2018-12-09

interests

ディストピアが舞台でも伊坂節は健在!『火星に住むつもりかい?』

伊坂幸太郎の『火星に住むつもりかい?』を読んだ。今回の伊坂作品、拷問シーンとかエグかったな(泣)伊坂作品にしては、珍しくホンマもんのワルが出てきた。で、この作品が描いてるのは「正義のあやうさ」だと思う。ワルだから倒して良いのか?って事・・・。
スポンサーリンク