【競馬】2022年のチャンピオンズカップを過去のデータとサインから予想してみる!って話

今週は中京競馬場でダートの頂上決戦、チャンピオンズカップが開催。
JRAには二つしかないダートGⅠ、ここを目標に仕上げて来た馬も多く集まってくるレース。
今年はどの馬が砂の王者になるのか気になるところ。
で、チャンピオンズCの検討の前に先週のジャパンカップの振り返りを少し・・・。
過去データサイン馬券的な見地から軸馬にはシャフリヤールを選択。
そこに過去データサイン馬券から浮上した馬を絡めて的中。

まっ、配当的には大した事ないけど、競馬なんてのものは「馬券を買った時点で25%を胴元のJRAに取られてる」んだから、いつも言ってるように・・・

損しない事が大事!ww

今年のGⅠは残り5レース。
このまま毎年の目標である「年間収支でプラス」に向けて驀進あるのみww

って事で、今回は2022年のチャンピオンズカップを検討してみた話を書いてみようか。
(記事中の伏せ字部分、モザイク部分の詳細は記事の後半)

 

 

予想のスタイルは何年も前から変わらず、過去10年の好走・凡走データと怪しげなサイン馬券
最初に過去データから見ていく事にしようか。
拠り所とするのは日本文芸社の「重賞競走データBOOK」に記載されているものと、JRAの公式サイトに掲載されているもの。
まずは「重賞競走データBOOK」を確認・・・。

 

人気と配当
過去10年、①人気の馬は【2-3-1-4】で連対率5割だけど、複勝率6割は少々物足りない数字。
また②人気は【2-0-0-8】でアテに出来ないww
これなら③人気の【1-4-3-2】の方が信頼度は高そう。
①~⑤人気の馬が1~3着を独占したのは過去10年で1回のみ。人気薄の激走も期待できそうなレース。
馬連の平均配当は3,976円と高め。ただし馬連万馬券は15年の1回だけなので無理な穴狙いは危険かも・・・。
三連単の配当は10万円オーバーが4回、5~10万円が3回なので穴党には面白そうなレース。

 

ステップ
11~20年の10年間で見ると出走頭数が多いのはJBCクラシック組【4-3-3-28】、みやこS組【1-3-4-37】、武蔵野S組【1-2-0-28】の3レース。
少数精鋭なのが【2-2-1-5】と馬券圏内率が優秀なマイルCS南部杯からの直行組。
15年以降は交流重賞組が複数馬券対象になっていて、20年はJRA重賞組が1頭も3着以内に入れなかった(昨年の1・2着馬も交流重賞組)

 

マイルCS南部杯組
11~20年の10年間で見ると、3着以内の30頭中26頭には1800m以上で重賞勝ちの経験があり、残り4頭にも2000m以上の重賞で入着の経験がある(昨年の1~3着馬も該当)
20年にマイルCS南部杯を勝って臨んできたアルクトスも、この条件に引っかかって8着だった。
今年のメンバーでマイルCS南部杯をステップにしてるのはシャマル(この馬には1800m以上での実績が無い)

 

左回り
中京コースで行われた14年以降の3着以内24頭中19頭は、左回りのコースで勝利経験
さらにそのうちの17頭は左回りで2勝以上を挙げていた。
今年の出走予定馬でこの経験があるのは〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
これらの馬はちょっと評価を上げて検討してみようかな。

 

「重賞競走データBOOK」と睨めっこするのはこれぐらいにして、ここからはJRAの公式サイトに掲載されてる過去データをみていこうか。

 

 

JRAの公式サイトに掲載されてる過去データにもいくつか気になるものが・・・。
それらをピックアップしてみようか(こちらは中京開催になった14年以降の過去8年のもの)

優勝馬の前走
過去8年の優勝馬は前走で、JBCクラシック、マイルチャンピオンシップ南部杯、JBCレディスクラシック、日本テレビ盃のいずれかに出走していた馬。

これら以外のレースを使ってきた馬の評価を下げる方向で考えてみようかな。
ここに引っかかるのはグロリアムンディジュンライトボルトバーデンヴァイラーレッドガランレッドソルダード

 

JBCクラシック優勝馬
過去8年で最多の4頭の優勝馬を出してるJBCクラシック組だけど、JBCクラシックの優勝馬の成績は【0-1-0-6】と苦戦しており、①番人気に応えられなかったケースが多い。

今年のJBCクラシック1着馬はテーオーケインズ
間違いなく上位人気に支持されるだろうけど・・・

大丈夫か!?ww

 

前走での位置取り
前走で4コーナーを6番手以内で通過した馬と、7番手以下で通過した馬では、好走率に大きな差が出てる。

ここは当然だけど、前走で4角を6番手以内で通過していた馬をピックアップ。
該当するのは〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

