【英語のお勉強】むちゃくちゃ懐かしい映画『ベンジー』、大ヒットした主題歌が印象深い!って話

昨日の事だけど、自宅の秘密部屋・・・。
オレの私物が山積みになってる部屋だけど、そこのクローゼットを整理してて、むちゃくちゃ懐かしいモノが出てきた。
何かと言うと、これ・・・

ベンジー!

映画『ベンジー』のビデオテープだ。
ベンジーという名前の犬が主人公の映画なんだけど、これね・・・

むっちゃヒットした!

このビデオテープ、パっケージも擦り切れてるし、いつ買ったのかも覚えてない(多分、1980年代初頭ww)
若い人だとこの映画の事は知らない人も多いだろうけど(なにしろ1974年のアメリカ映画)、当時、日本では大ヒットした映画だ。アメリカでは北米興行収入10位だったけど、日本では大ブームを巻き起こしたからな。
あの頃、オレは小学校に上がる前ぐらいだったけど、夕方になると毎日テレビでベンジーの主題歌を流してたし、映画館にも観に行ったのでよく覚えてる。
今で言う『天気の子』とか『風立ちぬ』なんて比較にならないぐらいのフィーバーだった。

日本中の子供がベンジーのファン!

まぁ、そんな状況だったww
そのビデオテープが出てきたんだから、そりゃ驚くだろ。
好きな映画だし、たしかに自分で買ってるハズだけど、昔の事すぎて忘却の彼方・・・。

犬の映画・ドラマと言われても人によって思い浮かべる作品は違うだろうけど、オレぐらいの年代の人だと『ベンジー』を挙げる人が相当数いると思うぞ。さすがに『名犬ラッシー』なんて言う人はオレよりも二周りぐらい上の年代だろうけどww

って事で、今回の話は映画『ベンジー』の主題歌について書いてみようか。




主題歌の事に触れる前に映画の内容について軽く書いておこうか。
1974年のアメリカ映画で、主人公は犬のベンジー。
ストーリーはシンプルで、野良犬のベンジーは地域の人たちに可愛がられて自由に生きてるわけ。そんなところへ誘拐事件が発生。いつもベンジーを可愛がってる幼い兄妹が誘拐されてしまう。この誘拐事件をみんなに知らせようとベンジーが活躍・・・
って話で87分という短い映画だ。
うん、一口で言って・・・

お子様向けの映画!ww

今のオレだったらこの映画には夢中にはなってないだろうけど、当時は子供だったからな。小学校に上がるかどうかって歳の子には、このベンジーはまさに夢中になれる対象だったわけ。
で、ベンジーの可愛さもさることながら、このオレをもっと夢中にさせたのが・・・

主題歌!

チャーリー・リッチの唄うI Feel Loveって曲だけど、もうね、この曲に夢中だった。
そりゃ、毎日々々、テレビで主題歌を流してるんだから子供でも耳に焼き付いて覚えてしまうだろ。
これが主題歌のI Feel Loveだけどね(幸いHDDにmp3で保存してたww)

やっぱ良い曲だよなぁ・・・。
アカデミー賞で歌曲賞にノミネートされて、ゴールデングローブ賞を受賞してるんだけど、当時、子供のオレにはアカデミー賞とかゴールデングローブ賞なんて言われてもチンプンカンプンww
もちろん唄ってるチャーリー・リッチなんて人を知るわけもない。
ただ友達とテレビの前に座って唄ってただけだ・・・

アッフィーラー♪
オーララーン♪
アキャフィリッ、シャルダン♪

まぁ、帰国子女でも何でもないし、耳に聴こえてくる英語を聞こえるままに、覚えたてのカタカナで広告の裏に書いて曲を憶えてた(英語なんか書ける訳もないww)
で、仕事から帰って来た親にカタカナを見せて聞くわけだ。

ね、この英語の意味、何?^^

こんなもんカタカナ「アッフィーラー」なんて書かれても解るわけないww
そんなこんなで息子の事を不憫に思ったのか父親が『ベンジー』のレコードを買ってきてくれたのも想い出だな(涙)

 

さっ、ここからが今回の話の本題。
このI Feel Loveだけど、とても簡単な英語の曲だ。
この程度の曲ならウチの学習塾で教材に使えそう・・・。
ちょっと歌詞を紹介しておこうか。

I Feel Love

I feel love all around
I can feel it  shining down
It lights up the day like the morning sun
Reaching out and touching everyone

愛を感じるんだ、そこらじゅうに
降り注いでくるのを感じるんだよ
愛が朝日のように毎日を照らしてくれるんだ
誰にでも届いてるし、手を伸ばしてくれているだろ

出だしの部分だけど、どこにも難しい単語は無い。
中学生にはReaching outが難しいかもだけど、ある程度は推理して訳して欲しいところだな。解らないからと言って空白ってのは一番アカンww
Reaching out=手を出す(差しのべる的な意味合い)

 

I feel love all day long
Like a promise, like a song
And it’s feeling good like I knew it would
Everywhere I go, I feel love

一日中、愛を感じてるよ
約束のように、歌のようにね
ずっと前から知ってたみたいに、それはとっても気持ち良いんだ
どこに行ったって、僕は愛を感じるんだ

かなり以前だけどpromiseの意味を問われた生徒が「サラ金の名前」って答えたことが有ったな(涙)
ったく、どんな脳ミソしてるのか、解答を見て悲しくなったぞ。

 

I feel love yes I do
I can feel it so can you
It’s a rainbow washing rainy skies away
Bringing back another sunny day

愛を感じるんだ、うん、本当だよ
君もきっと感じるはずだよ
虹が雨雲を洗い流して
晴れた日を連れて戻ってくるんだ

ここも特に難しい部分は無いだろ。
washing rainy skies awayが中学生にはキツいかもだけど、こんなもんwashの意味さえ覚えておけば感覚で答えられるはず。
wash~awayなんだから「洗う、洗い流す、きれいにする」って答えは捻り出して欲しいところだ。

 

I feel love everywhere
It’s like magic in the air
Yeah, it’s me loving you loving everyone
Everywhere I go, I feel love

そこらじゅうで愛を感じるよ
まるで魔法のようにね
それは僕だよ
君の事を大好きな僕
みんなの事も大好きな僕だよ
どこに行ったって、僕は愛を感じるんだ

センスを問われそうなのがin the airか・・・。
ド直訳で「空気中」なんて答えは論外ww
空気の中にある=自然に、普通に、ってニュアンスで日本語にすると良いな。

 

Love, Love, Love’s the answer
Love’s the only way
Sunshine can it come and go
But love is here to stay

そう、愛が答えさ
愛することだけが一つの方法なんだ
太陽は温かく光らせたり、何処かへ行って曇らせたりするけど
愛だけはずっとここに有るんだ

ここはコーラスの部分だけど、うん、特に何も無いww
ウチに来てる子に限ってway「道」なんて言うわけない(願望ww)
もちろん、ここは「方法」という意味で訳して欲しい。

 

I feel love all day long
Like a promise, like a song
And it’s feeling good like I knew it would
Everywhere I go, shining down on me
all around me
I feel love

一日中、愛を感じてるよ
約束のように、歌のようにね
ずっと前から知ってたみたいに、それはとっても気持ち良いんだ
どこへ行ったって、僕を照らしてくれる
そう、僕のまわり全部だよ
僕は愛を感じるんだ

いよいよ曲のラストだけど、ここも特に難しい言い回しは無いな。
shining down on meshiningの意味を憶えてれば推測できるだろ。
shining=光る、輝く、それがdown on meなんだから、自ずと日本語の意味も想像できる(出来ないってのは本を読んでないか、想像力が足りないww)

 

映画『ベンジー』の雰囲気を知りたい方はこちら・・・。
子供の頃にテレビで観てたモノがそのままyoutubeにアップされてた。

I Feel Love / ベンジーのテーマ [日本語訳付き]   チャーリー・リッチ

 

