

激ウマやんか!ww

同居人はというと、ハフハフ言いながら凄い速さでスプーンを口に運んでるぞ。
スプーンを口に入れたかと思えば、麦茶をガブガブ飲んで、すぐにまたスプーンでカレーを食ってる。
カレーと麦茶、高速で行ったり来たり・・・。
忙しい食い方だ(泣)

マサト
マサト

これ、旨いな^^

同居人
同居人

すごい辛いけど、いくらでも食べられるのだわ^^

マサト
マサト

さすがブート・ジョロキアだな
最初はビックリしたけど、慣れると旨い

同居人
同居人

隠し味が効いてるから、味が複雑なのだわ^^

マサト
マサト

だろ!?
チョコレートとコーヒーを仕上げに使えば、味が格段に良くなるのだ^^

同居人
同居人

さすがマサト食堂なのだわ^^
明日も何か作って!^^

マサト
マサト

・・・・・・

 

明日か・・・。
そう言えば思い出したんだけど、オレの大好きな小説で重松清の「とんび」にカレーが出てくる。
ドラマにもなってて、このドラマは何度観ても泣けるんだけど、その中でこんな台詞があった。

健介、二日目の朝カレーは特別なんだ。
一日目のカレーはお客さんでも食べられるだろ?
でも二日目の朝のカレーは、家族しか食べられないんだよ。
家族でこうやってさ、昨日の残りだって食べるから特別おいしいんだよ。
うちの親父が昔そう言っててね。

昔から、カレーは二日目が美味しいなんて言われてたけど、なるほど、二日目の朝カレーは家族しか食べられないから特別なのか。
だから旨いんだな・・・。

久しぶりに「とんび」を読んでみようかな。




同居人の下書きチェック

同居人
同居人

また「とんび」を読むのん?^^

マサト
マサト

読むというかDVDを観ようかと・・・

同居人
同居人

あれは大名作だわ^^

マサト
マサト

一緒に観るか?^^

同居人
同居人

遠慮しとくのだわww

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

アンタ、「とんび」を観るたびに大泣きするしww
こっちはドラマに集中できないのだわww

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

大の男がシクシク泣いてる姿はみっともないのだわww

マサト
マサト

・・・・・・

同居人
同居人

男らしくなれ!

マサト
マサト

・・・・・・

 

良いものを観たり読んだりして涙を流す事は、男らしくないんだろうか?ww

まぁ、オレの場合は特別かもしれない・・・。
なにしろ、「とんび」のDVDを30回は通して観てるけど、毎回号泣してるからなww

よし、今日は徹夜して「とんび」を観よう!

 

【マサト食堂】牛すじカレーを作った!市販のルウでもトロトロの牛すじ肉は激ウマ!って話
今回の【マサト食堂】のメニューは牛すじカレー。トロトロに柔らかくなった牛すじ肉のカレーは激ウマ。まぁ、柔らかくするには、けっこうな時間煮込まなくちゃいけないし、いろいろと面倒くさいんだけど、日曜日なので作ってみた。って事で、今回はマサト式の牛すじカレーのレシピも公開だww リンゴ、はちみつ、コーヒーも入ってる大人の牛すじカレーの話!
【無印良品】あまりの旨さに驚いた!無印の「牛ばら肉の大盛りカレー」の話
最近は無印良品の食品もいろいろ充実してて、ぬか床まで売ってる。今回はネットでも評判の無印のレトルトカレーを食べてみた。無印のレトルトカレーと言っても種類が豊富なんだけど、今回食べたのは「牛ばら肉の大盛りカレー」。これが洋食屋顔負けの味!
レトルト食品が美味い!「三重大学カレー」の話
最近はレトルト食品でも、かなり美味しいモノが増えてきた。今回は、大学ブランドのレトルトカレーの話。三重大学カレーだ。出汁が効いてて和のテイストなのに、ちゃんとスパイシーで美味い。なかなかの味だな。他にも三重大学欧風ジビエカレーや純米大吟醸梅酒 三重大學の話。
皇室御用達「東洋軒」の弁当の話。上品な味だ!
ブラックカレーで有名な東洋軒。皇室御用達でも有名な洋食屋だ。今日は東洋軒の弁当を食べたので、その話を書いてみようか。さすがに東洋軒、弁当一つにしても良い仕事をしてる。上品な味だ。男性には量が少ないけど・・・。名古屋三越にも出店してるし、東京赤坂にも出店したらしいので、一度は行っておきたいなぁ。
佐藤健の『とんび』は何度観ても泣ける!父と息子の物語・・・
観るたびに涙が出るドラマ、『とんび』の話。三連休なんでね、久々に1話から最終回(10話)まで通して観たけど、やっぱり泣ける!(涙) 父親役の内野聖陽もステキだし、息子を演じる佐藤健も好演。脇を固める野村宏伸、常盤貴子もしっかりした演技で、全10話がアッと言う間だ。って事で、今回はオレの愛する『とんび』の話。もちろん、重松清の原作も素晴らしいぞ。

 



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain