interests

interests

【性格診断】自分でも驚くほど当たってた性格診断を紹介してみる!って話

当たり過ぎていて自分でも驚いた性格診断をやってみたので紹介してみよう。その名も「性格免許証診断」。いくつかの設問に答えると、診断結果が免許証になって表示される。これが的を得た診断結果なのでビックリ。だからと言って性格が直るわけじゃないけどw
interests

【競馬】2019年の阪神大賞典とスプリングSを過去のデータから予想してみる!って話

今週も競馬の予想を書いてみようか。予想スタイルは過去のデータを基にして軸になりそうな馬を絞り込むもの。今週は天皇賞・春の前哨戦、阪神大賞典と皐月賞トライアルのスプリングステークスが開催。春のGⅠシリーズに向けて、ここら辺りでポンと当てたい!
interests

【競馬】2019~金鯱賞とフィリーズレビューを過去のデータから予想してみる!

今週はGⅡが2レース開催される。金鯱賞と桜花賞トライアルのフィリーズレビュー。金鯱賞の方にはGⅠ馬が5頭も出走してくるし、これだけのメンバーが揃うとただのGⅡじゃなくてスーパーGⅡと呼べそうなレース。まぁ、ここでは本気仕上げは無いだろうけど。
interests

叙述トリックはやっぱり面白い!名手、折原一の短編集『放火魔』の話

ミステリ―はよく読むけど、一番好きなのは叙述トリックで気持ちよく騙してくれる作品。今回は叙述トリックの第一人者、折原一の短編集を読んでみた。『━者』シリーズが有名だけど、短編首もなかなか楽しめた。叙述トリックが使われるって解っていても騙される!
interests

【競馬】win5を当てたいので、何通り買えば効率的か考えて愕然とした!って話

毎週のように買ってる競馬だけど、この前win5で過去最高の払戻金を更新。なんと4億7千万円の払い戻し。100円が4億円超に化けるとは、なんとも魅力的な世界ではある。このwin5を効率よく買うには、何通りの買い方をすれば良いのかを考えてみた。
interests

【競馬】2019年~チューリップ賞と弥生賞を過去のデータから予想してみる!

いよいよ春の競馬シーズンが本格化。今週は桜花賞トライアルのチューリップ賞と皐月賞トライアルの弥生賞が開催される。このレースが開催されると季節が春になったと実感。って訳で、今回の話は過去のデータを基にチューリップ賞と弥生賞を予想してみたって話。
interests

デアゴスティーニの分冊百科を全号揃えると、かなり割高じゃないか?って話

本屋に行くと平積みされてるデアゴスティーニの分冊百科。なかなか面白そうなシリーズも多いんだけど、シリーズを完結させようと思うと、けっこうな金額になってしまう。とは言うものの、興味のあるシリーズが刊行されたので買ってみた。う~ん、微妙な内容ww
interests

【競馬】枠順確定~中山記念(2019)を過去のデータから予想してみる!

今年の中山記念はGⅠ馬が5頭出走してくるし、これだけのメンバーが揃ったらただのGⅡじゃなくて、「スーパーGⅡ」と呼びたいぐらいの好メンバー。いつもの通り過去10年のデータと睨めっこして、軸になりそうな馬を絞り込んでみた。今年も固い決着になるか?
interests

【競馬】フェブラリーステークス(2019)を過去のデータとサインから予想してみる!

2019年最初のGⅠ、フェブラリーステークスを予想してみた。予想スタイルはいつも通り過去10年のデータと睨めっこして軸になりそうな馬を探す作戦。今回はGⅠなんでサイン馬券も検討してみた。話題の藤田騎手のコパノキッキングの取捨に迷うけど切り捨て!
interests

【映画】きれいに騙されてしまった。隠れた名品『手紙は憶えている』

期待せずに観た映画が予想外に面白くて、良い意味で期待を裏切ってくれると嬉しい。今回の映画『手紙は憶えている』はまさにそんな映画。認知症の老人が家族を殺された復讐する話かと思いきや、ラストで折原一もビックリのどんでん返し。いやぁ、面白かった。
interests

【競馬】枠順確定~2019年の京都記念を過去のデータから予想してみる!

GⅡの京都記念(2019)を予想してみた。いつも通り、過去10年のデータと睨めっこして軸になりそうな馬を絞り込む作戦。7歳以上の馬、年明けのレースに使ってる馬、前年のGⅠ、GⅡで実績を残してない馬をどんどん切り捨てて行くと、あの馬が残った。
interests

【映画】サスペンスなのかラブロマンスなのか・・・『偽りの忠誠』の話

戦争映画は好きなんでよく観るんだけど、今回はドイツ軍将校とユダヤ人の女スパイの恋を描いた映画『偽りの忠誠』を観てみた。いやぁ、この映画、突っ込みどころが多すぎるww 簡単にセックスしてるし、ヴィルヘルム2世は史実と違って「良い人」だし・・・。
スポンサーリンク