interests

interests

時間軸を逆転する映画『メメント』は集中力を試される映画だった

評判作の『メメント』を観た。現在から過去へ時間軸を遡る描写の映画だけど、これが上手い具合に描けていて、想像以上によく出来ている映画だった。妻殺しの犯人を追う主人公、彼に絡んでいく謎の男やら女・・・。ラストは予想もしない結末だし、見事に冒頭のシーンに繋がっている。すごく上手い映画だけど、これ、ボサ~ッと観てると、いろいろと大事な部分を見落としてしまうな。って事で、今回は『メメント』の話を書いてみたけど、集中力を持って観ないと、いろいろ楽しみが半減しそうな映画だ、って話。
interests

【映画】胸が悪くなるほどの怪演!『エスター』はいろいろと凄かった!って話

凄い、凄いって噂は聞いてたけど、まだ観てなかった『エスター』を観た。なるほど、たしかに凄い映画だった。こんなに胸クソの悪くなる映画も珍しい。これ、誉め言葉だぞ!。登場人物が嫌な奴なんだけど、役者の演技が上手すぎて、観ててホントに嫌悪してしまうぐらいの怪演。ホラーというかサスペンスと言うか、ラストまで観てる者を牽引する力のある映画だった。記憶に残る映画なのは確かだと思う、って話。
interests

【新企画】ひとり反省会・・・「一人しゃべり」を再開してみた!って話

新企画とは言っても、以前にやってた「一人しゃべり」を再開しただけなんだけど。youtubeで好き勝手な事をグダグダと喋ってるだけだww 最近はマジックの動画も撮ってないし、そろそろyoutubeにも何か出さなきゃ、と思ってたし。って事で、今回の「一人しゃべり」はGoogleアドセンスの事とか学習塾の話、少し下ネタも・・・。次回以降、「ひとり反省会」として月イチでyoutubeにおしゃべりを公開しようかと思案中ww
interests

【漫画】オレのバイブルは『軽井沢シンドローム』!って話

80年代初頭の漫画で『軽井沢シンドローム』ってのが有るんだけど、この漫画はオレのバイブルだ。なんと言っても主人公の生き様がカッコイイ。中学生の頃に初めて読んでから、ず~っと憧れてたww そのせいかどうか、この漫画にはいろいろ影響されてる。先日、Amazon kindle Unlimitedの中で偶然見つけたので、数年ぶりに通して読んでみたけど、やっぱり名作だよなぁ。って事で、今回はオレのバイブル、『軽井沢シンドローム』の話。
interests

『君たちはどう生きるか』は若い時にこそ読むべき本!だと思った

最近、本屋やらコンビニで大々的に売られている本『君たちはどう生きるか』を読んでみた。うん、たしかに良い事を書いてる。売れてる理由も何となく解る気がする。だけどなぁ、これはオレみたいなオジサンの年代が読むんじゃなくて、小中学生が読むべき本だな。考えの凝り固まってる年代が読んでも、なかなか得るものは無いかもしれない。それよりも柔軟性に富んだ若い年代が読む事で、将来に大きな影響を与えうる一冊だと思ったぞ。
interests

図書カード NEXT の使い方を書いてみる!って話

昔は図書券なんて言ってたものが今は「図書カードNEXT」ってモノになってる。残高確認やら利用履歴もスマホで確認できる時代だ。って事で、今回は「図書カード NEXT」の使い方を書いてみた。有効期限(10年)の話とか使える店、購入できるもの・・・そんな話だ。
interests

あらためて自己紹介のかわりに「100の質問」に答えてみる!

ブログ歴はそこそこ長い。 最初はNiftyで書き始めて、そこからはてなに来て、一度ライブドアに行って、この春またはてなに戻ってきて・・・。 なんだか自分でも訳がわからんww おまけに例のHTTPS化の件で頭に来て、はてなで二つ目のブロ...
interests

【映画】狙いは分かるけど・・・『21グラム』はちょっと残念な映画だった!って話

映画『21グラム』を観たんだけど、これ、映画の技巧をあれこれ使ってるんだな。特に時間軸のズレ・・・。なんか、この映画、技巧に凝り過ぎ!ここまで時間軸を前後に揺さぶられると、不愉快!観てても腰が落ち着かない。まぁ、そんな事を思った映画だけど、何気にAmazonのレビューなんかは高評価が多い。なんで?ww
interests

ゲイ視点で『昼のセント酒』を観てる!って話

Amazonプライム・ビデオで配信されている『昼のセント酒』、これ、シーズン1を通して観たけど、いやぁ面白い!イケメン俳優のケツを見放題なのだww これ、ゲイとかバイの人にとってはたまらないだろ。いわゆるグルメ番組とでもいうのか、都内に実際にある銭湯と食堂なんかを巡って、風呂上りに料理をつまみながらビールを飲むってだけの番組。毎回、同じパターンの繰り返しなんだけど、同じパターンの繰り返しだからこその「安定感」。って事で、今回はゲイの視点で『昼のセント酒』を観てる!って話。
interests

『こわれもの』~浦賀和宏はもっと売れても良い作家だと思ってる

浦賀和宏さんの『こわれもの』を再読した。ミステリーって言うと、一度読んでしまうとタネも解ってるし、面白さも半減以下になりがちだけど、この『こわれもの』は何度でも再読に耐えうる出来ばえ。二転三転する展開、どんでん返しの波状攻撃・・・。いやぁ、面白い!
スポンサーリンク