って事で、チャーリー・リッチのI Feel Loveの話だったけど、これ、改めて聴くとなかなか名曲だな。
免許取り立ての頃はカセットテープに入れて聴いてたけど、今回、久しぶりに聴いてみて子供時代の事をいろいろ思い出してしまった(泣)
この『ベンジー』だけど、何本か続編も作られたけど、一作目ほどヒットしなかった。たしか二作目では大御所アンディ・ウィリアムスがI Feel Loveを唄ってるんだけど、何とも味も素っ気もない歌唱だったと記憶してる。
そりゃ、チャーリー・リッチとアンディ・ウィリアムスを比べたら知名度ではかなわないけど、チャーリー・リッチだってI Feel Loveがヒットする以前にグラミー賞を受賞してる有名なカントリー歌手。
スタンダードを唄わせればアンディ・ウィリアムスが上手いかもしれないけど、このI Feel Loveに限って言えばチャーリー・リッチの方が断然良い。



いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

1974年!
古い映画ですね~

マサト
マサト

これは、思い出の映画だ
オレの年代の人なら誰でも知ってるだろ

バイト君
バイト君

で、この曲、テキストに使うんですか?

マサト
マサト

おう!
簡単な英語だし、これぐらいは中学生なら即訳して欲しい^^

バイト君
バイト君

たしかに簡単ですけど・・・

マサト
マサト

ぁんだよ!?

バイト君
バイト君

歌詞の英語、スペル間違ってたんで直しておきましたww

マサト
マサト

・・・・・・

 

いつも言ってる事だけど、英語の基本は単語。
単語の意味が解らなかったら、日本語に訳しようがない。
まずは単語を覚える事が肝心。
その次に大事なのが、日本語のセンス。
いくら英文の意味が頭の中で理解できても、それをセンスのある日本語にするには日本語(国語)の力も大切。
日本語の力をつけるには・・・

本を読む!

どこかでも書いたけど、オレは本を読まない人間は嫌いww

 

【英語のお勉強】中学生レベルの英語で全米10週連続1位~『恋するデビー』
英語学習の第一歩は英語に慣れる事だと思ってるんだけど、お手軽簡単に慣れるためには映画を観たり洋楽を聴く事。今回は超スローな曲で詩の内容も中学生レベルで書かれてる「恋するデビー」の話。中学生レベルの詩でも全米で10週連続1位の大ヒット曲だぞ。
【英語のお勉強】名曲『幸せの黄色いリボン』の話。英語学習は聴きやすい歌を唄うことから!って話
ビールのCMでもお馴染みの『幸せの黄色いリボン』について、ほんの少しだけ軽く書いてみた。ストーリー性のある歌詞とポップなメロディーは、日本人にも馴染みやすい。って事で、今回の話は1973年の大ヒット曲の話。ついでに、いかがわしい英語教材についても書いてみたぞ。
【英語のお勉強】あなたの英語力は何年生レベルか?をやってみた!って話
英語の学習法はいろいろ有るけど、受験対策なのか、話す事を目的とするのかで勉強方法も変わって来ると思ってる。で、この前だけど雑誌「プレジデント」で面白い特集を組んでて、『たった一日、3語で話せる「英語」の学び方』って特集だけどね。その中で「あなたの英語力は何年生レベルか?」ってのが有ったのでやってみた。なかなか面白かった...
stay foolishって、あの人の言葉だったんだな!
Appleの創業者ジョブズの言葉で有名な言葉があるらしい。stay foolishって言葉だけど、全然知らなかった。この言葉を見つけたのは、競馬の出馬表の中だww ド直訳すると...馬鹿でいろ。さすがに、このままじゃ意味がおかしいだろ。って事で、調べてみたんだけど、さすがにジョブズ、深いな・・・。競馬の出馬表から、思わ...
Wear two hats ! (二足の草鞋を履く)
二足の草鞋を履くを英語で言うと、Wear two hatsって言葉になるんだけど、新しい仕事を始めてみようかって話だ。今の仕事プラス新しい仕事。二足の草鞋だ楽しくなければ仕事なんか苦痛でしかないだろ。いかに楽しく仕事するかも、大事な才能だと思ってる。仕事をたのしく思えるように努力もしないで、文句ばっかり言うのは嫌いって...

 

がんばれ! がんばれ! ベンジー [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥1,572(2019/10/04 02:47時点)



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain