【Jo’s Bar】お洒落なバーで大人のデートを楽しむ!って話

最近は週イチのペースで最強男子とデートしてる。
オレが最強って言ってるんだから、もちろん容姿端麗、頭脳明晰、ほとんど非の打ちどころが無いような男子。
まぁ、デートとは言っても親子ほども歳が離れてるんだけど・・・。

で、先日のことだけど、最強男子がこんな事を言いだした。

カクテルを出すような洒落たバーに行ってみたい!

今どきそこらへんの居酒屋チェーンでもカクテルなんか出してるけど、条件は「洒落たバー」・・・。
要は大人の雰囲気のバーに行ってみたいって事。
バブル絶頂期にサラリーマンになったオレだけど、当時はそういうバーにも足繁く通ってたしカクテルならそこそこ詳しい(翻訳小説にもカクテルはよく出てくるし)。
お洒落なバーをお望みなら、そこへ行ってみようじゃないか。

って事で、今回は最強男子と大人の雰囲気のバーでデートしたって話を書いてみようか。

 

 

大人の雰囲気のバーと言っても、ちょっとした気がかりがある。

こんな地方の田舎町に洒落たバーが有るのか!?ww

サラリーマンを辞めてからは外で飲む機会がめっきり減ってるし、駅前の繁華街にどんな飲み屋が有るのかも把握してない。
だからと言ってここで諦めるわけにはいかない(なにしろ最強男子の要望だしww)
そこでウチに来てるバイト連中に訊いてみた。

近所に洒落たバーは無いか?

驚いた事に4~5軒のバーが有るらしい。
中でもオススメなのは市内で30年近くも営業してるJo’s Barと言う店。
よし、目的地は決まった。
後は当日を待つだけ・・・。

 

 

さっ、当日になった。
夕方、最強男子と待ち合わせてまずは軽く食事。
普段なら食事と一緒に何か酒をガブガブ飲むところだけど、今回は後でバーに行くんだからガブガブ飲まない(ここで酔っ払ったらもったいないww)
食事を終えて目指すのは駅近くの雑居ビル。
この中に目指すバーがある。
Jo’s Barと書いてジョーズバー。当たり前だけど映画『ジョーズ』は何の関係もない。
ジョーさんのバーと言う意味の店名だ。
雑居ビルの入り口に到着・・・。

 

目指す店は2F。
階段をトコトコ上がって店の入り口・・・。

まさか仕事場の近くにこんなバーが有るとは全然知らなかったな。
この扉の向こう側はどんな世界なんだろうか。
ワクワクしながら扉を開けてみた・・・。

 

 

そこは期待を大きく超える世界が広がってた。
扉を開けて目の前に飛び込んで来たのは、完璧に大人のバーだった。

白木のカウンター、壁一面に並べられたボトル、店内に流れるBGMはセンスの良いジャズボーカル・・・。
カウンターの反対側にはテーブル席。
天井に飾られたギター、壁にかかるトランペット、無造作に置かれてるように見えるけど大人の雰囲気を感じさせる調度品の数々。

これだけの大人の雰囲気をかんじさせるバーはめったに無いんじゃないか・・・。
最強男子と座るのはもちろんカウンター。
こういう場ではカウンターに座る方がカッコイイからなww

で、この店の大人の雰囲気だけど、マスターの雰囲気がまた大人。
白髪、髭のマスターが一人で切り盛りしてるんだけど、店の雰囲気とマスターの雰囲気がドンピシャで合ってるんだよなぁ。
こういう雰囲気の店でバーテンダーがチャラチャラした若い子だと興覚めしそうだけど、ここは興覚めどころか雰囲気だけで客を酔わせてしまうぐらいの魅力ww

 

 

さっ、何を飲もうか・・・。
迷うまでもない、こういう場では昔からソルティ・ドッグと決めてる。20代の頃から一杯目のカクテルはソルティ・ドッグを飲む事にしてる。
メニューにチラリと目を通すと、多くのカクテルが書かれてるけどソルティ・ドッグは載ってない。
まっ、メニューに無くてもソルティ・ドッグのような有名カクテルなら作れるはず・・・。

ソルティ・ドッグ、お願いします^^

するとマスター、慌てる風もなく平然と、

はい、ソルティね・・・

手早く作り始めた。
さすが30年近くもやってるだけある。
ソルティ・ドッグなんか朝飯前って感じだ。
で、出されたのが、これ・・・。

もちろんグラスの淵に塩を塗ってるスノースタイルでの提供。
ウォッカベースのソルティ・ドッグにはこの塩がよく合うのだ。
一口、飲んでみる・・・。

旨いっ!