 

過去1年以内にGⅠ勝利
過去8年の優勝馬のうちサンビスタを除く7頭には、過去1年以内にダートGⅠ・JpnⅠの優勝実績があった。例外となったサンビスタも、約1年1か月前にJBCレディスクラシック(JpnⅠ)を優勝している。

今年の出走予定馬で該当するのはテーオーケインズノットゥルノ

 

その他、過去10年の優勝馬に共通するものを挙げておくと、

過去10年の優勝馬、全てに該当するのは

  • ダート戦で〇〇〇・△△△で勝利の経験
  • 前走が地方交流を含む〇〇〇で※※※
  • 前走が地方交流を含む〇〇〇で◆◆◆

過去10年の優勝馬のうち、9頭に該当するのは

  • 1年以内に地方交流を含むダートの〇〇〇 or △△△で◇◇◇

過去10年の優勝馬のうち、8頭に該当するのは

  • 関西馬
  • ダートGⅠで〇〇と対戦した経験
  • 前走で〇〇〇が※※※※

過去10年の優勝馬のうち、7頭に該当するのは

  • 馬番1~9番
  • 〇〇〇の◇◇◇で勝利経験
  • 当日の○○〇が△△△△

となってる。
今年もこれらの傾向が続くのか、これまでの流れを変えるような馬が激走するのか注目してる。

ここまで過去データをあれこれ見てきたけど、軸になりそうな馬が絞れてきたような、こないような・・・。
ここからは怪しげなサイン馬券的な見地から2022年のチャンピオンズカップを検討。

 

 

サインと言えばJRAのCMやポスター、ヘッドライン、その他、世の中で騒がれてるニュースから出ることが多い。
もちろん毎回サインが出るわけもなく、いつ出るかも謎だけどww

まずは今年のチャンピオンズCのCMを見てみようか。
こちら・・・。

「HERO IS COMING.」ーチャンピオンズカップ篇ー30秒 | JRA公式

今回もエリ女、マイルCS、ジャパンカップからの使い回し。
ナレーションも同じものだし、明らかに違う部分と言えばラストだけ。
今回は14年のチャンピオンズCの4コーナーのシーンが映されてる。普段はゴール前のシーンだけど、今回は4コーナー・・・。
ひょっとして何か示唆してるのかも(ちなみに使われてるのは14年のチャンピオンズCのシーン)

 

今年のチャンピオンズCのポスターを見てみようか。
こちら・・・。

©JRA

砂のレースらしく茶色っぽい背景にしてる(毎年、フェブラリーSとチャンピオンズCはこのパターンが多い)
で、今年のGⅠのポスターは馬の向きや背景でちょっと傾向が出てる事は以前にも書いた通り・・・。

【競馬】2022年の菊花賞を過去のデータとサインから予想してみる!って話

今年のGⅠでチャンピオンズCのポスターと同じように「右向き・全身が写ってる」のは◎◎◎、◎◎◎、◎◎◎、◎◎◎、◎◎◎の5レース。
これらを並べてみると、ちょっと気になるものが・・・。

〇〇に▲▲を持つ※※が連続で馬券になってる。
この流れが続くと考えるなら、今回のチャンピオンズCで該当するのは〇〇〇〇
ちょっと注意しておこうかな。
このポスターでもう一つ目につくのは、昨年の優勝騎手・松山弘平のステッキが右下のお花畑というか花壇を指してる点。砂のレースなのに花・・・。
これも以前のレースの記事で書いたけど、今年のGⅠは何度か花に関係するものが馬券になってる。
と、なると〇〇〇〇〇あたりにも警戒。

 

今週になってJRAがたて続けに馬術に関する動画をYoutubeに公開してる、
東京オリンピックの馬術競技の動画に始まって、こんなものまで・・・。

【引退競走馬】その馬は、教えてくれた 〜グローブシアター〜 | JRA公式

【引退競走馬】その馬は、教えてくれた 〜バイオレット〜 | JRA公式

【引退競走馬】その馬は、教えてくれた 〜ピースアンドカーム〜 | JRA公式

競走馬を引退後、障害馬術に転向した馬ばかりを公開してる。
で、これらの馬を見てあれこれ考えてみた。
まずはこの3頭のうち2頭は〇〇が▲▲▲▲。ここは当然だけど▲▲▲▲の〇〇〇〇〇〇〇〇に目が向く(※※※にまで広げると〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
また、〇〇〇〇の◇◇は△△△△だけど、ここからはもちろん〇〇〇〇が気になる。
ついでに書くと、〇〇〇〇の◇◇は△△△△で、こちらも〇〇〇〇が出走。
はたして馬券を示唆するかどうか、ちょっと気になってる部分。

 

最近はJRAもYoutubeでいろいろな動画を公開してるけど、今回のチャンピオンズCもちょっと毛色の変わった動画が公開されてる。
こちら・・・。

【魁!!男塾×JRA】激闘予告動画 千阿無比恩頭杯編【チャンピオンズカップ】 | JRA公式

いやはや魁!!男塾とのコラボ動画とはww
チャンピオンズカップ×男塾特設サイトも用意されてるようで、なかなか力が入ってる。
漢字だらけのタイトルはオレのようなオジサンには何が何だか分かりづらいけど、この動画の冒頭部分、ちょっと長めの説明(ナレーション)がわざわざ文字と共に映し出されてる。

©JRA

わざわざ文章を写してのナレーション、千阿無比恩頭杯という言葉に関連しそうな騎手や調教師を探してみたけど、う~ん、居るような居ないような。
てか、末尾の民明書房刊『競走と狂騒の3000年』って何なんだww
で、この文章(文面)からは「◎◎◎」って当て字が目につく。それと〇〇〇〇ww
ここから超こじつけすると◆◆◆◆◇◇◇◇が思い浮かぶけど、さて、どんな結果になるだろうか・・・。

 

競馬場で行われる当日のイベントもサインになる事があるけど、チャンピオンズCが行われる日は中京競馬場でこんなイベントが・・・。

二所ノ関親方トークショー

推し馬グランプリにもゲストとして参加中の二所ノ関親方(元横綱・稀勢の里)を招いてトークショーが行われるそうだけど、稀勢の里といえば第72代横綱(平成時代に横綱昇進を果たした最後の横綱)。
ストレートに考えれば第72代横綱から2-7あたりだけど、さすがにストレート過ぎるかww
それよりも稀勢の里は茨城県の出身。茨城県には美浦トレーニング・センターがある。これは・・・

関東馬の激走かも!?

と思ったけど、今回のチャンピオンズC、関東馬は1頭も出走しないww
となると、後は〇〇〇の△△△にちょっと警戒しておこうかな。
てか、稀勢の里の□□は▲▲。とりあえず◎◎◎◎の馬にも軽く注意。

 

 

15年から6年連続で続いてたもので「前年の2着馬の馬番 or 隣の馬番が翌年に馬券に絡む」ってのが有ったんだけど、その流れは惜しくも昨年で途切れてしまった。
ただ、もう一つの流れはまだまだ継続中。

◆◆◆は連動したり途切れたりでぶつ切り状態になってるけど、◎◎◎◎は連動が続いてる。
今年も継続すると考えるなら、◎◎◎◎にちょっと警戒。

 

このチャンピオンズC、ある点に注目すると妙な傾向が見えてきた。
もう一つの同じような形態のレースと並べてみるとちょっと気になるものも・・・。

17年からは◎◎◎ or ●●●がその年のチャンピオンズカップで連動してる。
今年のチャンピオンズカップ、これまで通りに〇〇〇を示唆するのかどうか、ちょっと注目してる部分。

 

GⅠでは気になるのが「サイン騎手」
今回のチャンピオンズCにもそれらしい騎手が居る。
15年を起点にして〇〇の※※ or ◇◇が馬券になってる。

ここまで▲▲▲を挟んで5年連続で継続してる。
この流れが続くようなら今年は〇〇〇〇に注意だけど、はたしてどうなるだろうか・・・。

 

もう一つ、こちらも4年連続で継続してるもの。
◎◎◎◎の馬の※※が連続で馬券になってる。

今年も◎◎◎◎の馬が出走してきたら、ちょっと気を付けておきたいかも・・・。

 

サイン騎手と言えば、こういうものも・・・。
今年のGⅠ、ここまで異様に〇〇の△△が馬券になってる。

今年のGⅠ、〇〇は先週のJCまで19回開催されてるけど騎乗機会は17回。自身を含めて◎◎が馬券に絡んだのは12回
とりあえず今回も〇〇の△△には少し警戒しておこうかな。

 

このブログの読者の方はとっくにご存知だろうけど(何度も書いてるし)、今年のGⅠのキーワードは「▲▲▲の◎◎」じゃないかと思ってる。

これまで〇〇が馬券になったのは※※、◎◎が馬券になったのは12回
今回も◎◎と周辺にちょっと注意を向けておこうかな。

 

って事で、ここまで過去データと睨めっこしたり、サイン馬券をあれこれ検討してきたけれど、ここからは記事中のモザイク部分や伏せ字部分の詳細を備忘録も兼ねて書いておこうか。メーリングリストのご案内も・・・。
(ここからは有料記事となります)

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

にほんブログ村 グルメブログへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain
error: 右クリックできません