interests

interests

【ドラマ】古くてボロい宿の魅力を再発見!『日本ボロ宿紀行』の続編が待ち遠しい!って話

Amazonプライム・ビデオで偶然見つけた『日本ボロ宿紀行』ってドラマ、これが思いのほか面白かった。売れない歌手とマネージャーがドサ回りで各地のボロ宿に泊まるってものだけど、面白すぎて早くもシーズン2が待ち遠しい。それまでは原作を読もうか。
interests

【読書】村上春樹の『中国行きのスロウ・ボート』を古本で再読!古本は一味違うぞ!って話

村上春樹の最初の短編集を古本屋で見つけた。昭和63年の四刷で110円。令和の時代に昭和時代の村上春樹の文庫本を見つけるとは...。ジャズの名曲をタイトルにしたこの本の中身は、うん、村上春樹らしい文章。好き嫌いは分かれるだろうけどオレは好き。
interests

今年も全日本大学駅伝(2019)で母校を応援してきたぞ!って話

今年も母校の応援をしてきた。全日本大学駅伝のコースが自宅の目の前、しかも母校が出場するとあっては応援せずにはいられない。駅伝は戦国時代、出雲駅伝では國學院大学が優勝したけど、この全日本ではどこが優勝するかわからない。沿道で母校を応援してきた話。
interests

第3世代のEcho Dotを買ったので、お気に入りのスキルを一つだけ紹介する!って話

AmazonのEcho Dotが、いつのまにか第3世代まで進化してた。オレが子供の頃には想像も出来なかったような事が現実になってるけど、まさにEcho Dotもその一つ。オレの感覚だとSFだぞww そのEcho Dotを999円で買った話。
interests

【映画】【ポッドキャスト】これまで観た映画の中でも屈指の恐ろしさ・・・『ジョニーは戦場へ行った』

目も見えない、耳も聞こえない、口もきけない、両手両足は切断されてる...それでも生きている主人公のジョニー。生きながら肉塊と化した彼の苦痛、苦しみ、恐怖を描いた反戦映画の傑作『ジョニーは戦場へ行った』の話。これはホラー映画よりも怖い映画だ。
interests

【映画】劇場公開日に『イエスタデイ』を観てきた。かわぐちかいじ氏のあの漫画とは別物!って話

映画『イエスタデイ』を劇場公開日に観てきた。かわぐちかいじ氏の『僕はビートルズ』のパクリなんていう声も聞こえてたし、実際はどうなんだろうと興味が有ったので公開と同時に観たんだけど...これは別物と言っても良いだろ。設定は似てるけどテーマは異なる。
interests

【映画】期待はしてなかったけど、ホントにつまらなかった『アド・アストラ』

期待はしてなかったけどブラピ主演の『アド・アストラ』を映画館で観てきた。普段ならこんな映画、金を払って観ないんだけど誘われたので行ってみた。結論だけど、予想した通りだった。これSFだけど、どこが面白いのかオレには謎。月面での西部劇は苦笑だ。
interests

【英語のお勉強】むちゃくちゃ懐かしい映画『ベンジー』、大ヒットした主題歌が印象深い!って話

1974年のアメリカ映画『ベンジー』の主題歌、I Feel Loveを久々に聴いたけど、やっぱり良い曲だな。映画もヒットしたけど主題歌もかなり売れたはず。詩の内容は中学生でも解る程度の簡単なもの。今回は歌詞を見ながら軽く英語のお勉強をする。
interests

【ポッドキャスト】Anchorを使ってオジサンがポッドキャストを始めてみた!って話

Anchorっていうアプリを使えばスマホから簡単にポッドキャストを配信出来るそうだ。これ一つでAppleやGoogle、様々なプラットフォームで聴けるように配信されるとか...。ポッドキャストの敷居が低くなったように思うのでさっそくやってみた。
interests

【英語のお勉強】中学生レベルの英語で全米10週連続1位~『恋するデビー』

英語学習の第一歩は英語に慣れる事だと思ってるんだけど、お手軽簡単に慣れるためには映画を観たり洋楽を聴く事。今回は超スローな曲で詩の内容も中学生レベルで書かれてる「恋するデビー」の話。中学生レベルの詩でも全米で10週連続1位の大ヒット曲だぞ。
interests

【テラリウム】ボトルの中に自然を再現!?苔テラリウムは小さなインテリア!って話

テラリウムを買ってみた。小さなボトルの中で自然を表現してるんだけど、これが想像以上に癒してくれる。買ったのは苔テラリウム、ボトルの中には名前の知らない苔が入ってるけど、この苔も生きてるんだなぁ、とつくづく思う。机の上に置ける小さなインテリア。
interests

【読書】村上春樹のエッセイはブログを書く人間にとって一つの教科書かもしれない!って話

村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ 2』を読んだ。小説と同じく独特の空気感が有って面白く読んだけど、ふと思ったのは、村上春樹のエッセイは雑記ブログの文章の手本になるんじゃないか?って事。何かに特化してる訳でもないブログには、こんな文章が似合う。
スポンサーリンク