interests

interests

【読書】誰もが開けられる事のない箱の中に居るのかも!?/村上龍の『コインロッカー・ベイビーズ』

コインロッカーに捨てられた二人の乳児の破壊の物語は何度読んでも強烈。学生時代に読んだ村上龍『コインロッカー・ベイビーズ』を再読。考えてみるとこの小説の主人公だけじゃなく、我々も「何かの箱」、コインロッカーに囚われているのかもしれない...。
interests

【読書】おとうさん、がんばってくれてありがとう/家族愛に溢れた犯罪小説。伊坂幸太郎『AX アックス』

伊坂幸太郎の「殺し屋シリーズ」第三弾、『AX アックス』を読んだ。軽妙洒脱な会話、張り巡らされた伏線と回収、ほんのり温かくなるラストは伊坂作品の真骨頂。今回も存分に堪能。外では腕利きの殺し屋、家庭では恐妻家の主人公が願ったものとは...。
interests

【読書】尊敬はするけど近くに居たら疲れそうな偉人/山岡荘八の『吉田松陰』を読んでみた!って話

本はいろいろなジャンルを読むけど、今回は数十年ぶりに伝記を読んだ。とあるポッドキャストの番組が吉田松陰の特集をやっていて、俄然読みたくなったから。勢い込んで上下巻を買ってきたけど、いやぁ、読み終わるまでにかなり苦労した。その理由とは...。
interests

【読書】皮肉の効いた傑作短篇集/筒井康隆の『最後の喫煙者』を堪能!って話

高校生の頃は本屋に行くとズラリと筒井康隆の文庫本が並べられていたけど、今回、自選傑作集を読んだ。初めて読む作品、高校生以来再読する作品、いろいろ収録されていたけどどれも大爆笑。ナンセンスな中にニヤリとさせられる皮肉が効いていて大満足した一冊。
interests

【映画】ツッコミどころが多すぎて逆に印象に残る『ヒッチャー』/主人公の馬鹿さ加減に呆れた!って話

プライム・ビデオで高評価の並んでる映画『ヒッチャー』を観た。車の陸送をしてる青年が一人のヒッチハイカーを拾った事から始まるサスペンス。性格俳優ルトガー・ハウアーの出演なので期待して観たけど、これはツッコミどころが多くて逆に印象に残る映画。
interests

【読書】数十年ぶりの芥川龍之介/再読して大満足!って話

小学生の時以来、数十年ぶりに芥川龍之介を読んだ。大人になって読むと、子供の時とは違った読後感で自分でも驚く。子供の時のピュアな気持ちで読むのと、酸いも甘いも嚙み分ける歳になって読むのでは見える景色も違って当然。再読して幸せな時間を過ごせた。
interests

今こそ観るべき映画『西部戦線異状なし』/戦争は何をもたらすのかを問いかける歴史的名作!って話

ロシアのウクライナ侵攻で世界中が緊張してるけど、こういう時こそ観ておきたいのが1930年のアメリカ映画『西部戦線異状なし』。この映画を反戦映画とみるか、一人の若者の成長物語とみるかはそれぞれの判断だけど、後世に残る名作なのは間違いないところ。
interests

ロシアのウクライナ侵攻で思い出したドラマ『第三次世界大戦』/核のボタンに指をかける日は来るのか!?って話

ロシアがウクライナに侵攻した。連日のニュース報道を観ていて思い出した海外ドラマがある。1982年にアメリカで製作・放送された『第三次世界大戦』。ソ連がアラスカを奇襲して核戦争に至るまでの過程をジリジリ描写した傑作ドラマ。現実になりそうで怖い。
interests

【映画】派手なアクションもスリルもないのに妙に惹きこまれる『村の秘密』/閉鎖的な村社会のドロドロの人間関係!って話

オーストリア映画『村の秘密』を観た。派手なアクションもないサスペンス映画なのに妙に惹きこまれる映画だった。閉鎖的な村でおきた事件を追ううちに次々に明らかにされるドロドロの人間関係。これは一人の警官の成長物語としても観る事ができそうな佳作。
interests

【映画】サスペンスとロマンスの『わが名はキケロ~ナチス最悪のスパイ』/思わぬ掘り出し物に満足!って話

実話を基にしたトルコ製作の映画『わが名はキケロ』をプライム・ビデオで観た。スパイ映画ならではのドキドキ感にロマンスを絡めた作りは秀逸。第二次世界大戦中の中立国トルコを舞台にイギリスとドイツのジリジリするような駆け引き。捻ったラストにも満足。
interests

【英語のお勉強】意味が解ればもっと楽しめる!鍵山優真選手のショート曲/When You’re Smiling

北京オリンピックのフィギュアスケートで鍵山優真選手がショートプログラムで圧巻の演技だった。ボーカル入りの曲を使用したわけだけど、この曲の歌詞の意味が解ればもっとフィギュアスケートが楽しめる。When You’re Smilingの詩を和訳。
interests

僅か12分の短編アニメ『つみきのいえ』が与える深い余韻!これは何度も観たい映画!って話

たった12分の短編アニメ映画にノックアウトされた。12分の間、セリフは一言もなく映像と音楽だけなのに、ここに描かれる暖かな世界観は凄い。日本映画で初めてアカデミー短編アニメ賞を受賞した『つみきのいえ』、記憶に残る一本になった。何度も観たい!
スポンサーリンク
error: 右クリックできません