2020-06-19

interests

【読書】粒よりの名品だと!?短編集『冷たい方程式』にはガッカリさせられた!って話

SFの短編『冷たい方程式』は「SF小説史上もっとも注目に値する作品のひとつ」と見なされているらしい。どういう小説なのか期待感マックスで読んでみた。いやぁ、超期待ハズレだった。ガッカリしたというか、この小説は読んでいて不愉快な気分にさえなった。
スポンサーリンク