2020-03

gourmet

ヘルシア緑茶で体重がどこまで落ちるのか?メタボなオジサンが実験を始めてみる!って話

オレは自他共に認めるメタボだけど、さすがにこの歳になると体力の衰えを自覚してしまう。健康の第一歩はまずはダイエット。かと言って運動は嫌い...。そこで今回はトクホで有名なヘルシアを三カ月ほど飲んでみる事にした。はたして結果はどうなるか期待。
競馬

【競馬】枠順確定~2020年の高松宮記念を過去のデータとサインから予想してみる!って話

去年の高松宮記念はイチロー馬券が炸裂して400万円超えの大波乱になったけど、今年の高松宮記念はどんな結果になるだろうか。いつものように過去のデータと怪しげなサイン馬券的な見地から軸になりそうな馬を考えてみた。どんなドラマが演出されるか楽しみ。
interests

【カメラ】今さらだけどソニーのRX100M3というコンデジを買ってみた!って話

以前から気になってたカメラを買った。ソニーのRX100M3。5年前のモデルだし最新の機種に比べると見劣りする部分も有るけど、4K動画だとか200mmの望遠なんてオレには必要ない。必要なモノだけが入っているカメラでオレには充分。それでも6万。
interests

【映画】期待してたけど拍子抜け!『幸せなひとりぼっち』を観ての素直な感想を書いてみる

Amazonプライム・ビデオのレビューで高評価が並んでると、どんな映画なのか気になる。今回の『幸せなひとりぼっち』も高評価が並んでたので期待して観たんだけど...。これはオレには合わない。あっちこっちに「嘘っぽさ」を感じてしまう映画だった。
gourmet

【マサト食堂】フライパンでお手軽・簡単に親子丼を作る!ふわふわの親子丼は激ウマ!って話

カツ丼や親子丼を作る時に活躍するのが「親子鍋」。そういう道具が無くても簡単に親子丼が作れるので、今回はフライパンを使ってフワフワの親子丼を作った。材料は鶏もも肉、玉ねぎ、卵だけ。それだけで定食屋顔負けの激ウマの親子丼が出来る。作業時間15分!
interests

【映画】日本人である事につくづく感謝。『かぞくのくに』は超がつく重い映画だった!って話

北朝鮮の「帰国事業」をバックボーンに日本と北朝鮮の二国に引き裂かれた家族を描いた秀作、それが『かぞくのくに』。いろいろ考えさせられる場面、何かを示唆するような場面、帰国事業の暗部...いろいろなモノが見えてくる映画だった。重いけど観るべき映画。
interests

【カメラ】三島由紀夫『潮騒』の舞台となった神島へ行って島内一周。疲れてクタクタになった!って話

三島由紀夫の『潮騒』は過去5回も映画化されてる純愛小説。その小説の舞台となってるのが伊勢湾に浮かぶ人口300人の神島。鳥羽から市営定期船に乗って40分、小説や映画に出てくる聖地巡礼をしてみた。なかなかハードな行程だったけど記憶に残る島内一周。
interests

【映画】これぞ最強男子!韓国映画『シークレット・ミッション』のイ・ヒョヌにメロメロになった!って話

Amazonプライム・ビデオでお薦めしてた『シークレット・ミッション』を観た。これは掘り出し物!一つの映画に家族愛、友情、忠誠心、アクション・・・いろいろ詰め込まれていて最後には泣かせ所も。この映画で初めて知った俳優だけどイ・ヒョヌは最強だろ。
opinion

エックスサーバーから侵害情報の通知書兼送信防止措置について通知書が来た!こうして対処した!って話

wordpressでブログを書いてるんで、当然レンタルサーバーと契約してるんだけど、先日、契約先のエックスサーバーから侵害情報の通知書兼送信防止措置ってのが届いた。送り主は法務担当って書かれてるし嫌な予感しかしない。今回はこのメールに対処した話。
gourmet

【マサト食堂】本当に「赤いきつね」で炊き込みご飯が出来るのか!?実際に作ってみたぞ!って話

テレビ番組『家事ヤロウ!!!』で紹介されていたのが、赤いきつねを使って簡単に出来る炊き込みご飯。偶然見かけた番組だけど、面白そうなので作ってみた。ホントに出演者が絶賛してたような炊き込みご飯が出来るんだろうか。さっそく赤いきつねを使って実験。
interests

【映画】ラストの歌唱シーンで涙がポロリ・・・『ジュディ 虹の彼方に』を観てきた!って話

『ジュディ 虹の彼方に』を封切りと同時に観てきた。前評判通りラストでは圧巻の歌唱、さすがのオレも涙がジワリと流れた。うん、ラストは良かった!じゃぁ、映画全体のデキはどうかと言うと、ちょっとオレの好みとは違ってた。何かまとまりに欠ける印象なのだ。
interests

【伊坂幸太郎】軽妙でユーモアのある独特の言い回しが楽しい『残り全部バケーション』

無性に伊坂幸太郎を読みたくなった。世の中はコロナウイルスでバタバタしてるし、こういう時こそ伊坂ワールドにどっぷりと浸りたい。って事で選んだのは『残り全部バケーション」。これ大正解だった。憎めない主人公、洒落た会話、回収される伏線・・・お見事!
スポンサーリンク