ウォッカとグレープフルーツの配分も文句なし。
何杯でも飲めそうな美味さ・・・。

 

で、最強男子のオーダーはモスコミュール
こちらもメニューには書かれてないけど、オーダーすると平然とした表情で作ってくれた。

こちらもウォッカベースのカクテルだけどライムがアクセント。
最強男子の飲んでるモスコミュール、一口だけ味見させてもらったけど、けっこう強烈な味付けに仕上がってたww
これはこれで、充分にアリな飲み物だな。

その後、オレはソルティ・ドッグ、最強男子はカルーアミルクを追加でオーダー。
風貌だけじゃなく発言も個性的なマスターと会話をしながら楽しく大人の雰囲気を堪能。
場末のスナックみたいに下手なカラオケが流れるわけもなく、ジャズボーカルを聴きながらチビチビと酒を飲みながら会話。
これぞ・・・

大人の雰囲気!ww

最強男子も満足してくれたようで何より。
いくら大人の雰囲気だのお洒落だの言っても、肝心の最強男子がお気に召さなかったらオレの立場が無いからな(泣)

雰囲気も良かったけど、メニューに載せてないカクテルも平然と作ってみせる(しかも旨い)、プロの仕事を見せてもらってオレも満足した。

 

 

いつものバイト君の下書きチェック

バイト君
バイト君

大人の雰囲気・・・

マサト
マサト

まぁ、オレに似合いのバーだったな^^

バイト君
バイト君

バーよりも場末の立ち飲み屋の方が似合いそうですけどww

マサト
マサト

・・・・・・

バイト君
バイト君

どんな格好で行ったんです?

マサト
マサト

そりゃ、渋めのワイシャツに折り目の付いたスラックスだわ^^

バイト君
バイト君

そんな恰好、仕事の時も着ていないくせにww

マサト
マサト

大事なデートだからな
まともな服装したのだわ^^

バイト君
バイト君

・・・・・・

 

今回、数十年ぶりにバーに行ったけど、やっぱり大人の雰囲気の店は良い。
下手なカラオケが流れてる事もないし、旨いカクテルをチビチビ飲む・・・。

幸福な時間!ww

これからはちょくちょくバーに行こうかと思案中。

 

【TAILLEVENT】大人のデートにはバーが似合う!最強男子と二人、語らう夜・・・って話
夜のデートで食事に行った後、もう一軒、大人の雰囲気の洒落たバーで飲む。こんな田舎町にも雰囲気の良い店はいくつか有る。この前、最強男子とデートしてきたのもそんなバー。カウンターに座って静かに語らうって、ハードボイルド小説の主人公みたいだろww
酒は弱いけど…ビールと発泡酒の違いを調べてみた!って話
酒が弱いんで晩酌はしないし、付き合いの席でもめったに飲まない。そんなオレが発泡酒を貰った。飲んだ事はないけど、ビールとの違いが気になる・・・。これってビールとどこが違うんだ?って事で少しだけ調べてみた。まぁ、法的な事は解ったような気がするけど、一番大事なのは味!飲んでみたぞ・・・。今回は酒の弱いオレが、発泡酒について書...
秋の夜長は「中国行きのスロウ・ボート」で!(ジャズの名曲だぞ)
村上春樹の短編集に「中国行きのスロウ・ボート」ってのが有るんだけど、このタイトルはジャズの名曲から取られたもの。秋の夜長は、村上春樹の本を読みながら「中国行きのスロウ・ボート」を聴こうか、って話。
【マサト食堂】とろ~りチーズ!激ウマのチーズタッカルビを作ってみた!って話
何年か前に流行ったチーズタッカルビを久々に作ってみた。コチュジャンと唐辛子、そこにとろ~り溶けるチーズを合わせれば激ウマのチーズタッカルビが出来上がる。鶏肉にキャベツ、にんじん、玉ねぎを炒めて、激ウマのタッカルビの完成だ。これから寒い季節、身体が温まる料理!って事で、今回はチーズタッカルビを作ってみた、って話。
【神泡サーバー2020】普段はビールを飲まないオレもクリーミーな泡にちょびっと感動!って話
同級生から大量にビールが送られてきた。そこに同梱されてたのが「神泡サーバー」。これを使ってビールを注ぐと泡がクリーミーになるらしい。さっそく使ってみた。なるほどな、コンパクトなサーバーにもかかわらず良い仕事してるww ちょっと感動したって話。
エルトン・ジョンの『Your Song』は最高のラブ・ソングだろ!って話
エルトン・ジョンの『Your Song』は最高のラブ・ソングだと思ってる。公にゲイである事を公表してるエルトン・ジョンだけど、オレだってバイセクシャルだし...オレが唄っても良いだろw 惚れた腫れたと直截的に唄ってない歌詞が素敵だと思うぞ、って話。
土曜日の夜に演歌を聴く・・・って話
せっかくの土曜日の夜に演歌を聴いてる。休日前はオシャレなジャズか何か聞きたいところだけど、何故か流れてるのは演歌・・・それも自宅で!ww なかなかの場末感だけど、演歌を聴くと、いろいろ思い出す事も多い。今回は、金田たつえの『花街の母』を聴くたびに想い出す事を書いてみた。
【音楽】聴いて損はない名盤中の名盤。コルトレーンの『バラード』に酔う!って話
ジャズで何かお薦めの一枚を訊かれたので、思案の末に出した答えがコルトレーンの『バラード』。名盤中の名盤だと思ってるんだけど、サックスを吹いてるんじゃなくて、サックスで唄ってる!情感たっぷりのコルトレーンのサックスはジャズ初心者にお薦めって話。
眠れない夜はサム・テイラーを聴くとお洒落!って話
夜、お洒落な音楽を聴きたい時にはサム・テイラーをお薦め。本格的なジャズは肩が凝りそうだし、かといって有りふれた音楽じゃ物足りない、って時にはサム・テイラーが良いと思うのだ。オレが好きなのは「音楽」であって「音学」じゃないって話。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ

f:id:masa10t:20181113062414j:plain